スポンサーリンク

ハライチ岩井 東京都美術館・ムンク展を語る

ハライチ岩井 東京都美術館・ムンク展を語る ハライチのターン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(岩井勇気)面白いっすよ、ムンク展は。

(澤部佑)ムンク展ね。でも、そこまでビッグネームが来るとね。

(岩井勇気)やっぱり一生に1回は見たいじゃないですか。

(澤部佑)そうね。『モナ・リザ』とかね、見たいね。

(岩井勇気)いや、いいですよ。本当に。結構見に行ったね。

(澤部佑)ムンク?

(岩井勇気)いや、絵画ですよ。

(澤部佑)他、有名なのは何を見てる?

(岩井勇気)モネの『睡蓮』とかね、フェルメール『真珠の耳飾りの少女』とかね。

(澤部佑)ええっ! 『真珠の耳飾りの少女』を見てるの?

(岩井勇気)見てます。

(澤部佑)超すごいじゃん!

(岩井勇気)すごいいいんだよね、あれがまた。吸い込まれるような感じで。

(澤部佑)ええっ?

(岩井勇気)なんか……そもそも人物画じゃないですか。でも、なにかをモデルにして書いているわけじゃなくて、想像上の女の人をあれは書いているんだよね。

(澤部佑)うん。

(岩井勇気)光の当たり方とか、架空の当たり方なの。こっちから光が当たっているのに、こっちから当たっているのはおかしい、みたいな。そういう見解があるんだけど。だから、あれは二次元女子なんだよね。

(澤部佑)なるほどね! そういう考えっちゃあ考えか。

(岩井勇気)で、きれいだし。萌え絵だよね、あれね。

(澤部佑)ええっ? 萌え絵なの? あれ。

(岩井勇気)あれは萌えだね。

(澤部佑)でも、本当にそうか。自分の好きなかわいいと思ったのとか……。

(岩井勇気)美しいと思った感じを書いているわけじゃない?

(澤部佑)という可能性もあるわけだ。へー!

(岩井勇気)で、そのムンク展がさ、どんどん絵を見ていくにつれてタイトルに「不安」とかっていう絵が増えていって。で、「憂鬱」みたいな絵からまたどんどんうねりだしてきてさ、『叫び』になるんだけど。でも『叫び』の後、たぶんムンクは『叫び』で売れたんだろうね。どんどんどんどん明るい色使いになっていくんだよね。

(澤部佑)ああー、よかったー! 救われたね、なんか。そうかそうか。

(岩井勇気)明るい色使いになって。でさ、その後ですっごい娼婦も絵みたいなのを書いている時期があるんだけど。「遊びだしたのかな?」みたいな(笑)。

(澤部佑)フハハハハハハッ! 稼いだ金で遊びだした可能性はあるよね。

(岩井勇気)そうそう。で、その後もすごいのよ。『叫び』を書いたとは思えない。なんかすっごい、うねっていないきらびやかな『太陽』っていう絵を書いて。

ムンク『太陽』

(澤部佑)おおっ!

(岩井勇気)で、そう。きれいだなって思っていたら、晩年はやっぱりノルウェーが戦争に巻き込まれたらして。で、いろいろと病気も患ったりして。そしたら最後の晩年、いちばん最後の頃にやっぱりちょっとだけうねって。終わっちゃうんだよね。

(澤部佑)ああ、うねった……うねたねー。まあ、でもそれはすごいな。すごい人生だな(笑)。

(岩井勇気)最後、ちょいうねりで終わってますねー。

(澤部佑)ちょいうねり、叫びちょい戻りで。いや、見たことないな。そういう世界的な絵。ないっすよね? いや、ないな。

(岩井勇気)そうですね。いやー、すごいっすよ。なんか。

(澤部佑)それ、基本的にはちょっとすごいセンスがありますみたいな人がいっぱいいるの?

(岩井勇気)いや、おばさんとかおじさんとか……じいさん、ばあさんが多いね。

(澤部佑)年齢層が高いのか。

(岩井勇気)だからまあ、1回見ておきたいみたいな人が多いんじゃないの? 基本的には。

(澤部佑)なるほどね。

(岩井勇気)美大みたいな人もいるけどね。

(澤部佑)で、またちょっとヤンキーイグジットみたいな2人組もいるわけでしょう?

(岩井勇気)そう。

(澤部佑)いくらなの?

(岩井勇気)1600円。

(澤部佑)1600円かー。1600円なら、いいか。

(岩井勇気)めっちゃセンスありそうな人もいたよ。

(澤部佑)えっ?

(岩井勇気)金田一耕助みたいな格好をした人も。

(澤部佑)いやー、すごいじゃん! あの?

(岩井勇気)うん。

(澤部佑)石坂浩二さんみたいな?

(岩井勇気)高めなハットみたいなのをかぶって。

(澤部佑)スナフキン的な? 下も金田一耕助?

(岩井勇気)みたいな(笑)。ケープみたいな、なんかさ。

(澤部佑)金田一耕助なんじゃないの? ええっ!

(岩井勇気)いたね。

(澤部佑)へー。そういう人はいろんなところを見るんだろうね。それこそ。

(岩井勇気)見たね。

(澤部佑)筆使いを。へー。

(岩井勇気)なんか、母親が見たいって行って、「『叫び』、すごかったね」なんて。最後、帰りに物販で『叫び』の橋のところで叫んでいるピカチュウのハンカチを買っていたのを見て、ちょっとだけ引いたけど(笑)。

(澤部佑)フハハハハハハッ! いや、いいだろ、別に? かわいい。それは別にいいだろ、ピカチュウが叫んでるやつは。

ムンク展・ピカチュウコラボ

(岩井勇気)本当にいいと思っていたのかな?って、ちょっとだけ思ったけどね。

(澤部佑)いろんな良さがありますから。別に。ピカチュウとのコラボもいいじゃない?

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました