スポンサーリンク

十束おとはと吉田豪 アイドルのキャリア形成とセカンドキャリアを語る

十束おとはと吉田豪 アイドルのキャリア形成とセカンドキャリアを語る SHOWROOM
スポンサーリンク

フィロソフィーのダンスの十束おとはさんが猫舌SHOWROOM『豪の部屋』に出演。吉田豪さんとアイドルのキャリア形成やセカンドキャリアについて話していました。

(十束おとは)でも加茂さん、どういう風におかしくなっていったんですかね? アイドルにどう魅了されて……?

(吉田豪)もう完全にでんぱ組でスイッチが入って。真顔で「でんぱ組は革命を起こす」と言うぐらいの感じの人になっていましたよね(笑)。当時、Base Ball Bearの小出さんも含めていろんな、かつて加茂さんが手がけた人と会うたびに「加茂さん、大丈夫なんですかね?」ってみんなが言っていた時期があって。「最近の加茂さんはヤバい」っていう。

(十束おとは)でもその頃、たぶんちょうど私もハマっていたというか。でんぱ組.incさんとBiSさんとか、そういうアイドルシーンに衝撃を受けていた時期なので。まあ同時期にハマっていたということではあると思うんですけど。あの頃がめちゃめちゃ面白くて。

(吉田豪)うん。面白かったですね。

(十束おとは)あの頃、アイドルになっていなくて良かったなって思ったんです。

(吉田豪)なんでですか?

(十束おとは)オタクとしてその体験ができないから。

(吉田豪)ああ、いい時代をちゃんとオタクとして味わえたという。

(十束おとは)そう。提供していただいて、それをオタクとして駆け抜けた自分が次にアイドルになってるっていうのが面白いなと思って。

(吉田豪)でもあの頃と今とだとアイドルシーンのパイが全然違うわけじゃないですか。あの頃の方がたぶん、デビューしていたらガーッと行けたなっていうのはあると思いますよ。今ゆえの苦戦とかはたぶん絶対あるはずなので。

飽和状態のアイドル界

(十束おとは)うーん。まあ、そうですね。苦戦というか、今はもう正直飽和状態なので。これからまだどんどんアイドル、少なくなってくると思うんですよ。「これからをどうやって生き抜いていくか?」みたいなのはありますよね。まあでも増え過ぎちゃったとは思うので。それが少なくなっていくのは自然の摂理みたいな。人口が増えすぎたら減るのと一緒かな?

(吉田豪)まあ、異常になっていたのは間違いないのでね。それが適正な数になって、ジャンルが消滅しないままちゃんと生きてくれればよしっていう感じですかね?

(十束おとは)そうですね。でもアイドルってなくならないんじゃないですか?

(吉田豪)絶対になくならないと思います。でも、よくアイドルをやろうってなりましたよね?

(十束おとは)でもそれはでんぱ組.incさんとかBiSさんがあったように、1人の女の子。いろんなことを抱えて生きてきた女の子でもアイドルになれるみたいな、そういうロールモデルじゃないですけど。そういうのがあったから、その自分の人生にアイドルっていう仕事が足されたと思うので。

(吉田豪)でんぱは大きいでしょうね。

(十束おとは)いや、めちゃめちゃ大きいですね。あれがなかったら私はたぶんここにはいないんで。特に推しメンの夢眠ねむさんにはすごい元気をもらいました。

(吉田豪)おお。でも不思議ですよね。ねむきゅんはあの中でオタクじゃなかった人じゃないですか。

(十束おとは)そうなんですよね。でも何かオタクなところに惹かれたというよりかは、そのアイドルとしての生き方に何となくこう、「いいな。カッコいいな」って思ったっていう感じですけどね。

(吉田豪)当時僕がね、古川未鈴ちゃんのインタビューした時に彼女が言ってた話で好きだったのが、「私は本当にこんなにゲームが好きなのに、ゲーム好きとしての仕事がまだ足りない」みたいな感じで。「ゲームを好きじゃない人が仕事してるじゃないですか? あれを奪いたい」っていう話をずっとしてて(笑)。

(十束おとは)おおー、かっこいい。

(吉田豪)そう。まあ、実際ちゃんと奪いましたからね。そして、その奪われた側の人もここにゲストに来ていただいて、その話をしましたからね。矢口真里さんね。

(十束おとは)へー!

(吉田豪)矢口さんは「私は『ゲームに詳しい』とは言っていない。でも『ゲーム好き』なのは本当です。当然、『詳しい』で行ったらいろんな人に負けます」っていう。難しいんですよね。芸能界はより詳しいとかかならず出てくるんで。

(十束おとは)まあ、そうですよね。うんうんうん。たしかにそれは私も大変だなと日々、思っています。

(吉田豪)仕事が忙しくなればなるほど趣味は追えなくなって、下からもっと詳しい人が出てくるという、そういうしょこたんが味わった苦しみがあるわけですよ。

(十束おとは)たしかに中川翔子さんがオタク女子に希望を与えたすごい大きな存在ですよね。

(吉田豪)間違いないですね。「趣味:アニメ」って言いやすくしたのはしょこたんなのは間違いないですけど。忙しくなってそんなに見れなくなった時には「しょこたん、あんまり見てない」みたいに言う人が出てくるっていう。

(十束おとは)ああ、そんな人がいるんですか?

(吉田豪)いましたよ。アイドルとかで。大変な世界っていう(笑)。

(十束おとは)そうなんですね。すごい。知らなかったです。なるほど。でもそう思うと今が平和すぎるのか、今のアイドル業界はそういうの、あんまりないですよね。

(吉田豪)そうですね。「席を奪ってやろう!」っていう感じはそんなにしないですよね。

(十束おとは)あんまりハイエナのような人には出会わないですね。生きていて。

(吉田豪)「ハイエナのような人」(笑)。でも、どうなんですか? 一応、社会人経験もある人なわけじゃないですか。社会人とアイドル活動ってやっぱり全然違いますか?

社会人とアイドル活動の違い

(十束おとは)ああ、違いますね。まあやってみないとわかんない部分ってあるじゃないですか。まあ思った以上に大変なのは、それは当たり前なんですけど。社会人って取りあえず休日が2日あって、朝◯時から◯時までみたいな感じで決められてるじゃないですか。そうじゃない仕事の方もいると思うんですけど。で、アイドルってスマホが与えられている以上、24時間アイドルなんですよね。だから私は正直、心が休まる瞬間がないというか。寝てる時が心に負荷が掛かった状態で生きています。

(吉田豪)おおう。常に? 「自撮りしなきゃな」とか「ツイートしなきゃな」みたいな何か、そういうものが常にある? 「宿題やってない」みたいな感じがある?

(十束おとは)はい。結構いつも心に負荷をかけたまま生きています。

(吉田豪)しんどくないですか、それ?

(十束おとは)うーん……あんまりしんどくはないですね。たぶんアイドルが好きだから、それが普通だと思ってやってる部分もあって。あんまりしんどさは感じないけど、これを一生やれって言われたら無理なので。その分の力を今に注いでるっていうような感じですね。全力で。

(吉田豪)やれる時はとことんやってやるっていう?

(十束おとは)はい。やるつもりで今、一生懸命やってます。

(吉田豪)恐ろしいですね。僕もそこまではないもんな。

(十束おとは)(コメントを見て)えっ、なんで謝っているんだろう? 「すまん」「なんかすまん」って書いてある。私、なんかされたかな?

(吉田豪)フフフ、されたんじゃなくて、そこまで感じさせちゃってごめんなさいみたいな感じじゃないですか? 「アイドルとして頑張らなきゃ」みたいな。

(十束おとは)ええっ、そうですか? 逆に逆にこういう風な覚悟を持ってるアイドルの方がいいと思ってやっているから、みんなは気にしなくていいよ(笑)。みんなはね、好きに応援してればいいだけなんです。本当に。

(吉田豪)「ステージから降りたら自由に遊ぶぞ!」っていうよりも……っていうことですよね。

(十束おとは)うん。そうかー、「すまん」と思うのか。それはこっちがすまんだな。それは。でも私は個人的にちゃんといつまでも考えてるアイドルさんの方が好きで。たぶんそれもでんぱさんから教わったことではあるんですけど。結構ツイートとか見ててもちゃんと個性が分かれてたりとか、インタビューでもちゃんと芯が通ってるっていうか。なんかそれってたぶんステージを降りたら「はい、終わり!」みたいな感じの精神じゃできないことをやってたアイドルさんだなと思うので。なんかそういう人たちを見ていたら、いつの間にか自分もこうなってしまったっていう感じですね。

(吉田豪)すごい責任感ありますよね。それこそね、最近YouTuberデビューしたのもそうだし。

(十束おとは)ああー、責任感なのかな? わかんないですね。たぶん自分のアイドルとしての理想を追い続けてるだけな気がします。うんうん。

(吉田豪)「ライブもなくなって、みんな大変そうだからとりあえず私がYouTubeで何を提供しないと……」みたいな。

(十束おとは)そうですね(笑)。自分にできることってたぶんそれぐらいしかなくて。娯楽を提供すること、元気を与えることしか……今、会える状態ではないので。そのためになにができるかっていうと、それはYouTuberだし、何よりも編集を自分でできた方が手に職なので。アイドルを辞めた後でも「私、AdobeのPremiere Pro使えます」って言ったらあの絶対に就職に役立つので(笑)。本当に早く伝えた方がいいなと思って(笑)。

(吉田豪)そうですね(笑)。編集技術があって自作パソコンも作れて。

(十束おとは)はい。やってますね(笑)。

アイドル辞めても役立つスキル

(吉田豪)相当のスキルがあるぞ!っていうね。つぶしがきく。

(十束おとは)もうこういう状況はしょうがないので。なっちゃったら。だから文句を言ってもね……。

(吉田豪)そうですね。それをどうプラスにするかというか。うん。ちゃんと考えてますね。

(十束おとは)たぶん歳を取ってしまって……これがたぶん10代とか16歳とかでアイドルになっていたら、こうはなってないんですけども。

(吉田豪)ですね。大人で就職まで経験してのアイドルだから。

(十束おとは)そうですね。再就職みたいなもんなので。アイドルに転職したようなものなので、まあこうなりますね。うん。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました