スポンサーリンク

安住紳一郎 ツバメとシジュウカラの聞きなしを語る

安住紳一郎 ツバメとシジュウカラの聞きなしを語る 安住紳一郎の日曜天国
スポンサーリンク

安住紳一郎さんが2020年4月19日放送のTBSラジオ『日曜天国』の中で鳥の鳴き声の真似、聞きなしについてトーク。ツバメとシジュウカラの聞きなしを紹介していました。

(安住紳一郎)それから、先週11時台の後半ですか。ツバメの話になりましたよね。

(中澤有美子)そうでしたね。

(安住紳一郎)私がツバメ大好きだということで。ツバメの鳴き声の話になりまして。「聞きなし」って言ったりするんですけれども。鳥の鳴き声を日本語に直して覚えてちょっと楽しむという習慣が日本人には昔からあるんですけれども。有名なところではウグイスの「ホーホケキョ」みたいなのがありますよね。それと同様にツバメの鳴き声、私は先週、紹介しましたよね? なんか近所のお坊さんみたいでいい話だったっていう話になってるんですけども(笑)。

(中澤有美子)評判なんですか?

(安住紳一郎)評判になっていますね。「ああー、AMラジオっていうのはこういう役目があるんですね」なんて。しみじみしたお便りが届いちゃって。私もこういうモードに入るとは思ってなかったので、自分でもびっくりしてますけども。

(中澤有美子)フフフ、よかったのかな?(笑)。

500円玉貯金、久々のネットニュース化

(安住紳一郎)よかったのかな? まあ、誰かに喜んでもらえるだったらいいなと思っているんですけどね。あと、500円玉貯金の話がまたネットニュースになっていて!

(中澤有美子)フハハハハハハハハッ!

(安住紳一郎)あれ、上げているの、誰?

(中澤有美子)誰? 収まった頃に(笑)。

安住紳一郎 500円玉貯金の神を語る
安住紳一郎さんが2020年4月12日放送のTBSラジオ『日曜天国』の中で500円玉貯金についてトーク。500円玉貯金界の神について話していました。 (安住紳一郎)江東区の32歳男性の方からです。 (中澤有美子)ありがとうございま...

(安住紳一郎)収まった頃に。恥ずかしいわー。これだけね、世の中が社会ニュースでたくさんね、いろいろ出てる中でさ、恥ずかしかったよ!

(中澤有美子)アハハハハハハハハッ!

(安住紳一郎)みんないろいろさ、これからの社会に対して不安だとか提案とかがさ、ネットニュースで流れている中で……もう本当に、図抜けて平和ぼけニュースみたいな。あれ、前もそうだったでしょう? 「500円玉貯金してる」っていうのは男で知られたら恥ずかしいでしょうっていう話で。それをみんなに知られちゃって。しかも昔、思い出した話までもう一度、新しい感じになっちゃって。それでフレッシュな感じで皆さんもそれを捉えていらっしゃって。

(中澤有美子)ねえ(笑)。

安住紳一郎が語る 500円玉貯金 8年間で230万円貯めた話
安住紳一郎さんがTBSラジオ『日曜天国』の中で趣味の500円玉貯金について話していました。8年間貯めに貯めた500円玉貯金を両替した結果や、銀行ATMを休止に追い込んだ話、500円玉を集めるための努力などを語っています。 (安住紳一郎...

(安住紳一郎)あと、団子を作るっていうニュースも出てさ。あれもなんかちっちゃなネットニュースに上がってたけれどもさ。

(中澤有美子)そんなことまで?(笑)。

(安住紳一郎)さすがになんかちょっと、あまりにもお気楽すぎて。世の中の人の不評を買ってる感じがリアルに自分でも肌で伝わってきてキツかった。

(中澤有美子)大丈夫ですよ(笑)。

(安住紳一郎)大丈夫? そうなの?

(中澤有美子)そうですよ。みんな癒されたんだと思いますよ。

(安住紳一郎)私、その役割担っていないもの。

(中澤有美子)そう? やりたくない?

(安住紳一郎)おかしいよね……って思って。前もね、10年くらい500円玉貯金をやってますっていう話で。500円玉貯金って最近はキャッシュレスになりましたので、もうしばらくそういう話にはなってませんけれども。ちょっと恥ずかしいんですよね。しかもね、「恥ずかしいな」と思いながらしゃべったら、それがたくさんの人の知るところになって余計恥ずかしいっていうことなんですけど。電車に乗ったらね、私の後ろのサラリーマンが「安住が500円玉貯金してるってニュース出ているね」っていう風に。ものすごい声が低い感じのサラリーマンの「ふん!」みたいな感じの会話が聞こえちゃって。もう本当に、「そういうつもりで言ったんじゃないんですよ。誰かが喜んでくれるかなと思ったんで言ったんですけども……」っていう。「ふーん」みたいな感じになったから。もうやめて。500円玉貯金の話はもう誰にもしないでほしい。改めて、お願いをします。

(中澤有美子)します(笑)。

(安住紳一郎)閑話休題、ツバメの話ですね。覚えていますか?

(中澤有美子)土食って、虫食って……?

(安住紳一郎)そうです。「土を食べて、虫を食べて、口が渋くなっちゃった」っていうことで。「土食って、虫食って、口渋ーい(つちくってむしくってくちしぶーい)」っていうね。まあ、日本語としてもよく通じますよね。

「土食って、虫食って、口渋ーい」(ツバメ)

(安住紳一郎)これを早口で言うとツバメの鳴き声に似てますねという風に昔から言われているというお話をお伝えしました。ツバメの鳴き声ってなんとなくね、イメージそんなにないかもしれませんが。二羽、三羽で集まってお話をしてるような感じで。見ているとほのぼのしますよね。

ちょっとね、「また南の方に行って戻ってくる時はここに戻ってくるんだよ」みたいなことをヒナに話しかけてるような感じ。ただ、一番最後にちょっと渋いおじさんのなんかため息みたいなのをツバメって出すんですよ。動画サイトとかでもご覧いただくとよく分かると思うんですけども。「チュチュチュチュチュチュ……オエーッ」って言うんですよ。最後に。誤嚥性肺炎みたいな感じで。「オエーッ!」って。「なんかお父さん、違うところに入っちゃった」みたいな感じの声を出すんですよ。本当に。

(中澤有美子)アハハハハハハハハッ!

(安住紳一郎)「チュチュチュチュ、オエッ! チュチュチュチュチュチュ……オエーッ!」っていう。で、それが「口渋ーい」の「ぶーい」によく合うということで。早く言うと「ツチクッテムシクッテクチシブーイ」っていう。「ツチクッテムシクッテクチシブーイ、ツチクッテムシクッテクチシブーイ!」っていうとツバメっぽいねっていう話なんですよ。

(中澤有美子)そうですね。

(安住紳一郎)これ、本当に役に立つ時、ありますから。

(中澤有美子)ある?

(安住紳一郎)あります、あります。すごくあります。あの、上司とゴルフに行って前の組が詰まってる時のティーショットの合間とかでめっちゃ盛り上がったことありますよ。「安住くん、面白いね、それ!」なんっつって。「へへへ、そうですか? ツチクッテムシクッテクチシブーイ!」とかって。で、キャディーさんが「なんかツバメが多いですね」なんて言って。乗ってくれて。

(中澤有美子)フフフ(笑)。へー!

(安住紳一郎)役に立ちますから。覚えて、本当に!

(中澤有美子)フフフ、出ますよ、これ?

(安住紳一郎)絶対に皆さん、本気で覚えようとしていないでしょう?

(中澤有美子)アハハハハハハハハッ! ごめんごめん(笑)。

(安住紳一郎)「安住がなにかをやっていた」という記憶になってるだけでしょう? 絶対にそうだって。

(中澤有美子)フフフ、バレてる(笑)。

「ツチクッテムシクッテクチシブーイ」実践編

(安住紳一郎)本当に。「ツチクッテムシクッテクチシブーイ」。で、「ツチクッテムシクッテ」のところを「クチュクチュ……」っていう感じで口を尖らせてやるとそれっぽくなりますから。はい、今やってください!

(中澤有美子)「ツチクッテムシクッテクチシブーイ!」。

(安住紳一郎)はい、もう少しレベル上げてください。

(中澤有美子)「ツチクッテムシクッテ、クチシブーイッ!」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
安住紳一郎の日曜天国
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました