スポンサーリンク

佐久間宣行 初冠番組『サクマ&ピース』を語る

佐久間宣行 初冠番組『サクマ&ピース』を語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

佐久間宣行さんが2021年9月22日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の中で福島中央テレビで放送されるアルピー平子さんとの初冠番組『サクマ&ピース』について話していました。

(佐久間宣行)今日、発表された番組。福島中央テレビで10月から放送される……4回だけ放送されるんですけども。『サクマ&ピース』という僕の冠番組ですね。フハハハハハハハハッ! 冠番組で……なんでこんなも番組がいきなりできたかっていうと、一応の経緯があって。それを説明した方がいいかなと思って。会社を辞めて2ヶ月後ぐらいかな? 5月とか6月ぐらいに急にメールをいただいて。「地元で番組をやりませんか?」と。で、福島中央テレビのプロデューサーの方から、俺のメールアドレスを探してきていただいて連絡いただいて。日本テレビ系列なんですよ。福島中央テレビって。

で、「でもレギュラーで今、結構手一杯だし。辞めてすぐ、それを引き受けても、できないかもしれません」って言ったら「いや、特番で大丈夫なんで。特番だったらどうですか? 地元で」「ああ、地元で番組をやのも会社を辞めなきゃできないことだし。恩返しになるから。じゃあ、1度会議はやりましょうか」って。まあ、このコロナになって唯一よかったことって、リモートが進歩したことだよね。だから、福島のスタッフとも時間を合わせて1回、会議をやろうということになって。福島中央テレビのプロデューサーとかディレクターさんとか4、5人とリモートで話したの。

で、特番の企画を作って……っていう話かなと思って。「どのぐらいで、どんな番組を作るんですかね?」って言ったら「あの、違うんですよ。出る方でお願いしたいんです」って言われて。「出る方で?」って。で、俺はまだその時はYouTubeとかもやってないから。「会社を辞めてすぐに出る方のオファー?」って。実はだから『アナザースカイ』とか、そんなのよりも全然前なんだよ。だから「えっ、出る方でですか?」って言ったらその福島のスタッフがとにかく熱くて。

「福島にはローカル番組みたいなので『いろはに千鳥』みたいな番組とか、そういうのがないので。そういうのが作ってみたい」っていうのがあるのと、あとは「福島の人たちが引っ込み思案で自分を出すのが下手だというが統計でも出てるから。だから、そういうのをやりたいんです。で、結果、考えたんですけど……同郷のいわき市のアルコ&ピースの平子さんと佐久間さんの街ブラっていうのをやりたいんですよ」って(笑)。

平子さんと佐久間さんの街ブラ

(佐久間宣行)「うちは若いディレクターを付けますんで。平子さんと佐久間さんの街ブラっていうのをやりたいんですよ」って言われて。「えっ、俺はじゃあ、どっちなんですか? 出る方ですか?」「あのですね、総合演出と出るの、両方をやってほしいんですよ」「えっ、ちょっと待って? 両方やるの?」「はい。両方やっていただきたいんです。総合演出と出るのを」「なるほど……」「あとですね、もう1回ありましたね。平子さんのブッキングもお願いしたいんです」って言われて(笑)。「えっ、平子のブッキングも俺がやるの?」「はい。我々はツテがないもので。佐久間さんはお仕事をされているから、わかりますよね?」「ああ、マネージャーも知ってますし」「申し訳ないんですけど……」って。

「えっ、じゃあそっちは今、『やりたい』っていう気持ちだけっていうこと?」「はい、気持ちだけです!」って(笑)。だから、「これをやりたいんです。佐久間さんと平子さんの街ブラって面白くないっすか?」っていう段階で1回、投げてきたのよ。その福島中央テレビのスタッフが。で、「ああ、そういうことなんですね」って。「でも、タイトル案はあります」「なんなんですか?」「『サクマ&ピース』っていうの、どうですか?」「ああ、『サクマ&ピース』。うん、なるほど……えっ、平子って『ピース』だったの?」っていう(笑)。

で、俺も「ああ、佐久間と平子で『サクマ&ピース』? ああ、なるほど……」って。ちょっと戸惑った感じを出しちゃったんだけど。「まあまあ、そのぐらいの方がネタになるかもな?」みたいな感じで。「じゃあ、こちらの方も追って連絡しますんで。佐久間さん、スタッフをどうするかとか、平子さん大丈夫かとか、またそういうのをご連絡いただければ」って言われてZOOMの会議、終わったのね。「あれ? これ何も決まってねえな?」って思って(笑)。丸投げをされて……「こんなの、ラジオリスナーしか喜ばねえんじゃないかな?」っていう(笑)。

これさ、聞いたら日曜の午後に流れるって言うんだよね。日曜の午後、俺と平子で福島の田舎の人たち、どう見るんだろうな?って思いながらも、まあそのオファーをもらったから。で、とにかく若いディレクターがやる気があったから。「わかりました」って言って。で、まずどうしようかな?って思うじゃん。「受けようかな?」って思うじゃん? まあ、でも4回っていうことで、1回ロケに行ったら終わるから。まあ、大丈夫は大丈夫なんだけども。でも、まだ何も決まってない状態だから。番組作りもしなきゃいけない。

あと、そもそも自分で演出して自分で出るってこれ、意味わかんなくね?(笑)。自分で演出して、自分で街ブラやるって成立してるのかな?って思って。だって街ブラってさ、「ああ、こういうところあるんですか。へー!」って。スタッフが連れていって、リアクションじゃん? でも俺はそれ、全部知ってるっていうことだからさ。リサーチとかで。あと、そもそも何だったらさ、いじられたりもするかもしれないじゃない? いじられる演出を俺が自分で考えるわけでしょう?

っていうのと、あとこのラジオでも話したけど、俺と平子ってそんなに仲良くないんだよね。別に(笑)。仕事は何回もしてるし。ただ、プライベートで会ったことなんてないし。だから、その盛り上がる状態ぐらいまでの仲の良さじゃないのよ。コンビじゃないし。だからそれ、大丈夫かなと思って。悩んで。でもまあ、地元に恩返しっていうのはあるし。特にいわきだから。本当に地元中の地元だから。「そうだなよな。でも自分で演出するのも、うーん……どうしよう、どうしよう? うーん……あれだな。作家に福田、入れよう!」って思って(笑)。

「作家に福田、入れよう!」

(佐久間宣行)「これはもうダメだ。自分で判断つかない。こういう時は作家に福田を入れよう! 俺のいじり方も知ってるし、平子のことも知ってるし。そもそもこれを受けるべきかどうかも福田に相談しよう!」と思って。で、福田に連絡して。「こういう話が来たんだけど……」「面白そうじゃないですか。やった方がいいですよ」「じゃあ福田、ちょっと悪いんだけど、やってくんない?」「ええっ?」って。福田も明らかに「めんどくせえな」って思ったんだろうね(笑)。「佐久間と平子かー。めんどくせえな」って思ったんだろうけど。俺も説得して。「悪いけど1回、会議に出てくれ。それで決めてくれていいから」っつって。「わかりました」って。

それで福島中央テレビのプロデューサーに「作家の福田、入れていいですか?」「わかりました。もう全然、福田さんがやってくれるんだったら。佐久間さんと平子さんのこと、知ってますし」「ああ、よかった、よかった。じゃあ、福田を入れて2回目の会議、ここでやりましょう」って。福田とのスケジュールを見て。それも俺が決めてるんだよ? 福田と先に連絡を取って。「福田、○日空いている?」って。で、福島のスタッフに「いつ空いてる?」っつって。俺、ZOOMの会議を決めてね。

で、「はいはい。2回目の会議、決まった。よしよし、そこで内容を詰めればいいや」と思ってから2日後ぐらいに気付いたの。「あれ? 平子ブッキングしてねえな」って(笑)。俺、平子のブッキングを忘れてて。その『サクマ&ピース』って企画と、あとはとにかく福田に入ってもらって……と思って。スタッフィングだけしたところで「ヤベえ。そもそも平子が空いているかどうか、わかんねえ。うわあ!」って思って。で、太田プロのフノさんっていうアルピーのマネージャーに電話したの。

で、「佐久間さん、どうしたんですか? 珍しいっすね」って。なぜかっていうと、普通ブッキングってもう俺の番組とかだとAPさんとかがやってくれるから。直接マネージャーに連絡するって、だいたいトラブルの時とかしか、直の連絡ってあんまりしないの。だから構えちゃっていて。「どうしたんですか?」って。「あの、ちょっと笑っちゃうかも知れないけど、聞いてください。俺の地元の福島のテレビ局から、俺と平子くんの街ブラというか。まだ何も決まってないですけど。『サクマ&ピース』っていう企画が提案され……」ぐらいで「やります!」って(笑)。

アルピーのマネージャーが。「えっ、大丈夫なんですか? スケジュールとか……」「いや、大丈夫です。なんか面白そうだから、やります!」「平子に聞かなくてもいいんですか?」「大丈夫です! 平子に聞いたらたぶん、嫌がります。だから、もう決まったことにして」っていう(笑)。「わかりました」ってなって。そこでスケジュールを合わせて。「○日だったら合いますね」ってなって。まあ、結構先なんだけど。で、福島中央テレビに今度、「平子、ブッキングできました」って伝えて。

そしたらあっちのプロデューサーたちが「よかったっすね。平子さんのブッキング。スケジュールが合ったの、この日ですか? 終日、この日ですね。そこでロケ、できますね。これで番組、できますね」ってなって。で、電話を切った後で「えっ、これ、俺の仕事?」って(笑)。俺が平子をブッキングしてスケジュールを組まなかったら、番組は成立しなかったんだよ。日曜に4枠、空いているんだから(笑)。4枠、空けちゃっているんだからさ。

それで、やっとやれることが決まって。それで、別の日に福田にも入ってもらってリモート会議をして。で、まだどういう番組なのか……街ブラまでぐらいまでしか決まってないから。「1回、佐久間さんいわきの頃の思い出を話してもらえますか? それをたたきにしましょう」って言われて。「いや、30年前だからな……」とか思いながら、いわきの話をしたのよ。「ここでバイトしてて」とか。そしたらやっぱり10代の頃の思い出ってさ、湯水のごとく出てくるね。で、俺、誰にも話したことない、中学の時に本屋でカツアゲされそうになった話とかも思い出してきて。「俺、カツアゲされましたわ。鹿島ブックセンターで」みたいな話とか(笑)。あとはまあ、友達がバイトしているところが……とか。湯水のごとく出てきて。

そしたらスタッフの人とかも「ああ、これだったらいろいろ調べられるかもしれないですね。これだったら番組、できるかもしれないですね」って言って。で、企画の骨子を作ったのよ。その思い出のところをある程度、巡りつつも福島のいわきの結構悩んでいる人たちと接して、その人たちの個性を俺と平子でプロデュースみたいな。それで一旦、決まって。「じゃあ、これまたちょっとリサーチをしておくんで」ってなって、2回目の会議が終わって。

そこからリサーチの期間がある程度あって、3回目の会議。ここで結構内容を詰めていこうと思うっていう本当に大事な会議。で、その会議が始まったら、企画のペラみたいなのをあっちのスタッフが持ってきてくれてたんだけど。福島のスタッフ、たぶん俺が『サクマ&ピース』っていう企画書のタイトルを見せられた時にちょっと引いた感じがあったんだろうね。あの、引いたっていうか、戸惑っただけなんだけど。企画タイトルを変えてきたのよ。『佐久間と平子の地元の偉人プロデュース』っていう風に気を遣って変えてきたの。それで俺、「これ、絶対に『サクマ&ピース』の方が面白いんだけど、俺が言うのはおかしいよな?」って思って(笑)。

総合演出の俺は絶対、『サクマ&ピース』っていうタイトルの方がくだらなくて面白いし、聞いた人も笑っちゃう。『佐久間と平子の地元の偉人プロデュース』は普通。でも、演者の俺は『サクマ&ピース』を嫌がっていなくちゃダメじゃん?(笑)。だから、これは俺、どっちなんだろうな? でも「『サクマ&ピース』なんですけどね」って言えないなと思ってたら福田が「これ、タイトルは前の方が良くないっすか? 『サクマ&ピース』の方がいじられると思うし、成立してなくてもそっちの方がいいと思いますよ」って言うから。「福田! 入れてよかった! 言ってくれた!」と思って(笑)。

そう福田が言ってくれて。「ああ、そうっすか」ってなって『サクマ&ピース』にタイトルが変わったの。戻ったのね。で、俺はまあくまでも「俺はどっちもいいですけど?」っていう(笑)。そういう思いでやって。で、そこからね、リサーチの報告を聞く感じになったのよ。でも、ちょっとそれが変な雰囲気で。「佐久間さんが高校の頃にバイトしてたお店はもう、なくなってました。友達がやっていらっしゃるとこrはここで……」とか。ディレクターがめちゃくちゃにごしながら説明するのね。リサーチした店がどうとか。

「ここにまあ、面白い人もいないこともないからできないこともないです」みたいな。で、俺も普通に統合演習だったら「いや、ここが成立するかどうか、お店の展開を教えてもらわないと演者、怖くて出せないよ?」という感じになるんだけど……でも俺、聞くべきなのかな?っていう(笑)。だから本当、不毛な会議が1時間ぐらい続いたわけよ。ディレクターはにごす。俺は総合演出として聞きたい。ただ、俺がこれを聞いて、知ってリアクションできるのかな、とかっていうのでふわふわした会議がある程度続いて。

「えっ、やっぱりこれ、全部知っちゃったら俺が平子に『こちらでーす』って連れていくことになるから。これは訳がわかんねえ番組になるな」と思ってたら、福田が「これはやっぱり別で会議、やりません?」って言ってくれて。「佐久間さん、やっときますわ。やっぱりこれ、変だから。1回、内容こっちに詰めます」って。そしたら若いディレクターも「そうですね。福田さんとこっちへ詰ますんで」ってなって。「ああ、わかりました」「ここから先は僕と福田さんで話すので。佐久間さん、大丈夫ですよ」っていわれて。「じゃあ俺、退出します」って言ってる途中ぐらいで「えっ? 俺、総合演出だよ? 俺、退出していいの? えっ、会議の途中で? 俺は『帰ります?』っつっていいの?」って思って。

「大丈夫?」「ああ、大丈夫です!」って言われて。「俺、総合演出なんだけどな?」って思いながら。「えっ、俺の悪口を言わないよね?」なんて(笑)。「大丈夫です。詰めておきます」ってなって。福田も「佐久間さん、大丈夫です。詰めておきますんで」っつって。それでブチッと切ったのよ。すごいよね。そこから1月半、何の連絡もないんだぜ? フハハハハハハハハッ! 総合演出なのに(笑)。1月半、何の連絡もないのよ。

総合演出なのに1月半、何の連絡もない

(佐久間宣行)これ、だからどっちかよ。真面目すぎるのよ。「連絡しない」って決めたら全く連絡しない。で、もう俺は不安でしょうがないのよ。総合演出なのに内容も教えられてないし、演者としてどうなってるか分からないし。で、たまに福田に会うと「粛々とやってますので……」っていうことしか言わねえし。で、平子に会ったら「佐久間さん、あの企画、聞いたんですけど。どんな番組なんですか?」って言われて。「知らねえ!」っていう(笑)。まあ、そんな感じで進んでいる番組なんですけど、撮れ高はね、めちゃくちゃよかったのでぜひお楽しみに。TVerでも見れます。

(CM明け)

(佐久間宣行)メールが来ております。香川県の方。「佐久間さん、新番組のネット記事見ました。そこには佐久間さんと平子さんがアロハのような格好をしていましたが、どういう流れでおっさん2人があの姿になったんですか?」(笑)。いろいろあったのよ。いろいろあって、強制的にアロハを着せられてフラダンスの練習をするみたいなのをやりながら、平子が小声で俺に「佐久間さん。これが、演者になるってことだぜ?」って言ったんだよ(笑)。かっこいいのか、悪いのかよくわかんないっていう(笑)。「こういう覚悟を持たないと、演者にはなれないぜ?」っていう。そんな話をしながら、2人で一生懸命フラダンスを踊ったんだけど(笑)。

そう。それでね、ほんのちょっとさっきの続きなんだけど。1月半ぐらい、空いてさ。で、本当にロケの3日前か4日前ぐらいに急に封筒が送られてきて。そこに始発のスーパーひたちのチケットが入っていて。「始発!?」って思ってスケジュールを見たら、スケジュール表があって。始発のスーパーひたち。6時ぐらいので行くと9時ぐらいに着くわけ。福島の駅にね。そこから10時間。終電までの10何時間の間に12、3カ所を巡る鬼スケジュールで4本撮り。で、10何ヶ所を巡って……だから1ヶ所20分ぐらいのロケをやって10分移動とか。で、昼食も移動とか、そういう本当に信じられないスケジュールで4本撮ったの。

で、そういうスケジュールが送られてきて。それでスーパーひたち。「うわっ、鬼スケじゃん……」と思いながらロケ現場に行こうと思った時に、まあここでも話したうちの一緒に番組をやっているAPさんが「佐久間さん、これ、普通の服で行こうと思ってませんよね?」「えっ、なんで?」「オンエアー、10月ですよ? 普通に行ったら短パンとTシャツで行っちゃうでしょう? オンエアー10月だったらおかしいですから。スタイリスト、用意します」「えっ、どういうこと?」「もう……こっちで用意します。福島の番組予算じゃなくて、こっちで。制作会社で用意します!」ってなって。だから「お祝いです」みたいになって。

で、スタイリストさんが服を……10月にオンエアーってなってもおかしくないように長いシャツとかを用意してくれて、それを渡してくれて。「それを持って行ってください」って言われて。それで現場に行ったのよ。そしたら……駅で会った平子が短パンとTシャツだったのよ(笑)。全然息が合っていないっていう。だから秋物の服を着た俺と短パンとTシャツの平子の2人で福島を街ブラしているから。それをぜひ見てほしいと思いますね。10月17日の日曜日から4週連続で15時55分から16時25分なんですけど。この告知が意味がないのは、福島の人しか見れないんで(笑)。でも、TVerで見れますということですね。ぜひ。

(中略)

(佐久間宣行)メールが来ております。「『サクマ&ピース』のネット記事を見たら、カメラや照明をビニールでぐるぐる巻きにして撮影してる写真もあったんですけど……もしかして当日、雨降りました? いい年齢なので無理しないでくださいね」っていうね。これ、降ったんですよ。降ったのと……これ、オンエアーでいじっていて、どのぐらい使われているか、わかんないけども。着いて衝撃だったのはカメラクルーが全員白髪っていう(笑)。

「俺たちが最年長で……」とか「おじさんで……」って言おうと思ったら、地方のクルーがめちゃくちゃ白髪のじいさんばっかりで。だから俺たちが弱音なんか吐けなかったっていう。そういうところから始まって。あと、ロケスケジュールがマジでめちゃくちゃだったんだよ。本当に。俺、言いたいんだけど……結構3日目か4日目の最後の方ね。最後の方にとんかつ屋の後、ハンバーグ屋に行くんだぜ? 信じられる?(笑)。

疲れ果てたロケの終盤にとんかつ屋、ハンバーグ屋の連チャン

(佐久間宣行)いや、本当に散りばめてくれよ。昼と夜とかで(笑)。もう夜近辺の、ロケで疲れ果ててる頃にめちゃくちゃボリュームのあるとんかつ屋に行って。お腹いっぱい食った後で俺たち、知らされてないから。「この後、ハンバーグ屋です」って……バランス、悪くねえ?っていう(笑)。で、平子と人で胃もたれしちゃって。というのがあったんだよね(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました