スポンサーリンク

佐久間宣行 ロバート秋山ラジオゲスト回の東京03・飯塚の感想を語る

ロバート秋山 インパルス板倉のロバート時代を語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0

佐久間宣行さんが2022年6月22日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン』の中で1週間前のロバート秋山さんのゲスト回を振り返り。東京03・飯塚さんから感想を言われた話などを紹介していました。

(佐久間宣行)先週はロバートの秋山くんが登場してくれてですね、めちゃくちゃ面白かった。めちゃくちゃ面白かったんですが、全く語らないという(笑)。うちの番組のスペシャルウィークはね、大抵いろんな風なことを語っていただいてきてるんですね。普通はね。ただですね、もう本当にありとあらゆる持ちネタのさわりをやってくれるっていう(笑)。秋山の予告編というかね、もうダイジェストを全部やってくれたっていうですね。

いや、でもグローバルTPSとかね……あのさ、20年ぐらい前のネタなわけじゃん? 目の前でやられてさ、「懐かしい」じゃなくて「面白い」で笑えるんだよね。全部、結局。それすごいと思ったな。どれも、なんか「懐かしい」だけの感情じゃなくて、ゲラゲラ笑えちゃうからさ。

ロバート秋山 グローバルTPS物語を語る
ロバート秋山さんが2022年6月15日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。『はねるのトびら』のコント・グローバルTPS物語について話していました。

(佐久間宣行)あと印象的だったのが、インパルス板倉はね、秋山への愛を語ったわけですよ。この僕のラジオに来てくれた時にね。「竜次が、竜次が……」って。徹頭徹尾、竜次の話ですよ。最終的には「竜次の息子もかわいい」って言ってたからね(笑)。なんだけど、板倉は秋山はへの愛を語ってたんだけど、秋山はそんなことより、「面白いこと、やりたくね?」っていう(笑)これ、少女漫画だったらばっちりの設定ですよ、これ。すれ違いですよ。

「秋山くん、全然わかってくれないじゃない」っていう(笑)。「でも、そんな秋山くんが好きなんだけど……」っていう設定なんだけど。この板倉と秋山のやつ。それと、耳寄りな情報っていうか、俺が板倉と秋山の話をして。「2人のコント、また見たいね」「佐久間さん、作ってくださいよ」みたいな話、してたじゃん? 今日、『あちこちオードリー』の収録があったの。で、俺のところにツカツカと近寄ってきて「秋山と板倉の回、聞いたよ。あれ、ツッコミが必要だったら、いつでも言って」って言ってきたのが、飯塚さん(笑)。ヘビーリスナー飯塚さん。

コントの匂いを嗅ぎつけた東京03・飯塚

(佐久間宣行)コントの匂いを嗅ぎつけて……コントが焼ける匂いがしたらすぐに。「あれ? これ、コント焼けてるんじゃねえの?」っつって。舌なめずりして近づいてきて(笑)。さすがだよ、やっぱり。「コントは生のままが食べるのが一番うまい」って言ってた飯塚さんだけど。やっぱり極上の肉同士が集まって、ちょっと軽く炙ったぐらいの状態とかでも嗅ぎつけてきて。「佐久間さん。秋山と板倉のやつ、あれなんだけど……本当にツッコミが必要だったら、いつも言って」って(笑)。さすが、コントグルメだよ(笑)。

いや、でも実際には何の話も動いてないんだけど。いつか、それをやれたら面白いよね。秋山と板倉がいて。それに飯塚さんが来たら、何なんだよ? それ、『キングオブコントの会』とかじゃねえかっていう話なんだけど(笑)。『はねるのトびら』が終わるところくらいまでしか話が聞けなかったんでね、また来てもらおうかなと思っております。

(中略)

(佐久間宣行)メールが来ております。「コントの匂いを嗅ぎつけて、よだれを垂らしながら近づいてきた飯塚さんは、フル勃起していましたよね?」(笑)。ああー、気づかなかったけど、そうかもしんない。ただね、そうだね。よだれは絶対に垂れていたと思う(笑)。飯塚さん、やっぱりコントの胃が丈夫すぎて、全部すぐに消化しちゃうんだよ。コント胃酸がすごい強いから、常に空腹なんだよな。コントに対して。

常にコントに対して空腹な東京03・飯塚

(佐久間宣行)その時に『あちこちオードリー』が「トリオのリーダースペシャル」みたいな。それで飯塚さん、ハナコの秋山、四千頭身の後藤でトリオのリーダーとしていろんな愚痴とか、そういうのを語る会だったんだけど。秋山が言ってたのが、若手って一緒に営業行ったりするじゃん? たまにね。で、何回もこすったネタなのに、いつも袖で飯塚さんが笑ってるんだって(笑)。飯塚さんが常に袖で。

「あれ? これ、飯塚さんが見るの、たぶん4回目ぐらいなんだけどな……」と思うんだけど、飯塚さんは袖で笑ってんだって。それで飯塚さんに聞いたら「だって毎回毎回、ほら。お客さんによってちょっと違うじゃん? だから新鮮な味がするんだ」って(笑)。いや、本当に。だからその産地の魚……ここの地の味は美味いみたいな感じになってるから。やっぱりすごいですよ、飯塚さんは。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました