スポンサーリンク
スポンサーリンク

ZORNとR-指定 今となっては恥ずかしい韻の踏み方を語る

ZORN 少年院を主席で卒業した話 Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

ZORNさんが2020年2月18日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』に出演。R-指定さん、DJ松永さんと今となっては恥ずかしいと感じる韻の踏み方や楽曲などについて話していました。

(DJ松永)続いて。「恥ずかしい韻の踏み方をしてしまったことってありますか?」。

(ZORN)ああー、ありますよ。

(R-指定)こんなもんね。

(DJ松永)あるんですか?

(ZORN)ありますよ。

(DJ松永)それは、それこそ昔? 近々でも?

(ZORN)いやいや、今日出た曲もほぼほぼ恥ずかしい踏み方で固めてますね。

(DJ松永)ええっ?

ZORN『Have A Good Time feat. AKLO』

(R-指定)いやいや、そんな……でも「恥ずかしい」っていうのはあれでしょう? ZORNさん的に言うと飛距離がありすぎて自分でも笑ってしまうような韻っていうことでしょう?

(ZORN)まあまあまあ、そう捉えてもらえるとありがたいのかな。でもなんか、うん。恥ずかしいっちゃ恥ずかしいことの繰り返しなので。

(R-指定)フフフ。

ZORNとR-指定 韻の飛距離を語る
ZORNさんが2020年2月18日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』に出演。R-指定さん、DJ松永さんと韻の飛距離について話していました。

(DJ松永)えっ、「マジで黒歴史だな。本当にこの曲、聞いてもらいたくないな」っていうぐらいの韻とかってあるんですか?

(ZORN)韻っていうか曲単位で言うと、今日のラジオの1曲目でかかっていた曲なんだけども。

(R-指定)はいはい。あの松永さんと作った……ああ、お前のせいや(笑)。

(DJ松永)おい、スタッフ! あとでZORNさんに菓子折り持ってこい!(笑)。

DJ松永『東京Night Walker feat. ZONE THE DARKNESS, 輪入道』

(R-指定)フハハハハハハハハッ! でもそれこそZORNさん、バトルとかって、結構制御不能で出てしまう恥ずいやつも……?

(ZORN)うん。そうだね。クセしか出ないよね。バトルは。

(DJ松永)たしかに、バトルはありますよね。たしかに。

(ZORN)でも記憶から消していくからさ。そういったことは(笑)。

(R-指定)バトルはなー。

(DJ松永)たしかに。バトルの恥ずかしい韻をいちいち覚えていたら、生きてられないですよね。

(R-指定)でも10代の頃のバトルとか俺、もうマジで見てられへん。自分のは。

(ZORN)見てられないと思うよ。

(DJ松永)キャラクターも違いません? ZORNさんもRも。

(ZORN)フフフ、人格が違うよ(笑)。

(DJ松永)ZORNさん、なんか肌、黒くなかったですか?

(ZORN)フハハハハハハハハッ!

昔はキャラクターが違った

(DJ松永)肌、黒かったっすよ。なんかすごいピチピチのTシャツを着て。明らかに怖いっていう(笑)。今じゃ考えられない……。

(ZORN)今はルーズでしょう?

(DJ松永)ルーズで自然な肌の色をしているけど。今じゃ考えられない。笑顔とかじゃなかったですもん。めっちゃキレッキレでしたよ。

(ZORN)眉毛もめちゃくちゃ整えていたしね。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ! 怖っ!

(R-指定)ホンマにいかつかったですよ、めちゃめちゃ。ZORNさんは。

(ZORN)いや、そんなことはないと思う。かわいらしかったよ?

(DJ松永)いや、かわいらしくはないですよ(笑)。

(R-指定)でもホンマに顔はずっとイケメンっすから。

(ZORN)いやいや……。

(R-指定)でもいまMixChannel、映像が映っているんですけども。ホンマにかっこいいっていうね。ZORNさんの場合はラッパーというか……。

(ZORN)いやいや、よくないよ(笑)。よくないんだよ、それ。

(DJ松永)この褒め方、やめた方がいい?(笑)。

(ZORN)うん(笑)。

(R-指定)でもバトル、俺も恥ずいのは……。

(DJ松永)だってRもキャラクター、全然違うからね。

(R-指定)今、あんなやつ出てきたら俺、めっちゃ嫌い!

(DJ松永)めっちゃ嫌い?(笑)。

(ZORN)でもそういうやつが強いからね。

(DJ松永)そうか!

(R-指定)俺はでも、10代野頃はホンマに生意気でしたよね。めちゃめちゃ。

(ZORN)でもそうでなきゃ勝てなかったりもするからね。

(DJ松永)なんかおちょくるスタイルでしたよね?

(ZORN)おちょくるスタイルだったよね。

(R-指定)そうですね。

(DJ松永)結構……俺、メシアTHEフライさんをおちょくっていた時、「信じられない!」って思って。

(R-指定)信じられへんな!

(DJ松永)「お前、殺されるぞ?」って(笑)。

(R-指定)いい加減にしろよ、俺!

(DJ松永)メシアTHEフライさんっていうね、JUSWANNAというラップグループのラッパーで。かなりいかついですよ?

メシアTHEフライ vs R-指定

(R-指定)でも当時、それこそZORNさんとか僕らの世代で10代で名を上げようとしたらマジでその大人の人に本気で勝ちに行くみたいな。

(ZORN)ああ、そうだよ。食ってかかっていかないと。

(R-指定)だからたぶん……それで俺は別に不良とか何でもないけども、ステージ上。ラップは「もうここでしばかれてもしゃあない」って思ってやっていたぐらいなんで。

(DJ松永)ああ、そうか。そのぐらい……。

(R-指定)そんぐらい自分を出して。そこで怒られたり、やられたらもう……それはラップの方が好きやからしょうがないぐらいの感じで出てたのはあるっすね。当時。

(ZORN)でも、それをありにした最初の1人な気がするね。上手ければ、スキルがあれば年齢は関係ないみたいな。で、ハーコーな感じでもナードな感じでも、どんな人でも関係ないみたいな。そういう印象を受けたのを思い出したよ。

(R-指定)ちょっと嬉しい……。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ! すごい喜んでいる(笑)。

(ZORN)でも、その自負はあるでしょう?

(R-指定)いや、でもそれをZORNさんに言ってもらえるのが嬉しいんで。今、めちゃくちゃ鼓膜がいい揺れ方しています(笑)。

(ZORN)気持ち悪い(笑)。

(DJ松永)ちょっと気持ち悪いっすね(笑)。でも、Rな、これ、Radikoのタイムフリーのシェアポイントだよな?

(R-指定)もう1回聞く。自分で(笑)。

(DJ松永)もう1回聞くな?(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました