スポンサーリンク

DJ WATARAI オオスミタケシ(Big-O)との思い出を語る

DJ WATARAI オオスミタケシ(Big-O)との思い出を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク

DJ WATARAIさんが2021年2月8日放送のblock.fm『INSIDE OUT』に出演。急逝したオオスミタケシ(Big-O)さんとの思い出を話していました。

(渡辺志保)では、これまではIGNITION MANさん a.k.a HIDE-BOWIEさんにメインにお話を伺っていましたが。これからはDJ WATARAIさんメインにお話を伺っていきたいと思います。

(DJ WATARAI)お願いします。

(渡辺志保)まあ、順を追って伺うと、ワタライさん、オオスミさんとの出会いっていうのはどういう感じだったんでしょうか?

(DJ WATARAI)僕はね、簡単に言えばヤナさんの紹介なんですけど。ヤナさんは俺、高校の同級生で。当時から、ヤナさんが上野から渋谷のCISCOに移ってきて。それで僕もしょっちゅう渋谷のCISCOに通ってたんですけど。行くとね、絶対に……いろんな人がいっぱいいて。NITROの人たちもみんないたりしたんだけど。でも、オオスミくんはね、絶対にいるのよ。CISCOに(笑)。

(渡辺志保)それは結構いろんな方から……特にヤナさんからその話、聞きますけどね(笑)。

常にCISCOにいた

(DJ WATARAI)それで最初はそんなにしゃべったことがなくて。あいさつをする程度だったんだけど、だんだん……ヤナさんに紹介してもらって。一緒にご飯食べに行ったりとかして。それでだんだん仲良くなっていった感じですかね。最初は。

(渡辺志保)なるほど。なので、曲のプロデュースをしたりということも非常に自然にお話が?

(DJ WATARAI)そう。もうCISCOに行って、みんなで合流して。それでヤナさんとかオオスミくんとかみんなで帰りにご飯食べてとか……。ヒデさんとかも一緒に焼肉屋行ったりとか。そういうことをしょっちゅうやっていて。ゆうじ(CISCO坂の上の焼肉店)に行ったりとかね、そういうことをしょっちゅうしていたので(笑)。

(IGNITION MAN)フフフ(笑)。

(渡辺志保)そうですか。でも、ワタライさんはそのオオスミさんのBig-O名義でのソロ作品をいっぱい作ってらっしゃるたりもして。オオスミさんが他のラッパーとは違うなっていう、オオスミさんならではのバイブスみたいなものって一体どういうものだったとお感じですか?

(DJ WATARAI)なんていうか、もう存在感が最初から……僕はね、初めて会ったのは下北沢のスリッツっていうクラブで。『スラムダンク・ディスコ』っていうMUROくんがやっていたイベントで初めて見かけていて。その時に初めて会ったんですけども。もう図体もとにかくデカいし、声もデカいし。で、ファッションもすごいおしゃれだし。もうとにかく、あの人はインパクトがすごいでしょう? だからもうとにかく……なんていうんだろう?(笑)。

で、すごいんだけど、なんかしゃべるとすごいかわいらしくて。すごい優しいし……あの人をね、パッと表現するのは難しいですね。ファッションも音楽もラップもすごくかっこいいし。とにかく全てが個性的で。でも、すごく優しくて純粋で繊細で。なんかすごい、ああいう人と会ったことないし、たぶんこれからも会うことはないだろうなっていう人ですね。

(渡辺志保)そうなんですね。でも、先ほどもHIDE-BOWIEさんにも伺いましたけども。ワタライさん的にすごい印象に残っているオオスミさんとのエピソードとかってありますか?

(DJ WATARAI)うーん……オオスミくんとのエピソード。なんだろうな? でも当時、まだガラケー時代だったんだけど。とにかくね、新しい携帯が出ると発売日にドコモショップに開店前に並びに行っていたっていう……(笑)。

(DJ YANATAKE)フハハハハハハハハッ!

携帯の新機種を発売日に並んでGET

(DJ WATARAI)だいたいクラブ明けでそのまま寝ないでドコモに並ぶっていうのをしょっちゅうやっていて(笑)。

(DJ YANATAKE)それかよ(笑)。

(渡辺志保)後ろでヤナさんの高笑いが聞こえますけども(笑)。

(DJ YANATAKE)でもね、全部発売日にゲットしたい人なんで。

(DJ WATARAI)そうそう。だからドコモのFOMAとか出た時にも……(笑)。

(DJ YANATAKE)買ったね。一番最初のFOMA、みんなで。

(DJ WATARAI)とか、ソニー・エリクソンのはじめて音楽を携帯で聞けるみたいなやつとかも「ヤバい!」ってなって。もう開店の2時間前とかに行って並んだりとかしたなって。

(渡辺志保)じゃあ、やっぱり新しいものには常に敏感でいらっしゃったっていうことですか?

(DJ YANATAKE)そういうこと。

(渡辺志保)なるほど。ヤナタケさんもそのへんは完全にまるっと同意っていう感じですか?

(DJ YANATAKE)そう。インプットの人なので。とにかく音楽の新譜チェックも早いし、何か新しいガジェットも早いし、映画もすぐ見たいし。洋服、ファッションのチェックももちろん早いし。そうやっていろいろなものを……。

(DJ WATARAI)そうそう。あとひとつ、オオスミくんがまだシャカで、僕がまだそんな仲良くなりたてみたいな時にヤナさんがずっと渋谷の宇田川町に住んでいて。オオスミくんもすごい近所に住んでいて。で、まだそんなに……さんぴん後で、スワッガーもやっていないし、そんなにみんなお金がない時代で。でも、SHAKKAZOMBIEのあれはたぶんセカンド? サードかな? それが出たばかりの頃で、ギャラを100万ぐらいもらったんだって。それでオオスミくん「指輪、買っちゃった」って。全額使って。

(渡辺志保)えっ、すごい!

ギャラ100万円を全額使って指輪購入

(DJ WATARAI)で、その100万円の全額を使って指輪を買っちゃったもんだからお金がなくなっちゃって。「食べるものがない!」っつって。それでヤナさんがオオスミくんの家に弁当を持っていくみたいな(笑)。「すごい人だな!」って思って。「生活を無視して、全部使っちゃうんだ!」みたいな(笑)。

(DJ YANATAKE)そうそう(笑)。毎日、本当にお弁当を買っていってたな。

(DJ WATARAI)そう。「ヤナさん、よく弁当を持っていっていたな」みたいな。

(DJ YANATAKE)で、2人で食べていたんだけども。

(渡辺志保)UberEatsじゃないですか(笑)。

(DJ YANATAKE)そうですよ。ねえ、井口さん。それ、本当だけど。これってたぶんセカンドで。本当に当時って200万円持っているか、ゼロ円か、どっちかみたいな生活をしていて。で、「これじゃダメだ」ってなって。次のアルバムでギャラが入った時にそのお金でスワッガーを始めたんだよね?

(渡辺志保)そういうことなんですか!

(IGNITION MAN)そうそう。

(渡辺志保)なるほど。そういう経験があってからのスワッガーだったんですね。

(IGNITION MAN)まあね。ファーストで僕も全部使っちゃったから(笑)。

(DJ YANATAKE)フハハハハハハハハッ!

(IGNITION MAN)もうゲーセンでみんなにおごっちゃって。タケちゃんにも、NITROの……まだNITROになっていないやつらに毎日、バケツ満タンにメダルをあげていたよ(笑)。

(DJ YANATAKE)そうだったね。そうそう(笑)。

(IGNITION MAN)それで夜は「飲みに行こう!」とかやっていたもんね。

(DJ YANATAKE)やってた、やってた(笑)。

(渡辺志保)でもそのぐらいガッポリ入るみたいなところがいいなって思っちゃいますね。当時のメジャーディールをゲットしてっていう。そうだったんですね。で、今日はワタライさんにも1曲、選んでいただいた曲をかけたいと思うんですけども。ワタライさん、まず曲のタイトルを言っていただいて、なぜこの曲なのかというところもご紹介いただけますか?

(DJ WATARAI)SHAKKAZOMBIEで『Big Blue』なんですけども。なんでこれを選んだか?っていうと、僕はシャカの曲とかオオスミくんがやった曲の中でとにかくこの『Big Blue』が一番好きなんですよ。で、当時本当によく聞いてたし、もう今でもね、本当にしょっちゅう聞いてたのね。この曲を聞くと、なんか全部魂がフワーッと救われるような、洗われるような……そういう曲ってあんまりないんだけども。

で、この曲はたしか99年とか2000年ぐらい曲だったと思うんだけど。初めて車とかも買ったりして。車の中でも本当によく聞いたし。とにかく『Big Blue』に全て、僕のこの20年ぐらいの思いが詰まってる感じですね。それぐらい大好き。

(渡辺志保)でも、ワタライさんご自身が手掛けられたSHAKKAZOMBIE、もしくはオオスミさんの曲じゃなくて、今日はその『Big Blue』を?

(DJ WATARAI)そう。好きな曲はいっぱいあるんですけども。たぶん一番聞いた曲が『Big Blue』なの。もうダントツで。

(DJ YANATAKE)じゃあ、ワタライくんの選曲です。SHAKKAZOMBIE『Big Blue』。

SHAKKAZOMBIE『Big Blue』

<書き起こしおわり>

IGNITION MAN(HIDE BOWIE) オオスミタケシ(Big-O)を語る
IGNITION MAN(HIDE BOWIE)さんが2021年2月8日放送のblock.fm『INSIDE OUT』に出演。急逝したオオスミタケシ(Big-O)さんとの思い出を話していました。
DJ HAZIME オオスミタケシ(Big-O)との思い出を語る
DJ HAZIMEさんが2021年2月8日放送のblock.fm『INSIDE OUT』に出演。急逝したオオスミタケシ(Big-O)さんとの思い出を話していました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
INSIDE OUT
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました