V6井ノ原快彦 西寺郷太邸でマイケル・ジャクソンの兄と遭遇した話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 745

V6の井ノ原快彦さんがTBSラジオ『Music24/7 西寺郷太TAMAGO RADIO』にゲスト出演。井ノ原さんが西寺さんのお宅に行ったら、ばったりマイケルの兄、ティト・ジャクソンと遭遇した話をされていました。


(井ノ原快彦)シンプルソングって言ってくれるよね。

(西寺郷太)僕が言ったんでしたっけ?あれ。

(井ノ原快彦)そうそう。ティト・ジャクソンに。『シンプルソング』って。

(西寺郷太)あ、僕の家に・・・これも変な話なんですけど。ジャクソン5のティト・ジャクソンが来てくれてた時があったんですよ。

(井ノ原快彦)そうです。すごいんです。僕は・・・(笑)。友達から野菜をいっぱいもらったんで、西寺家にちょっとお裾分けって渡しに行ったら、ティト・ジャクソンが出てきたっていう(笑)。

野菜を届けに行ったらティト・ジャクソンが出てきた

(西寺郷太)(笑)。それで、僕の部屋のリビングで四角い机にまずティトが座っていて。で、イノッチが割と急に来て。『どうぞどうぞ』って。で、『He is Japanese famous musician.』とか。『Dancer』とかって(笑)。『He has regular program every day in the morning.』とか言って(笑)。『All over Japan!』とかいろいろ言って。で、ティトも『Oh!』とか言って。『V6』とか言って。『俺も曲書いてるんだ』とか言って。CD渡して。で、イノッチも『どうもどうも』って。イノッチは『ジャクソン5のティトだ!』って。

(井ノ原快彦)むちゃくちゃ寒そうにしてましたけどね。部屋の中なのにダウンジャケット着て。

(西寺郷太)ロスアンゼルス育ちなんで。まだあれもティトが来て、間もなかったんですよ。

(井ノ原快彦)ああ、そうですね。

(西寺郷太)で、もっと変だったのがその後、僕の家にもう1人。ラッパーのアンソニーっていうハワイの子が、今回僕のソロアルバムでラップしてるから。それで家まで、初めて来る日だったから。外では会ったことあるんだけど。で、駅まで迎えに行かなきゃいけないっつって。で、ティトとイノッチだけ家に残すっていう。

(井ノ原快彦)むちゃくちゃ心細い・・・

(西寺郷太)(爆笑)

(井ノ原快彦)2人でなにしゃべっていいのかわからない。英語もしゃべれないし・・・

(西寺郷太)いやいやいや・・・あれは、ジャクソン5とV6のね、5・6つながりで。

(井ノ原快彦)(笑)

(西寺郷太)いや、あれは・・・どうしようもなかったんです。

(井ノ原快彦)いや、いい経験させてもらいました。

(西寺郷太)3人で迎えに行くわけにもいかないでしょ?変でしょ?

(井ノ原快彦)いい経験させてもらいましたよ。

(西寺郷太)いやー、あれは面白かったです。そんなこともあって。

<書き起こしおわり>
    [関連記事]
  1. V6井ノ原快彦と西寺郷太 少年隊・錦織一清を語る
  2. V6井ノ原快彦・西寺郷太 平家派について語り合う
  3. 西寺郷太が語る V6井ノ原快彦と初対面した時に心を掴まれた理由
  4. V6井ノ原快彦と西寺郷太 アルバム『Oh! My! Goodness!』を語る
  5. V6井ノ原快彦 音楽的ルーツを語る『好きなレーベルはURC』
  6. V6井ノ原快彦 ジャニーさんとマイケル・ジャクソンBADツアーを見た話
  7. V6井ノ原快彦が語る少年隊伝説 初対面時に度肝を抜かれた出来事
  8. 西寺郷太が井ノ原快彦に語る V6の魅力と楽曲提供する際に考えること
  9. V6井ノ原快彦おすすめ曲 藤真利子『花がたみ』
  10. V6井ノ原快彦 西寺郷太邸でマイケル・ジャクソンの兄と遭遇した話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする