スポンサーリンク

星野源 TVerでマイリスト登録している番組を語る

星野源 TVerでマイリスト登録している番組を語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

星野源さんが2021年11月2日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中でTVerの魅力についてトーク。マイリスト登録してチェックしている番組を紹介していました。

(星野源)ちょっとここのところ、スペシャルなウィークが続いていたのでね、久々の通常回でございます。あ、今日はもちろん生放送でございます。なので、いつも「久々の通常回です」っていう時によく言ってるけど。コーナーをちゃんとやろうね。ねえ。この間の佐久間さんのオールナイトニッポン0。テレビプロデューサーの佐久間宣行さん。なんていうか、僕がオールナイトニッポンを始めて1年ぐらい経った後の自分を見てるようでしたね。忙し過ぎて、フリートークが用意できなくて。「コーナーをちゃんとやります」みたいな放送されてましたね(笑)。

で、僕はフリートークをしっかり用意するタイプじゃなかったんですけど。なんか、その日々が大変すぎて。ラジオをちょっと改変してお届けするみたいなのをすごい年上の人に「うむうむ、こういう時、あるよね」みたいな気持ちで(笑)。そんなわけでですね、今日はちょっと何の話をしようかなと思ってたんですけど。先週、僕は「もう中学生さんの冠番組が始まった」っていう話をしたじゃないですか? 『もう中学生のおグッズ!』という。それが面白すぎたと。しかも、その放送中にね、もう中学生さんからTwitterでリアクション的なものもいただきまして。だから本当にちょっと嬉しかったですね。

星野源『もう中学生のおグッズ!』シソンヌ長谷川回を語る
星野源さんが2021年10月26日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中でもう中学生さんの番組『もう中学生のおグッズ!』についてトーク。たまたま見たシソンヌ長谷川さん回を見て、憂鬱な時間が吹き飛んだという話をしていました。

(星野源)で、ちょっとふと思ったんですけど、TVerってあるじゃないですか。アプリ、もしくは普通にサイトでね、ホームページ的に見ることもできる。テレビの番組をだいたい放送してから1週間とか、多いのだと2週間ぐらい見逃し配信をしてて。マイリスト登録しておくと、自分のマイリストのところに新しい放送回がどんどん入ってきて見れるという。だから、テレビを録画しなくても「ああ、あれ見忘れた!」とか「録画し忘れた!」という時に非常に便利ということで。その中にね、もう僕はすでに『おグッズ!』が入ってるわけですよ。

『もう中学生のおグッズ!』

(星野源)で、このTVerってやっぱりすげえいいなと思うのは、地方局の番組が見れちゃうんですよね。これさ、なんか結構普通に受け入れてるけどさ、革命的だよね? なんかRadikoのタイムフリーとかエリアフリーもそうだけど。エリアフリーの他の地方局のやつとかはさ、その住んでる地域外だと有料で聞けるじゃん? Radikoは。でも、TVerはタダで見れるじゃない? まあ、広告が入るからっていうのはああるにせよ。だから、僕はいつもこうライブツアーとか行く時に、いろんな地方に行くじゃない? で、ライブして帰ってきて、テレビを見て……まあ特に深夜番組にだいたいなっちゃうんだけども。

そしたら「こんな面白いの?」って思うことが山ほどあったわけですよ。あと、BSとかさ、なんかそういう普段、あまり見ないものとかも見れたりとかするんですよ。なので、今日は私のTVerのマイリストを話そうじゃないかと(笑)。とはいえ、ちょっと長くなっちゃうんで。また「コーナーをちゃんとやります」とか言っときながらコーナーができないっていうのになっちゃうんで。ちょっとそれは避けないといけないので。

まあ、やっぱりその『おグッズ!』。昨日、放送されたんですけどまだ僕、見れてなくて。なのでちょっと僕は帰った後に『おグッズ!』を見るのを非常に楽しみにしております。で、今入ってるのはやっぱり『ゴッドタン』とかですね。『ゴッドタン』は佐久間さんの番組ですけども。いわゆる僕の家は全録的なやつなんですよ。なので全録してればテレビでも見れるんですけど。出先で「あっ、ちょっと今、時間できたな」みたいな時にTVerは便利ですね。

なので、ちょっと『ゴッドタン』を見たりとか。あと、もちろん『あちこちオードリー』も入ってますね。『あちこちオードリー』、入ってます。それで、これね、BSテレ東。BSテレ東って普段、僕の家は見れないんですけど。あの、飯尾さんの冠番組が始まったんですよ。これがね、『飯尾和樹のずん喫茶』っていう……見た? 見てる?

(寺坂直毅)はい。噂になってます(笑)。面白いって。

『飯尾和樹のずん喫茶』

(星野源)噂になってる? ああ、そうなんだ。いや、素晴らしく面白いんですよ。まず、タイトルがいいじゃないですか。飯尾さんが、いろんな街の喫茶店を回るんですよ。特に割と古めの喫茶店。だから「純喫茶」っていう言う方があるんですけど、それを「ずん喫茶」っていう(笑)。これはきっとタイトルから発想したな、みたいな素敵な企画なんですけど。ええと、マツコさんと有吉さんの『かりそめ天国』っていう番組あるじゃないですか。僕は毎週は見れてないんですけど。たまに好きで見ていて。すごく好きなコーナーがあって。それが飯尾さんのロケ企画。非常に面白いですよ。

で、もちろんその全体的に面白いんですけど、飯尾さんのロケ企画すごく好きで。割と夜のお店のね、キャバレーとキャバクラとか、その女の子たちと話したりとか。なんかそういうのもですね、もう飯尾さんにしかできないロケ術満載で非常に好きなんですけど。その、いわゆる1番組の中の1コーナーが全部番組になったみたいな番組なんですよ。この『ずん喫茶』っていうのは。で、すげえなって思うのは、営業中の喫茶店に入って。だからお客さんと話したりするんですよ。で、そのお客さんと話している中で飯尾さんのいつものトーク術で飽きさせずにどんどんいろんな人を巻き込んで面白くしていく様。

で、それが本当に非常に、なんて言えばいいんですかね? ニッチな感じではあるんですけど。もう、仕事から疲れて帰ってきたりとか、創作に疲れた時に本当にね、天然水のに染み込んでくるんですよ。体に。笑いが(笑)。「癒される!」みたいな。本当に温泉に浸かっているような。もう自分のパラメーター、HPがバーッと上がってくるのを非常に感じるぐらい。で、今、TVerには2つ上がってるんで。それをぜひ見ていただきたいです。神田エリアと浅草エリア。2つ上がってますので非常に……しかもそのさ、出てくる食べ物とかおいしそうでさ。すげえおいしそうなの。もう。いや、そういうのも含めてですね。

あと、なんかちょっとそのロケしてる感じもですね、本当にその飯尾さんの感じで進んでいるんだろうなっていう感じと。あと、最後に写真を撮るんですよ。ポラロイドみたいなもので。で、その喫茶店で働いてる従業員の皆さんを撮るんですよ。おかしくないですか? 飯田さんは写ってないんですよ? 飯田さんが写ってなく。飯田さんが撮るんですよ。で、どっちだったかな? たぶんね、神田エリアの方だったと思うんだけど。結構若い人たちがいっぱい働いてる喫茶店で。でも、かなり長く続いている喫茶店で。

「最後にじゃあ写真を撮ります」って撮るんだけど。その従業員の皆さんが座っている手前になんか、いわゆるスタンドライトみたいなのがあって。で、そのこっち側に飯尾さんがいて。だからカメラ、スタンドライト、従業員の皆さんってなっていて。それで写真を撮るのね。で、ポラロイドはスタンドライトに合わせて光を調整するじゃん? 従業員の皆さん、全く写ってないの(笑)。それ、ぜひ見てほしいですけど、まったく写ってないんだけど、そのことには何も触れずに、なんかよくパシャッ! みたいになってさ。テレビ番組で出てきてさ、「記念写真が撮れました」みたいなの、あるじゃん? その演出がされるんだけど、全然写ってないみたいな。そういうところまで非常に面白くてですね。これ、ぜひ見てください。

(星野源)だから、その『おグッズ!』もそうですけど、『かりそめ天国』のもう中学生さんのロケ企画が好きな人とかはもうぜひ『おグッズ!』を見ていただきたい。で、『かりそめ天国』の飯尾さんのロケ企画が好きな人は『ずん喫茶』をぜひ見ていただきたいと思っております。あとはね、やっぱり『サクマアンドピース』ですかね。アルコ&ピースの平子さんと佐久間宣行さんがですね、ロケをする。故郷で。それ、佐久間さんがよくラジオで「自分が出演するバラエティ番組のお話が故郷のテレビ局から来た」という。そういう話をしてて、楽しみにしてたんですけど。非常に面白くてですね。

『サクマアンドピース』

佐久間宣行 初冠番組『サクマ&ピース』を語る
佐久間宣行さんが2021年9月22日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の中で福島中央テレビで放送されるアルピー平子さんとの初冠番組『サクマ&ピース』について話していました。
佐久間宣行 初冠番組『サクマ&ピース』編集チェックを語る
佐久間宣行さんが2021年9月29日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の中で福島中央テレビで放送されるアルピー平子さんとの初冠番組『サクマ&ピース』の編集済み素材をチェックした話をしていました。

(星野源)佐久間さんがいわゆる食リポとかするんですよ。めちゃくちゃ下手なんですよ(笑)。なんかそういう、佐久間さんってやっぱりプロデューサーだからさ。本当はそういうことをしないで、ジャッジをする立場の人なんだけど。でも今、ラジオもやってるし。やっぱりその境界線がすごい曖昧になってきてるじゃない? でも何か、たぶんその、やっぱりやる側の人の気持ちみたいなのをたぶんすごく考える人だと思うから。なんかそういうのをさ、学んでいってる感じがなんか知らないけどするんですよね。見ていると。

だから、そういう目線でもすごく、なんていうんだろう? 裏方目線的なところもなんか勝手に感じるし。そう。あと、その平子さんと佐久間さんのバランスみたいなのがすごい良くて。普通に毎週楽しく見てます。福島中央テレビ。だからこっちではね、東京では全然普段見れないものなんですけど。こういうテレビ番組がいっぱいTVerには詰まってるんで。

(星野源)あと、やすともさんの番組とか。やすともさんの番組とか見ちゃうんですけど。買い物をね、ダイアンさんとただしてるのとか普通に面白くてさ。なんかそういうのに癒されております。日々。はい。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました