スポンサーリンク
スポンサーリンク

R-指定 FIRE BALL『Wonderful Days』を語る

R-指定 FIRE BALL『Wonderful Days』を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

R-指定さんが2020年6月2日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中でFIRE BALL『Wonderful Days』を紹介していました。

(DJ松永)じゃあ、ここでRさんの日本語ラップ紹介コーナーにまいります。

(R-指定)日本語ラップというか、最近結構松永さんがレゲエを流してくれているじゃないですか。

(DJ松永)毎回レゲエですよ。

(R-指定)でしょう? だから俺もちょっとレゲエを流したいなと思いまして。で、レゲエめっちゃ大好きやのに流していなかったグループがいまして。まあ、FIRE BALLさんですね。

(DJ松永)FireB!

(R-指定)FireB! 横浜の!

(DJ松永)いやー、早くかけなきゃいけなかったね! 最高だよな!

(R-指定)もう大好き。よくこのラジオで中学校の時にラップとレゲエを区別なく聞いていた。聞きはじめのの時。で、その時にはホンマに湘南乃風とFIRE BALLが俺はレゲエで一番聞いていたんすよね。だからその湘南乃風とFIRE BALLは両方とも神奈川。湘南の湘南乃風と横浜のFIRE BALL。二大巨頭なんですね。で、両方とも4人組っていうところでも共通点があって。で、このFIRE BALLはまあ、奇跡のバランスの4人というか。

(DJ松永)奇跡だよね。この4人がどうして集まったの?っていうね。

(R-指定)そう。まずはCHOZEN LEEさんという、声は中音域ぐらいなんですけども。とにかくオールラウンダーですよね。歌も上手ければ畳みかけるようなラップ的スタイルの早口のやつも上手いし。聞いたことないリズムの取り方もするCHOZEN LEEさん。

(DJ松永)パラメーターフルマックスね。

(R-指定)で、ライブでのMCとかも超おもろい! というか、すげえんですよ。CHOZEN LEEさん。スキルがもうパンパンみたいな人。

(DJ松永)本当にすごい。

(R-指定)そして、結構サビとかを担当する、歌声が超きれいなSUPER CRISSさん。

(DJ松永)めちゃくちゃいい声。華のある声。本当に……これはもうビジュアル100点の顔みたいな。

(R-指定)最高ですよね。クリスさんの歌声がブワーッと聞こえるだけで華やかになるっていう。

(DJ松永)たぶん一番最初に覚えるFIRE BALLっぽい声ってクリスさんだよね。

(R-指定)クリスさんですね。大ヒット曲の『BIRDMAN』のサビとかね。

(DJ松永)『BIRDMAN』のサビね!

FIRE BALL『BIRDMAN』

(R-指定)で、ちょっとガラガラの声でまくしたてるJUN 4 SHOTさん。

(DJ松永)JUN 4 SHOTさん。すごいよね!

(R-指定)この人がまた勢いを曲につけるんですよね。太くてちょっとだみ声。レゲエDeeJayの王道的な声というか、トーキングスタイルの王道的な太い声のJUN 4 SHOTさんがいて。

(DJ松永)本当、この人がいてこそ……っていう感じがするよね。

(R-指定)そして、これはなんていうか、低い声ってこんなにかっこいいんやっていうことに気づかせてくれるSTICKOさんね。

(DJ松永)STICKOさん! 俺、本当最初は日本人だと思わなかったよ。

(R-指定)このSTICKOさんは一番ローボイス。一番低い声。でも、結構ラガスタイルのラップ的な畳みかけっていうよりかは、歌なんですよ。メロディーをよく使うんですけども。その渋さたるや……ですよ。

(DJ松永)なんだ、あれ? すごいよな。

(R-指定)マジで惚れるよな。

(DJ松永)あの、イントロのシャウトとかさせたらマジでヤバいよ?

(R-指定)イントロのシャウト、マジで上手いんですよ。曲紹介とか、「曲の頭でなんかシャウトしてください」って言ったらたぶん世界一上手いんちゃう?

(DJ松永)レゲエの人ってイントロのシャウト、マジでかっこいいよな。CHOZEN LEEさんさんもイントロのシャウト、エグいじゃん?

(R-指定)で、この4人が奇跡のバランスで組んでいるのがFIRE BALLなんですよね。で、このFIRE BALLの今日、紹介したいのが『Wonderful Days』という曲なんですよ。

(DJ松永)めちゃくちゃいい曲。もうめちゃくちゃ、めちゃくちゃいい曲!

(R-指定)どういい曲か?っていうと、この……まあ聞いてもらったらわかるんですけども。とにかく、この曲をどういう時に思い出したか? 今、これ赤ちゃんの声から始まる。だから人の一生を歌っているわけですよ。どういう目線で歌っているのか? ちょっとじっくり聞いてほしい。俺は最近、自分の昔の写真、昔のカレンダーとかを見つめる時にこの曲を思いだして。ちょっと富士フィルムのCM……そろそろ小田和正からこっちに変えへん?って思ったぐらいで。

(DJ松永)本当にそうなのよ! これ、CM爆売れオリコン1位じゃないとおかしいのよ!

(R-指定)おかしい曲よ。ぜひ、聞いてください。FIRE BALLで『Wonderful Days』。

FIRE BALL『Wonderful Days』

(R-指定)素晴らしいですね。

(DJ松永)最高!

(R-指定)この『Wonderful Days』は人生のことを歌っているんですけども。歌い出しの、わかります? さっき言った低い声の歌声がどんだけかっこいいか? このSTICKOさんの歌い出しね。「はじめての朝」って。で、これはたぶん親から生まれてきた子供、赤ちゃんの状態の子供に歌いかけていて。で、その後のサビのやっぱりこのCHOZEN LEEさん。今回はサビがクリスさんじゃなくてCHOZEN LEEさんのサビっていうところもまた効いていて。で、このワードが「あなたに出会えた ただそれだけで」の後が「よかった」じゃなくて。「ただそれだけで 私のこの人生には価値があると言える」っていうこの言い回しがまた……。

(DJ松永)グッと来るよね。

(R-指定)グッと来る。で、そのサビが終わった後に子供の目線からJUN 4 SHOTさんが「愛ある言葉さえ 口うるさくて ウザいぜ」って言っていくんですよね。で、普段やったらサビをやっているクリスさんがまた、次に友や恋人に対してのメッセージを送る。それで最後、またCHOZEN LEEさんが出てきて。「新しい命が芽生えた日のこと」って。この歌の主人公の子供にまた、その子供ができて。それで年老いていくまでを描いていくという。

(DJ松永)これ、歌詞をどうやって作ったんだろうね? 4人でよくこんなさ、統一感のある割り振りとかできるよね?

(R-指定)こんなもん、もう日本を代表する曲ぐらいのもんですよ。素晴らしい!

(DJ松永)これ、ミュージックビデオも最高だから見てほしいね。

(R-指定)FIRE BALLで『Wonderful Days』でした。

(中略)

(DJ松永)いやー、やっぱりFIRE BALLよ。最高だよね。

(R-指定)最高ですよ!

(DJ松永)やっぱり好きな曲がいろいろあるもんね。

(R-指定)そうやねん。というか、FIRE BALL、あるな! だから選びきれなかったんですよ。今までかけれなかった原因として。でもやっぱり、当然クラシックもいっぱいかけたいけれども……。

(DJ松永)あの曲はすごいもんな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました