スポンサーリンク

星野源『アイデア』ミュージックビデオを解説する

星野源 『アイデア』ミュージックビデオを解説する 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

(星野源)メールが来ました。新潟県19歳の方。「源ちゃんが『アイデア』のお話をされている時に『アイデア』のミュージックビデを見ながら聞いていました。『ああ、これはこういうことだったのか。ここはこんな思いが込められていたのか』と思いながら見るのがとても楽しかったです」。ありがとう! 大阪の方。「源さんのお話を聞いてミュージックビデオの細かい仕掛けを確認したくなりました。発想の転換のアイデアと、それを作り上げるチーム、素晴らしすぎます」。ありがとうございます。そうね。だって71台カメラって……すごいよね(笑)。しかもそれぞれの画角に合わせて照明が別にあるっていうことなんで。照明さん、大変なんですよ。照明の数がそれだけあるっていう。

で、あとね、いちばん上の天井の方のカメラとかもあるので、その設置もきっと大変だっただろうし。それをコックピットみたいなモニターを見る場所があって。あれ、かっこいいよね(笑)。あれは最高だなとさらに思いましたけども。だからチームのみなさん、本当にお疲れ様でした。素晴らしい作品、ありがとうございました。

千葉県の方。「源さんがビルボードのインターナショナルのニュースのトップを飾っています。(8月26日現在)。いつもの源さんの微笑みがいま、世界中に発信されていますよ。興奮冷めやらぬまま訳してみましたので、よろしければどうぞ。『星野源の風変わりで革新的な新作ミュージックビデオ・アイデアに注目せよ。日本のシンガーソングライター星野源が新しいシングル・アイデアを月曜日にリリースした。「半分、青い。」のオープニング曲である。

星野は彼独特の確信的な映像を作り上げることで知られているが、アイデアのために作られた最新版のそれも期待を裏切ることはなかった。70台を超すカメラが3000平米のスタジオに設置された。その場所で37歳のアーティストは黒いスーツに身を包み、次から次へと変わる場面を飛び回る。スタッフ、バンドメンバー、ダンサーたちもまたひとつひとつのシーンを作り出すために駆け巡る姿を私たちはまるで舞台裏を見るかのごとく眺めることができるのだ』。星野源の集大成とも言えるミュージックビデオのかっこよさと源さんの曲に込めた思いは世界の心に響きましたよ」という。ありがとうございます。ねえ。うれしいよね。これ、僕も見ました。ニュース、ありがとうございます。

さあ、そんな感じで、そうですね。だから本当のいろんな方の力であのミュージックビデオができました。もちろん楽曲もそうですし。バンドメンバーがね……バンドメンバーもちょっとずつカメラを意識して姿勢を微妙に変えていたりとか。特に1番のサビでギターの亮ちゃんと僕、あとベースの伊賀さんとかいろいろみんなね、立っている人はその2人なんですけども。僕以外は全員後ろを向くみたいな画角も作ったりとかして。なので全員ピッと変わっちゃうと気持ち悪いので、ちょっとずつずらしてみんなが姿勢を変えるタイミングをちょっとずらしたりとか。そういう細かいこともやったりしました。

三浦大知のダンス振り付け

で、やっぱりダンスですよね。あのミュージックビデオ。あの中でとてもかっこいい瞬間でもあります。さっきの照明の話もありましたけれども。三浦大知くんが真ん中のダンスシーン、そしていちばん最後サビの部分で振り付けをしてくれました。ねえ。大知くん、聞いているか? だいちんこ、聞いてる? ねえ。ありがとう。いつもありがとう!

星野源と三浦大知 「だいち」呼称問題を語る
三浦大知さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』にゲスト出演。それぞれが持ち寄った音源を聞きながら2時間に渡って音楽談義をする中、まず星野さんが三浦さんのことを何と呼べばいいのか? 問題に結論を出していました。 本日も星野源...

だから本当に、だって忙しいんだよ。あの人。大知くん、忙しいのにその忙しい最中に振りを付けてくれて。しかも、あんなかっこよくて。で、彼自身も他のアーティストの方に振り付けをして、それがミュージックビデオになるっていうのははじめてだったみたいで。そのはじめての場所に選んでくれたのもうれしいですし。で、「忙しいから無理だろうな」と思っていたけど、2人でご飯を食べている時に「大知くん、いまちょっとこういうのを考えているんだ。でももし、頼むことになったら頼んでもいい?」みたいに言ったら「ああ、全然いいですよ」って言ってくれて。それで実現しました。

で、最初は大知くんだけのダンスが送られてきたの。動画で。で、送られてきて見て、「はい、もう大丈夫です!」みたいな(笑)。「はい、かっこいい! 素晴らしい! もうこれでお願いします!」みたいな。それでみんなでね、人数感とか男女が混ざるといいな、みたいな話はこちらからはしたんですけど。その中で、本当に素晴らしいダンサーのみなさんが出演してくださって。その中で大知くんがね、後からこっそり教えてくれたことがあって。「本当にすごい!」って思ったんだけど。そのダンスの中で三浦大知くんが「隠し要素として『香典を出す、お焼香、出棺、火葬場に棺を入れる、骨を拾う』という流れを分からないように振り付けの中に組み込んでみました」っていう。

だから僕のお葬式、僕のアイデアの供養であるというコンセプトを伝えたら、そういう風に「お葬式」という要素をあのかっこいいダンスの中にわからないように組み込んでくれた。それでよく見ると「ああ、ここの動きはもしかしたらこれかもしれない」みたいな。「あっ、これもしかしたら棺の中に入れているかもしれない」みたいな、そういうのをまたさらに面白く見れると思うんで。そういうのも含めてぜひ見ていただきたいと思います。

でも本当にいちばん最後の、最後のサビで壁が動くのも僕、大好きなんですけど。背景を……もちろん1人1人動かしていますからね。あれ。人がいて。でも本当にスタッフのみなさん、お疲れ様でした。何度も言うけど、本当にお疲れ様でした。ああいう手作りのミュージックビデオは最高ですよ。その中でみんなが演奏していて、ダンスのみんなも踊っていて、僕も歌っていてみたいな。あの画がね、その現場でワーッと撮った後にちょっとプレイバックして見てみたら、ちょっと泣きそうになってしまって。「なんていいんだ!」って思って。

なにかお葬式というテーマであったけど、やっぱり終わりじゃなくて始まり始まりにしたいんですよ。で、その始まりの感じがそこにはあるんですよね。祝祭感というか。これから面白いことするぞっていう、なんかいま生きているぞ! みたいな。喪服を着ているんだけども、生きているぞ!っていう感じがするっていう。生命力みたいな。それがすごく僕は感動したし、すごくいいビデオになっている要因のひとつだなと思います。そんな感じでぜひ、星野源『アイデア』、たくさん見ていただきたいと思います。そして星野源の『アイデア』、ぜひ買ってください。絶賛絶賛配信中。大ヒットでございます。2週目もiTunesウィークリー1位をいただきました。ありがとうございます!

あとレコチョクも8月20日に出したんですけど、月間1位をいただきました。ありがとうございます! すごい! 10日しかないのに。あ、11日か。すごいですねー。ありがとうございます。(ささやくように)「えっ、まだ買っていないんですか? いいんですよ。買っていいんですよ……。そう。ポチッとするんです。そうです、そうです……」(笑)。よろしくお願いいたします。それでもう1個、言わなきゃいけない。特に今回、iTunesだけ予約ができたんですよ。で、予約した人に多い現象らしいんですけど「星野源」っていう僕の名前のところがアルファベットで「Gen Hoshino」になっちゃうっていう現象があって。それはなんかiTunesのバグなのかなんなのか。

もちろん、こちらから「こういう風にしてください」って言っているわけじゃなくて。急に「Gen Hoshinoにしてください」って言っているんじゃないんです。普通に「星野源」にしたかったんですけども。でも、他のアーティストもなっている人がいるって聞くんで。そういうバグみたいなのが起きていて。「星野源はこれからこうしたいのかな?」みたいに思われても嫌だなってずっと思っていて。なんでこれ、こうなっちゃうんだろう?って。僕も自分で買ったらそうなっちゃっていて。「なんでや?」って思って。それでいろいろとやり取りをiTunesさんとして。iTunesだけなんだよね、たしかね。

で、直りました。直ったんでこれからダウンロードする方は大丈夫なんですけど、1回ダウンロードしちゃうとそのままになっちゃうし。で、パソコンでダウンロードしている人は自分で名前を変えられるんですけど。スマートフォンだと変えられなかったりするんで。その直す方法としてはお手数ですけど1回、全部削除をしてもらって。「この曲を削除する」みたいな。それをした後にもう1回、iTunesからダウンロードできるんです。「購入済み」っていうところからもできるし、普通に購入するところからもできるんですけど。「もうすでに購入されています。ダウンロードしますか?」みたいになってすぐダウンロードできる。そしたら普通に「星野源」に戻っていますので。みなさん、「なんで星野源はアルファベットなんだろう?」って思っている方は試してみてください。

そんな感じで、お待たせいたしました。『アイデア』という曲をまた今日も流していきたいと思います。ぜひ……また今日もね、生で歌って。なんかまた非常に思いがこもってしまいましてですね。芽郁ちゃんの涙もありましたけども、なんかこう……『Mステ』で歌っている時にもありましたけど、なんかすごくこの曲を作れてよかったなという思いになりました。いままでの星野源、そしてこれからも星野源。原点の星野源っていう、もう歌っていてすごく前を向けてるような感じがするんですよね。未来に顔が向いている感じがするというか。なので、とても自分にとって大事な曲になりました。ぜひ聞いてください。星野源で『アイデア』。

星野源『アイデア』

お送りしたのは星野源の新曲です。『アイデア』でした。

<書き起こしおわり>
https://miyearnzzlabo.com/archives/52056

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました