星野源 新曲『Pop Virus』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 72
スポンサーリンク

星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中でアルバム『POP VIRUS』のタイトル曲『Pop Virus』を紹介していました。

(星野源)さあ、みなさん、集まれー! お待たせいたしました。いよいよここで12月19日リリース、星野源5枚目のアルバム『POP VIRUS』の収録曲の中から、タイトル曲である『POP VIRUS』という曲を、宇宙初オンエアいたします。この曲はですね、『POP VIRUS』というアルバム、このアルバムは3年ぶりのアルバムです。で、いままでのシングル曲なども入って……たとえばね、『恋』という曲とか、『Family Song』、そして『アイデア』という曲などなどが入っておりますが、その中から初めて、新曲というものをね。いままで誰にも、どこにも出していない『Pop Virus』という曲をかけたいと思います。

集まりましたか、みなさん? ぜひぜひいろんな人に聞いていただきたい。先々週、『Hello Song』をかけた時は、1回CMで流れて。もう散々、1年間ぐらい流れていた曲ではあるで、すごく昔の曲という印象がありまして。

星野源『Hello Song』を語る
星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で新作アルバム『POP VIRUS』の中から新曲『Hello Song』をオンエアーしていました。 (星野...

まあでもね、昔の曲だったけれども、いまの気持ちでしっかり作った。作り直したというかね、フルを作って流しましたが、今回は正真正銘の新曲でございます。なのでね、ちょっとこう思いも、またさらにひとつ乗っかるということで。本当にたくさんの方に聞いていただきたい。さらに聞いていただきたい曲となっております。そしてこの曲、流してですね、この番組終了後の3時から全国のラジオ局にてリクエストがスタートでございます。なので、ぜひたくさんのリクエストしていただきたいと思ってます。『Pop Virus』、ねえ。いやー、いいですか、みなさん。集まりましたか? それではまた曲を聞いてですね、そこからまた感想メールなどもいただきつつ。その前に楽曲の話などをしていこうと思いますので。まずは聞いてもらいましょう。

いいですか、みなさん。よろしいでしょうか? ドキドキしますね。楽しいですね、いつもながら。この曲は特に大きい音量で聞いていただきたいと思いますんで、ぜひみなさん、ボリュームを上げてください。あげましたか? よろしくお願いします。さあ、それでは12月19日リリース、星野源5枚目のアルバム『POP VIRUS』の1曲名、タイトル曲です。みなさんに届きますように。いま聞いてるあなたに届きますように。音量上げてね。星野源で『Pop Virus』。

スポンサーリンク

星野源『Pop Virus』

(星野源)いやー、イエーイ!(拍手)。お送りしたのは星野源のニューアルバム、12月19日発売の『POP VIRUS』のタイトル曲、『Pop Virus』でした。ありがとうございました。いやー、いいですね。ちょっと短めの3分ちょっとの曲ですけども。いかがだったでしょうか? じゃあまずCMに行って。ぜひその間に感想などメールに書いて送ってください。CM後に曲の話などできたらと思っております。

(CM明け)

(星野源)さあ、先ほど星野源ニューアルバム『POP VIRUS』の中からタイトル曲『Pop Virus』をですね、宇宙初オンエアーしました。たくさんメール、来ております。ありがとうございます。どんどん読んでいきましょうね。富山県の方。「『Pop Virus』、ヤバいです。完全に電波感染しました。音が、言葉が耳から吸収されて、血管を通って全身に巡って一音一音ごとに心臓に花が咲きましたよ。私の中に音と花がいっぱいになりました。何ですか、これ。ヤバすぎです!」。ありがとうございます。

次の方。「宇宙初オンエアー『Pop Virus』、聞かせていただけました。音が少ないところから始まって、何か探してる感じがすごくして、胸がいっぱいになってブワッと心の中で広がっていきます。私も『その君』と出会っています。すごいです」と。ありがとうございます。うれしいですねー。もう1通。「源さん、星野源と松本潤と聞く『Pop Virus』、控えめに言ってめっちゃヤバいじゃないですか。タイトルからは想像もできないビートを刻んで行って、聞けば聞くほど胸の中の鼓動が太鼓を叩くように暴れていて、少しずつ解禁されていく情報とともに、星野源という色に染まっていくのをゆっくりと感じることができてとても嬉しいです。素敵な曲をありがとうございます。テスト勉強頑張ります」という。ああ、そうだ。テスト勉強頑張って! ねえ。ありがとうございます。

次の方。「心臓がドキドキしています。いままでより1人1人に歌いかけられているみたいです」という。ありがとうございます。次の方。「『Pop Virus』、良いヘッドホンで聞きました。冒頭でボーカルギターと徐々に楽器が増えていく様子に鳥肌が立ちました。打ち込みのサウンド、ストリングスも絡んでいき、耳がポップウィルスに感染していきますね。源さん、素敵な曲をありがとう」という。続々とメール、ありがとうございます。

フフフ、熊本県の方。「源さん、僕はお尻派なんですけど、先ほど流れた『Pop Virus』を聞いているとおっぱい派のやつらとの抗争がバカらしく感じてきました。それぐらい、聞いてる人の心を落ち着かせる心温まる曲でした。特に僕は『音の中で君を探している』から続く歌詞が頭から離れません。おい、おっぱい派! これからはお尻派・おっぱい派といがみ合うことなく仲良く『Pop Virus』の良さを広めていこうぜ!」。ありがとう。フフフ(笑)。ねぶり棒、あげます(笑)。

ええとですね、そんな感じでちょっと聞いていただいてありがとうございます。まあね、いわゆる正真正銘の新曲ということで、ドキドキしたんですけど、とても嬉しいですね。ちなみにいま、連絡があって。三浦の大知くんも聞いてくれているということで。なかなかないぞ! 星野源と松本潤と三浦大知と一緒に星野源の新曲を聞けるなんて、なかなかないぞ! ねえ。みんな、今日は祭りだ!

長崎県の方。「一言目で背筋がゾワッと来ました。これはラブソングでしょうか? ノイズ音やコップが割れる音、火をつけるみたいな音。いろんな音がたくさん混ざっていて、聞いていてとても楽しいです。この音をたくさん吸い込みます。一拍を永遠にします」という。ありがとうございます。神奈川県16歳の方。「『Pop Virus』、最高です。はじめの源さんの声、それに続くビート、ひとつの生き方を表してるような歌詞で大好きになりました。『一粒の永遠を』という歌詞の響きとフレーズが特に好きです。そしてクラスに『源さんが好き』ということが共通点で仲良くなった片思いの人がいて、いま聞いているそうです。明日話してみようと思います」。素敵やん。いいですねー。

大阪府の方。「『Pop Virus』、イヤホンで爆音で聞きました。かっこいい。『歌舞く』っていう歌詞、素敵ですね」。そうですね。「歌舞く」は「歌舞伎」ですね。「……アルバムタイトル『POP VIRUS』と曲のタイトル『Pop Virus』、大文字小文字の違いをつけた意味ってありますか?」っていう。まあ、特にないです(笑)。まあ、アルバムと曲の違いを表したいっていうだけですね。そんな感じです。

ええとですね、歌詞の意味をちょっと解説するのは野暮なんでやめようかな? うん、やめます(笑)。たくさん聞いて考えてください。これがいちばんいいと思います。なんで、3時からリクエストも開始されますので、いろんなラジオ番組にリクエストしていただいて、たくさん聞いていただければと思います。よろしくお願いします。この曲はですね、楽器の感じを言おうかな? いろんな楽器が入っています。僕のギター、そして歌から始まり、そしてSTUTSくんのMPCのビート。そしてシンセサイザー、これはアナログシンセサイザーを全て使っています。ほぼ。それは櫻田さんとかに弾いてもらってますね。いつものサクちゃん。「ビャーッ!」っていう音とかですね、合間の裏メロっていうんですかね。そういうのも生で弾いてくれてますね。

で、ハマくんがベースを弾いてくれていて。石橋さんがコーラスですね。いつもの美央さんとかがストリングスをやってくれていて、亮ちゃんがエレキギター。そんな感じで、今回その『POP VIRUS』というアルバムを作りたいな、こういうアルバム作りたいなっていう思いをぼんやり、まず何となくその感触っていうか、感覚で思ってですね。そのニュアンスをすごく簡単に言葉にするなら、何て言うか……この言葉っていうか形にするなら、こういうイメージだったんですよね。

で、それをどういう風にしていったら自分のいまやりたい音楽、そしてアルバムっていうものの中でいちばん生きるかなという風にして作っていきました。なので、このアルバムの、いろんな曲が入ってるんですけど。いろんな種類の曲が入ってはいますが、いちばんのコアな部分っていうか発想の元っていうか。そこはこの曲ですね。なので、何だろうな。いろんな思い……いままで『YELLOW DANCER』っていうアルバムでは僕の見てた景色とか頭ん中にある景色とか、いまの日本みたいなものを音として表現したりとか、言葉で表現したりとかするのがすごい楽しかったんですけど。

今回はそれに加えて、僕の感情とか感覚……言葉にするのが難しい感情とか感覚っていうものを音にしたり言葉にするっていうのがプラスされて、その両方を突き詰めて行ったのが今回のアルバムです。で、それをですね、僕が普段思うヤバいっていう感じ。音楽を聞いていて「うわっ、ヤベえ!」っていう感じ。「好き!」っていう感じをですね、そのジャンルを真似するんじゃなくて、なんかその「ヤベえ!」っていう感じだけをちゃんと自分のフィルターを通して、自分の音楽として作り出したいという。それをひとつのアルバムとして、作品世界として表したいという、なんかそんなアルバムになっております。

なんで自分が思う「ポップ」みたいなものがたくさん入っている。それは早い曲であっても遅い曲であっても、静かな曲であってもうるさい曲であってもそうですね。僕にとってはこれがポップなんだっていう。なので、たとえば言葉にしてしまうと喜びっていうものもあるし、怒りってものもあるし、それの中間の言葉にできないあの感じとか、この感じとか。そういう音がいっぱい詰まっているアルバムです。なので、たくさん聞いていただきたいのでぜひ、みなさん。アルバムを聞いていただけたらと思います。

ちなみにいまの曲、1曲目なんで。この次に『恋』という曲が2曲目に来きますから。そんな風にして始まる『POP VIRUS』をぜひよろしくお願いします。12月19日リリースでございます。あともうちょっとです。2週間ぐらい。(小声で)ぜひみなさん、予約していいですよ……。2億6千枚、予約していいんですよ……。ありがとうございます。

まあ、こういう発表です。しかも、「歌舞く」という歌詞がある曲をですね、発表して流せた日が(中村)勘三郎さんの命日っていうのもちょっと運命的ではございますが。

星野源『ニンゲン御破算』と中村勘三郎を語る
星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中でかつて出演した舞台『ニンゲン御破産』の再演、『ニンゲン御破算』を見に行った話をしていました。 #ニンゲン御破算 ...

そんな日に発表できたのも嬉しいですし、そんな感じで。ちょっと短い曲だったっていう……でも「短い」って言っても3分あるんですけど。ビートルズの曲で短い曲はもっといっぱいあるんですけど(笑)。普通に僕、3分ぐらいの曲がいちばん好きで。なんかもう聞く分にはいろいろと詰まっているっていうかね。で、あとは今回、構成っていうものからもっと自由になりたいなということで。どんな構成でも僕にとってはポップスだよという感じも込めまして、こんな構成にしました。

なんで、まあ短めだというのもあって、たくさんクエストしていただきたいんですけど。せっかくんでもう1回、聞きましょうかね。みなさんでもう1回、聞きましょう。じゃあ、僕の『Pop Virsu』という曲、もう1回流しますので、ぜひみなさん、楽しんでください。そしてたくさんリクエストしてください。よろしくお願いします。それではもう1回、聞いてみましょう。星野源で『Pop Virsu』。

(中略)

(星野源)はい。それでは僕の新曲を先ほどオンエアーしましたが、たくさん感想メールをいただいております。ありがとうございます。読んで行きましょう。群馬県女性の方。「『Pop Virus』、すごく心地よくてかっこよくて、終わった瞬間何も考えられませんでした。楽器のことはよく分からないのですが、『ザーザー』と音が血管を聴診器で聞いてる音に感じて、体がウイルスに感染していく様を感じました」。ありがとうございます。おおっ、なるほどね。いいですね。いいイメージですね、うんうん。

大阪府の男性、ハタチの方。「星野源と三浦大知と松本潤とお尻派と聞く『Pop Virus』、最高です!」。フハハハハハハッ! あなたはおっぱい派なのね(笑)。「『Pop Virus』を聞くと世界が平和になるように感じました。コーラスも最高です。ライブで聞けるのを楽しみにしています」という。ありがとうございます。もうね、ドームツアーでももちろんやりますからね。

東京都の29歳女性の方。「うとうとしていた布団の中で聞こえてきた『Pop Virus』、自然と体が動いて乗れました。8拍目のシンセ音が心臓が蝕まれるような音で、アルバムジャケットの心臓の画がとっさに頭に浮かびました。いろんな音楽の要素がたっぷりぎゅっと詰まったような曲ですが、シンプルでもあるような、アルバムの導入曲としてもとてもワクワクさせられました。全曲聞くのがとても楽しみです。視聴会も参加できるので、あと2回寝たら聞けることをとても感謝しております」。ありがとうございます。

そうそう。試聴会ってのが今回がはじめてやるんですよ。5つぐらいの場所、都市でやりますね。アルバムを1回通して聞いていただくっていうだけなんですが。みなさんにね、宣伝していただきたいですし、どんどん広めてもらいたいということで試聴会をやろうなんて。もちろんのメディアの方も来るんですが。いま、各地で、いろんな場所で『POP VIRUS』というもので繁殖させたいという感じなんで、ぜひみなさん、行ける方はぜひ楽しんでいただきたいのと、行けなかった方にぜひ、内容を細かくわかるようなことではなく、漠然と……「ヤベえ!」みたいなことだけを伝えてください(笑)。お願いします。

東京都の方。「最高に音遊びが源くんっぽくかっこよく、『次はどんな音?』ってワクワクしました。胸の奥をぐっと掴まれました。はじめてYMOを聞いた時、はじめて大瀧詠一さんを聞いた時、はじめて細野晴臣さんを聞いた時、中学生の頃のあのドキドキが40歳を過ぎたいま、また感じることができるとは思いませんでした。本当にいつも素敵な曲をありがとうございます」という。ありがとうございます。

東京都、27歳女性の方。「今晩も源さんの楽曲初解禁に立ち会えてとてもうれしいです。ラップのようにも聞こえる歌詞や『愛してる』といったストレートな歌詞がいままで源さんの楽曲であまり聞かれなかったように感じ、ドキッとしてみました。アルバム、楽しみすぎです」という。ありがとうございます。そうですね。「愛してる」っていうのは1回もないんじゃないですかね? その「愛してる」という言葉、僕は何か足りないなとずっと思っていて。「『愛してる』じゃ足りないんだよな」っていっつも思ってるんだけど。でも、「使おう!」っていう(笑)。「『足りないから使わない』じゃなくて、『いや、使おう!』」というモードなのでございます。で、その足りない部分を音で表現するという、なんかそんな感じ。イメージですね。あと音だったり、他の歌詞の部分でね、表現しようという感じですね。

北海道の方。「本当に宇宙初を星野さん、そして松本潤くん、三浦大知くん、そしてリスナーのみなさんと聞けた『Pop Virus』、最高です。予想されていたジングル、私が予想していた『Pop Virus』とは違って、ギターの音から始まったのは体中に電撃……いや、ウイルスが感染しました。さらにアルバムが楽しみになりました。ちょうど受験シーズンが重なり、ライブに行けなくかなりショックを受けていましたが『Hello Song』に続いて『Pop Virus』を聞けたので、いままでやる気が出なかった勉強を頑張ろうと思いました。頑張ります。頑張って次のライブに行きます」という。ありがとうございます。

ありがたいですね。最後ですね。石川県の方。「夜中に響く曲と歌詞、サビでの歌とストリングスのユニゾン。いろいろな楽器とのアンサンブル。曲の中にいまの源さんの全てがギュッと詰まってる感じがして濃い曲ですね。歌詞の中に『心臓に花が咲く』というところから、アルバムの写真のイメージが生まれたのでしょうか? 既に予約済みですが、早く全曲を聞きたくなりました」。ありがとうございます。ねえ。いやいやいやいや、初解禁ございますが。なんでみなさん、ぜひたくさん聞いていただきたいですね。ありがとうございます。

あと、雑誌とかもどんどん出て行きますんで、その中でも話をしていますし。あと、ほぼ2週間後ですもんね。リリースということで。しかも来週は藤井隆子とのスペシャルだから、たぶん曲は流さないよ(笑)。たぶん2時間ぶっ通しカラオケパーティーだから、流さないんじゃないの? わかんないんで。なのでその分みなさん、ラジオ局にぜひリクエストしていただきたいて、日本中に流していただきたい思います(笑)。まあ、普通に曲を流す可能性高いですけども(笑)。なのでぜひ、これからも『POP VIRUS』をよろしくお願いします。

とにかく、一言本当にヤバいアルバムにしたかった。それだけですね。なんで、いままで聞いたことのない感じっていうものをですね、自分がこの頭にあるこの感じっていうのをボン!って出したいというそんな気持ちで全14曲。既発曲も新曲も含めて制作しました。なのでもう、いまの自分の全部がバーン!って……擬人化の逆です。擬音化? 擬人化ってなんか物とか概念とかを人に置き換えるっていうのがあるけど、逆ですね。人を音にしたっていう感じですね。なんかそんな感じのアルバムです。ぜひみなさん、何度も言います。12月19日リリースでございます。星野源5thアルバム、5枚目のアルバム『POP VIRUS』。ぜひみなさん、手にとってください。よろしくお願いします。

じゃあ、曲を聞いてみましょうかね。これ、全然また違う曲にしましょう。僕の好きなビーチボーイズの曲で『Friends』。

The Beach Boys『Friends』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする