スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJ松永 おぎやはぎの人間的魅力を語る

DJ松永 おぎやはぎの人間的魅力を語る ACTION
スポンサーリンク

DJ松永さんが2020年4月22日放送のTBSラジオ『ACTION』の中でおぎやはぎのお二人と行ったメ~テレ『ハピキャン』のキャンプロケについてトーク。おぎやはぎのお二人の人間的魅力や学んだことについて話していました。

(DJ松永)まあいろいろと仕事がね、飛んでいる中ですけれども。まだ引き続き、ちょっと前に収録したテレビが今、放送されてるみたいなことがありまして。先週放送だったんですけどもメ~テレ、名古屋テレビの『ハピキャン』という番組に出てきまして。出演はおぎやはぎのお二人。そしてあのキャンプの達人であるうしろシティの阿諏訪さん。そしてこの俺の4人での番組だったんですけれども。私はキャンプ未経験のド素人なんですけれども、おぎやはぎのお二人と一緒にキャンプのプロの阿諏訪さんからご指導をもらいつつ学んでいくという番組なんですけれども。去年、このラジオに野あそび夫婦のお二人がゲストに来てくださいましたよね。

(幸坂理加)はい。

(DJ松永)それでキャンプとかアウトドアみたいなのが苦手な俺に対していろいろと教えてくださるみたいな機会があって。その時は初心者向けで非常に気軽に楽しむができることができる、ハードルを下げた「キャンプ民泊」っていうのをお勧めしてくださったじゃないですか。

(幸坂理加)はいはい。

(DJ松永)「ああ、なるほど。このぐらいのものなら俺でもできるかもしれないな」っていう風に本当に思ったんですけども。ただ、この『ハピキャン』でやったキャンプが非常にハードモードで。「ブッシュクラフト」っていうスタイルのキャンプがあるらしくて、それをやったんですけれども。まあ煩わしいことは全部やってくれるキャンプ民泊とは全然違って、すごいサバイバルに近い感じらしいんですよ。なるべく必要なものは現地調達するみたいな。たとえば森に行って、木をのこぎりで切って持ってきて薪を作って、それで火を起こしたりとか。

(幸坂理加)へー! 原始人スタイルですね。

(DJ松永)そうなんですよ。あとは川の水を汲んできて、それを濾過して飲んだりとか。あと、その『ハピキャン』の番組の収録の中でも、俺が参加した回からいつもと勝手が違ったらしくて。いつもはテントを建てたりとか、もうスタッフさんがめちゃめちゃ手伝ってくれていたらしいんですよ。もういろいろ全部やってくれて、甘やかされた環境でやってたらしいんですけど、俺の会からもうスタッフさんが何もやらなくなって。「全部、やってくれ!」と言われて。何でかわかんないですけど。

(幸坂理加)フフフ(笑)。

(DJ松永)しかも、経費削減でいつもゲストって2人、いるらしいんですよ。おぎやはぎのお二人と阿諏訪さんの立ち位置のプロの方とあとゲストが2人みたいな感じらしいんですけど。俺も2人だと思ったんですけど、当日行ったら俺1人だけで。しかも、収録が「6本撮り」って言われて。

(幸坂理加)ああ、すごい。大量だ(笑)。

(DJ松永)「マジで!?」って思って。「全部使うから覚悟しろ!」って言われて(笑)。「1日、気を張っていてね」って言われて。「ウソでしょう?」って思って。それでビクビクしながら当日、挑んだんですけども。でも実際に始めたらね、阿諏訪さんが非常に丁寧に教えてくださって。やっぱりプロだから教えるのが本当に上手くて。おかげさまで本当にめちゃめちゃ楽しむことができたんですよね。

なんなら、ここ最近の仕事で一番楽しかったんじゃないか、ぐらい楽しんでしまって。火を起こしたりだとか、料理したりとか、木を切ってる時とかって、なんかね、本当に余計なことは一切考えず、ひたすら没頭してやれて。こんなの、なかなか久しぶりだなと思ったんですよね。

(幸坂理加)へー!

日々の雑念から解き放たれたキャンプロケ

(DJ松永)普段俺、より余計なことを考えがちなだけに、その時間かもめちゃめちゃ助かって。東京にいたら、本当に24時間という限られた時間にどうやって効率的に1日を過ごすか、みたいな。今日1日、仕事をして、家のことをやって……みたいな感じでギチギチに、どうやって効率的にするか?っていうのを考えがちだったけれども。で、それでうまく過ごせなかったら凹むみたいな毎日を過ごしてる中、キャンプだったらたとえばいつもスイッチひとつでできる火起こしとかを、わざわざめっちゃ時間かけて薪を切ってきて、それを起こしてやるわけですよ。

なんかそのすごい遠回りにやってる時間がめちゃくちゃ幸せな感じがして。本当になんかね、携帯とかもいじろうと思えばいじれるんですけども、なんかいじる気が起きなくて。すごいあらゆる日常の雑念から解放されて、「これ、めちゃめちゃ俺がやるべきじゃん!」とか思って。

(幸坂理加)フフフ、合っていたんですね(笑)。

(DJ松永)いや、本当にすげえ精神的なデトックスになって。あと、楽しめた理由におぎやはぎの2人の存在がありまして。何かやるたびにめちゃくちゃ褒めてくれるんですよ。

(幸坂理加)うわー、ありがたい存在ですね!

(DJ松永)本当ですよ。テントを建てるたびに「お前、センスの塊だな!」とか言ってくれるんですよ。料理をしている時には「こういうやつが世界を取るんだよ!」とか。もう、ただただこちらが気持ちよくなるっていう(笑)。

(DJ松永)それで途中から、もう「おぎやはぎに褒めてもらうために頑張りたい!」みたいなマインドになってきて。しかもお二人とも物腰柔らかいし、全く緊張させないんですよ。だから人間力がすごくて。

佐久間宣行とオークラ おぎやはぎ・矢作の褒めるスキルを語る
オークラさんがニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。佐久間さんとおぎやはぎ・矢作兼さんの人を褒めるスキルについて話していました。

(幸坂理加)うんうん。

(DJ松永)だからもう序盤から「おぎやはぎの言うことは全部、その通りだな」みたいな感じになってきて。俺、車の免許とか持ってないし、そもそも全く取る気もなかったんですけれども。お金かかるし、免許センターに行って若い人と講習受けたくないなとか思ったんですけれども。あとは人が運転する車に乗っていたいし。免許を持っていたら、運転する義務が発生してくるじゃないですか。複数人数集めて、ずっと運転をしてもらったとしても、免許を持ってたら運転してない自分に罪悪感を感じちゃうじゃないですか。

(幸坂理加)フフフ、こじらせがすごい(笑)。

(DJ松永)でも、免許がないと無敵なんですよ。後ろめたい気持ち、なし! 当たり前ですよね。「持っていないんだもん。運転、させられないでしょう?」ってなってすごいいいんですけども。でも、おぎやはぎのお二人が「車、いいよー」ってなると「ああ、たしかにそうっすよね!」って。免許がないのに。それで、おぎやはぎのお二人が車をおすすめしてくださったんですけども。「ああっ、そうっすよね!」っていう風に本当になるんですよ。

(幸坂理加)へー!

「松永にはフィアットの500Xがいいな」

(DJ松永)「まあ松永にはフィアットの500Xがいいな」って言われて。もう行きの車の中。キャンプ場に向かう車の中で。「そうっすよね!」とかって。「ちょっと車屋、寄ろうか?」「ああ、ぜひお願いします!」とか言っていたんですけども、途中でスタッフさんから無線で「あ、すいません。スポンサーのあれもあるんで、無理です。勘弁してください」って言われて断念したんですけども。その後、すぐに「松永、あれだな? ケンタッキーのCM、出てるよな? あれ、見たよ」っつって。「お前、あれか? お店に行って店員さんに挨拶した? 顔を見せに行ったのか? 行った方がいいよ」って言われて。でもその時、もう余裕でCMの放映期間とか終わってるんですよ。とっくに。

(幸坂理加)ああー。

(DJ松永)あと、そんなの行くの、おかしいし。行くとしても高畑充希さんだし。絶対に。俺、めちゃくちゃちょい役だし。あと、絶対に知られていないし。俺がケンタッキーの店頭に行って「ああ、うん。みんな、お疲れさん」とか言ってもそいつ、ただのイカれちゃっている人だから。

(幸坂理加)フフフ、ネガティブ(笑)。

(DJ松永)でも、おぎやはぎに言われたら「ああ、たしかに……行った方がいい。えっ、なんで今まで行かなかったんだろう?」みたいな感じになって。それで実際、マジで俺、行ったんですよ。

(幸坂理加)ええーっ? 性格さえも変わっている!

(DJ松永)それでケンタッキー、スポンサー的にOKだったみたいで。本当に行って、途中で関係なくケンタッキーのお店に入っていって。しかも、俺1人だけで。それで「こんにちはー。あの俺、わかりますか?」っつって。もうヤバいやつですけど(笑)。

(幸坂理加)えっ、撮影でっていうことですか? プライベートで?

おぎやはぎに言われてケンタッキー店舗に挨拶に行く

(DJ松永)カメラは遠くから撮っていたのかな? 遠くからなんですよ。「あの、すいません。あの……CM、出ています」「ええっ……?」って。めちゃめちゃ店員さんが怯えだして。女性の店員さんだったんですけども、めちゃめちゃ怯えだして。「あの、CMでお世話になっています。俺です。あの、『ぶっちゃけ胡椒最強説』のあの……」って。それで店員さんがめちゃめちゃ怯えだして。キッチンからスタッフさんが全員、わらわらと出てきて。俺、囲まれて。1対複数人みたいなすごい不穏な空気になってきて。

めちゃくちゃく不審者な感じになっちゃって。もう「すいません!」っつってダーッとダッシュで俺、おぎやはぎさんのところに逃げて。「もう挨拶どころじゃないです! シンプルに知られてないです!」っつって。「誰も知られてなかった! CM出ていたのに!」って。でも、よく考えたらCMが終わって本当に1、2ヶ月経っていたし。高畑充希さんでもないし。「CMに出ている」って言い張るだけの謎の男。シンプルな不審者。

(幸坂理加)フフフ、タイミングがずれてたんですね(笑)。

(DJ松永)それでおぎやはぎさんに「たのむから、来てほしい! マジでついてきてください!」っつって。おぎやはぎさんと阿諏訪さんについてきてもらってもう1回、バーッと行ったら店員さんの顔に全員、光が戻って。「はあ!」って。もう芸能人、すごいよ。本当に……もうみんな、めちゃめちゃニコニコニコッてしだして。みんなが幸せになる。芸能人ってみんなをハッピーにさせる力を持っているなって。俺はただただ、不安にさせただけ。うん。

(幸坂理加)フフフ(笑)。

(DJ松永)でも本当にね、世間の正しい認知度というものを確認させる作業ということでね。おぎやはぎは真実を教えてくれましたけどね。まあ当然、このくだりは全部カットで。カメラ、撮っていたけども。

(幸坂理加)悲しい……(笑)。

(DJ松永)でも今日の夜、全6回放送のうちの2回目の放送があるんで。よかったら皆さん、ぜひ見てください。Gyaoで見逃し配信もやっているので、全国の方がご覧になれます。

『ハピキャン』Gayo見逃し配信

<書き起こしおわり>

DJ松永 おぎやはぎとのキャンプロケを語る
Creepy NutsのDJ松永さんが2020年3月3日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中でおぎやはぎとキャンプロケに行った際の模様を話していました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ACTION
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました