スポンサーリンク

吉田豪と矢口真里 2019年のアイドル界の展望を語る

吉田豪と矢口真里 2019年のアイドル界の展望を語る AbemaTV
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪sんがAbemaTV『火曜The Night』にゲスト出演。矢口真里さんと2019年のアイドル界の展望を話していました。

(矢口真里)いやー、豪さん、でも忙しくないですか?

(吉田豪)全然、全然。

(矢口真里)いや、アイドルもチェックされていますし、テレビにも出演されていますし。なんと『やぐフェス』にも来ていただいたという。

(吉田豪)もちろん。『やぐフェス』で仕事していましたよ。

(岡野陽一)そうか。関係者席でね。

(矢口真里)ずーっとパソコンを打ちながらの。

(吉田豪)原稿が捗りました。

(矢口真里)フハハハハハハハッ! ありがとうございます。

(吉田豪)面白かったですよ。

(矢口真里)面白かったですか? ああ、よかった。

(岡野陽一)全部見てくれたんですか?

(吉田豪)僕はでも前半だけ、一部だけだったんですけど。あとから動画で見て、矢口さんの新曲、最高!っていう(笑)。

(矢口真里)おおーっ! うれしい! ありがとうございます! いや、めっちゃうれしい。豪さんに言われるとすごいうれしい(笑)。

(吉田豪)あれ、だって大森靖子さんがここに来た流れでできたわけじゃないですか。大森さんのインタビューをした時にやっぱりその話になって「矢口さんから『二期タンポポみたいな感じで』みたいなしていた来て。矢口が『二期タンポポ』って言うだけでも私たち、泣くじゃないですか!」みたいな。「わかりますっ!」っていう(笑)。「矢口さん、あそこにまだ熱い想いがあるんだ……」って(笑)。

(矢口真里)アハハハハハハッ! そんな話が展開されていたんですか? うれしい! いや、でもすごいいい曲で。私もめちゃめちゃ気に入っているんですよ、実は。だから早く配信なんかしたいなって。

(岡野陽一)「配信もあるかも」みたいなことを言ってましたけども。

(矢口真里)もしかしたらこの番組で配信できるかもしれないっていうのでいま、動いています。

(吉田豪)CD-R作りましょう、CD-R(笑)。

(矢口真里)ああーっ!(笑)。懐かしい(笑)。いや、でもアイドル界、結構去年動きましたよ。2018年のアイドル界は解散とかがすごい多かったじゃないですか。

(吉田豪)いまでも続いていますね。

(矢口真里)ああ、そうなんですか? もう?

(吉田豪)もうです。僕がいま、着ていますけども。昨日、There There Theresの解散が……。

(岡野陽一)えっ、解散したんですか?

(矢口真里)これ、私のインスタにもコメント来てました。

(岡野陽一)ゼアゼア、来てくれましたよね? えっ?

(矢口真里)解散、決まったんですか?

(吉田豪)決定です。

(矢口真里)うわーっ! そうか。脱退とかじゃなくて解散。

(吉田豪)そうですね。あと、ここでもおすすめに入れようと思っていたHAMIDASYSTEMとか、結構いろんなグループがいま、大変なんですよ。

(矢口真里)えっ、去年はどういうアイドル界だったんですか? 振り返ってみると。

(吉田豪)よく言っているのは、中堅どころが次々と倒れていった。

(矢口真里)そうなんですよ。ぱすぽ☆。ベビレとか……。

(吉田豪)やっぱりアイドルブームっていうのはたしかにピークが過ぎても、アイドル自体は面白いんですよ。新しいグループもどんどん増えているんですけど、中堅が力尽きちゃうんですよね。どうしても。

(岡野陽一)力尽きちゃう?

(矢口真里)なんかそうですね。たしかに力尽きた感が見える……。

(吉田豪)予算もかかるし。やっぱりどうしても、ある程度時間やっているとファンが減ってくっていうのはあるんですよね。

(岡野陽一)減っていくんですか?

(吉田豪)ずーっとだから右肩上がりになっていれば続ける気力ってあるじゃないですか。ちょっとずつセールスが落ちていく中で、自分も22歳ぐらいになった時、やっぱりみんな考えるじゃないですか。

(矢口真里)そうですね。次の人生を。

(吉田豪)そこで、どうしても心が折れたり。で、何人かがたぶん辞めて、何人かが辞める時に「グループ、続ける?」ってなった時にたぶん、「じゃあ、辞めようか」みたいになったり。そこで「新しいメンバーを入れて、ちょっと1回リセットしよう」っていう風になるグループと、そうならないグループに分かれたっていうことですね。

(矢口真里)はー! なんか説得力が……。

(岡野陽一)すごいな。絶対にそうなんだろうな(笑)。

(矢口真里)えっ、今年のアイドル界は? さっき「解散が決まったグループが多い」って言っていましたけども。どんなアイドル界になりそうですか?

(吉田豪)うーん。だから同じ流れは続くと思うんですよ。まだまだ。

(矢口真里)えっ、中堅が?

スポンサーリンク

2019年も中堅アイドル解散の流れは続く

(吉田豪)発表はされていないけども、どこかがなくなるらしいっていうのは1個、聞いていて。

(矢口真里)マジっすか? それ、中堅どころ? 有名な?

(吉田豪)有名な。

(矢口真里)うわーっ! そうなんですね。

(吉田豪)まだまだだと思うんですよ。

(矢口真里)これ、ファンの人の気持ちの整理というか……。

(吉田豪)そんな中でこういう番組をやってくれていることに本当に感謝しかないんですよ。

(矢口真里)ええーっ、そうなんですか?

(吉田豪)一般誌とかがなかなかアイドル企画とかをやらなくなっている時代にこんな無謀な……(笑)。

(矢口真里)アハハハハハハッ!

(吉田豪)なかなかメディアに出ないような人たちをこんだけ出してくれるなんて。しかも、こんな長時間。すごいですよ。

(矢口真里)まるっと、そうですね。

(吉田豪)僕はちょうどだからいま、SHOWROOMで毎週火曜日9時から11時まで2時間、番組をやっているんですよ。アイドルを中心に。だからそれとこれ(火曜The Night)がいかに重要なのか?っていうのをいうアイドルがすごい多いんですよ。

(矢口真里)ああ、同じ日なんですね。じゃあ、9時からやってその流れで見れるっていうことですか? すごい! 火曜日はアイドルの日なんですね。

(吉田豪)この2つの番組のおかげでアイドルを学んでいるみたいなのがあって。ちょっと偏ったアイドル知識が増えていくという(笑)。

(矢口真里)なんか市井紗耶香もゲストで行ったっていうのを聞いて。アイドル界のことをしゃべっていてって言っていました。

(吉田豪)なにが感慨深いって、その時に僕の単行本の発売記念だったんで、BUBKAの編集部の下のホールから放送っていう。市井紗耶香がBUBKAのビルに来たよ!っていう(笑)。

(矢口真里)アハハハハハハッ!

(吉田豪)なんかすいません!っていう(笑)。

(矢口真里)すごい! マニアックな(笑)。

(吉田豪)謝るぐらいの。「申し訳ないです、本当!」っていう(笑)。

(矢口真里)いやいや、うちらは全然大丈夫なんで(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました