スポンサーリンク

ハライチ マジ歌選手権2020収録を語る

佐久間宣行 マジ歌選手権収録終了後のバナナマン日村との会話を語る ハライチのターン
スポンサーリンク

ハライチのお二人が2020年12月10日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』ラジオクラウドの中でゴッドタン・マジ歌選手権2020の収録について話していました。

(澤部佑)いや、俺も(『バナナサンド』のノーリアクション王の)日村さんのを見て思ったわ。なんか「すごいな」って。マジ歌もあったじゃん? マジ歌もまあ、日村さんが毎年トップバッターじゃん? 日村さんを見ていて俺、なんか途中が泣きそうになっちゃってね。

(岩井勇気)なんで?

(澤部佑)面白いし。なんか……すごすぎて。

(岩井勇気)マジ歌って俺、本当にでも見てると泣きそうになっちゃうんだよね。

(澤部佑)なるなる。

マジ歌を見ていると泣きそうになる

(岩井勇気)なんか、本当にこう……もうガチガチじゃないですか。バラエティーとかって。できることもさなんか狭まってきていて。その中でみんな、あんなにバカなことをやっている。歌に乗せて。

(澤部佑)「こんなに面白いんだ!」って(笑)。

(岩井勇気)あれ、なっちゃうよな?(笑)。

(澤部佑)「はあー!」ってなるよな。みんな面白かったね。今年も。

(岩井勇気)みんな、面白かったね。いや、今回は特に俺、めちゃくちゃリハしたんだよ。

(澤部佑)ああ、そうか練習から。

(岩井勇気)曲をさ、やっぱり曲自体は俺は作ってないのよ。音楽はね。でも、その出来上がってきたのを聞いた時に、「うわあ……」って思って。佐久間さんとかと打ち合わせしていてさ。「ちょっとこれ、曲を聞いて思ったんですけど。本当は言いたくないですけど……これ、踊るやつですね?」って。言ってね。

(澤部佑)それは、そうね。でも毎回、ちょっと踊ってるじゃん?

(岩井勇気)踊っているけど。まあロックっぽいから、ハンドマイクで多少踊るみたいな。それでごまかしごまかし……俺、踊れないからさ。ダンサーの方に教えてもらっていると、本当にキレちゃうから(笑)。

(澤部佑)お前はキレちゃうからな(笑)。「いや、だからっ!」って言っちゃうからな。

ダンスを教えるダンサーにキレる

(岩井勇気)「この動きをしてください」って言われて。「えっ、わかんないっすね?」「ああ、この動きです。こうです」「だから、それがどう動いているのかがわかんないんですよ?」っていう(笑)。

(澤部佑)「あなたたちみたいにダンスを何年もやってないから、できないんです」っていう(笑)。

(岩井勇気)「この動きとこの動きの組み合わせだ、とかもわからないですから!」っていう。

(澤部佑)ダンサーさんにそう言うんだよね(笑)。そうね。

(岩井勇気)でも、今年はもう本当にマイクをヘッドセットにしてもらってさ。

(澤部佑)踊ってたね!

(岩井勇気)めっちゃ踊ったわ。

(澤部佑)しんどそうだったもんね。踊って歌って……。

(岩井勇気)うん。いや、もう2番とかも声が出ないんだよ。疲れちゃって。生涯で一番踊ったわ。あれ。

(澤部佑)フフフ、まあそうだろうね。いやー、あれも、だからマジ歌は29日とかかな?

(岩井勇気)まあ、面白いんでぜひ。そうだね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハライチのターン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました