宇多丸 2017年映画ベスト5を映画評書き起こしで予想する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』毎年年末の恒例企画、『ライムスター宇多丸のシネマランキング』。その2017年版が12月16日放送でいよいよ発表されます。


同時にその宇多丸さんが発表するランキングのうち上位5作品を予想する「メールで現金争奪! シネマランキング<予想ウォーZ>!!」も開催。見事予想を当てると賞金9万円を的中者で山分けという超熱い企画。僕も去年は応募したのですが、1作品だけ外してしまってダメでした(泣)。

宇多丸 2016年映画ベスト5を映画評書き起こしで予想する

宇多丸 2016年映画ベスト5を映画評書き起こしで予想する
TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』毎年年末の恒例企画、『ライムスター宇多丸のシネマランキング』。今年はトップ10+新設された”チャンピオン枠”が発表され...

ということで、懲りずに今年も宇多丸さんのシネマランキングの予想をしてみましたよ! まずは過去3年間の宇多丸さんのシネマランキング発表トークをおさらい。傾向と対策を分析していきます。

過去3年間のシネマランキング

宇多丸シネマランキング2016
宇多丸が選ぶ 2016年映画ランキング ベスト10&チャンピオン
宇多丸さんがTBSラジオ『タマフル』の中で番組の映画評コーナーで扱った50本の映画の中からベスト10本とチャンピオン1本を選び、発表していました。 (宇多丸)今夜...
宇多丸シネマランキング2015
宇多丸が選ぶ 2015年映画ランキング ベスト10&ワースト1
宇多丸さんがTBSラジオ『タマフル』の映画評論コーナー ムービーウォッチメンで2015年に扱った映画51作品の中からランキングを作成。ベスト10とワースト1を発表していました。 ...
宇多丸が選ぶ 2014年映画ランキング ベスト10&ワースト1
宇多丸が選ぶ 2014年映画ランキング ベスト10&ワースト1
宇多丸さんがTBSラジオ『タマフル』の映画評論コーナー ムービーウォッチメンで2014年に扱った映画48本の中からランキングを作成。ベスト10とワースト1を発表していました。 ...

過去のランキングとトークから浮かび上がる傾向としては……
・あくまでも宇多丸個人としてのランキング(世間一般の評価とは違う 例:『シンゴジラ』2016年9位)
・音楽演出を高く評価する傾向(例:『シング・ストリート』2016年3位)

といったあたりでしょうか。あとは宇多丸さんの個人的な嗜好と属性(ガンマニア、シャマランマニア、80’s音楽好き、ラッパー、『アポカリプト』が世界一好き)などを加味して予想をしてみました。ただ、12月16日に上位に入りそうな『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の映画評が控えているので、それによってだいぶ変動するとは思いますが……ご参考程度にどうぞ!

1位『アトミック・ブロンド』(10月28日)
ラッパーにしてラジオDJ、そして映画評論もするライムスター宇多丸が、毎週ランダムで決まった映画を自腹で鑑賞。その感想を生放送で語り下ろす「週刊映画時評ムービーウォッチメン」。ここではその書き起こしをノーカットで掲載いたします。先週...
「『ジョン・ウィック2』と全く同じ血脈から、これまたとんでもない、革新的な一作が出てきてしまった」
「80年代末期ベルリンが舞台でこの選曲は、めちゃめちゃ絶妙だ」
「『女性による、ハードな本格アクション』という領域を、はっきり、決定的に押し広げた一作ですよね。」
「今年ね、はっきり言ってベスト候補がいっぱいあって困るなって思っていたんですけど、また困るのが来たな!(笑)っていうのが正直僕の感想です。最っ高です!」
※「サントラを聞きながら歩いている」と言及
宇多丸 熊本・鹿児島・那覇ツアーの事件と黄金コースを語る
宇多丸さんがTBSラジオ『タマフル』の中でRHYMESTERの熊本、鹿児島、那覇ツアーで起きた事件と、鹿児島、那覇で編み出した黄金コースについて話していました。 (宇多丸)あ...

2位『ドリーム』(10月14日)
ラッパーにしてラジオDJ、そして映画評論もするライムスター宇多丸が、毎週ランダムで決まった映画を自腹で鑑賞。その感想を生放送で語り下ろす「週刊映画時評ムービーウォッチメン」。ここではその書き起こしをノーカットで掲載いたします。...
「文字通り万人に超自信を持ってストレートにおすすめできる、超一級の社会派エンターテイメントだ」
「はい。まずは『ドリーム』に行ってください!」
「私は本当に、映画的にも、どの角度から見ても、ほぼほぼ隙がなくて嫌だ!(笑)っていうぐらい、そんぐらい本当に、完璧だと思います。」
※オープニングトークで曲紹介
※ライムスターメンバーを引率して『ドリーム』を見に行こうとしている
宇多丸 熊本・鹿児島・那覇ツアーの事件と黄金コースを語る
宇多丸さんがTBSラジオ『タマフル』の中でRHYMESTERの熊本、鹿児島、那覇ツアーで起きた事件と、鹿児島、那覇で編み出した黄金コースについて話していました。 (宇多丸)あ...

3位『KUBO クボ 二本の弦の秘密』(12月02日)
ラッパーにしてラジオDJ、そして映画評論もするライムスター宇多丸が、毎週ランダムで決まった映画を自腹で鑑賞。その感想を生放送で語り下ろす「週刊映画時評ムービーウォッチメン」。ここではその書き起こしをノーカットで掲載いたします。先週...
「年間ベスト級が今年は多すぎ! またまた超弩級のやつが来ちゃいました。」
「本当にいますぐ見に行ってください!と、それで終わりにしたいくらい、私的には、これは文句なしの大傑作でございます!」
「本当にぜひ、万人に見ていただきたい、非常に高品質な、驚くべき大傑作が出てしまいました。」

4位『SING / シング』(3月25日)
TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』の看板コーナー「週刊映画時評ムービーウォッチメン」ではライムスター宇多丸が毎週ランダムで決まった映画を自腹で鑑賞し、生放送で20分以上にわたって評論します。今週評論した映...
「完全にナーメテーター! ものすごく楽しい上に、最終的には結構な勢いで泣かされてもしまう、大変見事な音楽群像劇だと思います。特に群像劇として大変よくできていると思います。見て本当によかったなと思います。少なくともイルミネーション・エンターテイメント作品としては、明らかに最高傑作じゃないかなという風に思います。」
「とにかく、本当にこの吹き替え版はびっくりしました。こんなに丁寧に作っている吹き替え版も、なかなかないという風に思いました。」

5位『ムーンライト』(4月22日)
TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』の看板コーナー「週刊映画時評ムービーウォッチメン」ではライムスター宇多丸が毎週ランダムで決まった映画を自腹で鑑賞し、生放送で20分以上にわたって評論します。今週評論した...
「本作の音楽はですね、なんと『チョップド&スクリュード』の手法を持ち込んでいる」「アカデミー作品賞にはむしろもったいないくらい、私は結構、心の奥にしまっておきたい大切な作品になってしまいました。」

ということで、以上5作品でどうでしょう? 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.2』、『ジョン・ウィック チャプター2』あたりも入れようか悩みましたが……。あとは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』評を聞いてから番組へメールを送ればギリギリ間に合うと思います! ちなみに『フォースの覚醒』は2015年の3位でした。以下、2016年映画評書き起こしの一覧と予想メモです。タイトル横についているマークは「本命:★★」「対抗:★」「抑え:☆」といったイメージです!

で、これが発表された結果です。全然ダメでした。来年こそ当てたい!

宇多丸 ムービーウォッチメン映画評 作品一覧
1月07日 「MILES AHEAD / マイルス・デイヴィス 空白の5年間」

1月14日 「疾風スプリンター」

1月21日 「人魚姫」

1月28日 「沈黙 サイレンス」

2月04日 「マグニフィセント・セブン」

2月11日 「ザ・コンサルタント」

2月18日 「ドクター・ストレンジ」

2月25日 「サバイバルファミリー」

3月4日 「ナイスガイズ!」

3月11日 「ラ・ラ・ランド」

3月18日 「アシュラ」☆

3月25日 「SING / シング」★★
※完全にナーメテーター! ものすごく楽しい上に、最終的には結構な勢いで泣かされてもしまう、大変見事な音楽群像劇だと思います。特に群像劇として大変よくできていると思います。見て本当によかったなと思います。少なくともイルミネーション・エンターテイメント作品としては、明らかに最高傑作じゃないかなという風に思います。
※とにかく、本当にこの吹き替え版はびっくりしました。こんなに丁寧に作っている吹き替え版も、なかなかないという風に思いました。

4月1日 「パッセンジャー」

4月8日 「キングコング:髑髏島の巨神」

4月15日 「ハードコア」

4月22日 「ムーンライト」★★
※本作の音楽はですね、なんと「チョップド&スクリュード」の手法を持ち込んでいる
※アカデミー作品賞にはむしろもったいないくらい、私は結構、心の奥にしまっておきたい大切な作品になってしまいました。

4月29日 「夜は短し歩けよ乙女」

5月6日 「ワイルド・スピード ICE BREAK」

5月13日 「ノー・エスケープ 自由への国境」

5月20日 「スプリット」☆
※僕を含め彼の作品にハマっちゃった、通称「シャマラニスト」には、常にたまらん最高の贈り物
※シャマラン映画ファンにはもうね、さらにたまらないプレゼントが約束された一作

5月27日 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2 (原題)」★
※ある意味、『スター・ウォーズ』の呪縛を、今回の二作目で解いたなという。「もう血族の話とかいいから!」っていう。
※オープニングで曲紹介あり
※エンディングでも言及あり

6月3日 「光をくれた人」

6月10日 「美しい星」☆
※「キレッキレ」という表現が相応しい、大怪作
※特に中盤のあるシーンでもうね、「なにこの変な映画! 最高です!」(笑)。すんごい変な映画だね!っていうのが、うれしくなっちゃって

6月17日 「LOGAN ローガン」☆
※ちょっと食わず嫌いしないで、ぜひこの一作だけは見ていただきたいと思います。大傑作だと思いました。

6月24日 「22年目の告白~私が殺人犯です」

7月01日 「ハクソー・リッジ」☆
※計何回だろうな? もう4回、5回は見ているのかな? ちょっと数えていないぐらいの感じです。
※まあ、私はもう『アポカリプト』を、世界の中でもトップランク級に好きな男(笑)
※メル・ギブソンね、いっぱい映画を撮ってほしいので、もうトラブルは起こさないようにしてください(笑)。次はもうちょっと歪な映画でもいいよ~。

7月08日 「ありがとう、トニ・エルドマン」☆
※高評価だし大ヒット大人気になるのも当然の……「あ、なんだ傑作か」(笑)っていう作品

7月15日 「ライフ」

7月22日 「セールスマン」

7月29日 「パワーレンジャー」

8月05日 「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」

8月12日 「ジョン・ウィック チャプター2」★
※この『チャプター2』で、ついに決定的にネクストレベルに行ったな、という風に思うぐらい、今回のガンアクションシーン、このシーンはすごいです。ガンマニア的に見て、もうすごいです、ここは。
※最高に楽しみました。ガンアクション映画のネクストレベル

8月19日 「スパイダーマン ホームカミング」

8月26日 「HiGH & LOW THE MOVIE2 END OF SKY」

9月02日 「パターソン」

9月09日 「エル ELLE」

9月16日 「散歩する侵略者」

9月23日 「エイリアン コヴェナント」☆
※前作の『プロメテウス』が、超大好き派!
※だからお願い! リドリー・スコット、この話を続けて!

9月30日 「アフターマス」

10月7日 「僕の ワンダフル・ライフ」

10月14日「ドリーム」★★
※オープニングで曲紹介あり

10月21日「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

10月28日「アトミック・ブロンド」★★
※『ジョン・ウィック2』と全く同じ血脈から、これまたとんでもない、革新的な一作が出てきてしまった
※80年代末期ベルリンが舞台でこの選曲は、めちゃめちゃ絶妙だ
※「女性による、ハードな本格アクション」という領域を、はっきり、決定的に押し広げた一作ですよね。
※今年ね、はっきり言ってベスト候補がいっぱいあって困るなって思っていたんですけど、また困るのが来たな!(笑)っていうのが正直僕の感想です。最っ高です!

11月04日 プロ野球中継延長につきお休み

11月11日「ブレードランナー2049」

11月11日「シンクロナイズドモンスター」

11月25日「HiGH & LOW THE MOVIE3 FINAL MISSION」

12月02日「KUBO クボ 二本の弦の秘密」★★
※年間ベスト級が今年は多すぎ! またまた超弩級のやつが来ちゃいました。
※本当にいますぐ見に行ってください!と、それで終わりにしたいくらい、私的には、これは文句なしの大傑作でございます!
※本当にぜひ、万人に見ていただきたい、非常に高品質な、驚くべき大傑作が出てしまいました。

12月09日「全員死刑」

12月16日「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする