スポンサーリンク

PUNPEE スペシャアワード2019 BEST CONCEPTUAL VIDEO受賞を語る

PUNPEE スペシャアワード2019 BEST CONCEPTUAL VIDEO受賞を語る SOFA KING FRIDAY
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PUNPEEさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』の中でSPACE SHOWER MUSIC AWARDSで『タイムマシーンにのって』のBEST CONCEPTUAL VIDEO受賞についてトーク。スペシャへの思い入れなどを話していました。

(PUNPEE)お送りしたのはLISACHRIS feat. 5lackで『サワゴゼ』でした。先日、OILWORKS……PopyさんとOliveさんのレーベルから『Akasaka』というアルバムをリリースしたLISACHRIS氏のアルバムから5lackさんが参加した曲を1曲かけさせていただきました。

はい。というわけで昨日、スペースシャワーTV主催、スペシャアワード(SPACE SHOWER MUSIC AWARDS)っていう年に1回やってるスペースシャワーTVのアワードなんですけど。それのベストコンセプチュアルビデオという賞を『タイムマシーンにのって』とい曲のミュージックビデオで取らせていただきました。

監督のGhetto Hollywood氏も一緒に登壇して、トロフィーをもらったので。去年はベストヒップホップアーティスト部門というのだったんですけど、2個目のトロフィーを持って帰りました。

でもこれは自分の曲というか、みんなオーバーワークでやってくれた方たちのお陰のミュージックビデオだと思うんで。ODDJOBにこのトロフィーは飾ろうかと思っております。協力してくれたODDJOBB、Ghetto Hollywood、シブタケ(Takeru Shibuya)くん、そしてアニメーターのみなさん、TSUNEさん、Mr.麿くん。あと出演してくれた方々、Summit、シンゴさん、ヨウヘイくん、ありがとうございました。はい。

去年も受賞の時に話したんすけど、スペシャは結構自分には多大な影響を若い時に与えてくれまして。それはGhetto Hollywood氏も登壇の時に言ってたんですけど。言ったら、Ghetto Hollywood氏がマスクをかぶってそうやってメディアに出るっていうのも、10年前に始めた『オタク IN THA HOOD』っていうGhetto Hollywoodがやっていた番組から、それをつけるのが始まったから。そこから始まって……「スペシャで始まった番組だったんで、こうやって賞をもらえて嬉しかったです」っていうことをGhetto Hollywood氏も言っていたんですけども。

自分も思い入れは少なからず、やはりございまして。小学4年まで巣鴨に住んでいて、その後に板橋に引っ越してくるっていうことになったんですけど。その時に引っ越してきた団地……板橋区の団地がスペースシャワーTVとかが無料で見れるっていうプランがたしかついてたと思うんですよ。ついてたんですよ。で、民放の他にCSという存在を小5ぐらいで知るわけなんですけど。

その時にすごい音楽番組がいっぱいあっても。もう日常のように「今日、この番組が面白いから見よう、見よう」って。中学2年生ぐらいとかまで見たりしてたんですけど。それが結構もう普通になっちゃっていて。で、ビデオも録って。「今日はこのミュージックビデオがやる」「この番組がやる」っていうことで録っていた時、急にある日、突然消えて。「そのプランがなくなった」っていうことで、スペシャが消えて。

「うわー、こんなに日常にあったものが急に消えた!」ってなって。かなり俺、スペースシャワーTVに依存してたんだなっていうことがそこで発覚してて。で、ずっとビデオとかも録っていて。その当時はほら、YouTubeでミュージックビデオとか見れなかったんで。たとえばVHSに録画していたんですけど。で、突然ある日、またついたんですよ。パッて。で、「うおおーっ!」っつって。その日はもう1日中テレビに張り付いて、学校をズル休みして録画をしまくるっていう。「今日はこの番組がやるから録る、録る、録る!」って。

なんでついたかっていうと、自分は回線がバグってついたと思っていたんですけど、たぶんそれは無料放送の日だったんですよね。で、またその次の日になると消えて。たまに2日連続がついて……とかっていう、それを録画したりっていうのをずっと繰り返して。タイミングでスイッチを押したりとか。だからちょっと前の番組の最後が切れて入っちゃったりしているビデオ、いまだにあって。そのビデオをこの前……結構前に見直していたんですけど、ふと思い出したのが、結構その当時に影響を受けた人がいっぱいいると思うんですけども。

スポンサーリンク

スペースシャワーTVの印象的な番組

『メガロマニアックス』っていうブライアン・バートン・ルイス氏がやってた番組。かなり自由で、カタギリっていうテレビしゃべるテレビみたいなのと、おやつボーイズっつって、馬の帽子をかぶっている人とブライアン・バートン・ルイスさんがとにかく結構フリーな感じでゲストを呼んで楽しいことをする……「最近、なにやってんの?」みたな。言ったら、ZEEBRA氏が来た時にはZEEBRA氏のトレーディングカードとかを作って。Sugar Soulさんとか。「これ、トレーディングカード作ってんだよ」とかってやったり。

あと結構覚えてるのが、DJ Krushさんが来た時に、ブライアン・バートン・ルイス氏がランダムに渡したハードコアなバンドとブレイクビーツをミックスするっていう。VestaxのDJ Krush氏が使っているサンプラーが入ってるミキサーを使ってミックスしてて。「おおっ、何でもミックスできるね!」みたいなのとか、結構面白かった記憶がかなり、ずっといい意味でダラダラやってた番組で。

その時に流れてたKornのビデオだったりとか、フレーミング・リップスのビデオとか、その時に熱狂してた記憶があるっすね。その後、PSGそのブライアン・バートン・ルイス氏の番組に出たりとかもさせていただいたり。あとは、たまたま自分のこの番組をいつも聞いてくれる高知の、もうすごい昔のアーカイブをいっぱい集めているヒーロンくんっていう人がいるんですけど。そのヒーロン氏がおやつボーイズの馬の中身だったみたいなのをなんかブログで見たことあったりとかして。「マジか!」みたいなのを思った記憶があります。

あとはスペースシャワーTVは他に『梁山泊』っていういとうせいこうさんがやってたクイズ番組だったりとか。あとは『BLOCKS』っていうヒップホップの番組。あとYOU THE ROCK★さんがやってた、なんかずっと座ってしゃべっている番組もあったような気がしてて。なんかあの時のアーカイブみたいなのとか、もしスペシャに残ってたら、そこの倉庫とかちょっと見たいぐらいですもんね。

「うわーっ、懐かしい!」っつって。ああいう時の……まあ、民放とかももちろんそうなんですけど、テレビ番組って結構残りづらかったりとかもするから。その名作みたいなドキュメンタリーとかはきっと残ると思うんですけど、その1回1回の番組って結構残りづらいような気もしているから、そういうのって残っているのか結構気になる気がする。そう。なので去年もその賞を取れた時に結構自分の中でも感慨深かった。なので今年も引き続き、ベスト・コンセプチュアル・ビデオっていう感じで取れて光栄でございました。ありがとうございます。

で、最後が星野源氏のライブだったんですけど、それを見ようって普通に客席の方に行って見てたんですけど。そのライブが始まる前に「じゃあ今日、賞を取った皆さんを振り返ってみましょう。どうぞ!」ってなった時に、結構表舞台でも活躍してるあいみょんさんとかRADWIMPSとかの中に混じってSTUTSとかがいて。で、そのビデオにJJJくんがいたり。

で、監督賞を取った山田(智和)くんっていうKID FRESINOのビデオとか撮ってる人も取ったから、佐々木のビデオが流れてたり、自分のビデオがかかったり。

BAD HOPが入ったりとかして。そういう中にヒップホップがちゃんと4つぐらい知ってる人がいて。大音量でNHKホールで流れていたから「すげえな!」って。なんかこういうお祭りっぽいアワードを中学校の時に見て、「ヒップホップ勢がんばれ!」みたいな感じで中学の時に見ていたりしたので、なんかそんな時の記憶を思い出したような気もしました。ありがとうございました。

で、1曲。スペシャといえば自分好きなドキュメンタリーがXLARGEのビースティー・ボーイズが日本に来た時のドキュメンタリー。2時間ぐらいのやつがスペシャでやっていて、結構それにも食らった記憶があって。亡くなっちゃったMCAと脱線トリオのBooさんが絡んだりするのが結構面白かったので。ビースティー・ボーイズっすね。98、9年ぐらい。すごくよく見ていた時代によくかかってた曲っすね。『Body Movin’』っていう今日のFatboy Slimリミックスを聞いてからコマーシャルに行こうと思います。

スポンサーリンク

Beastie Boys『Body Movin’ (Fatboy Slim Mix)』

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました