スポンサーリンク

木梨憲武と星野源『OTONA feat. 久保田利伸』制作を語る

木梨憲武と星野源『OTONA feat. 久保田利伸』制作を語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

木梨憲武さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』にゲスト出演。星野源さんと「星野青果店と木梨サイクル」名義で作詞を手がけた『OTONA feat. 久保田利伸』制作について話していました。

(星野源)で、今回ね、ノリさんのアルバムを……。

(木梨憲武)先生にね、歌唱指導まで。スタジオ来てくれて。甘いものも持ってきてくれて。このラジオがあるからぎりぎりまでいてくれて。その、ディレクターの席に座って俺のこの歌い方を「これぐらいの方がいいんじゃないか?」とか、最後の最後にぎりぎりまで粘ってくれてね。

(星野源)いえいえいえ(笑)。

(木梨憲武)各生先生方もそうなんですけど。源ちゃんもあの時のやっぱり音があって、詞が乗っかる時の顔色は知ってる星野源じゃないよね。

(星野源)フハハハハハハハハッ!

(木梨憲武)源先生が厳しく「ジジイ、早くやれよ!」みたいな顔つきですげえ見てきて。

(星野源)そんなことない(笑)。やめて、やめて。誤解が広がる、誤解が(笑)。恐ろしや。

(木梨憲武)みんなそうなんだけど、やっぱり音に対する「こういうのがいいと思います」とか「ああ、いいっすね!」っていうのが的確で。もうそれにうまく乗っかれるかどうかの大会だったから。

(星野源)今回はいろんな方が参加されてますもんね。なんで、その中でこれからは外国の人に曲を書いてもらったりとか、ノリさんもどんどんやるといいんじゃないですかね。

(木梨憲武)曲も詞も。

(星野源)ああ、そうか。今回曲は結構海外の人が多かったですね。

(木梨憲武)そう。いろんな何百曲から選抜されたああいう楽曲だったので。で、そこのひとつにね、一番パワーファンクというか強いものを。「源ちゃん、これね」っつって(笑)。

(星野源)フフフ、「わかりました」っつって。ノリさんをイメージした感じで書かせていただいて。それをノリさんにちょっと直していただいて。

(木梨憲武)いや、直すっていうかね。「こういうのでいい?」「ダメー!」とかね。「源ちゃん、ちょっと2番はこういう風にしたいんだけど?」「ダメー!」とかって。

(星野源)俺、そんな言い方してないよ!(笑)。「ダメー!」なんて(笑)。

(木梨憲武)「ダメー!」って(笑)。で、久保田利伸くんも自分のアイデアを入れてくれて。ど頭に新しいメロディが来たりっていう。

(星野源)そうですね。いや、面白かった。僕、久保田さんとはお会いできなかったんですけども。自分の書いた歌詞を久保田さんが歌ってくれるとか、すごいやっぱり嬉しかったですし。そもそもは僕はもうノリさんの大ファンで。小学生の時にノリさんのモノマネをしすぎて学校で嫌われた人間なんで。

(木梨憲武)フフフ、ごめんなさいね(笑)。ちなみに、俺のモノマネってどういう?

(星野源)体当たりをよくしてたんですよ。

(木梨憲武)ああー。「あ、マツモトぉ!」って。

(星野源)それそれっ! それでーす! やったー! 生で聞けた!(笑)。

(木梨憲武)ノリユキっていうキャラクター。コントのキャラクターの1人です。

(星野源)そうです。

(木梨憲武)あれをやったら学校で嫌われちゃったの? ダメだって?

(星野源)そうです(笑)。「ダメだ」ってなっちゃいました。なんですけど、大好きだったんでずっとモノマネしていたんです。なんで、もうだから自分がそのノリさんと仕事をすることになるとは……っていうのがそもそも嬉しくて。何かその思いをちょっと詞にも入れさせていただきました。

(木梨憲武)いやー、ありがとうね。

(星野源)ちょっとその曲を聞きます?

(木梨憲武)聞かなくてもいいよ。

(星野源)なんで? 聞きましょうよ、せっかく来ていただいたんですから。

(木梨憲武)いったんかけてくれる? 今、まあまあ……先週の水曜日にアルバムが発売して。ちょうど明日で1週間になるんですけど。まあまあ皆さん、多くの方が聞いてくれて。歌番組なんていうのにも出させてもらって。

(星野源)そうですね。いろいろと出られてましたね。

(木梨憲武)じゃあ、いったんその曲を……まだ、この曲を歌ってはいないんですけど。自分のライブでは真似事で歌わせてもらって。

(星野源)真似事?

(木梨憲武)詞も入ってねえし。「どういう感じだっけ?っていうで。みんな聞きながら歌ったふりするから。

(星野源)まだ発売前の時ですよね?

(木梨憲武)そうそうそう。

(星野源)アルバムのタイトルが『木梨ファンク ザ・ベスト』。

『木梨ファンク ザ・ベスト』

(木梨憲武)ベストのプロたちに作ってもらえたので。もういきなり「ベスト」っていうのをタイトルにつけさせてもらって。で、ベストだと間違えて買うんじゃないか?っていうのも含めて。

(星野源)フフフ、ベストアルバムだと思われて(笑)。

(木梨憲武)そうです(笑)。

(星野源)じゃあ最新……木梨憲武さんの「ソロアルバム」っていう言い方でいいんでしょうか? 初の?

(木梨憲武)思い出……思い出アルバム? 

(星野源)「思い出アルバム」(笑)。

(木梨憲武)俺の思い出が。ありがとうって。

(星野源)先週、発売になりました発話になりました『木梨ファンク ザ・ベスト』の中から私、星野源……まあ星野青果店と木梨サイクルという名前で作詞させていただいた曲。『OTONA feat. 久保田利伸』です。どうぞ!

木梨憲武『OTONA feat. 久保田利伸』

(星野源)お送りしたのは本日の素晴らしいゲスト、木梨憲武さんで……。

(木梨憲武)センキュー! フル尺、センキュー!

(星野源)フル尺でございます。木梨憲武さんで『OTONA feat. 久保田利伸』でございました! ありがとうございます。

(木梨憲武)フゥーッ! センキュー! アイラブユー! (ささやいて)みんな、ありがとう……源ちゃん、ありがとう……。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました