スポンサーリンク
スポンサーリンク

Creepy Nutsと岩崎諒太・黒田崇矢『あゝオオサカdreamin’ night』制作を語る

Creepy Nutsと岩崎諒太・黒田崇矢『あゝオオサカdreamin’ night』制作を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

声優の岩崎諒太さん、黒田崇矢さんがニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』にゲスト出演。ヒプノシスマイク、オオサカ・ディビジョンどついたれ本舗の『あゝオオサカdreamin’ night』制作について、Creepy Nutsのお二人と話していました。

(R-指定)(ナゴヤ・ディビジョン・波羅夷空却)「ぎゃらんBAM♪」ってもうDiggyさんのまんまで。しかもそれを声優さんが上手いことやって。

R-指定と岩崎諒太 SOUL’d OUTを語る
声優の岩崎諒太さんと黒田崇矢さんがニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』に出演。岩崎さんがR-指定さんとSOUL'd OUTについて語っていました。

(R-指定)これが俺、すごいなと思ったのが、お二人とも……岩崎さんはラップ聞いたことがあるって言っていましたけども。ヒプノシスマイクで実際にラップをやってみたのって初めてじゃないですか。

(黒田崇矢)初めてですよ。

(R-指定)実際にラップをやってみて、どうでした?

(黒田崇矢)クソ難しかったですよ!

(DJ松永)フフフ、いや、そうおっしゃる割にクオリティーが高すぎて。我々、ちょっと引いてます。

(R-指定)そう。だって我々がね、作った『あゝオオサカdreamin’ night』、しかもね、僕は結構お三方のキャラクターのラップを全部分けて書いたし。なんやったら黒田さんの天谷奴零のパートなんかは今っぽいラップというか、結構ね、「炎天下すら凍らす」っていう風に三連符。「タタタ、タタタタンッ♪ タタタ、タタタタンッ♪」っていう、すごい最新のラップテクニックって言ったらあれなんですけども。

そういうのを結構完璧に黒田さん、乗りこなしてたし。しかも岩崎さんは俺のラップのクセ、特徴を……たぶん、白膠木簓のところがいちばん俺の素のラップに近いんですけども。それをね、見事に再現されていて。お二人にこんなのを言ったらあれですけども。本職じゃないお二方がこんなにラップを上手されると私、仕事なくなります……。

(岩崎諒太)そんなことないですって!(笑)。

(R-指定)ちょっと、困ります。

(DJ松永)そう。だから、お二方が作詞をしだしたら危険です。

(R-指定)そう。だから自分で書くのだけはやめてください!

(DJ松永)やめてください! やめてください!

(黒田崇矢)書けないですって!

(岩崎諒太)書けないですよ、そんなのまさか。

作詞をしだしたら危険

(DJ松永)そう。黒田さんの最初のゆっくりのところ、もしかしたらリスナーの人たちはそんな高度だと思ってないかもしれないですけども。

(黒田崇矢)あれ、難しいですよね! すっごい難しいです、本当に。

(DJ松永)あれ、難しいんですよ。しかも、岩崎さんのところ、細かくRのコピーをしているって言ったけど、我々はさっきも言った通り、レコーディングでディレクションに立ち会ってないんですよ。

(R-指定)そう。だから「こうしてください」っていうのを僕ら、言っていないんですよね。だから僕の録ったデモを聞いて、そこから読み取ってくれてお二人ともやってくださっていたっていう。

(DJ松永)そう。言葉なしで曲を聞いて意図を全部汲み取るっていうのはまあ、これはすごいこと。しかも経験がない人がっていうのはこれ、ちょっとありえないことだよね。

(R-指定)いや、ありえへん。

(黒田崇矢)だって俺、人生のだから何十時間……何百時間? R-指定さんの声をずっと聞いてましたよ。本当に。

(R-指定)マジっすか! いや、ありがたいな……。

(黒田崇矢)だからいま、生の声を聞いてドキドキしてますね。ずっと耳で聞いていた声だから。そのぐらい聞き込んで、やり込んで。

(DJ松永)そうなんですか。じゃあ、岩崎さんも結構聞き込んで?

(岩崎諒太)聞きました。デモも聞きましたし、『みんなちがって、みんないい。』とか。もう必死に聞きましたもん!

(DJ松永)そうなんですか! いやー、ありがとうございます。

(R-指定)それはやっぱりだから僕の……ちょっと不思議ですね。自分の特徴を掴まれている。しかも僕のラップって結構難しいなと自分で思ってたんですけども。でもそれを完璧にやってくれるから。

(DJ松永)いや、怖い。だからさ、やっぱり声優さんってすごいなと思ったのがさ、感情の入れ方とかさ、その表現力みたいなのってラップって話芸に近いからさ。すごくそこが重要になってくるじゃないですか。やっぱりそこ、天才的だよな。

(R-指定)ホンマっすね。

(DJ松永)あとはやっぱリズム感とか、超いい。リズム感、本当にいい。

(R-指定)ちょっとね、びっくりしております。

(DJ松永)やっぱりでも、リズム感とか……声優さんもリズム。しゃべりにも絶対にリズムがあるじゃないですか。そこも気にしたりもするんですか?

(黒田崇矢)そうですね。俺の場合は格闘技がやっぱリズム感って関係ありますね。リズム感が悪いやつってあんまり強くならないですね。

格闘技もリズム感が大事

(DJ松永)ああ、なるほど。山本KIDがよく言っていたわ。KRAZY BEEは本当によく動く。堀口恭司もよく動くのよ。本当にずっとこうやって動くのよ。

(R-指定)やっぱりリズム、大切なんやな。

(DJ松永)みたいですよ。

(黒田崇矢)小学校の音楽の時間からリズム感は褒められてました(笑)。

(DJ松永)へー! すげえ!

(R-指定)じゃないとね、あの天谷奴零のラップってできないんですよね。だから僕的にも結構そのヒプマイの今回の『あゝオオサカdreamin’ night』を書くにあたって、ヒプマイにすごい詳しい人にちょっとアドバイスをもらったんですよ。普通の友達でヒプマイをすごい好きな女の人がいて。その人に……だからたとえばね、「このキャラクターは声が低くて……」とか。最初にちょっと上がってた、その全員で歌っていたのとかあるじゃないですか。

あれを聞いて「ああ、黒田さんは声が低いんや」とか。「岩崎さんは結構高い声を出せるんや」とかっていうので、自分で考えていて。「どう? この声の人」っていうので。だから結構キャラクターとかもね、「こういう方がいいんじゃない?」みたいなアドバイスとかはもらって。黒田さんの歌詞もちょっと敵を弄ぶ感じに。

(黒田崇矢)もう完璧でしたよ。

(R-指定)それで岩崎さんの白膠木簓も飄々としている感じで……とか。そうなんですよね。

(黒田崇矢)すごいよ。よくキャラクターごとにこうやってキチッと……俺たちよりもなんか役柄がわかっているんじゃないかっていうぐらい。

(R-指定)本当ですか?

(岩崎諒太)本当にヒプマイ全体を把握されていますよね。

(黒田崇矢)そうそう。すげえ全部過去のやつとかも読んだのかな?って。

(DJ松永)いや、ありがたいですね。

(R-指定)それは僕も調べたというか。全部、元からあるのも聞いたし、作るにあたっても全ディビジョンのを聞いたり、キャラクターを見てみて。自分がたとえばファンやったら……すごい、ヒプマイって全員、いろいろとキャラが立っているじゃないですか。で、各地のお互いのラッパー同士の関係性とか因縁があったり。これって結構ヒップホップ業界そのものにも通じるというか。

で、ヒップホップもまさしくそうで。実際にこのラッパーとこのラッパーが仲悪くて。でも昔はグループで……みたいなのとか、多いんですよ。で、そのラッパー同士がこういう曲を出すから、勝手にお客さんが勘繰って「これはこいつに言ってるんじゃないか?」とか。そういう考察が面白かったりっていうのはもうヒップホップそのまんまなんですよ。ヒプマイのファンの人が楽しんでる楽しみ方というのが、僕や松永がヒップホップを好きになって、ファンの時に楽しんでいた楽しみ方と全く一緒やから。

だから、「じゃあ新しいラッパーがシーンに登場するとして、どんなやつやったら面白いかな?」っていうので、俺はやっぱりエミネムが出てきた時とか。日本で言うと般若さんが出てきた時の、いろんな大御所とか同世代とかに噛み付いたりとか。「俺の方が上やぞ?」っていろんな方位に戦い挑むようなやつがカッコいいなと俺は思ったから、結構いろんなディビジョンのをちょっと入れ込もうみたいなね。

(岩崎諒太)はー!

(DJ松永)ちょっと……トラックへの言及がないですね?

(一同)フハハハハハハハハッ!

(岩崎諒太)いやいや、これからですよ、これから!

「トラックへの言及がないですね?」(DJ松永)

(DJ松永)ゴホンゴホン! うん……ねえ、なんか、ねえ。トラック……作ったんだけどな?

(岩崎諒太)いや、もうのっけからめっちゃしびれたなー、トラック!

(DJ松永)フハハハハハハハハッ!

(R-指定)ゲストに気を使わすな、松永!(笑)。

(黒田崇矢)ダウンタウンさんかなんかの番組に出てらっしゃった時も、なんか世界一を取ってこうやっているのに、ダウンタウンさんもいまひとつ、松永さんの価値をもうひとつわかってない感が……あれ、失礼だなって思いましたよ!

(DJ松永)ありがとうございます! もう世間がね……本当、どうしてやろうかな、本当に。

(R-指定)そんなこと言ってますけどこいつ、ガールズバーに行ってヒプマイファンの女の子に会って。そのヒプマイファンの女の子が松永さんがこのヒプマイの『あゝオオサカdreamin’ night』を作ったっていう話を聞いて、その女の子からめっちゃ「好き!」って言われたんですよ。「天才!」って言われて。で、そのガールズバーの女の子に歌詞をめっちゃ褒められた時に「ああ、うん……」って。自分が書いたみたいにしていて(笑)。

DJ松永 ガールズバーで感じたヒプノシスマイク人気のすごさを語る
DJ松永さんがニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中でたまたま訪れたガールズバーで感じたヒプノシスマイク・どついたれ本舗の人気のすごさについて話していました。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)全部独り占めして(笑)。気持ちよくならせてよ! まあでもね、じゃあそんな神がかった曲を聞いてもらいますか?

(岩崎諒太)聞きましょう、聞きましょう!

(DJ松永)この天才4人が作り出した曲、ぜひ聞いてください。どついたれ本舗で『あゝオオサカdreamin’ night』!

どついたれ本舗『あゝオオサカdreamin’ night』

(中略)

(DJ松永)メールが届いております。「黒田さん、その見た目で白い粉をやっていないということは……白い粉を管理している側ということですか?」。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(岩崎諒太)そういうことか!

(DJ松永)鋭いメールが届いてますけど、黒田さん。これはいかがですか?

(黒田崇矢)それは本当に過去何十年、ずっとそう思われて生きてきました。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)やっぱりリスナーもね、ちゃんと勘違いしてますね(笑)。

(黒田崇矢)だけどいままで本当にね、200を超える職質を受けてるんですけども。

(R-指定)フハハハハハハハハッ! 多いな!

(黒田崇矢)だけど1回もそういう物が出てきたことないんですよ。だから逆に言うとですよ、職質に1回もあったことない誰よりも俺の方が潔白なんですよ。普通、そんだけ職質を受けていたら、何かしらで捕まりますよ?

(R-指定)200あれば1回ぐらいはね。

(黒田崇矢)でも、ゼロですから。

(DJ松永)本当の潔白っていうことですね。だからそこ、いまここにいるわけですから。みなさん、わかってください。

(R-指定)毎回、警察に言った方がいいですよね。「いや、俺はいじめっ子たちを成敗しているだけだ」って。

(DJ松永)「あなたたちと同じですよ」って。

(黒田崇矢)そうそうそう(笑)。

(DJ松永)続いてのメール。「岩崎さん、トラックに言及しなかったことを松永さんに詰められて非常に困っていたようなので、僕が松永さんを褒める文章を考えました。ぜひ、使ってください!」。じゃあ、読んでください。

DJ松永のトラックを褒める文章

(岩崎諒太)はい。(小学生が作文を読むように)「松永さんのトラック、とても良いと思いました! どういうところがいいといいかというと、高い音と、低い音と、普通の音がいっぱいあるところがいいと思いました! 僕はこの曲のトラックを聞いて、『もっといっぱい聞きたいなあ』と思いました!」。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)岩崎、ナメてんのか?(笑)。

(岩崎諒太)いやー、本当にそう思いましたね! 高い音と、低い音と、普通の音がいっぱい!

(DJ松永)「高い音と、低い音と、普通の音が」って……なんだよ、普通の音って!

(R-指定)でも、実はCMに入った途端にお二人がいい褒め方をしてくれていたんですよ。

(DJ松永)そうなんですよ。「和の音が」っていうね。黒田さんは和の音っていうのはそんなに好きじゃなかったんだけども……っていう。

(黒田崇矢)本当は和の音ってあんまり基本的には好きじゃなかったんだけど。それであのイントロを聞いて「ああっ……」と思った瞬間に、そこから全部聞いてると、結果かっこいいから。「あれ? なんでだろう?」っていう。

(R-指定)それでね、やっぱり松永からも「和の音ってダサくなる可能性が高いんですが……」っていう。

(黒田崇矢)危険性、ありますよね。

「和の音」は危険なオーダー

(DJ松永)そうそう。先方からのオーダーで。「和っぽいのとか、どうですか?」って来て。「おお、怖いオーダーが来たな!」って。

(R-指定)そうそう。だから最初にね、「うわあ、大丈夫?」っていう話を2人でしていたんですけども。

(DJ松永)うん。そういう話をしていたんですけども……まあ、すいません。俺でした。

(R-指定)こいつの腕で!

(黒田崇矢)もう、すごかった。本気で気に入りましたもん!

(DJ松永)ねえ。トラックを褒めるメッセージの投稿者、こういうことだから?

(R-指定)フフフ、「褒める」っていうのはこうやから!

(中略)

(R-指定)黒田さんね、CM中にばっかりね、いいことを言うんですよ。さっきもCM中に「いままで、ヒップホップはずっと聞いてこなかったけども、いまではめっちゃハマっている。聞いてみたら、これまでラップを聞く耳じゃなかったけど、どんどんラップが聞き取れるようになった」っていう。最近では、般若さんと僕、R-指定のフリースタイルダンジョンでのあのラスボス継承バトルを見て、『E.T.』以来に泣いてくれたっていうね。

(黒田崇矢)もう俺、本気でそれを見てたら涙が出てて。それで俺、「いつ以来だろう?」って思ったら、E.T.が宇宙に帰っちゃう時以来だったんですよ。

(R-指定)相当前じゃないですか!

(DJ松永)80年代……ずっと涙、枯れてらっしゃったんですか?(笑)。

(岩崎諒太)その涙を蘇らせたという……。

(R-指定)めったに泣かない男の涙を引き出したという。嬉しいですよ!

(黒田崇矢)もうR-指定さんにも般若さんにも本当に男を感じて。かっこよくて。

(R-指定):これね、嬉しいんですよ。俺みたいに不良じゃないやつはいかつい、強い人に「男」って言われるの、ちょっと嬉しいです。これ、嬉しいのよ。

(中略)

(DJ松永)次のメッセージ。「岩崎さん、松永さんは褒めることを強要する最低人間ですが、曲りなりにも世界一のDJなので、気に入られておくべきです」。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(R-指定)なんじゃ、そりゃ? 「曲りなりにも」って(笑)。

(DJ松永)これ、俺が読んでいるからね?(笑)。

(R-指定)よう読めるな(笑)。

(DJ松永)「……ダメ押しの褒め文章を用意したので、ご活用ください!」。じゃあ、ちょっと読んでください。

DJ松永を再び褒める文章

(岩崎諒太)わかりました、はい。(小学生が作文を読むように)「松永くんは髪型がヘルメットを被ってるみたいに整っていてlとてもかっこいいです。渋谷駅に行ったら8万人くらいいそうな見た目が、とってもクールでクールだなあと思います。私服もスーツなところはキモいけど、でも、とっても大好きです!」。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)岩崎、ナメてんのか?

(R-指定)「クールでクールだなあと思います」(笑)。

(DJ松永)「とってもクールでクールだなあと思います」(笑)。

(岩崎諒太)思ったんでしょうね。「クールでクールだなあ」って。

(黒田崇矢)「渋谷駅に8万人ぐらいいる」っていう(笑)。

(DJ松永)「私服もスーツなところはキモいけど……」って(笑)。

(一同)フハハハハハハハハッ!

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました