スポンサーリンク
スポンサーリンク

少年隊錦織一清ディスコ楽曲を語る Dan Hartman『Hands Down』

少年隊錦織一清が語る ジャニー喜多川流ヒット曲づくりの秘訣 西寺郷太TAMAGO RADIO
スポンサーリンク
スポンサーリンク

少年隊の錦織一清さんがTBSラジオ『西寺郷太TAMAGO RADIO』に出演した際の模様です。錦織さんの選曲でディスコ楽曲を紹介する企画。Dan Hartman『Hands Down』について思い出を語っています。

(錦織一清)次の曲はね。エピソードはね、ちょっと聞いた後に話しますけども。ダン・ハートマンいきたいんですけど。ダン・ハートマンね。『Relight my fire』とか、『Instant Replay』とかさ、そっちがちょっと有名チックな感じなんですけど。僕がダン・ハートマンの中でいちばん好きなのがこれだ!っていうね。この曲。まず聞いてみてください。『Hands Down』。

Dan Hartman『Hands Down』

)

(西寺郷太)いや、最高っすね!

(錦織一清)これだって、ダン・ハートマン、白人とは思えないもんね。ダン・ハートマン、昔エドガー・ウィンター・グループのキーボード。僕は江戸川の平井で育ちまして。

(西寺郷太)(笑)。江戸川つながりで。これはあれですね。『オーマイ デラデラデラ♪キッスの手前の5秒前♪』の頃のあの錦織さんがこれを踊っていたと思うと。

(錦織一清)基本的にさ、郷太さ、こんな感じのなんか泥臭いというか。曲のイメージの中でインディアンがね、トマホーク持って焚き火の、キャンプファイヤーの周りを踊っているみたいなのが、実は好きなのよ。だから覚えておいてよ。

(西寺郷太)覚えておきます。

(錦織一清)で、あれはそうして。なーんて言ったりして。

(西寺郷太)でも、本当運転とかしている人でも、腰が動いちゃうようなね。そういうような感じじゃないですか。

(錦織一清)動く動く。iPod、こういうのばかり入って、僕近所ウォーキングとかするんだけど。もう自分の世界入っているから、ビートとりながら歩いちゃってて。

(西寺郷太)(笑)。いいじゃないですか。ミュージカルみたいで。

(錦織一清)信号待ちの時はかなり派手に。ターンはしないけど、かなり派手に動いてるんじゃないかな。

(西寺郷太)ジーン・ケリーとかね、フレッド・アステアとかみたいな感じじゃないですか。

(錦織一清)たぶんおそらく今年ぐらいにね、俺、職質にかかると思う。

(西寺郷太)(笑)。なにしてるんですか?と。楽しげですけど?と。また、もう1曲あるということで。これ、連続連続であれですけど。

(錦織一清)これ、でもいまの曲に関して言わせていただきたいのがあるの。なぜこの曲、Hands Downっていうのが思い入れが。これ、TBSラジオで話をしてしまいますが、これが本当に大好きで。僕、昔、曲に来るとレコード室っていうのが昔あって。資料室みたいなのだけど、そこに連れてってもらうのが大好きだったのよ。空き時間とか。選べるっていう。それでいつもテープに録音させてもらってね。自分のなんとかカセットとか作って。お気に入りの。

(西寺郷太)テレビ局で。へー。

(錦織一清)このHands Downだけは各局行ったんだけど、このHands Downが置いてあった曲は文化放送だけだったの。

(西寺郷太)へー。そうなんすか。

(錦織一清)そう。だからなんで錦織、この曲ばっかり?っていう。文化放送で俺、このHands Downだけ、2・3回録らせてもらったことあるよ。昔はだって、いまみたいにiPodとか、ハードディスク系じゃない。MP3とか4とかそういう系じゃないから。あと、カセットだからどんどんどんどん、好きで何回も聞いてるとさ、劣化していったんだよ。昔は。

(西寺郷太)それぐらいもう、聞いて踊っていたからっていうことですよね。

(錦織一清)そうなのよ。だからものすごく俺、思い入れがあるの。で、実はこの原盤。本当に今日、自分で持ってきてるんだけど。TBSの人に調べてもらったら、やっぱりないと。だけど、これを僕に去年の誕生日の時に輸入盤でくれたのが、いま僕、たまむすびっていう番組でお世話になっているプロデューサーの池田さんにもらったんだ。

(西寺郷太)池田さん。ソウルフリークだから。

(錦織一清)そうなんですよ。もうあの人、僕なんかよりぜんぜん年、若いのに。ソウル・ドラキュラとか持ってるもんね。

(西寺郷太)(笑)。いや、池田さんは本当、レコード・コレクターですからね。

(錦織一清)なんかね、昔のを持ってるから。基本的にそういう、ちょっと時代が違うから。俺たちだったらその年ん時に。それこそその年の時にソウルとかそういうの、知らないから。小学校2・3年生の時はまだ、俺たちだって『およげたいやきくん』とか。感じだった時代にあの人はもっていてすごいなと思って。

(西寺郷太)でも、やさしいですね。いま、TBSにはまだないんですね?ダン・ハートマン。

(錦織一清)ないと思うよ。本当に、各局行ってる。レコード資料室、俺大好きだったから。ちょっとデスクの人にお願いして鍵持って行ってもらって。申請しなきゃ入れないんだよ。それで、タンタンタンって。俺、レコード屋さんとか本屋さんとか行くの大好きで。俺、結構レコード選ぶ時のタンタンタン!っていうの、上手いぜ、俺は。

(西寺郷太)選ぶの。上手そうですね(笑)。

(錦織一清)実は上手い。

(西寺郷太)実はっていうか。まあダンスもめちゃ上手いし。トントントン!って小室哲哉さんみたいに、両方で手ひろげて。

(錦織一清)昔、トントントン!ってこれ、上手いんだって。ザ・ベストテンで特技を1個披露してくださいって時に、放送作家の人が取材に来た時、『僕ね、レコードをスタンタンタン!って選ぶのが早いですよ!』『それ、画にならないんでやめましょう』って言われたの。『それ、ちょっと画的にあんまりおもしろくないんで・・・』って。言われちゃいましたよ!

(西寺郷太)(笑)。でもそうやって、いろいろレコードを見て選んだ曲たちだったということですね。ダン・ハートマン、Hands Down。これも、知ってはいたけど、ちゃんといま、改めて聞いてめっちゃかっこいいですね!

(錦織一清)もう1個、だからね、幻というか。これも有名な曲なんですけど。『フリーライド』っていう曲があるんですよ。ダン・ハートマンのフリーライドって曲は、エドガー・ウィンター・グループ時代の。エドガー・ウィンター・グループ。僕は江戸川の平井で育ちました。

(西寺郷太)あっち側のね。

(錦織一清)『あっち側』って言うな!(笑)。あっち側。君、節々あるよ、そういうとこ。

(西寺郷太)そんなことない(笑)。いや、なんか本とか、錦織さんが生まれ育ったのもよく聞いてるんで。トークの中で。橋をこえてたみたいなこと、よく言うじゃないですか。

(錦織一清)はいはい。

<書き起こしおわり>

    [関連記事]

  1. 少年隊錦織一清と西寺郷太 筒美京平について語り合う
  2. 西寺郷太が語る 少年隊錦織一清との飲み『勝手にBGM変えて踊る』
  3. 少年隊錦織一清ディスコ楽曲を語る D.D.SOUND『CAFE』
  4. 少年隊錦織一清ディスコ楽曲を語る DAN HARTMAN『HANDS DOWN』
  5. 少年隊錦織一清が語る ジャニー喜多川流ヒット曲づくりの秘訣
  6. 少年隊錦織一清ディスコ楽曲を語る HUES CORPORATION『ROCK THE BOAT』
  7. 西寺郷太が錦織一清を直撃『少年隊の新曲を出してください!』
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
西寺郷太TAMAGO RADIO
miyearnzzlaboをフォローする
スポンサーリンク



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました