スポンサーリンク

ハライチ『未来のミライ』『カメラを止めるな!』を語る

町山智浩 『カメラを止めるな!』を語る ハライチのターン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハライチのお二人がTBSラジオ『ハライチのターン!』ラジオクラウドで映画『未来のミライ』と『カメラを止めるな!』について話していました。

(澤部佑)(メールを読む)「ここ最近、アフタートークで映画の話題が多いですが、前回澤部さんが岩井さんに紹介されて『見たいね』と言っていた細田守監督の『未来のミライ』はちゃんと見ましたか? 参考にしたいのでぜひ感想を聞かせてください」。

(岩井勇気)うん。見たか?

(澤部佑)見てない。

(岩井勇気)見てねえじゃん。

(澤部佑)だってこれ、待ってください。これはだって……なんですか? 公開したばっかりでしょう? 『未来のミライ』なんて。それはまだ見てませんよ。

(岩井勇気)俺、初日に見に行きましたよ。

(澤部佑)どうでした?

(岩井勇気)めちゃくちゃよかった。

(澤部佑)やっぱりすごいね。じゃあ、細田さん。

(岩井勇気)なんか、なんて言うの? もう、うーん……いままでの泣ける映画は泣いたりしちゃったんだけど。もう本当に1/3ぐらいからずーっと泣いてたんだよ。

(澤部佑)『未来のミライ』で? ええっ? そんなに泣けるの?

(岩井勇気)俺は泣けたね。

(澤部佑)へー! いいんだ。

(岩井勇気)まあね。親だったらもっとだろうなって。

(澤部佑)いわゆる泣けるっつってもさ、ただ感動させるのは簡単みたいによく言うじゃん? 「泣かそうと思うのは簡単」みたいな。そういうことじゃないんだ。

(岩井勇気)なんかね、やっぱりそう。お涙頂戴じゃないし。で、エンターテイメントかって言われたら、なんかそうでもないのよ。なんて言うの? そりゃあさ、壮大にして王道の展開にすりゃあ感動できるじゃん。でも本当に世界観もこじんまりしているし。その中でエンターテイメントじゃなくてアニメとして細田守、すごいなと思って。

(澤部佑)はー! 見た方がいい?

(岩井勇気)これは見てください。評価されてほしいね。

(澤部佑)フフフ(笑)。岩丸さん(岩井+宇多丸)はもう。評価されてほしい?

(岩井勇気)そうね。なんか……。

(澤部佑)評価、されているでしょう?

(岩井勇気)もっとだよ、もっと。なんかね、アニメをさ、みんなエンターテイメントとして見に行くじゃないですか。結構。で、いいものを見たみたいな。そういうんじゃなくて、もうちょっと上っ面じゃないところを見てほしいのよ。

(澤部佑)どういうこと?

(岩井勇気)もうちょっとちゃんと見てほしいっていう。

(澤部佑)ちゃんと作品を?

(岩井勇気)そう。池崎さんも見に行ったらしいんだけど、池崎さんはちょっとなんかわからなかったって……。

(澤部佑)フフフ、池崎さんはわからないのかー。

(岩井勇気)こういうのがアニメの進歩を遅らせているんだなって思った。

(澤部佑)フハハハハハッ!

(岩井勇気)こういう感想を持つ人間たちが。

(澤部佑)池崎みたいな客が? そうか。池崎にでもさ、『カメラを止めるな!』っていう映画。すごいんでしょ、いま。めちゃくちゃ話題になっている。それを池崎にすすめられてさ。池崎が「めちゃくちゃ面白かった!」っつって。俺は池崎が言っているからさ、「じゃああんまり面白くないのかな?」って。逆にね。で、見に行ったの。そしたらやっぱりめちゃくちゃ面白かったね。

(岩井勇気)それさ、池崎は『おはスタ』の花江夏樹くんに言われて見に行ってるから。

(澤部佑)フハハハハハッ! ああ、やっぱりそうか。あいつはそうかー。

(岩井勇気)そうだよ。ただの受け売りだよ。

(澤部佑)受け売りかー!

(岩井勇気)本当に受け売りだよ。

スポンサーリンク

ミーハー・サンシャイン池崎

(澤部佑)でもあいつはミーハーだからさ、それを見終わって、舞台挨拶とかもあったんだって。で、舞台挨拶でもパンフレットとかにサインしてもらって。写真も撮ってもらったって(笑)。「写真、撮ってもらったんだよ!」っつって、見せてきて。「そしたらなんか、向こうの俳優さんが俺に気づいてくれてさ。『イエーイ!』みたいに言ってくれてさ」って。「ああ、俺ってこうやって映っているんだな」って思って(笑)。

(岩井勇気)そうだよ(笑)。

(澤部佑)リトル澤部を見ているみたいな気持ちになったよ。

(岩井勇気)全部「自分、自分!」ってならなくていいんだから。別に。

(澤部佑)フフフ、でも『カメラを止めるな!』はね、見に行ってくれよ。岩井さん。

(岩井勇気)ああ、そうですか。めちゃくちゃチケットが取れないんでしょう?

(澤部佑)チケットすごかったよ。俺が行った平日でもパンパンだったよ。床に座っていたりしていたよ。パンパン。

(岩井勇気)だから前日とか、朝とかに。

(澤部佑)前売り券取ってね。

(岩井勇気)じゃあ、行かそう。取りに。

(澤部佑)えっ? 「行かそう、取りに」?

(岩井勇気)チケット。

(澤部佑)チケット? 誰に?

(岩井勇気)チケ取りネコに。

(澤部佑)チケ取りネコ? ええっ? ちょっと、待ってください。マジで急に意味がわからないですよ、岩井さん。それは。

(岩井勇気)いるんですから。

(澤部佑)オープニングだけにしてくださいよ、それは(笑)。

(岩井勇気)チケ取りネコに行かせますから。

(澤部佑)ええっ? 「チケット、取ってくるんだぞ!」っつったら、取ってきてくれるの?

(岩井勇気)そう。チケ取りネコもいますし、花見とかの場所取りネコもいます。

(澤部佑)ええっ? 別なの、そのネコは?

(岩井勇気)別です。

(澤部佑)それは別にチケ取りネコに場所取りもさせりゃよくない?(笑)。

(岩井勇気)いやいや、チケ取りネコに場所取りさせたらもうトイレの前とか取っちゃうから。

(澤部佑)ああ、できないんだ。うわっ! 変なところを取っちゃうんだ。場所取りネコにチケ取りは?

(岩井勇気)もう全然、全然。本当、舞台のチケットとか取っちゃうから。

(澤部佑)フハハハハハッ! そりゃ困るわ。

(岩井勇気)訳がわかっていないからね。

(澤部佑)じゃあチケ取りネコに行かせてください。

(岩井勇気)行かせるわ。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました