モーリー・ロバートソン BTS 原爆Tシャツ問題を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 72
スポンサーリンク

モーリー・ロバートソンさんがBSスカパー!『水曜日のニュース・ロバートソン』の中でBTS(防弾少年団)のメンバーが着用していた原爆Tシャツ問題について話していました。

(モーリー)先週は中間選挙の話でしたけども。今日はこれをやらざるを得ません。11月9日、BBC NEWS UKのツイートです。こちら。「BTS T-shirt: Japanese TV show cancels BTS appearance over atomic bomb shirt」。

(プチ鹿島)おおっ!

(モーリー)まあね、これを見ただけで「あーあ……」っていうのがわかるわけよ。それとこの写真のBTSのみなさんの、なんにも時事のことなんか下調べしてませんよっていう。「ああ、誰かが誰かにハメられたな」っていうようなニュアンスとかもあるんですけど。じゃあ、日本語。一応訳してみましょうか? 「BTSのTシャツ:日本のテレビ番組は原爆Tシャツを理由にBTSの出演をキャンセルした」という。

(プチ鹿島)はい。

(モーリー)で、記事の見出し。「A Japanese TV show has cancelled an appearance by hugely popular K-pop group BTS, amid controversy over a shirt worn by one of the band members.」。「メンバーの1人が着用したTシャツに関する論争が起きる中、日本のTV番組は人気の韓流グループBTSの出演をキャンセルした」っていうことですね。これはまあ、Twitterでも「原爆Tシャツ」っていうのは何日かトレンドのいちばん上の方にずっと載り続けていたので、まあいまの最終的なオチは「紅白出場がなくなった」っていう、さっきニュースでも紹介しましたけども。

ことの経緯をちょっとだけ紹介します。そもそもBTSは2013年に韓国で結成された7人組の男性ヒップホップグループなんですけど。先日は国連でスピーチを行うなど、アジアを飛び出してグローバルに活躍しているグループなんですね。しかし、メンバーの1人がなんと原爆がデザインされたTシャツを着用していたことが問題になっています。

(モーリー)これなんですよ。で、「OUR HISTORY(我々の歴史)」って赤い文字で。「PATRIOTISM(愛国心)」「HISTORY(歴史)」「LIBERATION(解放)」「KOREA(韓国)」って書いてあるんですよね。「この原爆が落ちて日本が降伏したことで、自分たちは解放された」っていうニュアンスのコラージュになっていて。下の方には韓国の国旗と一緒に「PATRIOTISM(愛国主義)」と。だから、「韓国を愛する。ざまあ!」みたいな、こういうニュアンスのコラージュになっているわけですね。で、なんでこれがそもそも問題になったか? なんですけど、それは誰かが見つけたからなんですが。前提として徴用工問題で日本と韓国がいま最大限にピリピリしているという。

モーリー・ロバートソンとプチ鹿島 徴用工訴訟問題を語る
モーリー・ロバートソンさんとプチ鹿島さんがBSスカパー!『水曜日のニュース・ロバートソン』の中で第2次大戦中に動員された朝鮮人徴用工への個別補償を命じる判決を韓国最高裁が下した件に...

(プチ鹿島)だから最近のあれがきっかけっちゃあきっかけらしいですね。

(モーリー)そうですね。だから徴用工あたりで、片方では韓国の言い分を基本的に丸呑みする傾向が、日本の文化人の中にはあるじゃないですか。で、それを保守系の人っていうのは面白くないわけですよ。それでチャラチャラした韓流っていうのを「きれい」とか「かわいい」っていうので、「なんか騙されているんじゃないか?」っていう猜疑心が保守系の人たちにはあって。韓流とかK-POPに。どうですか? K-POP大好き?

(森山みなみ)私、実は高校の頃にすごくK-POPにハマっていて。個人的に高校生の時に日韓の高校生の政治に関する関心の差を現地に調べに行ったことがあるんですよ。

(プチ鹿島)すごーい!

(森山みなみ)その時、韓国の高校生って政治に関する意識がすごく高くて。日本とは全然違うんですね。それで、反日教育をずっと受けているんで……。

(生駒幸恵)へー!

(森山みなみ)「政治は嫌いだけど別に一般人は好き」っていう方がすごく若者に多くて。歴史教育を踏まえた上で、一般知に対する声はすごく持っている方がすごく多いんですよね。なのでBTSも然りなんですけど、反日教育を受けているアイドルとか芸能人って、反日がブランドというか。反日を踏み台に国内で人気が出るっていう風潮があるんですけど。

(モーリー)すごい! 日本だとそもそも「愛国心そのものが悪い」っていうことで。芸能人が政治を語ること、政治的意識を持つことはタブーですよね? それが、真逆ですよね。

(森山みなみ)真逆で。やっぱり愛国心を出すと国内ですごく支持されるという風潮があるんですけど。

(モーリー)それを、今回国境を超えたことが問題になったのかもしれないですけど、こういう原爆が入った意味ありげなTシャツを着ていたことでネットが大炎上してテレビ朝日の人気音楽番組『ミュージックステーション』への出演取りやめに発展したわけなんですよね。で、さらに原爆Tシャツと呼ばれたこのTシャツだけではなく、これをさらに日本側からいろいろネットで掘った結果、過去にBTSのメンバーがナチス親衛隊(SS)の記章をあしらった帽子をかぶったりとか。コンサートでナチスを想起させる色合いの旗を振っていたことなんかが公になってこれが問題になった。で、ここからが今回の騒動のひとひねりなんですけども。

(プチ鹿島)はい。

(モーリー)これだけだと、いまおっしゃったように踏み台にしている部分もあるのでBTSの事務所も騒動が起きた後、テレビ出演がキャンセルされたことで楽しみにしていたファンにはお詫びをしている。ところが、このことに関してはお詫びしていないんですよ。その時点で。

(プチ鹿島)だから今日の冒頭のオープニングトーク。ここにかかってくる。

(モーリー)「誤解を与える表現があったかもしれないが……」ということで。要はあんまりそこで謝っちゃうと、韓国側で「よくやった!」って言っている人がいるわけですよ。この韓国のデザイナーははっきりと「韓国の愛国心=原爆」っていう風に。

モーリー・ロバートソンとプチ鹿島「誤解を招いた」型の謝罪方法を語る
モーリー・ロバートソンさんとプチ鹿島さんがBSスカパー!『水曜日のニュースロバートソン』の中で「誤解を招くような表現をしてしまい申し訳ない」という形の謝罪方法について話していました...

(プチ鹿島)だからさっきの話だと、溜飲を下げている人も当然いるという。

(モーリー)そう。その人たちを逆に怒らせて、「日本に屈服したのか?」っていうことになるんで。

(プチ鹿島)だから謝り方をいかにぼんやりと謝るかっていうことになるんですね。

(モーリー)そこで、そのナチスを身に着けていたことが掘られると、今度は第三国が絡んできます。外のプレイヤーが絡んできます。っていうのは、かつて20年以上前に文春の『マルコポーロ』という月刊誌がやはりホロコーストを否定するような記事を掲載した結果、ユダヤ系の人権団体サイモン・ウィーゼンタル・センターに抗議を受け……ウィーゼンタル・センターっていうのは結構ガチで挑んできて。あらゆるスポンサーに抗議をするんですよ。それで文春の全てのスポンサーが落ちそうになったので、もう背に腹は代えられない。それで『マルコポーロ』を即時廃刊。その時、解任されたのが花田紀凱編集長。花田さんはいま、『月刊Hanada』をやっていて、どっちかと言うと真右の論客にその後定着した方なんですね。

(プチ鹿島)うん。

(モーリー)で、その頃から日本のプレスっていうのはサイモン・ウィーゼンタルと因縁がありまして。徳間書店、そして週刊ポストもいろいろと、やはりユダヤ陰謀論を思わせる記事を掲載すると、その都度抗議を受けては謝罪を出したりしています。だから釈明に追われることになるので日本の出版会ではサイモン・ウィーゼンタル・センターが出ただけで「あっ、やめよう!」っていうことになるわけですよ。過去に文春が大負けしているから。

で、今回面白かったんですけど、Twitterを使っているたぶん保守系の人たちがサイモン・ウィーゼンタル・センターの公式Twitterアカウントに「これはどうなんだ? これはやらないのか? 日本人が南京大虐殺を否定したり、ホロコーストを否定した場合、あなたたちは攻撃する。なのに韓国の人たちがやったら、韓国は被害者だから許すのか?」みたいになじったわけですよ。再三。そうすると、重い腰を上げるかのように、サイモン・ウィーゼンタル・センターは一拍置いて、BTSを非難する声明を出しました。ところが最初はこれ、英語のニュースにもあまりならず、燃えなかったんですね。

ところが、じわじわとそれが効いてきたのかある段階で……たぶん紅白にも出られないとか。あともうひとつは『マルコポーロ』の時もそうだったんだけど、日本のスポンサーはこのままこじれて。しかもナチスのコスプレとかナチスをあつらえていたということをお詫びしなければ、今後日本公演における日本側のタイアップ、大手は一切来ないです。国際資本の日本法人も手を引かざるをえない。っていうのは、この背景でいま、ネオナチとか白人至上主義者の思想や陰謀論に傾倒した人がユダヤ礼拝堂で乱射事件を起こしたりしているわけですよね?

モーリー・ロバートソン トランプ大統領のユダヤ教礼拝堂銃乱射事件への反応を語る
モーリー・ロバートソンさんがBSスカパー!『水曜日のニュース・ロバートソン』の中で中間選挙を目前に控えたドナルド・トランプ大統領によるアメリカ・ピッツバーグで発生したユダヤ教礼拝堂...

あとはこの番組のコマーシャルでも出たりするように、ヨーロッパではどんどんと差別主義や排外ナショナリズム、ポピュリズムが広がって極右政治があり。そこは決まって「ジョージ・ソロスが……」とかってユダヤ人を攻撃するわけですよ。だからヨーロッパやアメリカの人たちは非常に危機感を、プレスもスポンサーも持っている。そんな中、全くそんなことは考えずにここのスタイリングをやった人がなにげに「ナチス、かっこいい」みたいな。で、実は欅坂46もやられたんだっけ? 何年か前にね。

(プチ鹿島)ありましたね。ファッションね。

(モーリー)そう。「ファッションだからいいじゃん。アイドルなんだよ」っていうのはある種、遠ければ遠いほどアジア的って言っていいのかな? ちょっと免罪符のつもりだったのが、現にナチスの問題やネオナチの問題が起きている欧米ではそうはいかないわけですよ。その距離感が今回、仇になった形で。

(プチ鹿島)距離感というか、もしかしたら無知……。

(モーリー)だけどそこにひとひねり入っているのは、ウィーゼンタル・センターが出てきて大謝りしたんだけども、それまで原爆に関して謝るつもりはどうもなかったっていう節があるわけですよね。それには、「誤解を与えた」で終わらせようとしていたんだけども、ナチスが出てきて世界で問題になって。世界でツアーができなくなるっていう可能性が出てきました。そうすると、原爆もナチスもいまはお詫びをしているという。でも、原爆の方はさっきのTシャツにもあったように、ナショナリズムの発露なわけですから、反日がアイドルのひとつの「たしなみ」とされている、そういう社会的風潮がある以上、こういう問題は下手すると再発するような気がいたします。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする