スポンサーリンク

佐久間宣行 立ち食い蕎麦・港屋とメルセデス・ベンツのコラボを語る

佐久間宣行 立ち食い蕎麦・港屋とメルセデス・ベンツのコラボを語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

佐久間宣行さんが2022年4月27日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の中で立ち食い蕎麦店・港屋とメルセデス・ベンツのコラボレーションについてトーク。その意味をリスナーたちと考えていました。

(佐久間宣行)羽田の最近の思い出って言ったらね、本当超横道に外れた話だけど。この間、俺はちょっと地方ロケで羽田空港に昼の12時ぐらいに行ったの。そしたら、この番組のイベントとかゴッドタンで時々お世話になって名前も出したりする双津ディレクターが羽田空港のメルセデス・ベンツの港屋っていう蕎麦屋さんがあるんだけど。そこで蕎麦食べてたのよ。双津ディレクターがね。「あれ? 双津さん。俺、これから地方ロケなんですけど。双津さんもなんですか?」って言ったら、「俺はここの蕎麦が好きで、たまに来るんですよ」っつってて。

びっくりしたよ。羽田空港にその港屋の蕎麦のために時々来るんだって(笑)。ただ双津さんもちょっとだけ恥ずかしそうにしてた(笑)。あのね、知らない人に説明すると港屋って『島耕作』の漫画とかでも出てきたラー油で食べる立ち食い蕎麦屋で。虎ノ門にあったから、とにかくテレビ東京の関係者はみんな行ってたの。ディレクターとか。そこ、行列がすごいできてたぐらいの店だったんだけど、それがなくなって。いくつかの分店みたいなのがあるんだよね。

(佐久間宣行)でも、ベンツの蕎麦屋って謎でしょう?(笑)。よくわかんないんだよ。俺もよくわかってないんだけど。とにかく六本木にあるメルセデス・ベンツのところと、あと羽田空港にあるメルセデス・ベンツの蕎麦屋が港屋なんだけど。そこの羽田の……六本木の方は細かく言うと六本木の方は麺が違うの。中華麺なんだよ。昔の港屋の麺じゃないの。わかんないんだけど。

で、たぶん双津さんはどうしても昔の港屋の麺が食べたいのかわかんないけど。羽田空港にいたんだよね(笑)。羽田空港で蕎麦を食べて俺に見つかって。「いや、俺ロケとかじゃないんで。普通に家へ帰るんです」って(笑)。いや、これはだから本当、「あれ? 天空橋とかに住んでる人なのかな?」と思ったんだけど(笑)。ただね、空港に飯を食いに行くっていうのはあんまりないんだけど。

でも、よく考えてみると羽田空港でちょっと早めに行くといろんなものはあるんだよね。だから、その気持ちはわかる。ただな、飯だけでは行かないなー(笑)。Zepp羽田に行く時についでに行くんだったらわかるね。うん。そういうのはわかるけどね。ただ、双津Dにとっての「好きを極めれば」っていうのは羽田っていうね(笑)。いや、何の話だよ?っていう話だよ(笑)。

わざわざ羽田空港まで蕎麦を食べに行く双津D

(中略)

(佐久間宣行)メールです。「港屋はベンツの蕎麦屋というのはどういうことですか?」。ああ、そうか。俺、たしかにそう言ったね。「蕎麦のサイズがAクラスだったりSクラスだったりするんでしょうか?」。これ、説明しにくいんだよ。あれ、何なの? 俺、どういうことなのか、よくわかんないんだけど。メルセデス・ベンツのところにとにかく港屋があるんだよね。蕎麦屋がね。六本木にもあるじゃん? あれ、何? どういうこと? 買収したの? メルセデス・ベンツが買収したってこと?

それ、よくわかんないんだよな。ショールームに併設されてるの。六本木はね。で、羽田空港はよくわかんないんだけど「メルセデス・ベンツ」って書いてあるんだけど、中は蕎麦なの。ただの……だからIKEAのホットドックみたいなことなのかもしれない。わかんないけど。俺も説明できないんだけど。とにかくそこに、ダッフルコートを着た双津くんがいて。港屋で蕎麦を食べていて。まさか俺に見つかるとは思ってなかったからびっくりしてたっていう。だからサイズ、Sクラスなのかもしんないけど。うん(笑)。

(中略)

(佐久間宣行)続きまして。鹿児島県の方。「佐久間さん、メルセデス・ベンツ日本が港屋を口説いて出店することになったみたいですよ。ちなみにドイツ本社は反対だったそうです」。フハハハハハハハハッ! えっ、どういうことなの? もう全然、ねじれがわかんないんだけど。メルセデス・ベンツ日本がドイツ本社の反対もぶっちぎって「日本のメルセデス・ベンツに港屋を入れたいんです」って? えっ、なんで? どういうこと? まあまあ、お客さんを呼ぶためってこと? それとも、港屋がめちゃくちゃ好きだからってこと? どういうことなんだろうなー?

東京都の方。「メルセデスがなぜ港屋を営業しているのか、ネットで記事を見つけました。要約すると『集客の起爆剤として保守的なブランドイメージを脱却するため。ドイツ本社からは反対された。数字の上で何台販売に繋がったかは難しくて出せていない』ということでした」。はあ? フハハハハハハハハッ!

数値化できないよね。港屋に来た人がメルセデスをどんだけ買っているか……いや、港屋に来た人、メルセデスを買うのかな? いやいや、俺は実はメルセデスがやってくれたことに感謝してるから。感謝してて「ありがたいな」って思ってんのよ。俺、あそこに行くし。特に六本木のMinatoya 3かな? 行くから。感謝してるから言いたくない。やめられると困るから。その上で、思わず「はあ?」っていう言葉が出てしまったなー。そうなんだな。

続いて。「港屋ですが羽田空港の店舗ではメルセデスの鍵を提示するとドリンク1杯無料のサービスもあるそうです」。はあ? フハハハハハハハハッ! メルセデスの鍵を出すと、ドリンク1杯無料? どういうサービスなんだよ? いやー、おもしれえな(笑)。

(中略)

(佐久間宣行)メールを紹介しましょう。島根県の方。「メルセデス・ベンツのMinatoya 3ですが、ボディカラーがイエローのメルセデス・ベンツAMG GTをイメージした2個、肉蕎麦が売りで……」。えっ、ちょっと待って? 「ボディカラーはイエローのメルセデス・ベンツAMG GTをイメージした肉蕎麦が売りで、車体の色をイメージした黄色い麺はカテゴリー自体がない、中華でもパスタでもないAMG GTの麺で。山椒でAMG GTの爽やかさ。海苔で風にフワッと舞う疾走感を表現したそうです」。俺、読みながら1個も意味がわかってないんだけど……。

「そして蕎麦粉に自分でお湯を注ぐセルフスタイルの蕎麦湯には、スタッフに作り方を聞くコミュニケーションを経て、メルセデス・ベンツの敷居の高いイメージを払拭する狙いがあるそうです」(笑)。えっ、これちょっと待って? これ、「企画書はラブレター」のネタメールでしょう? これ、ネタメールでしょう? 本当なの!? もう1回、読むけど。「ボディカラーがイエローのメルセデス・ベンツAMG GTをイメージした肉蕎麦」って……フハハハハハハハハッ!

メルセデス・ベンツAMG GTをイメージした肉蕎麦

(佐久間宣行)いやいや、敷居を下げるために港屋っていうのはわかるけど。ベンツをイメージした肉蕎麦……すげえな! これはもう、おもしれえ! これ、全然あれですよ? まあ今は明治さんとのコーナーでいろいろやらしていただいてるけど。全然、こっちで預かるよね。メルセデス(笑)。敷居を下げりゃいいんでしょう? だってもう、このメルセデスをイメージした肉蕎麦を作ってるぐらいだから。

もうそれはもう全然あるよ。これは(笑)。いやー、面白いなー! 「山椒でAMG GTの爽やかさ」って、その無理やり具合は本当、とんでもねな(笑)。「ベンツの敷居を下げるコーナー」って(笑)。考えられるけどな。メルセデスのな。ぜひもう本当にコラボさせていただきたいと思います。我々はもう本当に、敷居はいくらでも下げられますよ、こっちは(笑)。ああー、おもしれえ(笑)。

(中略)

(佐久間宣行)いや、すごいよね。メルセデスね。さっき、見たんですよ。メルセデス・ベンツAMG GTの車のやつを。度肝を抜かれましたよ。調べてみてください。真っ黄色の丸い、もうくそかっこいい車体の。車の運転をあんまりしたことない僕でも「かっこいいな!」と思う車体ですよ。全然肉蕎麦感はないからね。フハハハハハハハハッ!

(佐久間宣行)メールです。「ベンツのサブブランドとして出ているAMGですが、通常モデルとの違いのひとつに『サーキット仕様であること』が挙げられます。これの敷居を下げるのって、ハードル高すぎません?」。フハハハハハハハハッ!

いや、そうだよね。サーキット仕様で1個上のやつなんでしょう? これのハードルを下げるための肉蕎麦って……いや、うちとコラボしましょうよ(笑)。どんどん下げられるよ。リスナーたちのアイデアで。ガンガンに下げられるよ。もう全然、いくらでもよ。すぐコラボできるんじゃねかな? いや、もう可能性見えてきたね。肉蕎麦に比べたらよ? 全然アイデア出るわ。

続きまして。「免許持ってねえ奴のラジオ番組とメルセデスがコラボするわけねだろ」。フハハハハハハハハッ! いや、違う。免許は持ってるの。免許は持ってるけど、運転したことないっていう(笑)。運転したことないんだよ。運転したこと、マジでないから。ただ、考えようによっては今からもう1回、ちゃんと勉強し直して夢のメルセデスに向かっていくっていうのもあるかもしれないからね。そんな人でも行ける。もちろん、その間に1回、肉蕎麦も食うし。肉蕎麦も食べていくから(笑)。そういうのもありますよね。

いやー、今日はね、なんだろうな? 港屋に夢中になっちゃったな(笑)。ああー、楽しかったです。野郎ども、港に別れを告げろ、ヨーソロー! テレビプロデューサーの佐久間宣行でした!

<書き起こしおわり>

佐久間宣行 メルセデス・ベンツとのコラボ企画の「手切れ金」を語る
佐久間宣行さんが2022年5月11日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の中で番組内で提案していたメルセデス・ベンツとのコラボ企画について、先方からの返事が届いたことを話していました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました