スポンサーリンク

いとうせいこう 蛭子能収を語る

いとうせいこう 蛭子能収を語る SHOWROOM
スポンサーリンク

いとうせいこうさんが2020年7月7日放送のSHOWROOM『豪の部屋』に出演。吉田豪さんと蛭子能収さんについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「『虎の門』でもどうしようもなかった蛭子さんに対する思い」っていう(笑)。

(いとうせいこう)いやー、あんなにやっぱり使いでのある、もう人が噛んだ後のガムみたいな人、いないよね。よく僕は「野良犬」とか呼んでいたけど。

(吉田豪)『虎の門』はフル活用してましたよね(笑)。

(いとうせいこう)そうそうそう。やっぱり、でもね、逆に言うとね、まあ蛭子さんみたいに何を言うかわかんないし、それがその場で的確なことを言うことはまずない。それから言っちゃいけないことを言う。

(吉田豪)言います。

(いとうせいこう)言いますよね。で、そういう人を……俺、野球ってあんまり知らないんだけどん。登板をさせないで置いておくと、ある時に振った時に本当に取り返しのつかないことが起きるんですよ。だからたまに振って、ちょっと肩を慣らさせとくわけね(笑)。で、ちょっとヤバいぐらいのことにしておいて。

そのハラハラはいつも楽しかったな。だから「そろそろCMに入らなきゃいけないな」って。でもCMチャンスに行くには何か不思議なことが起きて、そこに誰かがツッコミが入って笑いがあってドーン!って上の方は行きたいわけじゃん。そこを作るには蛭子さんっていうのはもう抜群の人で。

(吉田豪)最適ですよね。

CMのきっかけを作るのに最適の人

(いとうせいこう)とにかく、突っ込まざるをえないことを言ってはくれるから。で、ツッコミはこっちにね、くりぃむの上田とかさ。

(吉田豪)本物のプロがいるから。

(いとうせいこう)そうそう。僕もいるし。もうツッコミは全員揃ってるから。あの人は使いでがあったな!

(吉田豪)平気で寝てたりしますからね。蛭子さんね。

(いとうせいこう)寝てる、寝てる。うん。僕のそのいとうせいこうフェスにも出てもらったけど。結局、水道橋博士が楽屋が同じ部屋だったんだけど。最終的に、最後まで全く趣旨がわかってなかったらしいからね(笑)。そんなこと、あるかな? 人ってさ、なんか趣旨ってわかってしまうものじゃない? でも、わかっていない。「なんで僕はここにいるんですかね? 今日は何なんですか?」みたいな。

(吉田豪)基本、そうなんですよね。

(いとうせいこう)うん。あれは才能だよね。

(吉田豪)趣旨もわかろうともしないし、共演者が誰かもわかろうとしないし。

(いとうせいこう)興味がないんだよね。

(吉田豪)本当、興味がないんですよね。

(いとうせいこう)ただ、お弁当を持って帰れればそれでいいの。あの人は。それだけ。

(吉田豪)あとは相手の学歴とか年収とかが興味あるだけ(笑)。

(いとうせいこう)そうそう。お金のことね。それだけだから。それがでも、その欠け方、欠損の仕方が上手にこの土器は割れてて。すると、普通は嫌な人になっちゃうんだけど。すごく嫌なことを言っても大丈夫にできてる土器なんだよね。あれはやっぱりあの人のマヌケな顔のおかげなのかな?(笑)。

(吉田豪)そうですね。ビジュアルは相当大きいですね。

(いとうせいこう)あそこはでもやっぱり野良犬みたいでかわいいっていうところは蛭子さんの素晴らしいとこですよね。

(吉田豪)いや、『虎の門』はもう本当に素晴らしい番組でした。

(いとうせいこう)いやーありがたいです。嬉しいです。命がけで……それこそあの時に精神安定剤を毎回飲みながらやってたのもあの番組だったから。

(吉田豪)全くそれが伝わってないですよね。本当にちゃんとできてたじゃないですか。

毎回、精神安定剤を飲みながら『虎の門』をやっていた

(いとうせいこう)そうそう。ちゃんとできていた。でもたぶん、もっと過敏だったんですよね、僕は。で、興奮もしてるし。過敏すぎると的確じゃない触れ方もしちゃう場合があるから、自分を鈍らせてスピードを遅くして……僕、ちょっとやたら早くなっちゃう時があるんですよね。先の先の先を言っちゃうみたいな。それを押さえて「今」にしておくっていう。その作業が面白かったですね。すごく面白かった。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました