星野源『アイデア』ビデオの色素が消える照明と嵐・松本潤を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で『アイデア』ミュージックビデオで使用した色素が消える照明は嵐・松本潤さんの紹介してくれたものだという話をしていました。

(星野源)茨城県の方。「Mステウルトラフェス2018、拝見しました。『アイデア』披露前のトークでミュージックビデオの中で使用した色素を消す照明を源さんに紹介したのが嵐の松本潤さんだとおっしゃっていましたね。以前、オールナイトニッポンでミュージックビデオの解説をしてくださった時に『この照明についてはもうひとつエピソードがある』とおっしゃっていたのはこのことだったのでしょうか? いままでのアイデアの供養と新たな再生、お葬式という裏テーマを汲み取ってダンスの振り付けにこっそり忍ばせてくれた三浦大知さん、紅白幕を鯨幕に変えるという演出を実現させる照明を紹介してくださった松本潤さん。

源さんのお友達であり、日本のトップで活躍するお二人が源さんの『アイデア』にアイデアを出してくださっていて、そのエピソードをMステで聞くことができてとても嬉しかったです。このエピソードも含め、『アイデア』のミュージックビデオがもっともっとたくさんの方々の心に届きますよう」ということで。ありがとうございます。

そうですね。ミュージックビデオの話もトークの時にちょっとさせていただきまして。以前、その通りです。オールナイトニッポンで「この照明についてはもうひとつエピソードがあって……」というのは潤くんがね、その照明を紹介してくれたという。

星野源『アイデア』ミュージックビデオを解説する
星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で『アイデア』のミュージックビデオについてトーク。コンセプトやアートワーク、三浦大知さんによるダンス振り付けの意味などを...

で、嵐の『Japonism』のライブの横浜アリーナ公演で潤くんが一度、演出で使っているという、そういう照明だったんですよ。で、その照明自体の演出は『表に出ろいっ!』っていう野田秀樹さんのNODA MAPの公演で中村勘三郎さんが主演だった時の公演でも使われていて。それにインスパイアされて松本潤くんがご自身のコンサートで演出を……あの人、演出をやっているから。潤くん。おジュンね。フフフ(笑)。おジュンが……「おジュン」って普段あんまり言ってないけど。フハハハハハッ!(笑)。

スポンサーリンク

嵐・松本潤が紹介してくれた色素が消える照明

そう。潤くんね。そう。だからそれを紹介してくれて。「なんか曲に合ってる気がする」ということでね。で、それを聞いて、「ああ、色素を消す照明だったら色があるストライプというものを最初から映しておいて、それがお葬式・供養というコンセプトだったから、その照明になった瞬間に鯨幕になるとことができるな」と思って。それを「ありがとう!」という感じで。で、その話をしたかったんだけど、やっぱりなんか彼がいるところでしたいなという思いがあったので。

で、そういうのをいちばん話せるのはMステのトークかな?っていう。で、おそらくその時に……もうその時点でMステスーパーライブでダンス特集です、みたいな話は聞いてた気がするんで。三浦大知くんとかとも話ができるんじゃないか?って思っていたら、本当に僕の想像通りのトーク席の並びになってまして、非常に嬉しかったです。お話ができて。大知くんとも振り付けのお話もできたし、すごく楽しかったです。見てくれてありがとうございます。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする