スポンサーリンク

吉田豪とでか美ちゃん 佐久間宣行のアイドルプロデュースを語る

吉田豪とでか美ちゃん 佐久間宣行のアイドルプロデュースを語る TOKYO SPEAKEASY

吉田豪さんとでか美ちゃんさんが2022年7月19日放送のTOKYO FM『TOKYO SPEAKEASY』の中で佐久間宣行のアイドルプロデュースプロジェクトについて話していました。

(吉田豪)意外と仕事、断ってますからね。

(でか美ちゃん)ああ、そうなんですね。

(吉田豪)「面白そう」って言って1回は引き受けるけど、向いてなかったらその後二度と出ないのもあるし。それこそ、秋元康さんで言えば僕、最近になって思い出したんですよ。一時期、秋元さんが『ラストアイドル』で「吉田豪、面白い」ってなって。

(でか美ちゃん)あ、始球式ですか?

吉田豪 人生初のプロ野球・始球式を振り返る
吉田豪さんがニッポン放送『金曜ブラボー。』の中で東京ヤクルト対横浜DeNAベイスターズ戦で自身初の始球式を務めた件を振り返っていました。

(吉田豪)始球式じゃなくて。その前に僕、ほぼ会ったことない秋元さんに突然会って。横に来て。「あの話、聞いてる?」って言われて。「あの話ってなんですか?」「吉田さんにさ、アイドルをプロデュースしてもらおうと思って」っていう。

(でか美ちゃん)あ、出た、出た。その話だ。

スポンサーリンク

アイドルプロデュース案件を全力で断る

(吉田豪)「無理です!」って全力で断って、話なくなったんですけど。でも、やっぱりね、元テレ東の佐久間さんとかは、たぶんそういうのに乗っかれる人なんだろうなって。僕はそこでたぶん逃げちゃう。あそこで乗っかっていたら、たぶん違う人生になっていたはずで。

(でか美ちゃん)IFのね。IFの人生、たまにちょい考えちゃいませんか? そういう時に。えっ、どうなってたんだろう? 豪さんがアイドルをプロデュースしていたら? なんかもっと炎上が早かったかも。私が今、危惧してる豪さんがいつか、炎上した時どうしよう問題が既に起こってたかも。

(吉田豪)あとは、だからなんだろうな? 「アイドル運営とか、あれだけ批判してたやつが……」って。ブーメランがガンガンに刺さる感じに。

(でか美ちゃん)たしかに。なるんだろうな。

(吉田豪)メンバーに告発されたりして(笑)。

(でか美ちゃん)豪さんが今までシェルターのようにやってきたことを(笑)。

(吉田豪)で、今までやられた運営とかがさらにリツイートを……みたいなことになる可能性もありますよ。そういうのはやりたくない。

(でか美ちゃん)たしかに。アイドルプロデューサーは私もいくら好きでも、やりたくないな。もしお話があったとしても。

(吉田豪)今、でもだからある意味、運営に近い立場でやってるわけじゃないですか。

(でか美ちゃん)そうですね。そのグループでは最年長でリーダーで。結構、運営の人とメンバーの間に入るような立場でもあるんで。ちょっと似てるけど。

(吉田豪)でもやっぱり別物?

(でか美ちゃん)別物ですね。どっちかというと、そのメンバーの味方というか、メンバーの意見を吸い上げて上の人に言うぐらいだから。たぶん大してそんな、働いてないですけど(笑)。

(吉田豪)中間管理職的な(笑)。

(でか美ちゃん)中間管理職ぐらいのやり方ですけどね。そう。だからすごいなと思いますよ。プロデュースしてる人はみんな。

(吉田豪)ああ、ここで秋元康の評価が(笑)。

(でか美ちゃん)上がったかな?(笑)。ヨイショみたいな(笑)。

(吉田豪)つんく評価ですか? どっちですか?

(でか美ちゃん)でも本当、全員に思いますよ。その、どうしようもない運営以外は。どうしようもないのもいるけど。

(吉田豪)地下のどうしようもない人たちは置いといて。プロで何年も結果を出してるような人たちは。

(でか美ちゃん)そう。すごいというか。単純にキャパが広いなと。その、いろんな何人もの人間の人生を受け止める度胸、私にはないんで。

(吉田豪)ないですよ。

何人もの人間の人生を受け止める度胸が必要

(でか美ちゃん)そう思うと佐久間さん、超かっこよくないですか? 始動している時点で。

(吉田豪)佐久間さん、それをわかった上で受け止めてますからね。責任負えないから断っても……。

(でか美ちゃん)えっ、応募条件、31歳でも行けるのかな?

(吉田豪)フハハハハハハハハッ! まだ間に合いますよ? 7月いっぱいでしたよね。たしかね。

(でか美ちゃん)何歳までなんだろう? 行ってみようかな? 私、佐久間さんにはまってない感というか。まあ「はまってない」と言えるほども合ってないんですけど。仕事でお会いしてないんで。1、2回、チラッと会ったくらいなんで。ミスID周りのお花見、やっていた時期に。その時のパパっとしゃべった感じではまってなさを一瞬で……その当時はですよ。思ったんで。

(吉田豪)「求められていない」って。

(でか美ちゃん)まあ、その時は私がよくないんですけども。まあ、佐久間さんが優しいっていう大前提でもちろん話してるんですけど。「この人、佐久間さんだよ」ってどなたかが、豪さんかな? 紹介してくれたんですよ。で、私テレビっ子なんで。「『ゴッドタン』、見てます。出してくださいよ!」って。なんか、お花見の場っていうのもあったし。なんかそういう軽いノリで「『ゴッドタン』、私もいつか出たいです」みたいな感じで言ったら、なんかめちゃめちゃにこやかな笑顔で「ハハハッ!」って笑ってくれて。「合う企画があればね」って言われて。そこでもう私、めっちゃ日和っちゃって。そこでグイグイ行ける子だったらたぶん、『ゴッドタン』とか向いてるって思われたかもしれないですけども。「うわっ、今、明確に断られた!」って思って(笑)。

(吉田豪)「流された!」って(笑)。

(でか美ちゃん)その当時の自分のキャリアとか知名度的にも「誰だよ?」っていうのもあったと思うし。当たり前で。その、めちゃめちゃ優しい対応なんですよ。それでも佐久間さんって。普通の世の中のいろんなスタッフさんとかの中には、もうちょっと厳しい方とかもいらっしゃるし。全然優しいんですけど。その時に「あっ! 全然1ミリも懐に入れなかった」っていうのもあって。

(吉田豪)まあ、何者かもわからない段階ですもんね。どのぐらいできる人なのかも、何もわかんない状態で。

(でか美ちゃん)でも私はあれです。この、久保みねヒャダさんの番組で「妄想いいともを作る」みたいな企画で佐久間さんがベッド・インさんを推薦したついでみたいな感じで。「ベッド・インがいるなら、でか美ちゃんも」って入れてくれたんで。その時、すごい自分の中で勝手に雪解けが。

(吉田豪)ようやくちょっと引っかかったっていう(笑)。

(でか美ちゃん)勝手に雪解けしました(笑)。そういうことがすごく多くて。


<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました