スポンサーリンク

ハライチ岩井 母親との珪藻土バスマットの攻防を語る

ハライチ岩井 母親との珪藻土バスマットの攻防を語るハライチのターン
スポンサーリンク

ハライチの岩井さんが2021年1月28日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』の中で母親との珪藻土バスマットをめぐるバトルについて話していました。

(岩井勇気)家で珪藻土バスマットを使ってるんですけど。今、話題になってるじゃないですか。ある時期に販売されていた珪藻土バスマットにアスベストが含まれている問題。それで、家にある珪藻土バスマットがニトリのやつでさ。完全に俺のはその時期に買ったやつだったんだよ。4年前ぐらいに買ったやつで。しかもさ、そのニュースが出るちょっと前にその珪藻土バスマットってどんどんどんどん給水力がなくなってきちゃうんだよね。

(澤部佑)使っていると。

(岩井勇気)うん。「どうやって給水力を復活させるか?」っていうのをネット調べたら、ヤスリで削ることだ、みたいなことが書いてあったから。わざわざさネットで紙ヤスリを注文して。で、それが届いてさ、風呂場で1人でコスコス、ヤスリをかけていたんだよ。全部表面を。だから、削ったのをめちゃくちゃ吸い込んでるの(笑)。

(澤部佑)「ヤスリをかけたりしなければ大丈夫です」って発表していたけどね(笑)。

(岩井勇気)それで息で「フーッ!」とかもやっているわけだよ(笑)。

(澤部佑)まあ、ちょっとそれは気になるな。

(岩井勇気)で、この間、母親が家に来たのよ。いつも、いろいろと買ってきてくれるの。冷凍食品とかさ、米とか餅とかさ。で、先週さ、自転車の詐欺にあったっていう話をしたじゃない?

(澤部佑)はいはい。

ハライチ岩井 自転車通販サイトでネット詐欺に遭った話
ハライチの岩井さんが2021年1月21日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』の中で自転車通販サイトで自転車を購入してネット詐欺に遭ってしまった話をしていました。

(岩井勇気)で、この詐欺が、口座に振り込んだお金が止められてて、未然に防がれて。そのお金が戻ってくる。その手続で銀行に行かなきゃいけないっていうんで、それを母親に行ってもらうことになって。でも、ハンコがないとお金が受け取れないからっていうことで、俺のハンコも母親が取りに来たんだよ。その時も「ちょっと、気をつけなさいよ!」とか言われてさ。

(澤部佑)まあ、お母さんも散々言っていたからね。

(岩井勇気)で、母親が俺が珪藻土バスマットを使ってるの知ってたから。「あれ、バスマット。ちょっと危ないから。こっちで処分するから。持っていくから」って言われていたのね。事前に。で、そのニュースがあって。俺もちょっと前からニュースを見て。「ああ、バスマットを買わなきゃな」と思っていて。それで次のやつ、「これいいな」と思って目星を付けているやつがあって。

「ウェブで注文しようかな」ぐらいだったんだけども。でも、それを買うまでは今のバスマットを使っていようかなって思っていて。それで最近さ、母親は俺の家に来る時は車をマンションの前につけて。それで俺に連絡して。車の中の荷物を持っていかせるんだけど。だから、家には上がらないんだよ。「なんか怖いから。コロナが……」とかっていうんで。

それで、音で母親が家の前に車を止めて。それで連絡が来て下に行ってさ、荷物取って。それでハンコを渡したわけ。でも、その珪藻土バスマットを俺、持っていかなかったの。もう次のを買おうと思ってるし。目星も付けてるし。でも、それまでは脱衣場がビチョビチョになっちゃうわけじゃない? だから買うまでは今のを使おうと思っていてさ。

それで母親にさ、「マット、どうしたの?」って言われたから。「いや、次に買おうと思ってるのがあるから。それまでは使ってるよ」って言ったら「いや、ダメだよ! あんた、なに考えてるの? あのニュース、見なかったの?」とかって言われて。「いや、でもさ、あと1ヶ月もないうちに新しいのにするから」「いや、ダメよ! 持ってきなさいよ!」って。

(澤部佑)心配なんでしょう。

「ダメよ! 持ってきなさいよ!」

(岩井勇気)「でも脱衣所の床がビチョビチョになっちゃうから。風呂から出た時に」って。

(澤部佑)タオルとか置けばいいだろ?(笑)。

(岩井勇気)「バスタオルを足のところに敷くの、嫌なんだよ。でも、本当に買うから!」っつって。そう言ったら、「なかなか買わないっていうのも分かってるんだから! 持ってきなさい!」とか言われて。「そんなこと言ってもダラダラして買わないのはわかっているんだから。持ってきなさい!」って。「買うっつーの! 買うっつーの!」って言ってさ。そしたらなんかもうさ、「人を心配させて、楽しいの……?」ってなって。

(澤部佑)フフフ、うわー、沁みる言葉だね(笑)。名言だね。

(岩井勇気)「人を心配させて、楽しいの……?」って。「本当にだから買うから。いいって! 買うんだから、もう。すぐに。いいんだって!」って言って。そしたら「なんでなの?」って言われて。急にテンションが上って。「親が心配することより、そういう自分の意地の方が大事なんだね」って言い出してさ。いや、そういうことじゃないじゃん?

(澤部佑)こっちの別に冷静に考えてね(笑)。

(岩井勇気)そうすると、もう究極の……わかる? この母親のさ、「あんた、本当にもう……最近私、調子悪いんだから。言うこと、聞いてよ! お母さんに早く死んでほしいの?」って。

(澤部佑)言ってくんの?

(岩井勇気)そう。この感じのやつ、あるっしょ? 親、してくるじゃん?

(澤部佑)まあ、うん。親の最後の手段みたいなやつね。

(岩井勇気)なんか急に体調が悪いことになって。なんか。母親の自らを人質にしてくるようなやつ、あるじゃん? あれはさ、もうやめてほしいの。「最近、本当に調子が悪いんだから……早く死んでほしいの?」っていうやつ。俺は全母親がやると思っているんだけども。

(澤部佑)心配をしているんだろうけどね。

(岩井勇気)もうすごい……本当に全員が嫌な気持ちになるじゃない? やっている本人も、こっちもだし。でも、解決をしたとて、「うわあ……なに、これ。嫌だ……」っていう気持ちが残るわけじゃん。誰もいい気がしない。で、本当に昔からやってくるからさ。俺が子供の頃からやってくるから。「なにもなってないじゃねえかよ?」って思うのね。

(澤部佑)「ピンピンしてるじゃねえか」っていう。常習なんだ、もう。

(岩井勇気)だからもうそれをやりだしたら俺は無視することにしてるの。だから本当に、それをやればいいって思っちゃうから。それをやれば何でも許されるみたいな。こっちが言うことを聞くと思ってしまうから、それを無視していてさ。「あ、うん。もう買うんで。大丈夫ですー。おつかれしたー。さよならー」って言ってバーン!って車のドアを閉めてさ。で、ずっとなんか言っていたけども、無視して家に入ったのね。俺は。

(澤部佑)フフフ、そうか。もう家に入っちゃったのね。

(岩井勇気)窓を開けて「あんた!」みたいなことを言っていたけども。マジで家の前で騒ぐんじゃねえよって思ったけど。俺は家に入ったんだよ。そしたらもう携帯に家の外の車から鬼電ですよ。

(澤部佑)ああ、電話?

(岩井勇気)そう。めちゃくちゃかかってきて。それでもううるさいから。「なに?」って出たら「なんでそういうことすんの? こっちは心配して言っているんだよ?」「いや、だからこっちの言っていることとまず、噛み合ってないじゃん? 買い換えるって俺は言っているんだから」って。

(澤部佑)「どうせ変えないんでしょう?」って(笑)。

(岩井勇気)「本当に変えるから。買うから!」って言って。それですごい言ってくるから。「ああ、もういいよ。大丈夫。買いますんで。またー」って言って切って。そしたらまた電話がかかってきて。めちゃくちゃ。何回も着信があるのよ? もうメンヘラじゃねえかよって思ってさ。

(澤部佑)やめろよ、母親のことを(笑)。

(岩井勇気)で、LINEも来ていてさ。「なんで言うことを聞いてくれないの?」って。もう本当に。それで何通も来ていたのを無視してたの。そしたら、ついに「卑怯者」って来て(笑)。

(澤部佑)フハハハハハハハハッ! ああ、ヤバいね(笑)。

(岩井勇気)ちょっと、なに、これ? 息子に「卑怯者」ってどういうことなの?って(笑)。

(澤部佑)「この卑怯者!」って(笑)。

「卑怯者!」

(岩井勇気)「そもそもこれ、なんの勝負なんだよ?」って思ってさ(笑)。すごいよ。息子に「卑怯者」っていうんだから。

(澤部佑)「バスマットを渡してこないで。この卑怯者!」って(笑)。

(岩井勇気)「卑怯者! 立てこもって……」って。で、その後もLINEで「出てきなさい!」みたいな。家の外の車から。めちゃめちゃ来るからもう全部無視。本当に学生運動みたいに立てこもって。でも本当、建物の外から大人が「出てきなさい!」って。それにこっちも立てこもって抵抗して。もう『ぼくらの七日間戦争』みたいな(笑)。

(澤部佑)すごいね(笑)。

(岩井勇気)そうやってさ。LINEも来まくるから。もう既読にしないで、トークルームごと削除して!

(澤部佑)読みもしない?(笑)。

(岩井勇気)それで電話も無視。「もう大人には屈しない!」ってなって。それで30分以上、そんな攻防があって。グーッと耐えて。「帰れ、帰れ!」って言いながら。もう無視して耐えて。そしたら30分以上経って、家の外でさ、車のブーン!って音がして。エンジン音がなくなって。それで「勝ったぞ!」ってなって。「もういなくなったな!」って。窓を開けて家の外を見て。「いなくなっている! 勝ったんだ、俺は!」って。

(澤部佑)勇気軍が。

(岩井勇気)「勝った! 大人に勝ったんだ! 俺らの戦闘は終わったんだ。勝利!」ってなって(笑)。

(澤部佑)「俺ら」って、お前1人だからさ。

(岩井勇気)それで「おなか空いた! 昼飯だ!」ってなって。パスタを作って。「勝利の宴だ!」ってパスタをバッと作って。それで食べて。「ああ、たらふく食った!」ってなって。テレビを見てさ。「テレビ、おもしろい!」って。「勝利のテレビ、おもしろいぞ!」って(笑)。

(澤部佑)なんだよ、「勝利のテレビ」って(笑)。

(岩井勇気)「勝利のお茶はうまい。勝利のテレビはおもしろい! 勝利のこたつはあったかいぞ!」ってなって。

(澤部佑)その日、全部「勝利」がくっついてくるな。

(岩井勇気)そしたら1時間ぐらい経って「ピンポーン」って来るわけ。「あっ、通販だ。そういえば昨日、注文していたな。勝利の通販だ!」って。

(澤部佑)それはでも、昨日注文しているから。前日の通販だから。

(岩井勇気)「勝利の宅配だ!」ってなって。それで「はい」って出たら母親の声で。「ちょっと!」って言うわけ。「うわっ! えっ、来た!」ってなって。「なに?」って聞いたら、その家の前のモニターに「ほら!」って言って。新しいバスマットを持っているんだよ。

(澤部佑)うわっ! 一枚上手だ!

(岩井勇気)「うわっ、うわーっ!」って。もう、大人の強行突破。本当に、突入だよ!

(澤部佑)物を持って。うわあ……。

大人の強行突破

(岩井勇気)もうガチャッと開けて。「交換! バスマット、出しなさい!」って言われて、交換させられてさ。「うわあ……大人だぁ~!」っつって(笑)。

(澤部佑)「大人だぁ~!」っていうか、母親だからね。お前もおじさんだからね? 母親とすごい戦っているけども(笑)。

(中略)

(澤部佑)すごいね。息子を思う気持ちがそうさせているんだから。

(岩井勇気)変えるって言っていたのに。目星をつけていたのに。

(澤部佑)お前は変えないよ。

(岩井勇気)俺は変えるんだよ! 変えるって言っているの! 通販で買うんだから。

(澤部佑)変えないですよ。変えない。

(岩井勇気)通販で……それが詐欺サイトじゃなければ買えるんだから。

(澤部佑)お前は騙される。バスマットもお前は騙されるよ。

(岩井勇気)銀行振込させられて?

(澤部佑)銀行振込させられて。バスマットは届かないよ。すぐに出かけちゃうだろ? 振り込んで(笑)。

(岩井勇気)振り込んで出かけて。出かけている間にあいつらは「これ、違いました」って他の口座を送ってくるから。でも、俺は「間違って前のところに振り込んでしまいました」っていうことを俺は伝えるんだから。

(澤部佑)そうだね。なんて伝えるんだっけ?

(岩井勇気)「ちょっと家を出ていたため、前の口座に振り込んでしまいました。確認をお願いします」。

ハライチ岩井 ネット通販詐欺サイトとの戦いを語る
ハライチの岩井さんが2021年1月21日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』ラジオクラウドの中で自転車通販サイトでのネット詐欺被害についてトーク。詐欺サイトとのメールのやり取りなどを紹介していました。

(澤部佑)お前はすぐに出ちゃうから。気をつけなさい(笑)。そんな詐欺グループもさ、バスマットの安い値段で詐欺しようとは思わないよ?

(岩井勇気)絶対にあるよ。今、この事件があったっていうことは。

(澤部佑)でもニトリのニセサイトもたしかあるんだよね?

(岩井勇気)ああ、そう? ほら、そうだよ! だからこういうことを利用してくるんだから。詐欺は。事件とか今の流行りを利用してくるんだよ。

(澤部佑)聞いている方も気をつけてくださいね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハライチのターン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました