スポンサーリンク
スポンサーリンク

西寺郷太が錦織一清を直撃『少年隊の新曲を出してください!』

少年隊錦織一清が語る ジャニー喜多川流ヒット曲づくりの秘訣 西寺郷太TAMAGO RADIO
スポンサーリンク

少年隊の錦織一清さんがTBSラジオ『西寺郷太TAMAGO RADIO』に出演した際の模様です。西寺さんが錦織さんに『少年隊の新曲』について直撃していました。

(西寺郷太)今日のゲストは少年隊 錦織一清さん。

(錦織一清)はい。どうもです。

(西寺郷太)『郷太くんが劣勢だ』って。『いつもはめちゃくちゃしゃべるのに、今日は錦織さんにタジタジだ』って。

(錦織一清)これ、すごいね。なんかあれじゃない。リアルタイムでいま、入ってきてる。

(西寺郷太)twitterでいま、見てるんですよ。

(錦織一清)俺、こういうのね、まるでニコ生だね。これ。俺、ああいうのダメだな。ニコ生とか。

(西寺郷太)流れるやつ。

(錦織一清)なんかクソミソに言われるんだ。どうせ。俺はそういうの弱いの。結構ギブアップ早いから。実は。

(西寺郷太)あんまりこれは読まないようにします(笑)。(リスナーのメールを読む)『郷太さん、少年隊の新曲、作ってください』って来てるんですけど。

(錦織一清)だから、あなたも作ってくれって言ってるじゃない。

(西寺郷太)いや、『作ってくれ』って言われたら、いま『ギャー!』って発狂しますよ。ラジオの。僕がどうかというよりも、少年隊の新曲、歌ってくださいよ。

(錦織一清)みなさんね、西寺郷太という男はね、『新曲書いてよ』とか言っても、いままで自分が貯めこんだストックの一部を持ってくるんだよ(笑)。

(西寺郷太)そんなことないです!(笑)

(錦織一清)『錦織さんのために!』なんて言って。キーが合ってなかった。ちょっと・・・(笑)。

(西寺郷太)それを言うなら、もう何年も前から、錦織さんというか少年隊に歌ってほしいと思って曲、作ってますから。リアルに。

(錦織一清)だってさ、本当にでもね、西寺郷太くん。素晴らしい。すごく理解をしてくれてるから。

(西寺郷太)ありがとうございます。

少年隊の新曲『貯金』

(錦織一清)だから少年隊の新曲で『貯金』ってどうかな?(※錦織さんが小学2年生の習字で賞を取った時に書いた文字が『ちょきん』)

(西寺郷太)(笑)。いいですね。お金のこと。

(錦織一清)うん。東がメインの歌で(笑)。

(西寺郷太)TBSラジオ以外でお聞きの方はここでお別れ・・・

(CM明け)

(西寺郷太)あらためましてこんばんは。NONA REEVES西寺郷太です。MUSIC 24/7西寺郷太TAMAGO RADIO、今夜のゲストは少年隊の錦織一清さんです。引き続き、お付き合いいただきます。さっき、切れちゃいました(笑)。前も、わざとやったことがあるんですが。

(錦織一清)わざと切ったりして!生放送の感じ出しちゃって!

(西寺郷太)その前の錦織さんのエピソードも、めっちゃ面白かったんですけど。

(錦織一清)なんかの番組に出た時に、『5秒前!』って。『錦織さん、最後に一言!』って。もうADがさ、5、4・・・って出している時でさ。それに合わせながらさ、『えー、みなさん。実は、僕は・・・』。終わりっていう。

(西寺郷太)(爆笑)

(錦織一清)そこでプッと切れたっていう(笑)。

(西寺郷太)なんやねんと。『実は、僕は・・・』(笑)。神妙な顔して(笑)。

(錦織一清)なんなんだろう?って(笑)。

(西寺郷太)面白いじゃないですか。いやいや、もうさっきの話なんですけど、曲をね。新曲を。少年隊のって話になったら、もうtwitterですよ。まさに。錦織さんの嫌いな。ニコ生状態で。『作ってください!』『作ってください!』っていうことでね。『3人で歌って!』っていうことでね。『錦織さんことニッキの軽妙トーク、すごすぎる!』って。錦織さんことニッキって・・・ニッキこと錦織さんですけどね。どっちかって言うと(笑)。

(錦織一清)そうですね。俺、本当は外人だからね(笑)。

(西寺郷太)いやいや。『歌ってくださいよ。タイトルが貯金でもいいので。最新シングル、ぜひとも』って(笑)。少年隊が久々に歌うぞ!っていって、揃って『貯金』(笑)。

(錦織一清)(笑)

(西寺郷太)でも、一度『SPA!』で2人で錦織さんの舞台の演出された時のインタビューってことで、雑誌でインタビュー。その時も、SPA!の誌上で載ったので。

(錦織一清)去年だよね。

(西寺郷太)その時に少年隊が、僕がなんとなく軽く・・・軽くじゃないですけど、本当は。『またやらないんですか?』っていうようなことを言ったら、『いや、新曲がないんだったらやらない』っておっしゃってましたもんね。

(錦織一清)そうなんだよ。

(西寺郷太)あの、『古いことをもう1回やるっていうのは俺は嫌だ』というのはおっしゃってたんで。

(錦織一清)そう。意外とだからね・・・俺、ナルちゃんじゃないんだよ。

(西寺郷太)ああ、ナルシストじゃないってことですか。

(錦織一清)あんまり自分の車の中で、自分の聞いたことないもんね。自分のを聞いてしまうと、ちょっと仕事チックになってくるじゃん。どうしても違うところが気になってきてしまうので。だからさ、いま車ね。いまっていうか、昔からそうだったのかな?入れるとほら、ハードディスクでちゃんとコピーするようになっちゃうじゃない。仕事用のもらうじゃない。自分が歌ってるの。実をいうと、それ、コピー残っちゃうと俺、がっかりするもんね。

(西寺郷太)えー。やっぱりモードが変わっちゃう。趣味のモードじゃ、プライベートなモードじゃなくなると。いや、でもさっきみたいなディスコソングをね。オージェイズとか、前おっしゃってましたけど。

(錦織一清)そうそう。『I LOVE MUSIC』、いいですね。

(西寺郷太)そういうちょっと、大人になって。アダルトな感じになったからこそ歌えるソウル・ミュージックみたいなのもあるし。とくに少年隊なんかは、言えば若さだけで売っていたグループじゃないじゃないですか。『まいったネ今夜』とか。

(錦織一清)そう。僕の目標というか。なれませんよ。これはもうね、『お前、自惚れてるんじゃないよ!』っていうの、もう覚悟ですけど。みんな、書いてきてね。

(西寺郷太)自惚れてるんじゃないかって。

(錦織一清)うん。ちょっと自惚れてる(笑)。

(西寺郷太)(笑)。いや、自惚れますよ、それは。

(錦織一清)違うの。昔からだからね、ゆくゆくはテンプテーションズとか、フォートップスとか。

(西寺郷太)いいじゃないですか。モータウンの。僕、大好きですから。まあ彼らだって、何十才になってもずーっとやってますからね。

(錦織一清)かっこいいんだよね。

(西寺郷太)スーツ着てね。みんなでバン!って。

(錦織一清)だから踊りっていうのは、よく僕もインタビューとかで。真面目なインタビューの時には答えてると思うんだけど。ほとんどインタビュー、いろんな雑誌あるけど、ほとんど俺、自分でもさ、『あ、ヤバい。今日俺、口から出まかせ言っちゃったな』って。結構、そう(笑)。『なんか今日も違ったかな?』って。俺は自分自身がちょっとわかってないところもあってさ。だけど踊りに関してはさ、こう思っているの。だんだんだんだん踊りってね、小さくなってくるとね、かっこよくなってくる。小さく踊るようになってくると、じゃないけど。

(西寺郷太)ほう!

(錦織一清)昔は、だから20代、30代、10代でもいいよ。パワーが、体力的に。Dela時代もそうだけど。また、Delaから西寺に持って行こうと思ってるの?

(西寺郷太)思ってないです!思ってないです!『キッスの手前の5秒前』。あれ、最高です!僕、あの頃からのファンですからね。僕、あの頃からのファンですから。少年隊。

(錦織一清)チョコレートのね。

(西寺郷太)チョコレート時代。

(錦織一清)で、なんの話だっけ?

(西寺郷太)Dela、Dela踊ってて。エモーションがあった。10代の頃は。

(錦織一清)昔はだから、俺はとにかく若い頃はさ、もう全力疾走のように踊ればいいと思ってたの。

(西寺郷太)だって出来ましたもんね。バク転とかカンカンカンカン。

(錦織一清)あの当時、だってカメラリハーサルやるたびに。カメラが追いつかないから必ず、『お前ら手を抜かないで、本イキでやってくれよ』って言われるわけ。だからヒットスタジオとかもそうだったんだけどね。本番に入る前に7・8回やらされてるから。実は本番がいちばんクタクタになってるの。カメラワークが追いつかないから。『お前ら、どういう動きしてんだよ?』。そん時にさ。『もう1回やってみせてくれ、もう1回やってみせてくれ』って言われて。

(西寺郷太)へー。

(錦織一清)だからあの当時、バク転だバク宙だやりながら。もうあの頃の運動量はね、内村航平くんよりもあったんじゃないか?って。

(西寺郷太)いや、でも本当にちゃんとやっていればオリンピックとか出れた身体能力ですよね。錦織さんもね。

(錦織一清)オリンピックの床運動の床と違って、テレビ局が弾まないんだ。コンクリート打ちっぱなしみたいなの。

(西寺郷太)ドライアイスが拭いてなかったりするからね。

(錦織一清)もうスタッフがコマーシャルの間じゅう、ステンステン転んで後頭部打っちゃってるんだから。

(西寺郷太)(笑)。そこで踊らなきゃいけないと。

(錦織一清)そうなのよ。俺も何回も滑ってるけどね。

(西寺郷太)あれは大変だったって聞いてますよ。

(錦織一清)いや、今日も滑ってるって?

(西寺郷太)いやいやいや!

(錦織一清)すいませんでした(笑)。

(西寺郷太)もう、ちょっと、どうにかしてください!面白いんですけど!

<書き起こしおわり>

    [関連記事]

  1. 少年隊錦織一清と西寺郷太 筒美京平について語り合う
  2. 西寺郷太が語る 少年隊錦織一清との飲み『勝手にBGM変えて踊る』
  3. 少年隊錦織一清ディスコ楽曲を語る D.D.SOUND『CAFE』
  4. 少年隊錦織一清ディスコ楽曲を語る DAN HARTMAN『HANDS DOWN』
  5. 少年隊錦織一清が語る ジャニー喜多川流ヒット曲づくりの秘訣
  6. 少年隊錦織一清ディスコ楽曲を語る HUES CORPORATION『ROCK THE BOAT』
  7. 西寺郷太が錦織一清を直撃『少年隊の新曲を出してください!』
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
西寺郷太TAMAGO RADIO
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました