スポンサーリンク
スポンサーリンク

高嶋政宏 笑っていいとも!で客全員をドン引きさせた話を語る

高嶋政宏 笑っていいとも!で客全員をドン引きさせた話を語る 爆笑問題の日曜サンデー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高嶋政宏さんがTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』に出演。太田光さんがたまたま見ていて驚いた、笑っていいとも!出演時に全てのお客さんをドン引きさせてしまった話をしていました。

(太田光)変わっているんですよ、この。

(江藤愛)そんなイメージ、ない。うん。

(田中裕二)高嶋さんってなんとなくね、正統派の二枚目の。ねえ。もちろんお坊ちゃんで、みたいなイメージがあるんです。一般的にはあるんですけど。

(太田光)かっこいいね。

(高嶋政宏)ええ?本当ですか?

(江藤愛)うん。はい。

(高嶋政宏)えっ、なんか、付き合ってくださいよ。

(江藤・田中)(笑)

(江藤愛)うれしい(笑)。

(田中裕二)『付き合ってください』じゃないですよ。おかしな人なんですよ。

(江藤愛)そうですね。(笑)。

(太田光)おかしな人なんだよ。下手すりゃ美元よりおかしいよね。

(田中裕二)いや、美元の名前、出さなくたっていいでしょ?

(太田光)(笑)

(高嶋政宏)あのね、美元を超えるやつはなかなかいないんじゃないですかね?

(太田光)(爆笑)

(田中裕二)だからこれね、乗ってくんのよ。

(江藤愛)私、いまどうなるんだろう?って思った。

(田中裕二)これはね、まあいろいろありました。弟さんのことで。でも普通ね、これってなかなか、まあこいつみたいに振るやつもいないし。いないし、振りづらいし。振っても、まあなんとなくお茶を濁すんだけど、このお兄ちゃんは乗っかるのがすごいんだよ。

(高嶋政宏)まあでも全てね、役者はあれですから。芸の肥やしというね。

(太田光)(笑)

(田中裕二)まあまあ、そうですよね。

(太田光)そりゃそうです。全ての経験はね。

(高嶋政宏)俳優はそれをね、懲りないからダメなんですよね。

(田中裕二)懲りない。これは自分もそうですか?

(高嶋政宏)自分もそうですね。懲りない。

(太田光)僕はね、なんつってもね、いいとも!やっていた時に、高嶋さんがテレフォンのゲストに来た時に、俺、あん時レギュラーでいたと思うのね。で、楽屋で見てたの。トークを。高嶋さんの舞台での、あるエピソードが・・・

(高嶋政宏)そうそうそう。

(太田光)これがね、もう大笑いしたの。楽屋で。客、全員ドン引きしてんのよ(笑)。

(高嶋政宏)ドン引き。シーン!としてるんですよ。

(太田光)こんな話をテレビでするんだ!?っていうね。

(田中裕二)まずね、これね、笑っていいとも!のテレフォンショッキングで、俳優さん。しかもこういう、主役を張るような俳優さんが来たら、超ホームなんですよ。引くことなんか、普通ない。お客さんみんな、超歓迎。ウェルカム。ウワーッ!キャーッ!(拍手)っていう。『じゃあ、お友達を紹介・・・』『ええーっ!?』みたいな世界ですよ。

(江藤愛)はい。

(田中裕二)そんな中、引かしちゃうんですか?

(高嶋政宏)ドン引きでしたね。

(太田光)ちょっとあの話、お願いします(笑)。

(高嶋政宏)いいんですか?いや、ある日ね、舞台でね、ミュージカルだったんですけど。もう毎回ね、そのエレベーター係がね、どうもオナラしてんじゃないか?って。臭いんですよ。ねえ。

(太田光)(笑)。その舞台まで。

(高嶋政宏)舞台のまで行くやつの。それで、もうだんだん、長期の舞台をやっているとね、ちょっとしたことでイライライライラしちゃう。それである日、もう上がって行ったらまた臭いんですよ。それで下りて、いろんな装置を上げたり下げたりするところに行って、また臭いんですよ。それで、もう頭来て。今日こそプロデューサーに言ってやる!と思って。それで、そいつのところに行って、『なんか臭えな!』っつったらそいつがパッて立っていなくなったんですよ。

(田中裕二)うん。

(高嶋政宏)『こいつか!もう頭に来た!』と思って、一幕全部終わって、楽屋戻って。それでお付きに、『今日、プロデューサーに文句言うから、プロデューサー呼んでおいて!』って言って。それで、『あ、ちょっと二幕始まっちゃうから、トイレ行ってくる』ってトイレでズボンを下げたら、自分のウンコがそこにあったっていう。

(太田・田中)(爆笑)

(高嶋政宏)『俺だったのか、臭かったのは!?』っていう。

(太田光)(爆笑)。そんなこと、ある!?

『俺だったのか、臭かったのは!?』

(江藤愛)信じられない!しかも、それを話してくれるのが信じられない・・・(笑)。

(田中裕二)漏らしてたんですか?

(高嶋政宏)いや、だから途中で・・・

(太田光)なんかあれ、履いてたんでしょ?

(高嶋政宏)スキンズっていう、膝とか関節とかを保護する、ピタッとしたやつを。

(江藤愛)パチッとしたやつを。

(高嶋政宏)そうなんですよ。もうね、それを見た時にね、びっくりしましたよ。笑いましたね。そこにそのままある!っていうのを。

(太田光)(爆笑)

(高嶋政宏)やっぱりね、歌ったり踊ったりしてるとね・・・

(田中裕二)出ちゃうの?

(高嶋政宏)出ちゃったんですかね。

(田中裕二)でも、その前もずっと臭かったわけでしょ?

(高嶋政宏)それはそいつらが、やっぱりオナラしてたんじゃないですか?

(田中裕二)それはそれだけど。でも、いまから考えたら、毎日漏らした可能性はあるんじゃないですか?

(高嶋政宏)いや、大丈夫ですよ。俺、毎回トイレね、ある舞台の時ね、水飲みすぎて。ミュージカルだから。1回ね、43回ぐらいトイレに行ったことあるんですよ。ションベンだけで。

(太田光)えっ?舞台中に?

(高嶋政宏)舞台中に。ちょっと行って、ちょっと出して、また出るっつって。

(田中裕二)そんなことあるの?

(高嶋政宏)そうなんですよ。そしたら病院に行って、『なんかすっごいトイレの回数すごい』っつったら『レントゲン撮りましょう』って。なんか、どうもギュッと膀胱がちっちゃくなっていたと。

(太田光)すぐたまっちゃう。

(高嶋政宏)そう。たまるやつで。たぶんなんかいろんなお仕事でストレスとか疲れでそうなっていたんだろうということでね。そういうのがあって。でもいまじゃ、治ってね。

(田中裕二)治ってよかったですね。それね。

(高嶋政宏)よかったです。はい。

(太田光)その後、なんか謝ったりしたんですか?その。

(高嶋政宏)しないですよ。しないですよ。謝んないですよ。損なの。

(田中裕二)疑ってしまって申し訳ないと。

(高嶋政宏)そうです。だからたぶん、いいとも!での僕の話で知ったんじゃないですか?

(田中裕二)ああ(笑)。

(高嶋政宏)『どうも楽屋とかあの周り、臭かったな。高嶋だったのか!』っていう(笑)。

(太田光)俺、もう楽屋でさ、大笑いしたんだけど。客、ドン引きなんだよ(笑)。

(田中裕二)引いたんだ。

(江藤愛)どういう反応していいか、わかんない。えっ、えっ!?っていう。

(高嶋政宏)それででもね、そのタイツ。スキンズがね、次の舞台もほら、飛んだり跳ねたりするから使わなきゃいけないじゃないですか。だからそんまま、それをきれいに拭く。拭くだけ拭きとって、また履いて出て行ったっていう。

(太田光)(笑)

(田中裕二)うわ、もう・・・

(高嶋政宏)着替える暇、ないんだよ。

(田中裕二)プロだからね。そりゃあもう、プロですよ。そこはね。

(高嶋政宏)そうなんですよ。

(田中裕二)着替える暇、ないんだから。洗う暇もないんだ。

プロだから、履く

(高嶋政宏)洗う暇、ないですよ。それがね、二着あって。1日ごとに替えてたんですよ。だから、二着しかないから、1個は洗濯しているからまだ乾いていない。で、夜公演もあったから、一応濡れたままのやつを、もちろんそれはね、洗濯に回してもらって。で、自分でその濡れたのを履いて、気化熱でね、乾かしながら夜の部を・・・

(太田光)(笑)

(田中裕二)偉くないし、別に!

(太田光)履かなきゃいいじゃん(笑)。

(高嶋政宏)それ、履かないとね、筋肉と関節がね、心配だったんです。

(太田光)ウンコの方が心配だって(笑)。

(田中裕二)だからこんな人なんですけども、素晴らしいプロフィールがちゃんとあるんでね。そちらをご紹介しないと。事務所の人たちも、頭を抱えちゃいますよ。本当にね。

(太田光)(笑)

(高嶋政宏)いや、大丈夫です。いつもこんな話、してるんでね。本当に。

<書き起こしおわり>

高嶋政宏 笑っていいとも!で客全員をドン引きさせた話を語る
高嶋政宏さんがTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』に出演。太田光さんがたまたま見ていて驚いた、笑っていいとも!出演時に全てのお客さんをドン引きさせてしまった話をしていました。
高嶋政宏 美輪明宏との過酷な舞台の思い出を語る
高嶋政宏さんがTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』に出演。思い出の曲バルナバス・フォン・ゲッツィ『夜のタンゴ』を聞きながら、美輪明宏さんと共演した過酷な舞台の思い出を語っていました。
高嶋政宏 大好きな音楽とバンド活動を語る
高嶋政宏さんがTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』に出演。音楽にハマッたきっかけや自身のバンド活動などについて話していました。
高嶋政宏 役者になったきっかけを語る
高嶋政宏さんがTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』に出演。音楽やバンドにハマッていた高嶋さんが役者を志したきっかけについて話していました。
高嶋政宏 バブル時代の夜遊びを語る
高嶋政宏さんがTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』に出演。バブル時代に調査員のように街を徘徊していた高嶋さん。当時の夜遊び事情について話していました。
高嶋政宏と爆笑問題 下ネタを語る
高嶋政宏さんがTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』に出演。爆笑問題のお二人と下ネタについて語り合っていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
爆笑問題の日曜サンデー
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました