スポンサーリンク

ハライチ岩井『ファンタシースターユニバース イルミナスの野望』の思い出を語る

ハライチ岩井『ファンタシースターユニバース イルミナスの野望』の思い出を語るハライチのターン
スポンサーリンク

ハライチ岩井さんが2021年1月7日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』の中でかつてハマったオンラインゲーム『ファンタシースターユニバース イルミナスの野望』についてトーク。所属したギルドのオフ会での出来事を話していました。

(岩井勇気)アニメとかゲームが好きなんでね、そういう仕事を今もいろいろやってるんですけどね。それで2021年に新しく出るゲームの宣伝番組が始まりましてね。『ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス』っていうゲームの番組なんですけども。まあ、ゲーム自体は宇宙が舞台で、SFオンラインRPGみたいな感じなんですよね。で、『ファンタシースター』というゲームのシリーズで、言ったらもう30年近くあるのかな?

(澤部佑)ええっ? めちゃくちゃ人気じゃん。

(岩井勇気)ずっとやっているんですよ。セガのゲームなんだけど、それの最新作ですよね。それで一応、MCをやらせてもらっていまして。で、アシスタントが日向坂の丹生明里ちゃん。フワッとした感じの子ですけどね。俺はああいう子を甘やかすのが好きなんでね。

(澤部佑)フフフ(笑)。意外と、厳しくするんじゃなくて。

(岩井勇気)とにかくああいう子を甘やかすのが好きなんで。まあ、ちょっと推してみようかな、なんて思いますけどもね(笑)。

(澤部佑)はっ!

(岩井勇気)思っちゃいますけどもね。一緒の番組なんですけども。

(澤部佑)大丈夫ですか? まあ、いいや……(笑)。

(岩井勇気)「デス推し」が発動しないといいですけども。

(澤部佑)ああっ、怖いっ! 今、絶好調なんだから。日向坂は!(笑)。やめてあげてよ?

(岩井勇気)こっちのデス推しも絶好調だからね?(笑)。

(澤部佑)絶好調らしいね。やめてあげてよ!(笑)。

絶好調の「デス推し」

ハライチ岩井 どんどん強くなる自身のデス推し能力を語る
ハライチ岩井さんが2020年6月4日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』の中で自身が応援したアイドルたちがどんどん脱退、解散してしまう「デス推し」能力についてトーク。最近、どんどんデス推し能力が強くなっている件について話していました。 ...

(岩井勇気)で、このゲームなんですけども。俺がハタチぐらいの頃にパソコンで『ファンタシースターユニバース イルミナスの野望』っていうオンラインゲームをめちゃくちゃやっていたの。で、その頃は仕事もなかったしさ。ゲームをして、寝て、バイトに行って。帰ってきて、ゲームして、ちょっと寝て……みたいな感じの日々を繰り返していてね。

(岩井勇気)で、そのゲーム、あんまり進め方も自分でやっていてわかんなくて。困って当時、なんかmixiで……当時、全盛期だったから。そのコミュニティーっていうのがあって。そこに「なにをしたらいいのか、わからないです」みたいに書き込んだら、「教えますよ」っていう人が現れたの。で、その人とやり取りしながら、なんかゲーム内で一緒にログインして。いろいろ連れていってもらったりして進めてもらっていたの。そしたら、その人が入ってるギルドというゲーム内のグループみたいなのがあるんだけども。そこに入れてくれて。そのグループの中の人たちも仲良くなって。より強くなっていって、ハマっていってたのね。

(澤部佑)へー!

(岩井勇気)そのグループで夜な夜な、スカイプってあるじゃない? それで音声チャットをしながら、5、6人でしゃべりながら敵を倒しに行ったりしてたんだけども。で、スカイプでしゃべっている感じ、たぶん女の人は1人いたけど、あとは全員男だったんだよ。でもゲーム上はほぼ全員女のキャラみたいな(笑)。自分で作って使うキャラクターがね。で、俺も背の低いツインテールの女の子のサイボーグを使ってたんだけども(笑)。

(澤部佑)それ、考えられないんですよ。俺、ゲームをやる時。絶対に嫌なんだけど?

(岩井勇気)なんで、なんで?

(澤部佑)俺はもう、かっこいい男のキャラが絶対いいんだよ(笑)。

(岩井勇気)ええーっ? ツインテールの女の子のキャラにデカい武器を持たせるの、すげえよくない?(笑)。

(澤部佑)フフフ、いるけども(笑)。トゲトゲの鉄球とかを持たせているの(笑)。

(岩井勇気)みたいな。そう。でっかい斧とか持たすの、すげえいいんだけども。で、半年ぐらいそんな感じで遊んでたある日ね、「オフ会しようよ」みたいな話になったんだよ。で、オフ会ってのはオンラインじゃなくて、オフラインで会を開こうっていうことなの。だから、「リアルで会おうよ」みたいな話なんだけども。

でも俺、そういうことをやったことなかったし。で、「みんなゲーマーだから来ないだろうな」って思ったの。「家にいる人たちだろうな」って思っていたんだけど、意外とみんななんか「やろう、やろう!」みたいな感じにトントン拍子でなっちゃって。「じゃあ、俺も行きます」って言わざるを得なくなっちゃって、行くことになったんだよ。

で、リーダー格の、そのゲーム内でめちゃめちゃ強い男の人が「じゃあ、俺の家でゲームしますか」みたいな感じになって。ちょうどそのシリーズでPSPのソフトも出ていて。「そのゲームをやりましょう」みたいになって。「いいね、いいね!」みたいになって。その日にちも決まってさ。都内にその人の家があるんだけど。地方の人もいるから、飛行機で来たりする人もいて。

(澤部佑)そんなすごいの、オフ会って?

(岩井勇気)うん。でも5、6人なんだよ。で、そのオフ会の次の日、夏のコミックマーケット……コミケがあるから。そのリーダーの人が「じゃあ、泊まれる人は僕の家に泊まってゲームをして。次の日にみんなでコミケに行こう」なんて話になったのよ。それであれよあれよという間に決まっちゃって、行くことになって。それで当日、都内のそのリーダー格の人の家の最寄りの駅に集合したんだよ。でもみんな、顔を知らないから。

(澤部佑)岩井はそれ、ハタチぐらい?

はじめてのオフ会

(岩井勇気)そう。それで年上の人も結構いたかな? で、携帯のメールで連絡を取り合ってさ、いざ顔を合わせたらさ、やっぱりもうオンライン上での知り合いだから別にそんなのどうだっていいんだけども。みんな、もうめちゃくちゃオタクの見た目なんだよね。ちょっと冴えない感じのさ。で、俺が高校の時には絶対に友達になってなかったようなタイプの人たちがブワーッていたの。

(澤部佑)フフフ、岩井は高校の時、イケイケグループだったからな。

(岩井勇気)そうそう。それで、リーダー格の人はすごい巨漢で。めちゃくちゃ太っているのね。それでデカいんだけども。それで1人いた女の人は見るからにオタク女子みたいな感じで。キャリーバックみたいなのをガラガラ……ってしていて。

(澤部佑)ああ、コミケも行くし。

(岩井勇気)そう。みたいな感じで来ていてさ。それで「行きましょう。俺の家に案内します」みたいな感じでリーダー格の人が言って、家に向かったんだよ。それで着いたら、もうめちゃくちゃ実家なわけ(笑)。

(澤部佑)まあ、イメージはそうか。

(岩井勇気)一軒家でさ、めちゃめちゃ古い家で。もうガラガラ……っていう引き戸の家でさ。それで入ったらもう他人の家の匂いがすごいわけ(笑)。「うわっ、他人の家の匂い、するな!」って。で、そこのお母さんが出迎えてくれてさ。「いやー、なんか息子が友達を連れてくるなんて、珍しくて……」みたいな感じのことを言っていて。

(澤部佑)本当に普段はゲームばっかりなのかな?

(岩井勇気)で、上がらせてもらって。「お邪魔します」なんて言って。もう踏みしめるときしむ階段を上っていって、2階の部屋がリーダーの部屋なんだけど。本当にもうパソコンとベッドがあって、簡素な棚にフィギュアとかが飾ってあるような感じだけなんだけども。あとはもうなにもなくてさ。それでみんな、畳に座ってね、PSPを出して。それで『ファンタシースター』をやってさ。

(澤部佑)うん。

(岩井勇気)それで本当に駅からリーダーの家に行ぐらいまで、顔を合わせて「どうも……」みたいな話をしたんだけど、なかなかあんまり会話がなかったんだよ。でもPSPでパーティーで一緒にゲームしだしたぐらいから瞬間的にもういつものみんなのキャラに……スカイプでやってるみんなのキャラに戻るみたいな。

(澤部佑)すごいね、ゲームって!

(岩井勇気)「はい。俺、前に行くから後ろ、たのむね」みたいな。「盾やりまーす!」みたいな。「あ、右、来てるよ。気をつけてね」みたいなのを言いながらさ。「ああ、戻ったな」なんつって。で、やっぱりゲームで繋がってるんだなって思って。

(澤部佑)そういうことだね。

(岩井勇気)それで、散々ゲームをやって、そこの家のお母さんが作った夜飯をみんなでリビングみたいなところ、茶の間みたいなところで食べて。その時、もうそこのお母さんもなんかちょっと泣きそうになってんの。「いや、こんな日が来るなんて……」みたいな。「ああ、そういう感じの子なんだな、リーダーって」って思って。で、俺は埼玉に住んでいたから、その日は泊まらなかったんだよ。俺は帰れるから。で、地方から来た人はそのリーダーの家に泊まったわけ。それで次の日、朝早くからコミケに行って。早朝、集合して行ったんだけども。

(澤部佑)岩井も埼玉からまた行っているわけ?

(岩井勇気)そう。朝の始発ぐらいで行ったんだよ。で、今でも覚えてるんだけど。あれが俺の初のコミケだったわけ。もう行ったことがなかったから。夏のコミケだったんだけども。もうとんでもない。暑くて。ビックサイト、あそこ。で、汗だくだくになってさ、死ぬかと思うぐらい……コミケを俺はよくわかってなかったんだけど。

で、「どうしたらいいんだろうな?」と思っていたら、リーダーがさ、「好きなアニメとか、あるの?」って聞いてきて。「いや、まあ俺、このアニメとかこのアニメが好きで……」って言ったら、「じゃあ、そのアニメの同人誌だったらあのへんだから。そこのルートを入れてみんなで回ろうよ」みたいな。

(澤部佑)かっけー!

(岩井勇気)その時のリーダーね、すごくかっこよく見えたよ!(笑)。

(澤部佑)お母さんに見せたいね。その姿を(笑)。

(岩井勇気)めちゃめちゃ頼りがいがあったね。で、くたくたになるまで回って。そのまま夕方、秋葉原に行って。もう本当に……コミケからアキバ行くっていうルートが王道ルートなんだけども。で、アキバのマックでみんなでPSPのゲームをするわけ。『ファンタシースター』の。

(澤部佑)なんかいいな……。

(岩井勇気)で、その頃にはもうリアルで会っていても普通にしゃべっているような感じになっていたんだけども。それで夜までゲームして。そしたらなんか、5、6人の俺以外がさ、「ちょっと明日もコミケ、行こうか?」みたいな感じになったの。でも俺はちょっとさ、もう初のコミケだったから。「いや、ちょっと明日もはしんどいな……」って思ってちゃって。別に次の日も用事はなかったんだけども。「ちょっと俺は明日、用事があってさ……コミケは行けないわ」みたいに言って断ったんだよ。

で、他のメンバーはまたリーダーの家に泊まって行くことにしてたっぽいんだけど。で、次の日に俺は行かなくて。その何日か後にまたゲームにログインしようと思っていて。それでログインしたんだけど、珍しくなんかさ、その何日か後の時には集まりが悪くてさ。

(澤部佑)いつもはもう、行ったら絶対にいるみたいな?

(岩井勇気)そう。結構いるんだけど。で、その次の日も、その次も、集まりが悪くて。あんまりなんか集まんなかったんだよ。そしたらなんか、その時にオフ会をやっていたメンバーの1人がいたから。「なんか最近、集まりが悪くね?」って聞いたら、「ちょっとそれがさ……」みたいになって。

(澤部佑)えっ、なに?

オフ会後の異変

(岩井勇気)俺がいなかったオフ会の3日目に……実はリーダーがそのメンバーで1人いた女の子のことが好きだったらしくて。

(澤部佑)嘘だよ? なに……すごいじゃん!(笑)。

(岩井勇気)本当にずっと好きだったらしくて。3日目の夜、告白したんだって。

(澤部佑)すごいじゃん!(笑)。えっ? えっ? で、なに?

(岩井勇気)なんか夜……その子も泊まっていたらしいんだけども。違う部屋に呼んだのかどうか、わかんないんだけども。告白したんだって。そしたら、振られちゃって。で、その女の子がなんかログインしなくやっちゃったんだって。

(澤部佑)気まずいよね……(笑)。

(岩井勇気)で、リーダーももう、なんか気まずくなっちゃって。ログインしなくなっちゃって。それで、なんか変な感じになっちゃったんだって(笑)。

(澤部佑)フフフ、みんな?(笑)。

(岩井勇気)そう。なっちゃって。みんなそれで来づらくなっちゃって。

(澤部佑)なんだろう、切ない話だけど……。

(岩井勇気)そこから、なんか空中分解になっちゃって。ワーッと散り散りになっちゃって。

(澤部佑)なんか、青春だな……。

(岩井勇気)それで俺もさ、誰もあまりログインしなくなっちゃったもんだから、その時に遊ばなくなっちゃったんだよね。で、あれからもう何の連絡も取らなくなったんだけども。だからその今ね、『ファンタシースター』の最新作の番組をやってるんだけども。あんだけみんな……もう俺以上に好きだった人たちだったから。「番組、見てるのかな?」とか思ったりするね。

(澤部佑)うわっ、なんか、青春だね!(笑)。また会える可能性もあるんでしょう? ゲームの中で。

(岩井勇気)そうそう。ログインしていたら、もしかしたら。俺も今、やっているから。当時の名前を変えてなかったら「うおっ!」ってなる可能性も。

(澤部佑)わかるかも、っていう?

(岩井勇気)うん。覚えているから。

(澤部佑)すごいね! 東京03さんのコントみたいだもんね(笑)。一緒に行って、告白して……(笑)。

(岩井勇気)告白して、気まずくなっちゃってっていうね。まあ、面白いんでね。

(澤部佑)いやー、ときめいたな。なんか(笑)。

(岩井勇気)皆さんもそのゲーム、やってみてください(笑)。

(澤部佑)青春、していたんだな。なんか。

(岩井勇気)そうだね。

(澤部佑)ハタチの頃だろう? お前、そんなの言わなかったもんな。終電を逃して大宮駅から歩いて帰ったりしていたよな。ハタチぐらい。あれぐらいだろう?

(岩井勇気)そういうことだよ。

(澤部佑)懐かしいな(笑)。

(中略)

(澤部佑)ということで今、決まりましたね。オフ会メンバーをまた集めようという……。

(岩井勇気)なんでだよ?(笑)。

(澤部佑)スタッフさん……宮嵜さんも宗岡さんも。今の話を聞いて、胸が熱くなりましたもんね。

(岩井勇気)あんまりね、そういういじりをしていい人たちじゃないのよ?

(澤部佑)たしかにね。嫌がる人たちかな。でもちょっとキュンキュンしちゃいましたね。もしかしたらまた会えるかも……という。続報があれば楽しみにしたいと思います。

<書き起こしおわり>

ハライチ岩井 オンラインゲームを語る
ハライチの岩井さんが2020年1月7日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』ラジオクラウドの中でオンラインゲームについて話していました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハライチのターン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました