スポンサーリンク

安住紳一郎 TBS退社を決めた宇垣美里を引き止めようとした話

安住紳一郎『爆笑問題カーボーイ』代打出演を渋りまくった話爆笑問題カーボーイ
スポンサーリンク

安住紳一郎さんが2021年2月9日放送のTBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』に外山惠理さん、良原安美さんと共に代打出演。TBSの退社を決意した宇垣美里さんを引き止めようとした話をしていました。

(太田光)(『怒りん坊田中裕二』のメールを読んで)「……安住さん、(退社報告をするのに)2時間も待たされて大きなお世話なことを言う後輩。これってムカつきますよね?」。

(安住紳一郎)これは「超ムカつく」ですね。

(太田光)フハハハハハハハハッ! こういうことは経験、ありますか?

(安住紳一郎)これはやっぱり「退社する」みたいな話を先輩に言う時はちゃんとやっぱりね、それなり誠意を持って。いくら会社に入ってすぐとはいえ、やらないと。

(太田光)そういうこと、あった?

(安住紳一郎)いや、それぞれね、個人的な考えは……。

(太田光)結構TBSって女子アナ、辞めていくじゃない?

(安住紳一郎)そうですね。結局、私の持論で……最後の辞め方っていうのはその人のアナウンサー人生を表わした辞め方しかしないんですよ。だから、「ああ、この人は本質を見ない癖があるな」と思ったら本質を避けたあいさつをするし。情熱的にやってる人はやっぱり情熱的な最後のあいさつをするし。

(太田光)「情熱的」っつっても「コーヒーをかける」みたいなのもひとつの情熱じゃん?

(安住紳一郎)それは、なに? 誰のことを言っているの? 宇垣さんのことを言っているの?

(太田光)コーヒー、かけられたんだろう?

(安住紳一郎)コーヒーかけられてない。

(太田光)なに? 紅茶?(笑)。

(安住紳一郎)紅茶じゃない!

(外山惠理)種類が変わったよ(笑)。

コーヒーはかけられていない

(太田光)クリームソーダ?(笑)。

(安住紳一郎)違います! だからやっぱり、あれですよね。辞め方とか辞める時のあいさつとか感謝の伝え方っていうのはやっぱりその人のそれまでのサラリーマンとか組織の生き方が出るから。やっぱりそこはきっちりした方がいいなとは思いますね。

(太田光)そうだね。でもさ、みんなだいたい聞くと、やっぱり「安住さんを目指してます」みたいなの多いでしょう? アミーゴもそう?

(良原安美)はい。安住さん、目指しています。

(安住紳一郎)もう疲れているんじゃない?

(良原・外山)アハハハハハハハハッ!

(太田光)だからさ、たとえば田中みな実にしろさ、辞めていったじゃない? みんな。ああいう時って最後、一応安住くんのところに行くの?

(安住紳一郎)話をしてくれる人はいますよ。うん。

(太田光)それでだいたい判断するわけ?

(安住紳一郎)そうですね。で、相談できて。それでまだ考え直す余地があるんだったらそういう話をしますし。意思が固かったらそうなる時もありますし。

(太田光)ああ、引き止めたこともあるの?

(安住紳一郎)もちろん、ありますよ。

(太田光)引き止まった?

(安住紳一郎)引き止められる場合もありますし。

(太田光)へー。それ、誰?(笑)。

(安住紳一郎)「誰」? それ、なんで聞きたいの?

(太田光)いや、興味あるじゃん。だって。

(安住紳一郎)興味ある? ああ、そうですか? 宇垣さんは……皆さん、興味あるかもしれませんけども。まあ、いろいろとね、目的があってお辞めになりましたけれど。一応、「辞めたい」って言われた時には引き止めまして。それで……。

(太田光)コーヒーかけられたの?

(安住紳一郎)コーヒーはかけられていませんよ。それで、ちょっとね、彼女もいろいろ考えがあって。それでいろんな人とぶつかり始めてたんで。

(太田光)フハハハハハハハハッ!

(安住紳一郎)それであんまり……ねえ。なにを相談しても、ダメな時はダメだもんね。

(外山惠理)うん。

(安住紳一郎)なので、もう彼女には人間のアドバイスは効かないなと思ったので。一緒に馬に乗りに行きましたね。

一緒に馬に乗りに行った

(太田光)フハハハハハハハハッ! 一緒に馬に乗ったの?

(安住紳一郎)馬、乗りに行った。

(太田光)すごいね(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
爆笑問題カーボーイ
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました