スポンサーリンク

ハライチ岩井 メタバースを語る

ハライチ岩井 メタバースを語る ハライチのターン
スポンサーリンク

ハライチ岩井さんが2022年5月12日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』の中でメタバースについて話していました。

(岩井勇気)ということで、今週のネコちゃんニュースはこちら! 「ネコになれるネコバース誕生!」。ネコのメタバース、「ネコバース」の配信が始まり話題を呼んでいます。このサービスは、プレイヤーがネコになりきり、森の中に巨大な滑り台やシーソーなどが設置されている仮想空間で自由気ままに遊べるというもの。しかし、猫バースという名前と同じサービスが既にあることが判明したため、最近「ネコデース」という名前に変更されたそうです。

(澤部佑)すごい……大変な事件が起きてるじゃないですか。この会社からしたら、もう。

(岩井勇気)ネコデースにしたんですね。

(澤部佑)ネコデースでいいんですか?(笑)。ネコバースから?

(岩井勇気)メタバースっていうのはわかりますか? でも。この間もね、NFTでしたっけ?

(澤部佑)この間もそっち系のニュースを扱ってきましたよね?

(岩井勇気)NFTは、あれですもんね。待ち受けなんですもんね?

(澤部佑)NFTは待ち受けです。あれは。何千万もかけて。

(岩井勇気)高額で待ち受けを買うんですよね?

(澤部佑)ナイキのシューズのが何千万とかでしたっけ? それだけ払って待ち受けを買っているという。

NFTは待ち受けを買うもの

(岩井勇気)そういうことですよね。メタバースはどういう感じなのかね? だから、一応なんか、あれなんじゃない? アバターみたいなことでしょう?

(澤部佑)そうそう。

(岩井勇気)だから、あれか。『ドリランド』みたいなやつか。

(澤部佑)『ドリランド』ってなんだったっけ?

(岩井勇気)モバゲーみたいなやつ?

(澤部佑)ああー、ええと、だからなんかあったな! あったね。

(岩井勇気)だから、モバゲーだよね。言ったらね。

(澤部佑)でも、そういうことでしょう? なんだっけ? 『ポップハライチ』っていう番組をやらせてもらった時にメタバース、いろいろ説明してもらったじゃない? ポップカルチャーを紹介してもらう番組で。で、結局いろいろ突き詰めていったら、「これを進化させて何がやりたいんだ?」っていうと、「リモート会議を充実させたい」みたいな(笑)。リモート会議を充実するためにやっているみたいなことを言っていたから、よくわかんなかったんだよね。

(岩井勇気)だから、あれだよね。リモートで自宅で会議してるじゃん? なんか画面で。あれを、この中で会議室でやりたいっていうことでしょう?(笑)。

(澤部佑)そう。そういうことなんじゃない?

(岩井勇気)向こうの会議ってやりたいってことだよね? 結局ね。

(澤部佑)そうそう。あっちの世界の。

(岩井勇気)で、差し棒みたいなの、自宅だとないでしょう?

(澤部佑)ないね。

(岩井勇気)だから、向こう行って。そうすれば、向こうのメタバース内の指し棒みたいなのが使えるから(笑)。

(澤部佑)ああ、アイテムが充実してるんだ。

メタバース内の会議室で充実した会議をしたい

(岩井勇気)で、会議室のアイテムもあるっていうことで。自宅だと会議室のアイテムはないじゃない? でも、メタバースの会議室だったら会議室のアイテムがあるから。会議室のホワイトボードとか、メタバースのホワイトボードがあるから。

(澤部佑)会議のためなの? 本当に? なんか、すごい金額をかけて進化させようとしてるんでしょう? いろんな会社が、こぞって。結局、何をしたいの? これを進化させて。

(岩井勇気)向こう側に会議室を作りたいんだよ。だから(笑)。

(澤部佑)フハハハハハハハハッ! それで、また新たな発想を生み出そうとしてるの?

(岩井勇気)そういうこと、そういうこと。自宅じゃ会議してる感じになんないじゃない? 向こうの会議室で会議するっていうことだから。NFTは高いお金かけて待ち受けを買うっていうことだから。メタバースは向こうに会議室を高い金かけて作るっていうことだから。

(澤部佑)間違ってないか、その認識? 俺ら、なんか取り残されてないか? 時代から。

(岩井勇気)取り残されてないよ。これが最先端なんだよ?

(澤部佑)最先端なの?(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハライチのターン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました