スポンサーリンク

ハライチ岩井 台湾旅行と後輩芸人・設楽としきを語る

ハライチ岩井 台湾旅行と後輩芸人・設楽としきを語る ハライチのターン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハライチの岩井さんがTBSラジオ『ハライチのターン!』の中で2019年のお正月に行った台湾旅行についてトーク。動向した後輩芸人・設楽としきさんの動きなどを話していました。

(岩井勇気)はい。旅行に行ってきましたね。台湾にね、行ってきたんですよ。

(澤部佑)台湾だろ?

(岩井勇気)台湾だったんですねー! クイズの答えは。(毎週番組で順番に発表した)四文字「た、い、わ、ん」。全部合わせると「台湾」だったんですね、これね。

(澤部佑)知ってるんだよ、それ。

(岩井勇気)ええ。難問だったという声が多かったんですけど。

(澤部佑)「台湾」ってずーっと言っていたから。別に。

(岩井勇気)ということで、台湾。外れた方はすいません。申し訳ございません……。

(澤部佑)いないと思うよ?

(岩井勇気)ということでね、台湾に三泊四日。

(澤部佑)初プライベート海外?

(岩井勇気)海外旅行、初。はい。ということで1月3日から行ってきまして、三泊四日ということで。いつもながらね、知り合いの害虫駆除の会社の社長と。

(澤部佑)フフフ、仲いいね。

(岩井勇気)仲いいんだよ。本当に毎年、お正月はその人と旅行にね。

(澤部佑)宮崎とか行ってたね。

(岩井勇気)そう。宮崎も行って、名古屋も行った。あと、後輩の元ガネーシャっていうコンビの設楽としきですね。

ハライチ岩井 後輩・設楽としきからもらった誕生日プレゼントを語る
ハライチの岩井さんがTBSラジオ『ハライチのターン!』の中で後輩芸人・設楽としきさんからもらった誕生日プレゼントについて話していました。

(澤部佑)ええっ? 3人?

(岩井勇気)3人です。

(澤部佑)ああ、トシボーイじゃないんですね?

(岩井勇気)トシボーイはもうスタメン落ちです。

(澤部佑)フハハハハハハハッ! いよいよ、設楽としきがもう?

(岩井勇気)インド人の設楽としきなんですけども。で、旅行の話をしたら「俺も行きたいです!」って年末に言っていたから、「じゃあ、行く?」って言って。その3人でね、行ってきたんですけども。3日の朝6時ぐらいに家を出て、羽田からね、台湾行きの飛行機で。4時間弱ですね。

(澤部佑)いいね。早いね。

(岩井勇気)もうほぼ寝てましたけどもね。うん。で、松山空港っていう台湾の空港に着いて。で、そこからもう台北にすぐに向かって。その時点で11時すぎぐらいだね。で、ホテルにまずチェックインして。「なにをしようか?」みたいに言っていたんだけど、すぐに台湾シャンプーに行ってね。

(澤部佑)なに? 台湾シャンプーって。

(岩井勇気)台湾シャンプー、知らない? 美容室みたいなところで座りながらやってさ、頭の髪をヒューッて泡で上に持ち上げるやつ、あるじゃん?

スポンサーリンク

いきなり台湾シャンプー

(澤部佑)ああ、見たことあるかな? えっ、最初に行く?

(岩井勇気)最初に台湾シャンプー行っちゃって。

(澤部佑)ええっ? もう決めてないんだ。どこに行くとか。

(岩井勇気)決めてない。なんにもプラン決めてなくてさ。台湾シャンプー行って。

(澤部佑)まず台湾シャンプー? なにそれ?

(岩井勇気)で、美容室に行ってさ。本当に座ってやんのよ。髪を切るところで座って、もうビャーッてなんかシャンプーかけられてモシャモシャやられるんだけど。「シャンプー、OK?」みたいに言って。向こうの人も「OK、OK」ってなって。「台湾シャンプー or ジャパニーズシャンプー?」みたいな。普通の寝てやる日本式のシャンプーもできるけど。「台湾シャンプー!」って。で、本当に1500円ぐらいなんだよね。日本円にして。で、その店員がそしたらとしきの方を見て。「ユー、ユーは台湾シャンプー、ノー、ノー!」みたいな(笑)。

(澤部佑)えっ?(笑)。

(岩井勇気)あいつ、ボウズだから。

(澤部佑)ああ、いまボウズなんだ。

(岩井勇気)もう髪を立てられないから。泡立たないし。「ユーはジャパニーズシャンプー」みたいになって。で、「こっち来い」とか言われて、寝るところに連れて行かれてさ。普通にあいつ、ジャパニーズシャンプーやられてんの(笑)。台湾に行って(笑)。

(澤部佑)フハハハハハハハッ!

(岩井勇気)「それ、日本でできるじゃねえか!」みたいな(笑)。

(澤部佑)ダメなのかー。うん。

(岩井勇気)で、すっきりして。それでとりあえずそこを出て。「お昼を食べよう」ってなってさ。社長の知り合いの日本人がやっているラーメン屋が台北にあるから行こうってなって。豚骨醤油の店なんだけど(笑)。

(澤部佑)フフフ、なんでそこなんだよ?(笑)。

(岩井勇気)で、行って。「あ、どうも」なんて挨拶して。普通に豚骨醤油のラーメン食べてさ。

スポンサーリンク

台湾一食目:豚骨醤油ラーメン

(澤部佑)ええっ!? 一食目? なにそれ?

(岩井勇気)そう。で、出てさ、としきが「美味しかったっすね」って言っていたんだけど、「いや、としきだけまだ日本にいるな?」って言って(笑)。

(澤部佑)たしかにな(笑)。

(岩井勇気)「あ、ああっ、本当ですね!」ってなって(笑)。

(澤部佑)台湾シャンプーじゃないしな(笑)。

(岩井勇気)で、ラーメン屋の目の前を出たらすぐにさ、タピオカミルクティーの店があったから、「あそこ、行きましょう!」みたいな感じになってタピオカミルクティーを買ってさ。「いや、これも日本にあるわ!」って(笑)。

(澤部佑)フハハハハハハハッ! 大流行してた!

(岩井勇気)ずーっと日本のことをしてさ。で、その後に夜メシまで時間があるみたいになって、社長の取引相手みたいな台湾人の知り合いに案内してもらう予定だったのね。夜は。その待ち合わせまで時間があるっていうことで、どうするか?って歩いて、なんかデパートみたいなところに入ったら、インスタ映え店みたいなのがあって。

(澤部佑)なに?

(岩井勇気)なんか特設会場みたいな。インスタ映え店みたいな。

(澤部佑)インスタ映えする、なんか?

(岩井勇気)展示っていうか、体験スペースみたいなのがあって。

(澤部佑)ああ、なるほど。なんかを売っているわけじゃなくて?

(岩井勇気)売っているわけじゃなくて、体験をできる。1000円ぐらい払って入れるんだけど。いろんな写真が撮れるみたいな。「これしかねえか?」って行ってさ。でっかいガチャガチャのカプセルの中、入って撮ったりさ(笑)。

(澤部佑)フハハハハハハハッ! しょうもねえ(笑)。なにしてんの、台湾行って?(笑)。

(岩井勇気)でっかい口紅持ったりして(笑)。なんか白い雲みたいなの、持ち上げて(笑)。

(澤部佑)トリックアート展みたいな?

(岩井勇気)みたいなのをなんかやって。クソみてーな時間を(笑)。

(澤部佑)夜までの(笑)。

(岩井勇気)1時間ぐらいすごしてさ。で、そこから社長の知り合いの人と合流して、その夜は北京ダックね。

(澤部佑)お、おう。北京ダックね?

(岩井勇気)まあ、台湾じゃないけども。でもめっちゃ美味かったんだよ。1羽まるまる出てきてさ。それを切り分けてくれてたらふく食ってさ。その後にマッサージしてさ。

(澤部佑)おう、台湾マッサージ?

(岩井勇気)そう。台湾マッサージ行って、90分マッサージ。で、「オプションで足つぼ付けてください」って言ったら、30分足つぼ付けられて。それで計120分かと思うじゃん? じゃないのよ。もう普通のマッサージしていて、もう1人出てきて同時に足つぼをやるから、至れり尽くせりみたいな。で、そこはなんか、その台湾人の知り合いが経営している店みたいで。

(澤部佑)ああ、その社長の知り合いの?

(岩井勇気)90分で1700円ぐらいだったかな? やってくれて。まあ、安くしてもくれているんだけど。それで1日目終了みたいな。

(澤部佑)1日目終了ね(笑)。

(岩井勇気)1日目は結構ひどかったけど(笑)。で、2日目は昼に麺線っていう、なんかあんかけの中に麺みたいなのが入っているやつが有名っぽいんだけど。ソウルフード的なやつで。で、それを食べて。

(澤部佑)うん。

(岩井勇気)その後にちょっと行きたかったウーフェンプー(五分埔)かな?

(澤部佑)行きたかったんでしょう?

(岩井勇気)うん。なんか読み方がわからなかったんだけど。服の卸売の店がたくさんある、縦の道も横の道もブワーッて全部服屋がある街みたいなのがるのよ。すっげー安い。そこに行ってさ、いろいろと見て。で、チャイナ服みたいなのを買って。

スポンサーリンク

(澤部佑)フフフ、チャイナ服、好きだもんな、岩井は?

(岩井勇気)うん。チャイナ服。赤いチャイナ服買ってさ。

タイトルとURLをコピーしました