ハライチ『笑ゥせぇるすまん』理不尽エピソードを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

ハライチのお二人がTBSラジオ『ハライチのターン!』ラジオクラウドで藤子不二雄A先生の漫画『笑ゥせぇるすまん』の理不尽エピソードについて話していました。

笑ゥせぇるすまん (1) (中公文庫―コミック版)

(岩井勇気)A展、面白かったですよ、だから。

(澤部佑)藤子不二雄A展。

ハライチ岩井 藤子不二雄A展を語る
ハライチの岩井さんがTBSラジオ『ハライチのターン!』の中で六本木ヒルズで開催されていた藤子不二雄A展に行った際の模様を話していました。 な、なんと!ハットリくんが藤子不二雄...

(岩井勇気)なんか思い出したけど、『笑ゥせぇるすまん』のそういう回、あったなー。

(澤部佑)理不尽な回?

(岩井勇気)本当に貧乏で暮らしている家族がいるの。お父さんはうだつの上がらない平社員のサラリーマン。で、奥さんがいて、子供がいて。でも、貧乏だけどもすごい幸せに暮らしているのね。で、毎日、すっごい高級ホテルの前を通勤の時に通るの。「いつかこんなホテルに泊まってみたいな」って思うわけ。

(澤部佑)うんうん。

(岩井勇気)で、「その夢、叶えましょうか」みたいな感じで喪黒福造が来て。で、バー魔の巣で飲んで。「いやいや、僕なんか……」みたいな。

(澤部佑)フフフ、いつものやり取りだ(笑)。

(岩井勇気)そうそう。「全然、あんなホテルに泊まれるような器じゃないですよ」みたいな。「でも、すごいいい部屋があるんですよ。泊まりませんか?」みたいな。「いや、でもいいです、いいです」「でも、夢を叶えたいんでしょう?」「そりゃあ泊まりたいですけども」って。そしたら、「じゃあ、泊まらせてあげましょう」「ええっ、本当ですか?」って。

(澤部佑)おおっ!

(岩井勇気)「じゃあ、奥さんとか息子にも。泊まらせてあげないと!」みたいになるんだけど、「いや、そんな時間はありません。いまから行くんですよ」みたいになって。そしたら喪黒福造の隣になんかすごいきれいな女人がいるの。「この人も行きたがっていますよ」って。で、お酒かなんかを飲んで「じゃあ、行かせてもらいます!」みたいな感じで、そのホテルに2人で行くの。

(澤部佑)うん。

(岩井勇気)で、一晩、その女の人となんかあったりして。そして「うわっ!」って目覚めたら横にいる女の人がすっごいブスなの。めちゃめちゃ。

(澤部佑)うん。俺もなんかそれ、覚えているな。

(岩井勇気)で、「うわーっ!」ってなって。で、家族にもバレていて、離婚。「わーっ!」ってなっちゃうんだけど、それもひどすぎない?(笑)。

(澤部佑)フハハハハハハハッ! いや、やっぱり喪黒福造はそうなんだね。

(岩井勇気)ひどすぎない?

(澤部佑)ひどいんだよ。それは。

(岩井勇気)喪黒福造、本当にクズだよな。あいつは。

(澤部佑)いや、たしかに。おかしいもん。それは。そそのかして、結局ね。

(岩井勇気)美人局みたいなことだもんね。

(澤部佑)そうそう。記者なんじゃない? 喪黒福造の仕事(笑)。記者説、あるね。

(岩井勇気)フフフ(笑)。週刊誌に就職したのかな?

(澤部佑)たぶんあるよ。

(岩井勇気)だから、そうだね。ハニートラップだもんね。

(澤部佑)そうだよ。全体的にそういうの、多いよね。たしかに。

(岩井勇気)そうだよ。本当にヤバいよ、あいつ。

(澤部佑)いや、怖いよ。でも実際に現れたらさ、どうする? そりゃあだって、行っちゃうでしょう?

(岩井勇気)まあ、そんな誘惑がすごいもんね。

(澤部佑)そうだよ。(モノマネで)「岩井さん、岩井さん……」って。来たら。なんだったら言っちゃうかな?

(岩井勇気)いや、お前なんかヤバいよ、本当に。

(澤部佑)いや、そうだね。

(岩井勇気)憧れのAV嬢が……みたいな。

スポンサーリンク

澤部のココロのスキマ、お埋めします

(澤部佑)「お好きですか?」って。「えっ、えっ、好きです、めちゃくちゃ。いや、でも参ったな……家族もいるし……ちょっと……」って。

(岩井勇気)それか、もう「あなた専用の、誰にもバレない個室ビデオがあるんです」って。

(澤部佑)「えっ、本当ですか?」。

(岩井勇気)「最強の個室ビデオがあるんです。これが会員証です」みたいな。「絶対に夜は行かないでくださいね」って言われて。

(澤部佑)「ありがとうございます。ええっ、でも……疲れたから。1回抜いて帰ろうかな? まあ、夜だけども……大丈夫だろう」って。

(岩井勇気)「おやおや、澤部さん。夜は行かない約束でしたよね?」。

(澤部佑)「い、いや……1回ぐらいはいいかなと思って……」。

(岩井勇気)「そんなに個室ビデオが好きなら……あなた、ずっと個室ビデオにいたいんですね。ドーン!」。

(澤部佑)「あああーっ! き、きもちいい~~~!」(笑)。

(岩井勇気)そう(笑)。もう、外から鍵がかかる個室ビデオみたいな(笑)。監禁されて。

(澤部佑)もうずーっと、ヘロヘロになるまで、髪の毛抜け落ちるまでオナニーしてるみたいな(笑)。

(岩井勇気)そう(笑)。みたいな。

(澤部佑)怖いよー! 怖いね。いやー。

(岩井勇気)それか、このパターンもあるのよ。「うわーっ!」ってなって。「うわっ、この個室ビデオは最高だーっ! 何回抜いても全然大丈夫だ!」みたいになっていて。もう、なんか開けたら精神病棟みたいなところで。

(澤部佑)ああ、そのパターンもあるね! ある!

(岩井勇気)「あの人はずっとその夢を見ているんですね」みたいなパターン。

(澤部佑)怖い。いやー、すごい。ちょっと見たいな、また『笑ゥせぇるすまん』を。

(岩井勇気)『笑ゥせぇるすまん』、見たくなっちゃうね。

(澤部佑)やっぱり強烈に怖かったイメージあるもんな。子供の頃。

(岩井勇気)そう。なんかエンディングも怖いんだよ。なんか、町並みみたいなのがいろいろとフラッシュバックして映るみたいな。

(澤部佑)いやー、すごいね。岩井は……まあ、でもそうか。猫ちゃんとかかな? 岩井だったら。

(岩井勇気)うん。そうね。

(澤部佑)「猫ちゃん、いっぱいいますよ」って。

(岩井勇気)フフフ(笑)。行かないよ!

(澤部佑)「岩井さんですよね? あっちに、猫ちゃんがいっぱいいますよ」って(笑)。

(岩井勇気)行かない(笑)。怖い怖い(笑)。

(澤部佑)フハハハハハハハッ! それじゃあ行かない? ええっ? ムズい。岩井を行かせるの。

(岩井勇気)「メゾネットタイプの家、好きですよね? ここ、いかがですか?」って。「うおっ、すごい! ここは上がっても上がっても上があるぞ!」って(笑)。

(澤部佑)「一生上り続けられる! まだまだメゾネットだーっ!」(笑)。

(岩井勇気)「絶対に下りない約束でしたよね?」

(澤部佑)「下りましたね? ドーン!」。なにこれ?

(岩井勇気)一生平屋にしか住めなくなっちゃうの(笑)。

(澤部佑)平屋(笑)。別にいいじゃん、それ! 普通に生活はさせてもらえるのね?

(岩井勇気)させてもらえる(笑)。

(澤部佑)あるね。それはあるわ。(構成作家の)持ちビルハゲ太郎さんもありますかね、たぶん?

(岩井勇気)ありますよ。

(澤部佑)「お悩みですか?」

(岩井勇気)「いやー、もう全然ネタが思い浮かばない……」

(澤部佑)「あら、お仕事はなにを?」「作家をやっているんですけど」

(岩井勇気)「打ち合わせが怖いんです……」

(澤部佑)フハハハハハハハッ!

(岩井勇気)「パーソナリティーと打ち解けられないんです……」

(澤部佑)持ちビルさんじゃん(笑)。「打ち合わせ、どのタイミングでやったらいいか、わかんないんです……」(笑)。

(岩井勇気)「この薬を飲みなさい。緊張がほぐれますよ」

(澤部佑)フハハハハハハハッ! 持ちビルさん、いっつもどのタイミングで行ったらいいかね、迷ってきますもんね。打ち合わせにね。

(岩井勇気)「ただ、いっぺんに何錠も飲まないでくださいね」

(澤部佑)「大丈夫です。ありがとうございます!」

(岩井勇気)「あっ、なんか効かなくなってきたな……ダメだ、ダメだ!」っつってブワーッて飲んで(笑)。

(澤部佑)「あなた、飲みましたね? ドーン!」って。

(岩井勇気)もう、ハガキ職人に逆戻り(笑)。

(澤部佑)フハハハハハハハッ! 普通に退化するっていう(笑)。せっかくハガキ職人から「作家になりたい」って作家になれたのに? 普通に元に戻っちゃう?

(岩井勇気)「こっちの方がよかったわー!」って(笑)。

(澤部佑)「打ち合わせがなーい! やったー!」(笑)。そうか。

(岩井勇気)ああ、だから「うわーっ! スラスラネタが思い浮かぶぞ!」って。フタを開けてみたら、ハガキ職人に戻っているみたいな。

(澤部佑)ああ、なるほどね。作家としてはもう終わっちゃっているみたいな。あるな。ねえ。ヤベえっすよ、それ。気をつけてくださいね。もう、誰の心にもスッと入ってくるから。喪黒福造は。

(岩井勇気)「ココロのスキマ、お埋めします」だからね。

(澤部佑)まさにそうだよ。

(岩井勇気)その、ねえ。展望台の話に至っては、なんのスキマを1回埋めたんだ?っていうね。

(澤部佑)だから、喪黒福造もストレスがあるんじゃない? たまに(笑)。

(岩井勇気)「私のココロのスキマ」っていうこと?

(澤部佑)そうじゃない? 本当に悪いことをしてスッキリしたいっていうのはあるかもね。

(岩井勇気)「ドーン!」ってやってないから、仕事じゃない可能性、あるよね。「これはプライベートのハメるやつ」っていう。

(澤部佑)ああ、『笑ゥせぇるすまん』、セールスマンとしていろいろと紹介してやっているけど、それはそうだね。セールスマンじゃない。プライベートで悪いことをしたくなっちゃったのかな?

(岩井勇気)怖いよね。ヤバいよ。

(澤部佑)いやー、すごいな……。

<書き起こしおわり>

ハライチ岩井『笑ゥせぇるすまん』「後部座席の男」を語る
ハライチの岩井さんがTBSラジオ『ハライチのターン!』ラジオクラウドで『笑ゥせぇるすまん』の大好きなエピソード「後部座席の男」について話していました。 (岩井勇気)『笑ゥせぇ...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする