スポンサーリンク

東野幸治 ダイノジ大谷ノブ彦を語る

東野幸治 ポストやしきたかじん宣言 山里亮太の不毛な議論
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東野幸治さんがTBSラジオ『山里亮太の不毛な議論』にゲスト出演。『ボス』ことダイノジの大谷ノブ彦さんについて話していました。

(山里亮太)東野さん、相談が。メールが来ております。(メールを読む)『山ちゃんの進路相談ですが、山ちゃんは先輩からかわいがられることが苦手な部分があると思うので、東野さんから見て山ちゃんはどんな後輩なのか?そして、どうやって先輩からかわいがられることができるのか?を相談してみてはいかがでしょうか?』。

(東野幸治)いやいや、そんなことないでしょ。別に。

(山里亮太)私、大丈夫ですか?

(東野幸治)ぜんぜん問題ないんじゃないですか。

(山里亮太)あ、ありがとうございます。

(東野幸治)別にかわいがられたいって思ってないでしょ?

(山里亮太)へっ?

(東野幸治)そもそも言うたら。

(山里亮太)いえ、そんなことないです。

(東野幸治)いや、先輩の時はすごい従順な後輩やけど、ホンマのホンマのところは、もう、若林くんとかといる時とかはもう地獄のような、クソみたいな話、してるやろ?

(山里亮太)(爆笑)

(東野幸治)先輩の悪口。点数つけてんねやろ?

(山里亮太)つけてません!

(東野幸治)俺、何点や!?教えろ!俺、何点や!?

(山里亮太)なに言ってるんですか、東野さん!

(東野幸治)俺のこと、バカにしてるやろ!

(山里亮太)そんなことないです。僕、超高得点です!

(東野幸治)(笑)

(山里亮太)僕、東野さんを高く評価してますよ。

(東野幸治)やった!若林くん、なんて言ってる?(笑)。

(山里亮太)若林くんも高く評価してます。

(東野幸治)やった!(笑)。やったぜーい!いや、だからそれでエエんちゃう?もう、若林くんと2人で楽しく、キャッキャキャッキャ人の悪口言うてたらエエんちゃう?

(山里亮太)そんな悪口ばっかりじゃないですよ。

(東野幸治)悪口ばっかりやないねんけど、そこがいちばん、気づいたらゲラゲラ笑ってんねんやろ?楽しいし。

(山里亮太)楽しいですけど。

(東野幸治)ほな、それでエエん違う?ぜんぜん。

(山里亮太)でも、東野さん、僕をご飯とか連れてってくださって。でも東野さんって、本当別け隔てないですもんね。全く。

(東野幸治)そう。だから山ちゃんは別け隔てがあるから。山ちゃんの嫌いな芸人さんとかでも俺、ぜんぜん普通にしゃべれるし。

(山里亮太)そうですよね。

スポンサーリンク

ダイノジ”ボス”大谷ノブ彦

(東野幸治)だから特にその、ホンマに。俺、ホンマにないのよ。大谷も俺、ぜんぜん普通にご飯食べに行けるし。

(山里亮太)はい・・・あの、いまこの流れで言うと、まるで僕が大谷さんのことを言ってるみたいですけど。僕、言ってないですからね。大谷さんのことを。

(東野幸治)いや、嫌いじゃなくて、苦手ってことやろ?

(山里亮太)苦手でもないです。僕は大丈夫です。

(東野幸治)違う違う違う。ええと、金払いが悪いってこと?

(山里亮太)ちょっと待って下さいよ!僕が、こう入れた情報じゃないですか。東野さん、ちょっと待って下さいよ。誤解がありますって。

(東野幸治)あっ、そうか。それ、俺が聞いてん。俺が聞いて。だからあの、『netsu@.』や(笑)。

(山里亮太)深夜ラジオやってる時に(笑)。

(東野幸治)深夜ラジオやってるけど、いまだにたぶんね、信者は8人ぐらいしかおらへんから(笑)。

(山里亮太)そんなことないですよ!『ボス』ってみなさん慕ってくれててね。

(東野幸治)慕ってないねん!ボスって言って、みんな蹴落としてんねん(笑)。蹴られてるけど、気づいてないねん。あの、クラブイベントしすぎて。

(山里亮太)(笑)

(東野幸治)もう、クラブイベントしすぎやねん。あいつ。

(山里亮太)たしかに、あれ、よくTwitterでね・・・

(東野幸治)Twitterでクラブイベントで日本中を回るけど、フロアで踊ってんの、8人ぐらいやで。

(山里亮太)そんなこと、ないでしょ?(笑)。

(東野幸治)いや、ホンマやねんて。だから、必死やねん。ボスは。ボスは必死やねん。ホンマに(笑)。

(山里亮太)ちょっとね、僕が質問した内容と結末が・・・

(東野幸治)いやいや、じゃなくて。そこ、別に嫌いじゃないの。あいつはあいつで。そういうのがおもろいなとか思ったりとか。いろんな人が面白いから、楽しいなと思って。

(山里亮太)いや、そうなんですよ。だから東野さん、普通ここが嫌だな、嫌いだなってところも、面白いな!ってすぐ言うじゃないですか。楽しがれちゃうじゃないですか。

(東野幸治)そこ、楽しがらへんの?大谷のそういうところ、楽しがらへん?8人ぐらいしか踊ってへんの、楽しがらへんの?

(山里亮太)いや・・・踊りながらしゃべるの、やめてもらえますか?(笑)。

(東野幸治)楽しがらへんの?

(山里亮太)いや、それはたしかにちょっと、面白いなと思う時、ありますけど(笑)。

(東野幸治)そうやねん。だから結局、TBSラジオとまたいろいろ局があるから。こう、交流できへんのよね。

(山里亮太)そうです。まあ、あのね、ニッポン放送の。

(東野幸治)それはライバルやし、お互い切磋琢磨せなアカンからね。そら、裏かぶりとかもあったりするけれども。いや、面白いよ。あれはあれで。

(山里亮太)そうですよね。

(東野幸治)あれはあれで、もう清水健太郎みたいになってきたな。

(山里亮太)えっ?どういうことですか?(笑)。

(東野幸治)もう顔とか、もう声も・・・もう、ガラガラで。あんな声ちゃうかったけど。

(山里亮太)そうですよね。ガッサガサですよね。味のある感じの。

(東野幸治)いや、ガッサガサやけど、仕事ラジオDJって。

(山里亮太)声が大事な。

(東野幸治)声が大事な。ええっ!?と思って。

(山里亮太)だって昼ね、やってますからね。帯で。

(東野幸治)そうでしょう?そんなん、大抜擢。ラジオの昼の帯なんて言うたら、テレビで言ったらもうゴールデンタイムなわけだから。

(山里亮太)そうです、そうです。

(東野幸治)いやいや、本当にがんばって。だってあいつ、『ゲスト出てくれ』って、あいつ、ズルいねん。

(山里亮太)出られてたじゃないですか。

(東野幸治)会社、通せへんねん。直でやるから、俺も返したってん。『直でやるの、やめてください』って。『会社通してください』って。『通しても、断りますけど』みたいな。

(山里亮太)(爆笑)。出てたじゃないですか!

東野幸治 ダイノジ大谷ノブ彦を『ボス』と呼ぶ
東野幸治さんがニッポン放送『ダイノジ大谷のオールナイトニッポン』にゲスト出演。リスナーに自分のことを『ボス』と呼ばせている大谷さんに対してこのように話してました。

(東野幸治)出ましたけど。そうそう。いろんな人がいてるから、そういう意味で言うと、もういろんな人が面白がった方がエエん違うの?って。先輩後輩関係なく。後輩は誰をいちばんかわいがってんの?

(山里亮太)後輩は、よく一緒になるのはR藤本であったりとか、GAG少年楽団の・・・

(東野幸治)ああ、東京来たもんね。

(山里亮太)来たんで。そこらへん。あ、そっか。東野さん、いちばんかわいがってるのとか、こいつが好きだとか、こいつ注目っていうの、特にないんですか?

(東野幸治)いや、面白いよ。天津・向とか面白いなと思って。いや、面白いと思う。

(山里亮太)あれでしょ?東野さん、天津・向さんと、あとダイアンでしょ?

(東野幸治)そうそうそう。ダイアン。たしかに西澤は面白いね。津田くんはもう、なんかおかしいだけ。

(山里亮太)この前もめちゃイケでとんでもない事になってましたけど。

(東野幸治)そうそうそう。だからね、いろんな面白い後輩、いてるからね。そういう人のいろんなところを吸収しながら、我々も勉強していかなアカンなと、日々思ってますんで。

<書き起こしおわり>

    [関連記事]

  1. 東野幸治 ポストやしきたかじん宣言
  2. 東野幸治 ピース 綾部に相談されたことを語る
  3. 東野幸治・山里亮太 吉田豪とのトークショーを振り返る
  4. 東野幸治 手島優のプロ根性と芸能界心の闇ランキングを語る
  5. 東野幸治・山里亮太 芸人キャリアプランを語る
  6. 東野幸治 大物芸人たちが大阪で深夜番組を始める理由を語る
  7. 東野幸治 ダイノジ大谷ノブ彦を語る
  8. 東野幸治 先輩タレントとの絡みの際に心がけていること
タイトルとURLをコピーしました