スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪と白幡いちほ 男性アイドルグループを語る

吉田豪と白幡いちほ 友達・ゆるめるモ!あのを語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

白幡いちほさんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと男性アイドルグループについて話していました。

(白幡いちほ)でも男性アイドルグループは本当に何年か前の地下アイドルの流れにいまなっているから。

(吉田豪)なっていますね。

(白幡いちほ)いま、何年か前に地下アイドルがやっていたことをやればすげー売れるじゃん?って思ったから、マジで金がほしい運営はやったらいいと思う(笑)。

(吉田豪)でも、いや本当にわかりやすく前の地下アイドル運営がいま、男子アイドルやっているじゃないですか。

(白幡いちほ)ねえ、そうそう! あとアイドルとかも「メンズアイドルをプロデュースします!」とかやってるじゃないですか。

(吉田豪)やってるよね! 最悪じゃないですか、あれ! 誰も喜ばないよ。

(白幡いちほ)最悪、最悪! 絶対に誰かと付き合うよ!

(吉田豪)そう。誰も望んでないじゃないですか。あなたの推しも喜ばないし、男子アイドルの推しも喜ばない!(笑)。

(白幡いちほ)なんでアイドルがメンズアイドルをプロデュースしているのを応援したいと思うんだよ?っていう(笑)。

(吉田豪)そう(笑)。「がんばって男子アイドル、成功させようね!」って……ならない、ならない。

(白幡いちほ)ならない、ならない(笑)。絶対付き合うから。本当に。

(吉田豪)絶対付き合う(笑)。

(白幡いちほ)これ、キャプ画にして。絶対付き合うから(笑)。

(吉田豪)まあ、付き合わなくてもやります!っていう(笑)。

(白幡いちほ)アハハハハハッ! 最低でもセフレ(笑)。でも、本当にそう思う。でも、すごい可能性がるジャンルだと思うから。メンズアイドルって。

(吉田豪)ビジネス的には。本当にわかりやすく「ジャニーズが弱った瞬間だ!」みたいな感じでみんなが来ているんですよ。

数年前で地下アイドルで流行ったことをやればいい

(白幡いちほ)そうそうそう! だから数年前に地下アイドルで流行っていたこととかバズッていたこととか成功していたことをまんま、いまメンズアイドルグループでやれば、まあまあいい位置には行くと思う(笑)。

(吉田豪)まあだからハードなチェキとかがいま、向こうに行っているわけですね。わかりやすく言うと。

(白幡いちほ)ああ、そうそう。いわゆるハグチェキみたいなこととか、チューチェキみたいなこととかがね。

(吉田豪)でも今回、いちばん面白かったのが男子アイドルの告発がなぜか流れで僕のところに来て。それは本当に「バレてほしい」ぐらいの感じで。こっちがさんざん気を遣っていろんなことを伏せたりしてるのに、「あ、全然。隠さないで大丈夫っす!」みたいな。

(白幡いちほ)アハハハハハッ! それ、見た。豪さんのやつ(笑)。

(吉田豪)「ええっ? 告発したいんだ、この人……」っていう(笑)。

(白幡いちほ)アハハハハハッ! バレてほしいのかな? みたいな。いや、おもろいなー。

(吉田豪)だからいろんな人が混ぜたがっていて。それこそさっき言った『ウタ娘』の流れのあるイベントがいま完全に男子アイドルと女子アイドルを混ぜたイベントをやっていて。

(白幡いちほ)うん。多い。最近ちょいちょいある。

(吉田豪)裏方のスタッフも男子アイドルで。それで深夜イベントで酒飲んでいるとかでやって。バックステージで仲良くしていたりするのを見るとうーん……一言で言うと「いけ好かない」っていう(笑)。

(白幡いちほ)いやー、萎える、萎える。マジで。

(吉田豪)本当に萎えるんですよ。

(白幡いちほ)なんかでも、ちょっと前にメンズアイドルグループがいるっていうのを聞かされていなかったから、ブッキングが発覚した時点で「出るのをやめます」って言ったグループがあったじゃないですか。あれ、言い方がちょっと角が立つ言い方をしているなと思ったけど、あながち間違ってもいないなっていう(笑)。

(吉田豪)うん。気持ちはわかるっていう。

(白幡いちほ)気持ちはわかるし、そもそも「メンズアイドルがいるから出るのをやめます」じゃなくて、「メンズアイドルがいることを事前に聞かされていなくて。そういう感じのイベントだとうちのブランディングに合わないからやめます」っていう言い方をちゃんとしていたら、全然別におかしくもないし。理解できるっていう感じだった。

(吉田豪)うん。それこそね、武道館アイドルフェスも2年目でメンズアイドルが大量に入ってきて。

(白幡いちほ)いっぱいいましたよね。

(吉田豪)メンズアイドルを入れた結果、集客が増えたんですよ。

(白幡いちほ)ああ、そうなんだ!

メンズアイドルの客は太い

(吉田豪)だからメンズアイドルって太い。太客が多いみたいで。ただでも、本当に女子アイドルの客っていうのは基本、誰が来ても盛り上げてくれるとか、サービス精神がすごいあるんですよ。

(白幡いちほ)うんうん。たしかにね。

(吉田豪)で、男子アイドルの客って結構ハードで、推し以外に興味がないんですよ。

(白幡いちほ)そうね。だし、結構「じゃあどれだけいい楽曲なの? どれだけいいパフォーマンスなの?」っていう目で見ている感じの人はいる気がする。

(吉田豪)で、もっと言うと女子アイドルのファンの人は、たとえば僕とかにもちゃんと声援を送ってくれたり、僕とかも盛り上げてくれるんですけど。男子アイドルの客は本当にこっちを一切見ていないんですよ。

(白幡いちほ)アハハハハハッ!

(吉田豪)本当に(笑)。「誰、このおっさん? あんた、いらないわ。邪魔だからどいて!」ぐらい。本当に冷たいんですよ(笑)。心、折れる……(笑)。

(白幡いちほ)アハハハハハッ! ウケるー(笑)。

(吉田豪)全然面白いことを言わない男子アイドルの全てに発言に「ワーッ!」ってなる感じの。「辛いわ、これ……」っていう。

(白幡いちほ)その結構盲目なところはあると思う。メンズアイドルファンは。でもそれは普通の女子アイドルの人にも盲目な人っているからあれだけど。そのメンズアイドル的な文化がまだ栄え始めの途中ぐらいな感じだから、すごいコアな人しかいないと思うから。まあまあ、これからね、そういうわかり手のファンが付くのかな?って。

(吉田豪)いま、僕がよく説明しているのが、「ビジュアル系とホストの中間みたいな感じですね」っていう。

(白幡いちほ)ああ、そうね。たしかに、たしかに。本当にそう思う。でも逆にいま、メンズアイドルをめちゃくちゃいい楽曲とかめちゃくちゃパフォーマンス高いとかっていうのでやったら、すげーファン取れると思うから。

(吉田豪)ねえ。『nerve』のカバーとかしないでね。ちゃんと志を持って(笑)。

吉田豪と白幡いちほ アイドルの安直な楽曲カバー問題を語る
白幡いちほさんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんとアイドル事務所移籍の大変さ、衣装がTシャツ+パニエのアイドル問題、そして安直すぎる楽曲カバー問題について話していました。

(白幡いちほ)そう!(笑)。ちゃんとしっかりした楽曲をしっかりした感じでやれば……。

(吉田豪)なんか地底感がまだあるんだよね。

(白幡いちほ)ちょっとね、地底の文化感があるから。ちゃんとクオリティーが高いものをやっている人もいるじゃないですか。中には。ボイメン(BOYS AND MEN)とか。

(吉田豪)はいはい。ボイメン!

(白幡いちほ)ボイメン、すごいよ。やっぱり。

(吉田豪)ボイメン、すごい! ボイメン、すごいぞ!

(白幡いちほ)私、ボイメン結構好きだから(笑)。

(吉田豪)ボイメン、好き!(笑)。

(白幡いちほ)なんか名古屋に一人旅した時に、1人で観覧車に乗ったんですよ。そしたらボイメンのキャンペーンやっていて。めっちゃボイメンのしおりとかもらって。すげーファンみたいになっちゃって。1人でボイメンの観覧車に乗りにきているめっちゃファンみたいな。私は一人旅したかっただけなのに。

(吉田豪)後ほどちょっと、お話をさせていただきます……。

(白幡いちほ)なんで? なんで?(笑)。でもそれきっかけで曲とか聞いて。そうしたら「ああ、いいじゃん。結構いいじゃん」みたいな。で、メンバーもすごい名古屋でチラシ配ったりとかしていて。

(吉田豪)(コメントを読む)「今日の回、すげーためになる」。やった!

(白幡いちほ)アハハハハハッ! よかったー!

(吉田豪)やっぱりね、運営の人だから、ちゃんとビジネスの話になるじゃないですか。

(白幡いちほ)ビジネスの。全然聞いて。なんでも聞いて、本当に。私、出し惜しみとかしないから。全部話すから。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました