スポンサーリンク

DJ松永 ガールズバーで感じたヒプノシスマイク人気のすごさを語る

DJ松永 ガールズバーで感じたヒプノシスマイク人気のすごさを語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJ松永さんがニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中でたまたま訪れたガールズバーで感じたヒプノシスマイク・どついたれ本舗の人気のすごさについて話していました。

(DJ松永)でもヒプノシスマイク、すごいじゃないですか。

(R-指定)すごい。

(DJ松永)ただ、みなさん、当たり前になっているかもしれませんが。私、DJ松永もかなりすごいです。

(R-指定)いや、お前はすごい!

(DJ松永)俺、すごいよね。な、何で一番になったんだっけ?

(R-指定)お前はDMCっていうDJの世界一上手いやつを決める大会で日本からバーン!って乗り込んで、一発バコン!ってカマして。お前、世界一上手いDJになってたじゃん!

(DJ松永)それが俺じゃっ!

(R-指定)おう、世界一のDJ!

(DJ松永)俺! DJ松永! 世界ナンバーワンですよ。

(R-指定)世界ナンバーワンDJですよ。

(DJ松永)世界ナンバーワンDJの私、松永。この間、仲のいい日本語ラップ好きの先輩がいるんですけども。その人のメシを食っていて。二軒目に行きたいってその人が言って。「俺が日本語ラップをいつも歌うガールズバーがあるから一緒に行こうぜ」って。

(R-指定)なんや、それ? ガールズバーで何してんねん?(笑)。

(DJ松永)「ああ、わかりました」「聞いてくれ」っていうことで。2人で行ったの。行ったら、そのガールズバーっていうのがRさんがフリースタイルダンジョンのラスボスを般若さんから受け継いだ後に、Rさんが般若さんとか輪入道さんとかとみんなで行ったあのガールズバーなのよ。

(R-指定)ああ、あそこの、バニーちゃんのいる?

スポンサーリンク

R-指定がラスボス継承戦後に行ったお店

(DJ松永)そう。バニーのガールズバーで。で、その店主の方が般若さんの地元の友達じゃないですか。ずっとすごい仲のいい。で、そこに行ったから俺のことももちろん知っていてくれてさ。で、「世界一、おめでとうございます!」ってシャンパンを開けてくれたのよ。

(R-指定)ええっ?

(DJ松永)で、ありがたいってなって。店長さん、この間般若さんがブエノスでワンマンを3日間、やったじゃん? で、俺らがその最終日にゲストに出たじゃないですか。それを店長さんも見に来てくれていたみたいで。「松永さん、世界一おめでとうございます!」ってシャンパンを開けてくれて。「嬉しい!」って思って。で、女の子がバーッと2人ついて。その片方の子が「そのブエノスにも行きました」って。

(R-指定)おお、見に来てたんや。

(DJ松永)そう。「松永さん、ここで会えるなんて本当に光栄です」ってめっちゃテンション上がってくれていて。「本当にありがとう」って。すごいピッとした子で。ギャルっぽい子なんだけども、すごい熱量が込もっていてリスペクトがある感じ。超ヘッズな感じで。

(R-指定)おお、めっちゃいいやん。

(DJ松永)で、俺が世界一になったことももちろん知っていて。俺が出たワイドナショーとかnews zeroとかも録画してくれていて、何度も見てくれているみたいで。本当にリスペクトがあって。めっちゃありがたいって思って。で、「ありがとうございます!」って。

(R-指定)おお、カッコつけてるやん。ギャルの前で!

(DJ松永)「あ、ああ……見てくれたんすか? ありがとうございます」って。

(R-指定)目を細めてカッコつけて……(笑)。

(DJ松永)で、もう1人の子がヒップホップあんまり詳しくないみたいで。「えっ、世界一なの? えっ、世界一わかんない。私、別に知らない、知らない。えっ、DJってよくわかんない」みたいな。

(R-指定)うわあ……。

(DJ松永)もう1人の子は強めの子なんだけども。「えっ、世界一? DJってなにがすごいの? それで世界一? 私、全然わかんない」って。なんか「知らない」っていうことで若干マウントを取ろうとするっていう。悪い子じゃないんだけども。でもたしかにさ、全員に知ってもらえているとはこっちは思っていないよ。だから言わなくていいんですよ。言わなくていいじゃん? いいんだけど、めちゃめちゃ知らないことをかざしてくるから。でも俺、別に気を悪くしているわけじゃないよ。「まあでも、言うなー」とは思っていたんですよ。「私、ヒップホップとか知らない。ヒプマイぐらいしか聞かない」って言うのよ。

(R-指定)えっ? ヒプマイ、すごっ! だって、ねえ。「DJ? なにがすごいの? なにがすごいの?」って言っている子が……。

(DJ松永)それが、ヒプマイは知っているの。それで横にいた人が「えっ、こいつ、ヒプマイの曲、作っているよ?」「えええーっ? ええっ? えええーっ!? ああーっ! 好きっ、好きーっ!」って(笑)。

(R-指定)ええーっ? 手のひら、すごっ!(笑)。えっ、最速手のひら返し(笑)。

(DJ松永)「ええっ、好き! えっ、私、ヒプノシスマイクが本当にすごい好きで……」とかって。

(R-指定)おお、口調も変わっとる(笑)。

(DJ松永)「ええっ、私、あの、あの……オオサカ・ディビジョンのどついたれ本舗が一番好きで……」「どついたれ本舗の曲、作っているよ」「ええっ! もしかして……『あゝオオサカdreamin’night』を作っている人ですか?」「はい」「え”え”え”ーっ! 好きーっ!」って(笑)。

(R-指定)フハハハハハハハッ! えっ、待て待て……(笑)。さっきまでの「え? DJ? なにがすごいの? DJ? なに、わかんない? なにがすごいの?」っていうのから……(笑)。

(DJ松永)しかもこれ、盛ってないからね。フハハハハハハハッ!

(R-指定)マジで?

(DJ松永)これ、マジだから。そしたら「え”え”え”ーっ! 好きーっ!」っつって。

(R-指定)待て待て。発声法も変わってんねん。声を出す場所も変わっている。すごい。喉からだけじゃなくて鼻からも出してる「好きーっ!」っていうのを。

(DJ松永)だから俺、それを聞いてヒプノシスマイクって本当にすごいなって思って。

(R-指定)すごいな。そんな変えてしまうんや。その子を。

(DJ松永)そうよ。世界一が効かなかった子がヒプノシスマイクで「ええっ、好き!」ってなるのよ。俺、「世界一ってなんだろう?」って思ったけどね。

(R-指定)だって世界一に対しては低めの声で「えっ、なに? なにがすごいの?」って言っていたのに、ヒプノシスマイクって言った途端に「ええっ、好き! 私……」って。もう変わっとるやん。人が変わっている。

(DJ松永)もうめっちゃ好きで。そこからその子、止まらなくて。その子、本当にマジで毎日聞いているみたいなのよ。マジで毎日。「今日も聞いてきました。私、具合が悪くて仕事に行けないっていう日も『あゝオオサカdreamin’night』のイントロを聞いたら生理痛が治るんです!」って。

(R-指定)ええーっ!?

スポンサーリンク

『あゝオオサカdreamin’night』

(DJ松永)でも聞いたら、生理痛ってよっぽどのことらしいんですよね。でも、生理痛が治るらしいよ。『あゝオオサカdreamin’night』を聞いたら。で、自分でイントロを歌いだして。「テンテンテン、テレレッテ……♪ ああっ、もう歌えない!」とかって言うのよ(笑)。

(R-指定)フハハハハハハハッ! ちょっと待て……(笑)。

(DJ松永)「バースの頭に行けない!」とかって(笑)。

(R-指定)おい、「バース」って知ってるやんけ! 「バース」って言えてるやつがなんでDJわからへんねん!

(DJ松永)で、「私、もともと実はシンジュク・ディビジョン推しだったんです」って。

(R-指定)ああ、シンジュク・ディビジョン。麻天狼や。

(DJ松永)で、はじめて地方でディビジョンができて。オオサカもすごい懐疑的な目で見ていた。「どんなもんだ?」って思って新しいものに対して懐疑的な目で見ていたけど、再生をしたらもうイントロで「え”え”っ、好きーっ!」って……(笑)。

(R-指定)で、そのイントロを作ったの、誰よ?

(DJ松永)俺や……。

(R-指定)そうよ!(笑)。すごいよ。

(DJ松永)で、聞くと推し変をするってよっぽどのことらしいのよ。なかなかないんだって。推し変するって。好きなものがガラッと変わって。いまは本当にどついたれ本舗……特に1バース目の白膠木簓にもう首ったけらしくて。

(R-指定)ちょっと待ってよ……。

(DJ松永)それで「なんかもう本当、私、ごめんなさいね……」って。ほら、ガールズバーだからさ。

(R-指定)ちょっと待って。敬語になっているやん? 最初はタメ語やったやん?

(DJ松永)そう。最初は超カマされているよ。それがもう敬語で。「もう、神! 神!」っつって。で、俺が座っているじゃないですか。で、あっちはカウンター越しに立っているじゃないですか。「すいません。ちょっと頭が高いですね」って座りだして。「目線を落とします」とかって言って。目線を落として。で、「アニクラ」っていうのがあるの、知ってますか?

(R-指定)ヤニクラ? タバコ吸ってんの?

(DJ松永)フフフ、違う(笑)。アニクラ。ヤニクラじゃないんですよ(笑)。で、アニクラっていうのがアニソンがかかるクラブのことらしくて。で、その子は最近、結構アニクラに行くらしいんだけども。アニクラも女性限定のイベントとかがあるらしいのよ。

(R-指定)へー!

(DJ松永)女性限定のイベントっていうのはやっぱりその、異性の目を気にせずに本気でギャーッ!って騒げるからいいんだって。だから女性限定のアニクラはすごい重宝されているらしくて。そこで……もうアニソンの歴史ってすごく長くて。もういろんな名曲があるじゃないですか。

(R-指定)アニソンなんてクラシックだらけよ。

(DJ松永)ねえ。その中で、そこそこ盛り上がっている中、壁にもたれかかっているような人とかも結構いる中、盛り上がりきっていないフロアに『あゝオオサカdreamin’night』のイントロがパンッて流れた瞬間、フロアがボーンッ!ってなって。大爆発したんだって。で、その子も「うおおおおーっ!」って前に走っていったって。

(R-指定)マジで?

スポンサーリンク

アニクラでフロア大爆発

(DJ松永)『あゝオオサカdreamin’night』、すごいことになっているらしいよ。

(R-指定)えっ、アニクラ、営業を……?

(DJ松永)そうよ。アニクラでライブ……しないとな。

(R-指定)なあ!

(DJ松永)女性限定イベントの時に(笑)。

(R-指定)女性限定イベントの時な!

(DJ松永)しないといけないわ!(笑)。

(R-指定)だから、かっこええやん。顔、知られていないわけやろ? 言うたらその子みたいな感じで。で、俺らはこっそり行って「新しいDJ、今日はなんのアニソンかけるのかな?」って。それで『あゝオオサカdreamin’night』をかけた時に俺、ちょっと一応マイクを通して。大きめの声で「これ、作った時は大変やったな」とかって言うわ(笑)。

(DJ松永)「わかる!」っつって(笑)。

(R-指定)「これ、イントロどのタイミングでできたん?」。

(DJ松永)「でも、イントロ……最初!」(笑)。

(R-指定)フハハハハハハハッ!

(DJ松永)当たり前だろっていう(笑)。

(R-指定)いや、すごいな。

(DJ松永)すごいんですよ。で、だからその子、いかに『あゝオオサカdreamin’night』がすごいかっていうのを伝えたいらしくて。でも、その子の言葉が追いついていないらしくて。「ああ、もう! 脳みそを取り出して松永さんにそのまま渡したい!」とかって言って(笑)。

(R-指定)フハハハハハハハッ!

(DJ松永)「もう、私の言葉じゃ、足りない!」とかって言って。

(R-指定)もう脳みそをそのまま直で見てほしいと(笑)。

(DJ松永)で、「サインをください」って言うのよ。俺のこと、知らない子よ? 俺のこと知らないのに、「サインください」とかって言って。

(R-指定)すごいな!

(DJ松永)で、SUICAのカードを取り出してきて。「SUICAに書いてください」って言うからパーッとサインを書いたのよ。それで書いて返したら「ありがとうございます!」とかって言って。「おい、スタッフ! このSUICA、ラミネートしろ!」って(笑)。

(R-指定)フハハハハハハハッ!

(DJ松永)「なんだよ、それ(笑)」「いや、これ消えちゃうんで。ラミネートしないと……」って。

(R-指定)えっ、世界一……。

(DJ松永)いや、世界一ではなびかなかった子が。でもこれ、熱量すごいじゃん。ヒップホップファンでここまでの熱量ってないじゃないですか。だからすごい、気恥ずかしいけども。でも、これ手のひら返しだったけども俺、嬉しかったの。普通に。嬉しいじゃないですか。俺の作った曲でそんなさ、生活が本当に支えられているって感謝してくれて。

(R-指定)だって、正直あれよ? そのイントロを聞いただけで生理痛が治る。推しやったシンジュクからオオサカに乗り換える。寝取った上に……もう抱く以上のことしてんねん。寝取って、寄り添っているんやから。「大丈夫か?」って。お前、すごい男やな。

(DJ松永)で、だからやっぱり「あ、あの……どうやって貢いだらいいですか?」って言われて(笑)。

(R-指定)フハハハハハハハッ!

スポンサーリンク

「どうやって貢いだらいいですか?」

(DJ松永)「うーん、じゃあ、いまからAppleMusicに登録して、リピート再生してください」っつって。そしたら、その場で「登録します!」って(笑)。

(R-指定)お前、完全に調教してるやん。なにしてんの、お前?(笑)。

(DJ松永)「AppleMusicがいちばん還元率が高いらしいんで」って(笑)。

(R-指定)こいつ、マジかよ……(笑)。

(DJ松永)それでこの子、「はあ……もうダメ! もう、歌います!」とかって言って。もうカラオケで『あゝオオサカdreamin’night』を入れだして。

(R-指定)フハハハハハハハッ!

(DJ松永)「♪♪♪♪」ってイントロが流れ出して。それで歌い出したんだけども。あれって、もうキャラクターが3人いるじゃないですか。で、一人ひとりが全然個性が違うから、1人で歌い分けるのって難しいじゃないですか。Rさんはさ、『みんなちがって、みんないい。』とかでもいろんなラップを……もうすごい技術があるから歌い分けもできて。それでデモを作ってヒプマイに送って。それを3人に歌ってもらうっていう感じだったけども。でも、難しいじゃん。できるわけないじゃん。

(R-指定)そうよ。素人じゃ無理よ。正直。

(DJ松永)だから「ああ、拙いラップを聞くことになるんだろうな。微妙な空気になるんだろうな」って思ったんだけども、完璧すぎて引いたのよ。

(R-指定)えっ? できてた?

(DJ松永)もう全員、3人の声色を分けて、完璧にできていて。で、サビの後半でさ、掛け合いみたいなのもあるじゃないですか。あれも声色、全部変えてて。

(R-指定)ええっ?

(DJ松永)その天谷奴零の低い声も全部出して。で、天谷奴零のバースの最初、三連符でちょっとムズいじゃないですか。あれも完璧。低い声で三連符。

(R-指定)ちょっと……仕事、なくなるやん。やめてよ……。

(DJ松永)フフフ、本当にすごい。マジでびっくりした。本当に。

(R-指定)えっ、で、「もうダメだ!」ってなんで歌うの、その子? 意味がわからん……。

(DJ松永)知らない。だって俺さ、RHYMESTERが死ぬほど好きだけどさ、RHYMESTERが目の前に来たら「もうダメだ……歌います!」って言わないもん。

(R-指定)ならへん、ならへん(笑)。

(DJ松永)で、なんかもうちょっとでも俺にお金を入れたいらしくて。「いますぐ歌います!」って歌って。それで歌いながらも歌詞を解説するの。「ここが好きで……」とかって言うのよ。

(R-指定)待て待て待て。

スポンサーリンク

歌いながら歌詞解説

(DJ松永)歌詞解説付きで。すごい褒められて気持ちいいから。別に「Creepy Nutsで2人組で……」とか、作った人のことも全く知らないから。なんか「ここの歌詞が好きで……!」「ああ、うん。ありがとね」って言っちゃって(笑)。

(R-指定)いやいや、書いたの、俺や! なにしてん! 横取りよ!

(DJ松永)いやいや、なんか『あゝオオサカdreamin’night』がすごかったのって、いままでの曲よりも歌詞の重厚さがハンパない。いろいろな要素が詰まっていて。ダブルミーニングとか言い回しがすごかったりとか、いろんな関係性とか文脈を回収していて。何度も聞けるっていう。なんかアニメファンとかって考察するのが好きな人たちだから、それがすごくよかったんだっていう。それで「ああ、うん。そういうの、気づいてくれた?」って(笑)。

(R-指定)お前な!(笑)。

(DJ松永)「ありがとね。でもこれ、普段の俺らの曲……これ、いつも通りなんすよ。俺らがもう1回、どついたれ本舗の曲を書くことがあったら、本当に同じぐらいのクオリティでまた出すよ?」「えっ、本当に? えっ、あの……本当に好きです!」って言われて。「ああ、まあまあ……うん。ありがとね」って(笑)。

(R-指定)おいおい、お前……。

(DJ松永)「ありがとね」って。リスナーのみなさん、聞いてますか? こういうファンを見習うのよ?

(R-指定)フハハハハハハハッ!

(DJ松永)こういうファンを見習うの。

(R-指定)お前、そのすごい重厚な歌詞を書いたすごい友達の話とか、せえへんかったの? 俺のこと……。

(DJ松永)するわけないじゃん。

(R-指定)お前、ヤバいな……完全に歌詞……。

(DJ松永)もうその日、あらゆる称賛を全て一手に引き受けました(笑)。

(R-指定)おい、ズルいぞ!

(DJ松永)気持ちよかったー! ああ、これ、タイムフリーでその子に聞かせないでね?

(R-指定)聞かせろよ、みんな!(笑)。

DJ松永にヒプマイ・どついたれ本舗愛を語った女オタク店員に話を聞いてきた
DJ松永さんがガールズバーで出会ったかなりのヒプノシスマイク、オオサカ・ディビジョンのどついたれ本舗のファンの女オタク店員とコンタクトを取ることに成功! その日の模様など、あれこれとお話をうかがってみました!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました