スポンサーリンク

渡辺志保 ジャジー・ジェフ2016年来日DJプレイを語る

渡辺志保 ジャジー・ジェフ2016年来日DJプレイを語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中で、2016年1月に来日したDJ Jazzy JeffのDJプレイについて話していました。

(渡辺志保)昨日、渋谷のVisionでジャジー・ジェフ(Jazzy Jeff)が来日していて。プレイを聞きに行ったんですけど。あの、本当にいつ聞いても新しい発見があるDJっていうか。もちろんね、ジャジー・ジェフほどの方になるとそれで当たり前なんでしょうけど。ちょっとびっくりしたのはね、最初にかけたのがケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)の『Bitch, Don’t Kill My Vibe』で。

スポンサーリンク

Kendrick Lamar『Bitch, Don’t Kill My Vibe』

その後に、スクールボーイ・Q(SchoolBoy Q)の『Studio』を。BJ The Chicago Kidとやっている『Studio』をかけて。

スポンサーリンク

SchoolBoy Q『Studio』

で、1時間半のセットで、最後にね、またケンドリック・ラマーの『King Kunta』。

スポンサーリンク

Kendrick Lamar『King Kunta』

からの、『Alright』で締め!っていう感じで。

スポンサーリンク

Kendrick Lamar『Alright』

やっぱりケンドリックの『Alright』のことってね、この『INSIDE OUT』でもお話してきましたし、音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんなんかも、たびたびTBSラジオなんかで取り上げてらっしゃいますけども。

高橋芳朗 黒人差別問題とブラックミュージックを語る
高橋芳朗さんがTBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』に出演。いまなお続くアメリカの黒人に対する人種差別問題と、ブラックミュージックというテーマで話していました。

やっぱりケンドリックの『Alright』って、あのジャジー・ジェフにとってもやっぱり大事な思い入れのある1曲なのかな?と新年早々グッと来てしまいました。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました