スポンサーリンク

田中樹とR-指定 SixTONES『So Addicted』を語る

田中樹とR-指定 SixTONES『So Addicted』を語る SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル
スポンサーリンク

Creepy Nutsのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演。髙地優吾さん、田中樹さんとSixTONES『So Addicted』について話していました。

(田中樹)じゃあ、続いて僕たちSixTONESの曲紹介に行きますか?

(R-指定)はい。

(DJ松永)わくわく。

(田中樹)じゃあ、僕が選ばせていただいたんですが。僕は紹介したいのはですね、『So Addicted』という曲なんですけども。

(DJ松永)これ、英詞ですか?

(田中樹)そうです。全英詞で。一応、ラップ部分のリリックは自分で書かせていただきまして。

(R-指定)ええっ? 英詞で書けるんですか?

(田中樹)いや、めっちゃ時間をかけました。これはほぼ寝ないで書きましたね。

(DJ松永)マジで!? すげえな!

(田中樹)最初はそれこそデモ段階で、自分のラップ以外のパート。いわゆるサビ、フックの部分とかがあったんですよ。それが英語だったんです。デモだったんで。で、ソニーに「これ、英語で書いた方がいいの?」って言ったら「いや、日本語でもいい。樹のラップのリリックに合わせて日本を足すこともできるよ」って言われて。それがすごい俺、挑戦状だと思っちゃって。

(R-指定)いやいや、すごっ!

(田中樹)「じゃあ、全部英語でやったるわ!」って思って。

(DJ松永)うわあ……一番の茨の道を行った!

(田中樹)それで全て、英語で書かせていただきました。

(DJ松永)マジで?

(R-指定)元々、英語とか得意なんですか?

(田中樹)いや、一応ジェシーっていうメンバーがネイティブなんですけども。自分はもう全然……まあ、英会話がまともにできるかできないかぐらいのレベルなんですけども。めっちゃ頑張って……。これも1人の、自分の中で架空の女性を作って。これは中毒的な……。

(髙地優吾)重い歌だからね。

(田中樹)その女性に対して……まあ、この1個前に、別の曲で僕たちのカップリング曲で『love u…』っていう曲があったんですよ。それの続きにしたくて。で、勝手にそちらの『love u…』を自分で紐解いて、こっちに続きを文字起こしして。

(R-指定)じゃあ、ストーリーを1回?

『love u…』からつながる作品

(田中樹)そうですね。自分の中で作って。で、これ、あんまり言ったことないんですけども、これのはじめはその『love u…』っていう曲とリリックが同じだったりとか。

(R-指定)セルフサンプリングや。

(田中樹)そうですね。あと、ここに「love u…」っていうのが「”」がついて入っていると思うんですけども。これが曲のタイトルなんですよ。で、「『love u…』って言うだけじゃ足りないよ(Saying i “love u…” is never enough)」とか。ちょっといろいろとストーリーを。

(R-指定)ああ、はいはいはい! そんな高度な……。

(田中樹)はい。書かせていただいて。

(髙地優吾)これを樹がライブで歌っているんですけども。俺、上手の袖でそれを見ているんですけども。もうずっと見上げて見ちゃいますね。本番中なのに。

(田中樹)こいつ、自分もステージに立っているのに、俺のことをずっと見てるんですよ(笑)。

(髙地優吾)かっこよすぎて……。

(DJ松永)マジで?

(髙地優吾)最初の入りがもう好きなんですよ。上を見ながら、クリックが入ってからの樹の吐息の、ちょっと息を吸う音から入るんですけど。そこも最高なんで、聞いてもらいたいですね。

(R-指定)へー!

(DJ松永)おお、楽しみ!

(田中樹)ちょっとCreepy Nutsさんとはちょっと違った感じの。ちょっとオートチューンだったりするんで。

(DJ松永)マジで? 楽しみ!

(田中樹)じゃあ、ちょっととりあえず聞いていただきますか。じゃあ、SixTONESで『So Addicted』。

SixTONES『So Addicted』

(DJ松永)うーわっ、これ、ちょっと……めちゃくちゃかっこいいんですけど!

(田中樹)ありがとうございます!

(DJ松永)ちょっとびっくりした。びっくりしたよね?

(R-指定)これはかなりすごいっすね。

(DJ松永)ねえ!

(R-指定)言うたら、結構海外のトレンドのラップの路線なんですよね。

(田中樹)そうですね。それを少し意識して。

(R-指定)「三連符」っていう、普通にラップというか、今は海外のラップも進んでいって、こういうのが結構主流やったりするんですよ。この、なんて説明したらいいんですかね? 「タタタタ、タタタタ、タタタタタタタタタタ♪」みたいな、この三連符とか。あとはこのリズムを細かく刻むっていう、「タタッ、タタッ、タタッ、ターン♪ タタッ、タタッ……」みたいな。こういうのを英詞でやられたりすると……ちょっと困ります。

(田中・髙地)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)あの、田中さん……困ります。

(R-指定)困ります。これ、自分で書いたんですよね?

(田中樹)はい。

(R-指定)いい加減にしてください……。

(田中・髙地)フハハハハハハハハッ!

(R-指定)ちょっとこういうのは……。

(DJ松永)クレームだな? ああ、これはもう、不機嫌だわ!(笑)。

(田中・髙地)フハハハハハハハハッ!

(R-指定)こういうことをやられちゃうと、困るんだよなー(笑)。

(DJ松永)あっ、もうキレそうです!(笑)。

(R-指定)もうちょっとさ、もうちょっとさ、なんか拙い感じのラップを「いいよ!」って褒めようと思っていたのに……(笑)。

(DJ松永)かわいくない! 全然かわいくない!(笑)。

(田中・髙地)フハハハハハハハハッ!

<書き起こしおわり>

R-指定とSixTONES Creepy Nuts『阿婆擦れ』を語る
Creepy Nutsのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演。髙地優吾さん、田中樹さんとCreepy Nuts『阿婆擦れ』について話していました。
田中樹とR-指定 SixTONES『So Addicted』を語る
Creepy Nutsのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演。髙地優吾さん、田中樹さんとSixTONES『So Addicted』について話していました。
R-指定とSixTONES Creepy Nuts『耳無し芳一Style』を語る
Creepy Nutsのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演。髙地優吾さん、田中樹さんとCreepy Nuts『耳無し芳一Style』について話していました。
髙地優吾とCreepy Nuts SixTONES『Coffee & Cream』を語る
Creepy Nutsのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演。髙地優吾さん、田中樹さんとSixTONES『Coffee & Cream』について話していました。
R-指定とSixTONES Creepy Nuts『かつて天才だった俺たちへ』を語る
Creepy Nutsのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演。髙地優吾さん、田中樹さんとCreepy Nuts『かつて天才だった俺たちへ』について話していました。
R-指定 SixTONES『うやむや』を語る
Creepy Nutsのお二人が2021年4月24日放送のニッポン放送『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演。髙地優吾さん、田中樹さんとSixTONES『うやむや』について話していました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました