スポンサーリンク

R-指定とSixTONES Creepy Nuts『阿婆擦れ』を語る

R-指定とSixTONES Creepy Nuts『阿婆擦れ』を語る SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル
スポンサーリンク

Creepy Nutsのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演。髙地優吾さん、田中樹さんとCreepy Nuts『阿婆擦れ』について話していました。

(田中樹)ということで、Creepy Nutsさんは直前まで楽曲紹介ライブで楽曲を紹介しまくっていたということで。紹介の肩はバンバンに温まっているという……。

(DJ松永)「紹介の肩」ってなんですか?(笑)。はじめて聞いた。紹介に肩はいらないんですよ(笑)。

(田中樹)1回したらクセがつくんで(笑)。そこからいっぱい紹介しちゃうんで(笑)。

(DJ松永)じゃあ俺、今肩外れそうっすね?(笑)。さっき紹介しすぎて。

(田中樹)ということで、今回紹介するのは「はじめてのCreepy Nuts・SixTONESのおすすめ楽曲」ということで。それでは、お互いの楽曲を紹介していくということなんですけども。では、開幕の紹介の方をCreepy Nutsさんの方から。お願いします。

(DJ松永)我々の楽曲から。

(R-指定)じゃあ、どうする? ちょっと今になって焦ってきてんけど。自分の歌詞を細かく自分で説明するのは、ちょっと恥ずいな……(笑)。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)フフフ、たしかにRって人のを紹介する時はもう肩をぶん回すんですけど、自分のを紹介する時には「へっ、へへっ、いやー、ムニャ、ムニャムニャ……」ってなるんですよ(笑)。

(髙地優吾)いや、これはでも、自信を持ってしていただいて(笑)。

(DJ松永)いや、すごいよ。お前、半端じゃなくいい歌詞を書いているから! 俺が援護射撃するから。

(髙地優吾)ああ、いいっすね!

(R-指定)OK。じゃあ、まず紹介したいのは我々Creepy Nutsの楽曲『阿婆擦れ』というタイトルです。

(DJ松永)なんか下品なタイトル?

(R-指定)そう。一見、下品なタイトルじゃないですか。でも、これはすごいピュアなラブソングなんですよ。『阿婆擦れ』っていうのは、うーん……かわいさ余って憎さ100倍じゃないけども。これは、ある対象について僕がそのこじれにこじれた愛情をぶつけている楽曲なんですよ。で、この「阿婆擦れ」という風に汚く言っている対象は何か? それは、ヒップホップというカルチャーであり、音楽ジャンルなんですよ。

(DJ松永)女性への曲ではないんだ?

(R-指定)でも、俺からしたら中学の時に心を奪われて。もう30になってもずっと追い回してる相手。これはね、どんな女性よりも正直、魅力的に見えてしまうんですよ。このヒップホップというもの自体が。で、このヒップホップというカルチャー、入れ替わりが激しいんですよ。1年、2年でもうすぐにヒーローやスーパースターが変わっていきます。どんだけバトルで優勝して、松永がDJの大会で優勝して、俺たちの方にヒップホップっていう文化が振り向いてくれるかなと思ったら……「いや、お前は本物じゃない。あんなやつ、ヒップホップじゃない」って言われたりして。すぐ、自分たちの手のひらからすり抜けていく。追いかけても追いかけても、そっぽを向かれる。そんなヒップホップを女性にたとえたという……。

(田中・髙地)(拍手)

(髙地優吾)タイトルは下品なんですけど、下品じゃないんですよ! 全く。

(R-指定)下品に言ってしまうほどピュアな愛情っていうね。

(田中樹)このミュージックビデオももう大好きなんですよ。

(R-指定)ありがとうございます!

(DJ松永)ああ、ビデオも見てくださって? 嬉しい!

(田中樹)もちろんでございます!

(R-指定)じゃあ、どうしましょう? 聞いていただきますか?

(田中樹)そうですね。今のを聞いた上で楽曲を聞くとまた違ってくるので。

(DJ松永)じゃあ、聞いてからまたちょこちょこと話しましょうか。

Creepy Nuts『阿婆擦れ』

(R-指定)お聞きいただいているのはCreepy Nutsで『阿婆擦れ』です。

(DJ松永)ありがとうございます!

(髙地優吾)もう、素晴らしい! あの説明を受けてからこの歌詞を見ると、ヒップホップへの愛っていうか。

(田中樹)だから本来、これを読むとやっぱりただ、『阿婆擦れ』っていうそのタイトル通りの歌詞、リリックに見えるんだけども。そこにもう1個、奥の意味がちゃんとあって。

(R-指定)そう。全然知らんかったら普通に女性へのメッセージにも受け取れるように。

(田中樹)だから、知っていても楽しめるし、知らなくても楽しめるんですよね。

(DJ松永)ああ、嬉しい! それは嬉しいですね。

(髙地優吾)二面性があるというか。

(田中樹)そう。だからどっちでも楽しめるし。俺、なんならもう今、聞いている人は歌詞カードを見ながら聞いてほしいね!

(髙地優吾)そうだね!

(DJ松永)ありがたい。それはR的に一番嬉しいよね?

(R-指定)一番嬉しいですね。

(田中樹)だからこれ、今は追いつかないけど。今日はいろいろと聞きつつ、またこれが終わったら、歌詞カードを見ながらちゃんと聞いていただいたりとかすると……もうちょっと、この後に紹介するの、嫌だなー。

(R・松永)フハハハハハハハハッ!

(田中樹)いや、もうR-指定さんの紹介まで完璧だったから。

(R-指定)いやー……。

(DJ松永)お見事ですよね。

(田中樹)松永さんの合いの手が……もう完成している! 絶対に松永さんも全てを知っているのに……(笑)。

(DJ松永)俺、Rのいないところで『阿婆擦れ』の解説とか、よくやっていたからね(笑)。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)他のラジオで(笑)。

(R-指定)なんやったらこいつの解説を俺が真似したりとか(笑)。

DJ松永『阿婆擦れ』解説

DJ松永 Creepy Nuts・R-指定のリリックの緻密さを語る
DJ松永さんがTBSラジオ『ACTION』の中でCreepy Nutsの相方、R-指定さんの歌詞の緻密さと完成度の高さについてトーク。『阿婆擦れ』という曲の歌詞解説をしながら、その奥深さを紹介していました。 (幸坂理加)松...

(田中・髙地)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)俺、その時にいろいろとあげつらった解説、まだいっぱいあるんですけどね(笑)。でもこれ、超ギミックが入れ込まれているんですよ。

(田中樹)そうっすよね。これ、しゃべってもしゃべっても説明しきれないぐらいいろいろと詰まっていますよね。

(DJ松永)ちょっとね、Rさん、作詞の天才なんで……(笑)。ちょっと歌詞カードに赤で注釈をつけていくと、真っ赤になるんですよね。大丈夫だよ、お前、天才だからな(笑)。

(R-指定)ちょっと、おい!(笑)。

<書き起こしおわり>

R-指定とSixTONES Creepy Nuts『阿婆擦れ』を語る
Creepy Nutsのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演。髙地優吾さん、田中樹さんとCreepy Nuts『阿婆擦れ』について話していました。
田中樹とR-指定 SixTONES『So Addicted』を語る
Creepy Nutsのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演。髙地優吾さん、田中樹さんとSixTONES『So Addicted』について話していました。
R-指定とSixTONES Creepy Nuts『耳無し芳一Style』を語る
Creepy Nutsのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演。髙地優吾さん、田中樹さんとCreepy Nuts『耳無し芳一Style』について話していました。
髙地優吾とCreepy Nuts SixTONES『Coffee & Cream』を語る
Creepy Nutsのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演。髙地優吾さん、田中樹さんとSixTONES『Coffee & Cream』について話していました。
R-指定とSixTONES Creepy Nuts『かつて天才だった俺たちへ』を語る
Creepy Nutsのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演。髙地優吾さん、田中樹さんとCreepy Nuts『かつて天才だった俺たちへ』について話していました。
R-指定 SixTONES『うやむや』を語る
Creepy Nutsのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演。髙地優吾さん、田中樹さんとSixTONES『うやむや』について話していました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました