スポンサーリンク

PUNPEE Amazonドラマ『ザ・ボーイズ』を語る

宇多丸 Amazonドラマ『ザ・ボーイズ』を紹介する SOFA KING FRIDAY
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PUNPEEさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』の中でアマゾンプライムで配信されているアメコミ原作のドラマ『ザ・ボーイズ』を紹介していました。

(PUNPEE)ということでメッセージでございます。「PUNPEEさん、こんばんは。毎週金曜日深夜を楽しみに退屈なウィークデーをやりすごしております。アマゾンプライムで『ザ・ボーイズ』の配信が始まりました。私は原作未見のまま見始めたんですが、めちゃくちゃ面白くて他に追いかけているドラマや行こうと思ってた映画をとりあえず脇において毎日1話ずつ見ております。R-18なだけあって流血やチョメチョメ当たり前でかなり刺激的ですが、楽しんでおります。

ホームランダーのキャップとスーパーマンを足して邪悪さをぶっかけたようなキャラ造形がたまりません。原作コミックや作者について小ネタなど教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします」。はい。自分もTwitterとかでも言ったんですけど、アマゾンプライムで『ザ・ボーイズ』っていうコミックス原作の……ちょっといつもと違うヒーローもののドラマが始まりまして。

自分は去年、昔に『LOBO』っていうDCコミックスの宇宙の荒くれ者、賞金稼ぎの翻訳を椎名ゆかりさんっていう方と一緒に……自分が監修したんですけど。

LOBO ポートレイト・オブ・ア・バスティッチ (DC COMICS)
キース・ギッフェン
ジュリアンパブリッシング (2015-09-25)
売り上げランキング: 165,649

一緒にした後に、椎名さんが『ザ・ボーイズ』の翻訳を次するっていうことを言っていて。それでG-NOVELSさんという会社から3巻、出ているんですけども。翻訳されてない原書の英語の時も少しだけ読んだことあったんですけど、翻訳されたのが去年の10月か11月ぐらいに出ていて。「これ、めちゃくちゃ面白いな」と思ってたのが、ちょうどそのタイミングぐらいでドラマ化が決定っていうニュースが流れて。

ザ・ボーイズ 1 (G-NOVELS)
ザ・ボーイズ 1 (G-NOVELS)

posted with amazlet at 19.08.17
ガース エニス ダリック ロバートソン
Graffica Novels
売り上げランキング: 11,158

「すげえいいタイミングでニュースが舞い込んできたな」って思った記憶が去年、あったんですけど。このドラマもすごいいい感じに面白くて。いまシーズン1なんですけど、全8エピソードまで出ていて。自分はちょうどさっき、見終わって。胸くその悪さと……褒めているんですけども、胸くその悪さとテンポのいい感じだったり、それぞれのキャラの感情の動きとかをすごい楽しませていただきました。

言ったらら割とヒーロー物の映画よりも現実の世界に近くて。すごいヒーローの……ジャスティス・リーグだったりアベンジャーズみたいな有名な「セブン」っていうヒーローのグループはいるんですけど。そいつは実はフタを開けてみると、裏で結構やらかしてるっていう。まあ、人間がそれを暴いていくという。とある昔、その被害にあった人間だったりとかがそれを暴いていったりっていう、そういう話であります。

スポンサーリンク

ヒーローたちの悪事を暴く

でもなんか、これは結構わかるような気がしてて。昨今のいろんな人がカミングアウトをしている話じゃないですけど。やっぱり権力を持っちゃったりとか、少しみんなの人気になると、そういうちょっとお金持ってる人たちもきっと寄ってくるし。なんか友達のメンツをつぶさないためにそいつが一肌脱がないとどうにもならないことだったりとか。あとは女性も寄ってくると思うんですよね。なんかモテちゃったりとかして。結構それが公に……人間、誰しも人間だからそういうのはコントロールできないこともあると思うんですよね。

そういうことが公になっちゃったりとか。そういう割と「ヒーローがもしこの世に実在したら、こうなっていたかもしれない」っていうこともあり得る世界の話。結構大きい企業で「ヴォート」っていう会社がそのザ・ボーイズの中にはあるんですけど。それを絡めて話が進んでいくって感じです。アマゾンプライムで配信中。

で、原作をやった人がガース・エニスっていう、これもまたコミックスの世界ではすごい有名なファンがいっぱいいるハードボイルドな……ハードボイルドかつウェットな感じの作品を書く人で。自分がこのガース・エニスさんを知ったのは『パニッシャー・キルズ・マーベル・ユニバース』っていう。デアデビルっていうキャラクターにもよく出てくるパニッシャーっていうキャラクターがマーベルにいるんですけども。

その人は昔、ギャングに自分の奥さんと子供を殺されてしまって。それで法律とかは関係なく、悪いやつは制裁していくっていう。胸にドクロのマークが入ってるパニッシャーっていう人がずっと何年もコミックス、マーベルの中にいて。これもNetflixでドラマにもなってるのかな? そんな人がいるんですけども。その人がもし、悪いやつじゃなくてヒーローの事故で奥さんと子供を失ってたら……っていう、What ifっていうかもしもシリーズみたいのを1回、描いた時があって。そのパニッシャーがその世界ではヒーローたちに復習をしまくるんですよね。ウルヴァリンとかハルクとかサイクロプスとか。

で、どうやってハルクに復讐するのか? みたいな。ハルクなんてすぐにできるわけないじゃないですか。でも、そのやり方とかも結構面白くて。後にその『パニッシャー・キルズ・マーベル・ユニバース』はデッドプール版の『デッドプール・キルズ・マーベルユニバース』っていうのも作られたりしていて、結構に人気なやつで。そう。そのガース・エニス氏。

デッドプール・キルズ・マーベルユニバース 【限定生産・新装版】 (MARVEL)
カレン・バン
ヴィレッジブックス (2018-05-25)
売り上げランキング: 82,694

他にもそのパニッシャーの原作だったりとか、あとはプリーチャーっていうこれもドラマになっているやつだったりとか。あとはヒーロー専門の風俗の女性のの話みたいな。『The PRO』っていうコミックスもあるんですけども。結構そのエクストリームな時代に出てきたというか。90年代半ばとかから2000年代前半って結構過激な、そういうヒーローを逆手に、実はこうだろ? みたいな感じで逆手に取った感じのコミックスが結構あって。

それってでも、もともとのコミックスの本筋のメインストリームの中でも結構やられてることをさらにちょっと深く掘ったっていうものだったりするから。やっぱりメインストリームのコミックスが築き上げてきたものがあるから、さらにこういう『ザ・ボーイズ』みたいな、「こういう世界もあるんだよ」みたいなのが描けるという。そういう風に成り立ってるのかなっていう風に思います。

スポンサーリンク

メインストリームから外れた面白さ

自分も最初に『マーベルズ』っていう、マーベルの世界に住んでいる一般の人から見た目線のコミックスがあるんですけど。それを最初見た時に「メインストリームのよりもこっちの方が面白いじゃん!」って思ったんですよ。あとは『キングダム・カム』っていうスーパーマンが引退した10年後の世界に結構若いやつらがもうみんなメチャクチャやっていて。なんか一般人の人とか、危険を顧みずなんかヴィランと遊んだりとか。「ウワーッ!」ってしてるんですけど。そこにスーパーマンが帰ってくると『キングダム・カム』とか、そういうのを読んだ時に「これ、メインストリームよりも全然面白いじゃん」と思ったんですけど。

でもそれはメインストリームが50年とか何十年も築き上げてきたからこそできるっていうものであって、やっぱりメインストリームっていうのもすごい面白いし。先にメインストリームがやっていることも……もちろんそのオルタナティブなコミックスより先に実はやってるっていうのもあるから。やっぱりコミックスはいろいろと世界を知ると面白いなというのを思いますね。『ザ・ボーイズ』がドラマ化されるまでヒーロー映画というかヒーロー物の映像化、ユニバースが広がってきたっていう証拠でもあるのかなっていう風に少し思ったっすね。たとえばマーベルでも今度、フェイズ4で『エターナルズ』がやるっていう。でも、『エターナルズ』が映画化されるなんてあまり想像しにくかったと思うし。

PUNPEE MCUフェイズ4と『エターナルズ』を語る
PUNPEEさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』の中でサンディエゴのコミコンで発表されたマーベル・シネマティック・ユニバースのフェイズ4の作品についてトーク。『エターナルズ』について詳しく話していました。

あとはアジア初のマーベル作品『シャン・チー』だったりとかもあるし。だからそういうのがすごい広がってきた。で、映像で多様化もできるようになってきたのかな? なんていう風に結構ワクワクする……はじめて『マーベルズ』だったり『キングダム・カム』を読んだ時のような感じになりました。10何年前とかの気持ちに『ザ・ボーイズ』を見てなれた気がします。あとは服装が、そんなにあんまり違和感を感じないんですよ。

その人混みに紛れてスーパーマンやワンダーウーマンみたいな格好をしていても。これはもう、結構そのヒーローの映画が浸透してきたから、あんまり違和感を感じなくなったっていう部分もあるのかなって。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でヴィジョンが初めて出てきた時の衝撃にもうみんな慣れてしまったというか。わからないですけども。そういう気もする。ひとつ、そのヒーローの映像の世界でのヒーローのユニバースをちょっと広げたような。他にもいろいろとあると思うんですけど。それをちゃんと面白く人気が出る感じでまとめたような感じがしました。

でもこれ、R-18なので結構グロ描写だったりとか、大人描写があったりもするので。コミックスの方は「これ、もう笑えないな」みたいな部分も。「結構いまの時代にこれはキツいな」みたいなのも結構あるんですけど。それがまかり通っていない人たちに対して、ちゃんとそこに少し不器用な正義をぶつけるっていうのがやっぱり伝わってくる感じがして。自分はコミックスもすごい大好きですね。

テックナイトっていうキャラクターがいるんですけども、それがシーズン2で出てくるのかな?っていうのが結構楽しみにしております。

なので『ザ・ボーイズ』、自分は回し者でも何でもございませんが、よければアマゾンプライムで見てみてください。

宇多丸 Amazonドラマ『ザ・ボーイズ』を紹介する
宇多丸さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中でAmazonのオリジナルドラマ『ザ・ボーイズ』を紹介していました。

前回、かけれなかった1曲でリッチ・ブライアン氏で『Curious』という曲。これも夏っぽい曲なので、前回かけようと思ったんですけど、ちょっとかけられなかったので、それをかけようと思います。では、どうぞ。

スポンサーリンク

Rich Brian『Curious』

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました