スポンサーリンク

高嶋政宏と爆笑問題 下ネタを語る

高嶋政宏と爆笑問題 下ネタを語る 爆笑問題の日曜サンデー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高嶋政宏さんがTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』に出演。爆笑問題のお二人と下ネタについて語り合っていました。

(太田光)(投稿メールを読む)『絡みづらい俳優さんは誰ですか?』。

(田中裕二)あっ、これはいます?

(高嶋政宏)いやー、これはね、なかなか言えないですけどね。

(田中裕二)いるにはいるでしょ?

(高嶋政宏)いや、まあいるにはいるんですけどね。ええ。まあ、あのはっきり言って40代後半から50ぐらいの年代は、まずね、演技論とか一切しないんですよ。もうそういうことを話すのは恥ずかしいと思っているの。だからぜんぜん、アホな話をしたり、下ネタとかをしてね。でもちゃんと自分では、ちゃんと考えてやるんだけど。その、まあね、前後の。

(田中裕二)前後?どっちも。

(太田光)わかる気、しますね。

(高嶋政宏)あの、後の大先輩たちはもう超越してますからね。前の人たち、好きな人たち、多いですねー。

(太田光)あ、わかる気がする。我々も、なんつーの?そういうの暑苦しくて嫌じゃん?みたいな。劇団とかでも、すぐそうなる先輩たちを見てきているから。もうそういう話。演芸論とか芸談みたいなのって嫌だけど。いまの若い連中は逆にそういう、上がそうじゃないから。

(田中裕二)反動というか。

(太田光)うん。自分たちはするんでしょう。きっと。

(高嶋政宏)でもね、芝居は要するに昔の僕らの頃と違って。大先輩はもう緊張しちゃって。でも、そういうのはいまないから。軽みっていう意味で言うと、絡みやすい。もう自然に、全く緊張感なしにカメラ前でやれるんでね。それはいちばんいいですよね。

(田中裕二)結構、あれですか?たとえば映画とかドラマとかで一緒になる後輩の俳優さんが、『高嶋さん、ちょっといいっすか?ここの部分なんですけど、僕、こうやって思ってるんですけど・・・』みたいな感じの人って、多いんですか?後輩の人に。

(高嶋政宏)いやー、たぶんね、俺現場で下ネタしかしゃべんないんで。

(一同)(爆笑)

スポンサーリンク

現場では下ネタしかしゃべらない

(高嶋政宏)俺んところにはね、ほとんど来ないんですよね。ええ。もう逆に、『すいません、先輩。黙っててもらっていいですか?』って。

(太田光)(笑)

(田中裕二)下ネタ?

(高嶋政宏)下ネタばっかりですね。最近ちょっと反省したんですよ。よくないなって。

(田中裕二)いや、今日だってぜんぜん反省してないじゃないですか。

(高嶋政宏)いや、ここはラジオだからいいじゃないですか。

(江藤愛)ラジオだから(笑)。

(高嶋政宏)もうね、やっぱりね、つくづく最近ね、やっぱり後輩のね、役者さんたちの普段の真面目な姿勢をね、見てね。なんかこう、身がすくむような思いを・・・

(太田光)(笑)

(高嶋政宏)やっぱり、こうじゃなきゃいけないのか?でも・・・

(太田光)いや、いまのまんまがいいですよ。CM中にもね、『ひるおび!』の・・・

(高嶋政宏)『ひるおび!』。CM中にね。

(太田光)『ひるおび!』の前の。

(高嶋政宏)『そろそろスタジオ、お願いしまーす』って。『あ、じゃあその前にちょっとトイレ・・・』ってトイレへ。『そうか、次の話題、こういう話題だから・・・』ってパッてズボンを見たら、全部ションベンがズボンにかかっていたっていうね。

(田中裕二)(笑)。だから、そのただだらしない人なだけだからね。

(高嶋政宏)で、それをスタイリスト、アシスタントにもうドライヤー持ってきてもらって。思いっきり乾かすみたいな。

(田中裕二)『もう本番ですよー、高嶋さん。早く来てくださーい!』みたいな。『マイク、つけますよ』みたいな。

(高嶋政宏)で、しらばく入って。で、『CMです』って言った後に、恵さんだっけな?誰だっけな?『あれ?今日なんか、犬の匂いしない?』って(笑)。

(太田・田中)(爆笑)

(江藤愛)バレてる(笑)。

(高嶋政宏)そんなのもありましたけど。まあでもね、全世界いろいろ旅に行きますけども。番組、プライベート含めて。どの国に行っても、その宗教の国に行っても、もう下ネタ話した瞬間に仲良くなる。

(太田光)ああー、それは世界共通。

(高嶋政宏)世界共通。下ネタ話さない限りはね、ちょっとギクシャクする。下ネタ話したらね、世界は一家ですよ。もう。本当に。

(太田光)なかなかそういう失敗は、多くはないよね。まあ、こいつもウンコ漏らす方だから。結構あるけどね。

(田中裕二)僕もまあ、ありますよ。何回か本番中にウンコ漏らしたこともありますし。

(高嶋政宏)あ、本番中に。やりました?

(田中裕二)ええ。あ、便器のフタの上って、したことあります?

(高嶋政宏)便器のフタの上はないですね。

(田中裕二)ないですか。あるんですよ。

(高嶋政宏)あるんですか!?

(太田光)俺んちの便器のフタの上に・・・

(江藤愛)もう、誇らしげにしゃべんないでくださいよ!(笑)。

(高嶋政宏)あれ?ションベンネタはないですか?

(田中裕二)ションベンよりも僕はウンコの方ですね。

(高嶋政宏)あ、実はね、どこにも言ってないんですけどね、あのね、美輪さんの舞台のね、最中に舞台上でションベンしたことが・・・

(太田光)(笑)。ちょっと!

(高嶋政宏)いや、ヤバいんでね。

(太田光)さっきの話でしょ?美輪さんの舞台って。

(高嶋政宏)いや、その後のやつなんですよ。もうね、ちょうどさっき、レントゲンをやったら膀胱が・・・っていう。病気になったんですよね。それで、我慢できなくてね。本番中に、後ろを向いてね。持っていって。タッパー。

(太田光)えっ!?

(高嶋政宏)それでね、本番中にしたことがありますね。

(田中裕二)そりゃもう、病気だからしょうがないね。えっ、そのタッパーは、もうわかっていて、持っていったんですか?

(高嶋政宏)もう舞台のセットの引き出しに入れておいて。それで、その時に美輪さんが長セリフをしゃべっている時、ちょっと暗くなっている後ろを向いて、ちょっとこうね、腰を浮かしてね。やるんだけど、やっぱり舞台、本番中、お客さんの前ってね、なかなか出ないねー。

(太田・田中)(爆笑)

(高嶋政宏)『したいな』って思っているんだけど。

(田中裕二)そりゃそうですね。出ないなら、出ないでいいんだけどね。

(高嶋政宏)ちゃんと、出して。何食わぬ顔してね。またやりましたよ。

<書き起こしおわり>


高嶋政宏 美輪明宏との過酷な舞台の思い出を語る
高嶋政宏さんがTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』に出演。思い出の曲バルナバス・フォン・ゲッツィ『夜のタンゴ』を聞きながら、美輪明宏さんと共演した過酷な舞台の思い出を語っていました。

高嶋政宏 大好きな音楽とバンド活動を語る
高嶋政宏さんがTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』に出演。音楽にハマッたきっかけや自身のバンド活動などについて話していました。

高嶋政宏 役者になったきっかけを語る
高嶋政宏さんがTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』に出演。音楽やバンドにハマッていた高嶋さんが役者を志したきっかけについて話していました。

高嶋政宏 バブル時代の夜遊びを語る
高嶋政宏さんがTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』に出演。バブル時代に調査員のように街を徘徊していた高嶋さん。当時の夜遊び事情について話していました。

https://miyearnzzlabo.com/archives/30123

タイトルとURLをコピーしました