スポンサーリンク

DJ松永と岩崎諒太 ヒプノシスマイク『あゝオオサカdreamin’night』を語る

Creepy Nuts ヒプノシスマイク・どついたれ本舗への楽曲提供を語る ACTION
スポンサーリンク
スポンサーリンク

声優の岩崎諒太さんがTBSラジオ『ACTION』にゲスト出演。DJ松永さんと自身が演じるヒプノシスマイク、オオサカ・ディビジョンの白膠木簓らどついたれ本舗が歌う楽曲『あゝオオサカdreamin’night』について話していました。

(DJ松永)ここからは毎日ゲストをお迎えするゲストアクションです。今日のゲストは若い女性を中心に爆発的人気の音楽原作キャラクターラッププロジェクトのヒプノシスマイク、オオサカ・ディビジョン、どついたれ本舗で白膠木簓を演じる……まあ、もう初めて聞く人はね、すでにここでほとんどわからない単語だらけでパニックになっている方もいらっしゃるかもしれません。この後、ちゃんと詳しく伺いますので。ヒプノシスマイクのオオサカ・ディビジョン、どついたれ本舗で白膠木簓を演じる声優の岩崎諒太さんです。よろしくお願いします。

(岩崎諒太)よろしくお願いします。岩崎諒太です!

(DJ松永)すいません。わざわざ。ありがとうございます。

(岩崎諒太)いえいえ、ありがとうございます。よろしくお願いします!

(DJ松永)今日、どついたれ本舗のCDがリリースですから。すいません。発売日、お忙しいでしょうにありがとうございます。

(岩崎諒太)いえいえ、ありがとうございます。ここで宣伝していただいて!

(DJ松永)ヒプノシスマイク、リスナーのみなさんはどうですか? 聞いたこと、ありますか? 実話我々Creepy Nutsがね、ヒプノシスマイクの楽曲の制作を担当しました。今日のテーマは「ヒプノシスマイクの世界を知ろう」というアクションでございます。岩崎さん、よろしくお願いします。

(岩崎諒太)よろしくお願いします!

(DJ松永)まず、基本的な話から伺いましょう。ヒプノシスマイクというのはそもそも何なのかっていうのを教えていただけますでしょうか?

スポンサーリンク

ヒプノシスマイクとは?

(岩崎諒太)これがですね、音楽原作キャラクターラッププロジェクトというですね、武力による戦争が廃絶された世界のお話でございましたて。これ、争いは武力ではなくて「ヒプノシスマイク」というマイクを使ってラップをして、それが精神干渉を起こして武力……パンチなどのパワーではなくて、そのラップのワードで戦っていくという。

(DJ松永)なるほど。でもヒップホップの成り立ちってそうですもんね。MCバトルとかって。それこそ、ギャングの抗争で血が流れる争いをやめるため、ラップでバトルしようぜっていうのがフリースタイルMCバトルとかの成り立ちだったりするので。割とそこの文脈にも則った設定ですよね。

(岩崎諒太)そうです。

(DJ松永)なるほど。声優さんの音楽といえばね、アニソンみたいなイメージですけれども。ヒプノシスマイクはまたそのイメージもとちょっと違いますね。

(岩崎諒太)そうですね。もう完全にラップですよね。

(DJ松永)しかも、我々楽曲提供を今回しましたけれどね。相方のR-指定がラップを書いて、私DJ松永がトラック、曲部分を作ったわけですけれども。過去にリリースされている既発曲も結構著名なヒップホップアーティストが。本格派なんですよ。だから、本当にまあ、その違う畑の人がヒップホップをやってみたっていうんじゃなくて、ちゃんとその道の人がトラックなりラップなり、全部作っちゃうわけですから。結構、そうなんですよね。これ、チームみたいなものがいくつかあるんですよね。ヒプノシスマイク内で。

(岩崎諒太)そうなんですよ。最初に4チームあったんです。3人のチームが4つ、あったんですよ。これ、「ディビジョン」って言われているんですけども。池袋、横浜、新宿、渋谷っていう4拠点。その各ディビジョンが最初、争っていたんですよ。

(DJ松永)なるほど。それで今回……。

(岩崎諒太)今回、そこに新たに大阪と名古屋の6人が追加されたんです。

(DJ松永)なるほど。じゃあ関東以外の地方は初めてだったんですね。

(岩崎諒太)そうなんですよ。

(DJ松永)そうなんですね。なるほど。ヒプノシスマイク自体が始まったのはいつ頃ですか?

(岩崎諒太)これは2017年の9月からです。

(DJ松永)一昨年ですか。2年でこんなに人気になるの、怖くないですか?(笑)。すごいですよね!

(岩崎諒太)いや、本当に。急激すぎて。バズり方がハンパないんですよ。

(DJ松永)だってもうメットライフドーム2デイズじゃないですか。きっと埋まるでしょう。すさまじいことになっていますよ。

(岩崎諒太)すさまじいです。もう本当に。

(DJ松永)その他のディビジョンのメンバーの方にはジャイアンでおなじみの木村昴さんとかもいらっしゃいますよね。結構豪華ですよね。声優陣が。

(岩崎諒太)豪華ですよね。もう超ベテランの速水奨さんから、木村昴さんも僕の事務所の先輩なんですけども。

木村昴と宇多丸『ヒプノシスマイク』を語る
声優の木村昴さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』にゲスト出演。自身も出演している声優ラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』について宇多丸さんと話していました。

(DJ松永)そうなんですね。この岩崎さんのディビジョンは大阪っていうことになりますよね。オオサカ・ディビジョンで我々Creepy Nutsが制作をしているという。オオサカ・ディビジョンのどついたれ本舗というユニットですよね?

(岩崎諒太)そうですよ。ユニット名がどついたれ本舗。

(DJ松永)だからヒプノシスマイク内のオオサカ・ディビジョンのどついたれ本舗ということになるんですよね。ただ、もともとアニメが放送されていたとか、そういう原則があったというわけではないんですよね?

(岩崎諒太)そういうわけではなくて、本当にこのCDの中のドラマトラックっていうのがありまして。そこでストーリーが展開していくっていうのが基本的なものなんですよ。あとはコミカライズされるものがありまして。それもまた補足をするような内容となっております。

(DJ松永)そうなんですね。女性人気、すごいですよね?

(岩崎諒太)すごいですよね。すごいっす!

(DJ松永)これはなぜなんですか?

(岩崎諒太)やっぱり声優とラップ、魅力的なキャラクターとあとは想像する余地が結構あるんですよ。やっぱりアニメじゃなくて、設定も結構フワッとしたところもあったりして。そこを想像したりするのが女性的にはいいのかなっていう。

(DJ松永)なるほど。もう本当にディテールを細かく逆に決め込まないみたいな。みなさん、受け取り側の想像で補完してくださいみたいなことなんですかね?

(岩崎諒太)そういうことですね。

スポンサーリンク

想像の余地が大きい設定

(DJ松永)やっぱりチーム同士の争いとかがあったりすると、文脈とか関係性とかもやっぱり女性が好きな所以だったりするんですかね?

(岩崎諒太)そこも各ディビジョン、各キャラクターごとにまだ明かされてない過去の因縁みたいなのもあったりして。

(DJ松永)ああ、なるほどね!

(岩崎諒太)こことここがつながっていて、実はここも……みたいな。

(DJ松永)でもそこは実際のMCバトルと近いものがありますね。地方にいろんなMCがいて、どことどこが仲がが悪くて。そこは因縁があって、そこはクルー、同じ仲間なんだけどもバトルで戦って……みたいなことが実際にありますからね。へー! でも岩崎さんはオオサカ・ディビジョンのリーダーっていうことですよね?

(岩崎諒太)そうなんですよ。

(DJ松永)すごい! すごいですねー! 9月の大阪城ホールのライブでオオサカ・ディビジョンの誕生が発表されたんですか? じゃあ、最近ですよね。

(岩崎諒太)本当、最近です。もう。つい先月。

(DJ松永)で、岩崎さんはオオサカ・ディビジョンのチームどついたれ本舗の中の白膠木簓というキャラクターを演じておりますけれども。今日、そのどついたれ本舗がCDデビューということで。水曜日、10月30日っていうことですね。その表題曲の『あゝオオサカdreamin’ night』という曲を我々Creepy Nutsが作りました。表題曲です! ありがとうございます!

(岩崎諒太)ありがとうございます!

(DJ松永)でも、率直に伺いたいんですけども。我々がトラックを作ってラップを作って。Rさんがデモ、仮録りを乗っけてみなさんにお送りして。で、みなさんが録音をしたわけですけども。どうですか? 我々が作った曲、いかがでしたか?

(岩崎諒太)一言で言うと、最高です!

(DJ松永)ありがとうございます! フハハハハハハハッ! 気持ちいい~! めちゃくちゃ気持ちいいです!

(岩崎諒太)フハハハハハハハッ! めちゃくちゃ、ザ・大阪でありながら、おしゃれでかっこよくて。めちゃめちゃかっこいいっすよ。本当に。

(DJ松永)よかった。実際にラップしていただくご本人にその言葉をいただくの、嬉しいですよね。

(幸坂理加)聞きたい!

(DJ松永)じゃあ、さっそく聞きます? では、岩崎さんから曲紹介、お願いできますか?

(岩崎諒太)ではオオサカ・ディビジョンどついたれ本舗で『あゝオオサカdreamin’ night』。

スポンサーリンク

どついたれ本舗『あゝオオサカdreamin’ night』

(DJ松永)お送りしたのはどついたれ本舗で『あゝオオサカdreamin’ night』でした。ということなんでございますけども、岩崎さんは歌う順番でいうといちばん最初に。「はい、どうもー! どついたれ本舗です♪」っていう歌い出しですよね。岩崎さん、ラップやってみていかがでしたか?

(岩崎諒太)いや、めっちゃ難しいっすよね。いざ、やっぱりやってみると。

(DJ松永)ですよね。

(幸坂理加)ヒップホップに馴染みはあったんですか?

(岩崎諒太)高校の頃からSOUL’d OUTさんが好きで。カラオケで歌いたいんで必死に練習したんですけども。

(DJ松永)なるほど。SOUL’d OUTなんですね! そっか。うちの相方のR-指定がもうSOUL’d OUT信者で。とてつもないほどの。ちょっと、R-指定とSOUL’d OUT話に花が咲きそうですね!

(岩崎諒太)咲きそうですね! もう本当に運命かな?っていう(笑)。

(DJ松永)フハハハハハハハッ! でもDiggy-MO’さんってめちゃくちゃラップが上手じゃないですか。だからその下地があるんですかね。聞いてきたからこその。

(岩崎諒太)そうなんですかね?

(DJ松永)だから俺、デモを上げるじゃないですか。デモを送ってその仕上がりを聞いた時にやっぱりラップが上手すぎて率直にびっくりしたんですよ。岩崎さん、ラップめちゃ上手いなって思って。お三方、全員超上手い。

(岩崎諒太)ありがとうございます!

(DJ松永)だってR-指定が書くラップってやっぱりそのリズム感もすごく上手じゃないといけないし。そもそもその舌が回らないといけないじゃないですか。で、そのR-指定のラップをカラオケで歌ってくださってる動画とか、それこそラッパーでR-指定の曲を……本物のプロがCreepy Nutsの曲を歌ってる動画とか、素人の方の「歌ってみた」みたいな動画を見たことがあるんですけども。やっぱりちゃんと歌いこなせている方ってすっごい少なくって。そもそも難しいですけども。曲が上がった時に「上手っ!」って思ったんですよ。

と、同時に俺は「危険だな」とも思いましたね。「この人たちが自ら作詞をし始めた時には俺達の仕事が……奪われる危険性が……」って(笑)。怖くなるぐらい上手だったんですよ。で、R-指定も絶賛をしていて。やっぱりその、ポイントを全部、要点を……俺ら、ディレクションで入ったわけじゃないじゃないですか。レコーディングで立ち会いをしなかったんですよ。本当にデモを送って投げて「はい、どうぞ」ってしただけで。 ディレクションは何もしていないんですけども、それだけで「ここに抑揚をつけて、ここを強調してほしい」とか、ポイント・要点が全部抑えられてて。「えっ、何でわかるの?」って思ったんですよね。

(岩崎諒太)でも、それはデモをもうずーっと延々と聞いて。

(DJ松永)延々聞いてくださったんですか?

(岩崎諒太)延々と聞いたんですよ。でもやっぱりすごい伝わってくるんですよ。「ああ、やっぱりここはこうかっこいいな」とか。まあ、収録する前にもCreepy Nutsさんの曲をいっぱい聞かせていただいて。それで「ああ、ここはこういうポイントだな」っていうのが染み込んだというか。

(DJ松永)うわっ、嬉しい! 2バース目の天谷奴零の……2バース目の頭で結構低いトーンでしゃべりっぽいラップになるじゃないですか。あそこって意外と超ムズいんですよ。あそこ、三連符になっていて。「タタタ、タタタ、タタタ……♪」ってなっていて。しゃべりっぽいロートーンで。この三連符っていまのヒップホップの流行りのリズムの乗せ方なんですよ。「タタタ、タタタ、タタタ……♪」っていうのが流行っているんですけども。

スポンサーリンク

三連符フロウ

(DJ松永)それって結構ムズくて、しかもはっきりとラップしきるんじゃなくてしゃべりのトーンに抑えているんですね。しゃべりっぽいトーンのラップってリズムを合わせるのがすごいムズいんですよ。で、それをプロではない……まあもはやプロかもしれませんけども。声優さんがこんなに完璧にこなしているのにRはびっくりしていましたね。「なに、これ!」みたいな。だからお三方とも全員上手い。

でも、だからラップってやっぱりしゃべりの話芸に近いですから。抑揚をつけたりイントネーションがラップでいうところのメロディー……ラップでは「フロウ」って言うんですけども。それがフロウになっていくんですけども。声優さんたち、文章を読み上げるプロじゃないですか。すごい完璧だからびっくりしちゃって。「なに、この完成度?」って思って。もう腰を抜かしましたよ! 本当に。やっぱりこんだけ滑舌とか抑揚をつけるのは昔から得意だったんですか?

(岩崎諒太)うーん、まあ、どうなんでしょうね? 自分ではあんまり自覚はないんですけども。本当に繰り返し繰り返し聞いて自分の中にインストールしていくというか。そんな感じだったんで。

(DJ松永)へー! 実際にヒプノシスマイクで歌われるの、今回が初めてですよね?

(岩崎諒太)はい。曲のレコーディングとかは初めてです。

(DJ松永)うわっ、今回が初めてなんですか?

(岩崎諒太)初めてなんですよ。

(DJ松永)ヒップホップっていうか、レコーディング自体が初めてですか?

(岩崎諒太)そうなんです。やったことなかったんで。

(DJ松永)怖え! 怖えこと、聞いたわ。勘弁してくださいよ!

(幸坂理加)えっ、曲自体が?

(DJ松永)楽曲のレコーディングも初めてだって。岩崎さん、1バース目なんですけど、もうキレッキレなんですよ。単純にもうキレッキレで歯切れよく、めちゃめちゃ上手いの。ラップがストレートに超絶上手いの。

(岩崎諒太)ありがとうございます。

(幸坂理加)松永さんの書いた曲はどうでしたか?

(岩崎諒太)いや、本当にこの最初の三味線から入って。めちゃくちゃかっこいい。本当におしゃれなんですよ。大阪のコテコテ感も残しつつもおしゃれに……しびれますよね。本当に!

(DJ松永)ありがとうございます! でもやっぱりそれ、本当にいままで楽曲を制作をされた方が割と本業の方で。なんか、もうちょっといろんな人に聞き馴染みがあるような作り方にした方がいいのかなって最初、思ったんですけれども。その過去の曲とか聞いて「ああ、ちゃんとヒップホップのトレンドとかも取り入れて、ヒップホップIQ高めなことをみんなやっているな。じゃあ、結構普段通りの作り方でいいや」と思って、普通に自分がいいと思う曲を作ったんですよね。だからあまり寄せずに……寄せたりとかしてないんですよ。

(幸坂理加)そうなんだ。

(DJ松永)で、実際にそれがどう受け入れられるのかな?って思ったんですけど、評判がちゃんとよかったからヒプノシスマイクのお客さんって聞く耳も肥えているのかなとか思って。

(岩崎諒太)そうですね。本当にちゃんとラップを楽しんでいるっていう。

(幸坂理加)メールが届いております。「『あゝオオサカdreamin’ night』で初めてヒプノシスマイクの世界に触れました。かっこいい上に面白い! とても大阪らしい曲でさすがCreepy Nutsと感動しました。岩崎さんは歌われていて『ここが難しいな』っていうところはありましたか?」。

(DJ松永)ああ、気になる。

スポンサーリンク

レコーディングで難しかったポイント

(岩崎諒太)やっぱりR-指定さんのファルセットになるところ、あるじゃないですか。

(DJ松永)ああ、そうですね。結構R-指定の特徴でもある……。

(岩崎諒太)結構行くんで。あれ、めちゃくちゃかっこいいんですけど、あれで高速で音程を取るっていうのが結構難しくて。

(DJ松永)ああ、難しかったんですね。ファルセットの部分か。R、ちょっとね、声が裏返ったりとか。

(幸坂理加)いま聞いていてそこがすごいいいなと思いました。あそこがかっこいい。

(DJ松永)あそこ、上手に再現されていましたよ。

(岩崎諒太)Rさんのやっぱり素晴らしいところですよ!

(DJ松永)でも、Rさんからしたらそのね、R-指定さんの色。難しいところをいとも簡単にレコーディングを初めての人が再現してしまうと……あの人、非常に困るのではなかろうか?っていうね。相方からしてみたら(笑)。

(岩崎諒太)いや、完全リスペクトですよ! 絶対に出さなきゃいけないっていう。

(DJ松永)いやー、すごいですね。実際にメットライフドームでライブとかあるじゃないですか。そこに実際に岩崎さんは立って歌われたりするっていうことですか?

(岩崎諒太)そういうことですよね。

(DJ松永)すごいな。見たいなー、それ!

(幸坂理加)2デイズ?

(DJ松永)来年3月ですよね。埼玉のメットライフドーム2デイズっていうことで。すごい。

(岩崎諒太)人生初ライブなんですよ(笑)。

(幸坂理加)すごい! 初めてだらけ!

(DJ松永)人生初がドーム2デイズですよ。すごいですよね。なんか全部の数字がケタ違いじゃないですか。その動員も売り上げ枚数だったり再生回数も。すごいですよね。人前でラップすること自体も初めてに近いと言ってもいいですか?

(岩崎諒太)そうです。カラオケだけですもん。

(DJ松永)カラオケだけ。すごいですね!

(岩崎諒太)本当に。震えますよ。

(DJ松永)すげえ! それであの上手さだもんなー。ちょっと怖くなってくるな……(笑)。

(岩崎諒太)いえいえ(笑)。

タイトルとURLをコピーしました