星野源と松重豊 2人の出会いと変態性を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

松重豊さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』にゲスト出演。星野源さんと映画撮影の現場で出会ってすぐに意気投合した話や、星野さんのことを「変態だね!」と思った話などをしていました。

(星野源)ここからはスペシャルなゲストとお送りします。俳優の松重豊さんです。

(松重豊)はい、どうも。こんばんは。

(星野源)こんばんは!

(松重豊)こんばんは、星野くん!

(星野源)やったー!

(松重豊)「ビデ選手権」ってなに?

(星野源)フハハハハハッ! ちょっと待ってください! 謎の……ちゃんと隠していたんですよ、それは。

(松重豊)いやいや、隠してないよ。ほら、後ろの方に書いてあるのもあるし……。「ビデで何かが当たってどうのこうの……」って書いてあるから、俺そういう話もするのかな?って思いながら、いま横浜からすごい勢いでベイブリッジを越えてレインボーブリッジを越えて有楽町にやっとたどり着いて。1、2、3歩で僕、ここにたどり着きましたから。

(星野源)フハハハハハッ! よかった。じゃあ、ビデ選手権にもぜひ参加していただいて(笑)。

(松重豊)フフフ、なにやらせるのよ、本当に(笑)。

(星野源)嘘です(笑)。よろしくお願いします。いやー、来ていただいてありがとうございます。

(松重豊)こちらこそ。

(星野源)撮影中からお互いのラジオに出たりしたいですねっていう話をしていて。

(松重豊)ねえ。こんなに早く実現するとは思ってもみませんでしたけど。

(星野源)なので、『深夜の音楽食堂』にもぜひ、出させてください。

(松重豊)ぜひお待ちしております。まあ、そっちからこっちにワープするのは大変でしょうから。私のは録音でね。まあ、ぶっちゃけそうなんですけども。

(星野源)フハハハハハッ! バラしちゃって。

(松重豊)いえいえ、しょうがないです。

(星野源)そうですよね。大丈夫ですよね、全然。あの、僕が映画でご一緒した時、最初はたしか『アンナチュラル』の話から始まったような気がして。「見ています」みたいな。横並びで……。

(松重豊)山奥の牧場の……京丹後?

(星野源)京丹後の海辺ですよね。

(松重豊)海辺のところで。あのー、これ情報で僕が出る、出ないっていうのも言えたり言えなかったりするとかっていうね。

(星野源)フフフ、松重さんまでだったら大丈夫らしいですよ。他の人はダメだってことらしいですけども。

(松重豊)まあ一応、主役の星野くんがね、すごい体調が悪い感じでね。

(星野源)フフフ、その日お腹を壊していたんですよ。

(松重豊)だから主役のウンコ待ちがすごくて。時代劇だから結構な、旅装束をしているから脱いだり着たりするのが大変なんだけども。

(星野源)そう。近くにトイレがなくて。だから遠くまで車で行ってトイレに入らないといけないっていう。

(松重豊)僕らはその間はのんびり待っているっていう。

(星野源)すいませんでした。

(松重豊)とんでもない。いや、大変だなと思って。体調悪いのかなって思って。それとなく「音楽もやっているんですよね」っていう話をチョロチョロっと聞いてね。老婆心ながら余計なお世話をしてしまって(笑)。

(星野源)いやいや、そのおかげで音楽の話をたくさんできて。

(松重豊)そうなんですよ。私は○○○の役だったんですけどね。そういう格好で……って、言っていいのかな?

(星野源)松重さん、たぶんダメです。

(松重豊)ダメなの?

(星野源)たぶんダメです。松重さん、たぶん本当はまだ発表されていないんで(笑)。

(松重豊)めんどくせーな! 俺、もうそういうの大嫌いなんだよ、なんかルールとしてさ。宣伝になるからいいじゃねえかよ!

(星野源)がんばってください。生放送だから、それはもうダメで。録音じゃないから(笑)。

(松重豊)まあ、そういう格好をしていてね。そういう格好をしていながら、なんかそういう音楽の話をしたのよ。で、LINEのアドレスを交換して。「じゃあね!」って帰りの車の中で「こんな曲、知っていますか?」みたいなことを。LINEでほら、音楽の情報を載っけられるなんて俺、知らなかったからさ。

(星野源)ああ、そうですか?

(松重豊)うん。知らなかった。で、こうやったらできるんだと思って。そしたら俺もこうやって載っけて「これ知っている?」「ああ、これもいいですね!」みたいな話をしていたら「メシ、行きますか?」みたいな話になって。

(星野源)そうそう。そのままメシに。

スポンサーリンク

会ったその日にすぐに食事に誘う

(松重豊)俺、会ったその日にメシ食ったやつなんていないからね。普通。

(星野源)アハハハハハッ! ですよね? 僕もないです。

(松重豊)そんなに急激に仲良くなるなんて、ないですよね?

(星野源)急激に仲良くなりましたからね。

(松重豊)同じ作品に出ていて、歳も違えばいろいろ経験も違う中でなかなかそういうこともないんですけど。たまたまそういう機会に巡り会えたということで。それは幸運な出会いで。

(星野源)いや、こちらこそ。幸運でございます。これからもよろしくお願いします(笑)。

(松重豊)フフフ、どういう関係なんでしょうね?

(星野源)ねえ。割と唐突に思い出したかのように音楽の情報を送りあってますよね。でも、本当に詳しいですよね。

(松重豊)いやいや、僕はでも本当にプロじゃないんで。音楽的な知識もなにもないものですから。ただ好きで聞いているのを「ああ、これ星野くんやっぱり知っているんだな、すごいな」とかって思いながらも。

(星野源)いちばん最初に音楽にハマったのって何才ぐらいからなんですか?

(松重豊)うーんとね、音楽にハマったっていうか、やっぱり物心ついた時に橋幸夫のレコードを買ってもらったっていうのはあるんですけど。ただやっぱり音楽的な衝撃があったっていうのは中学2年生の時にSEX PISTOLSの『Never Mind the Bollocks』。そのレコードのジャケットに「これ、セックスって書いてあるじぇ!」って言って。福岡のね。

(星野源)フハハハハハッ!

(松重豊)それ、友達の姉ちゃんが買ったんだけど。

(星野源)ああ、そこからだったんですね。「ジャケットにセックスって書いてあるぜ!」って(笑)。

(松重豊)それで聞いたら「ジャジャーン!」って始まって「おおっ、すっげーな、これ! これがパンクちゅうてや?」っていって聞き始めたのが。やっぱり音楽的な衝撃では中2の時のそれが大きかった感じですよね。

(星野源)へー! でもその「セックス」っていうだけでレコードを買えるもんなんですね。

(松重豊)その友達の姉ちゃんが買っていたんですけどね。

(星野源)ああ、それを見て「うわっ、セックスだ! すげえ!」って?

(松重豊)そうそう。「セックスって書いてある。どんなやろか?」って聞いたらすごい衝撃があったんですよね。それが最初だったんですけど。

(星野源)パンク、お好きなんですよね?

(松重豊)好きっていうか、まあそういう福岡が結構音楽が盛んだったんで。そういう福岡の地元のバンドでサンハウスとかそれこそロッカーズ、ルースターズとかっていうのもやっぱりライブハウスとかで聞けるようになりまして。そのへんから、やっぱり音楽って面白いなというか、いちばん自分を動かしてくれるものだなっていう感じで聞いていたんですよ。

(星野源)ふーん! うんうん。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする