スポンサーリンク

星野源・三浦大知・松重豊 中野の思い出を語る

星野源・三浦大知・松重豊 渋谷・原宿の思い出を語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

三浦大知さんと松重豊さんが2021年11月23日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』にゲスト出演。『おげんさんといっしょ』の生放送を終え、車でNHKから有楽町のニッポン放送に移動をしながら通りかかった中野の思い出を星野源さんと話していました。

(星野源)まだまだ移動中でございます。あ、中野に? 私がバイトしていたところでございます。

(松重豊)バイトしてたの?

(星野源)はい。沖縄料理屋でずっとバイトしていました。今日、あれだね。ほとんど映らなかったけどさ、「だいちゃんぷるー」っていうお店ができていて。

(三浦大知)そうなんですよ。僕、感動して! びっくりしました。

(星野源)すごいよね。あれ、だから『おげんさんといっしょ』でね、大知くんが踊ったんですよ。僕の『不思議』という曲で。その時にね、同じフロアというか、スタジオ内に大知くんのダンス部分っていうか、スペースがあって。そこをたぶん隠すためだよね? あれは。

(三浦大知)たぶんそうだと思います。

(星野源)隠すために商店を2つ、作ってくれたんだよね。あれ。

(三浦大知)新マモ飯店とだいちゃんぷるーっていう沖縄料理屋さん。いや、すごいですよ。毎回、美術がすごくてもう感動するんですよ。

(星野源)本当に。今回もすごかったですよね。

(松重豊)建ててくれるからね。

(三浦大知)細かくね、いろんな遊びがあるから。

(星野源)そうそう。メニューとかもね、書いてあったりするんですよね。

(三浦大知)いろんなものにかかっているっていう。

(星野源)大知くんは出身は沖縄なんだっけ?

(三浦大知)出身は沖縄です。那覇です。で、うちの両親が……今はもう定年しましたけど。自衛隊員だったんで、その基地の中でいろんな転々として。具志川の方に行ったりとか、いろいろしてましたね。

(星野源)なるほど。そこもじゃあ、しっかり縁を踏まえてだいちゃんぷるーを作ってたんだね。

(三浦大知)もう本当に嬉しかったです。びっくりしました。

(星野源)いや、中野に来ちゃったね。あ、サンプラザの横でーす。懐かしい。ここでベーシストの伊賀航さんっていう前にやってもらっていた人がね、ここで僕、ワンマンライブをやったんだけども。その人が来たんだけど、ベーシストなのにベースの弓だけ持ってきて、ベースを忘れるっていう。

(三浦大知)ええっ?

(星野源)ウッドベースを忘れて、ベースの弓だけを持ってくるっていう珍事をおかしたっていう。

ライブでベーシストがウッドベースを忘れてきた事件

(松重豊)うっかり忘れるようなもんじゃないよね?

(星野源)そうなんですよ。あんなデカいものは、わかるでしょう?っていう忘れ物をしちゃった人がいて。

(三浦大知)着いてから気づいたんですか?

(星野源)着いてから。「あっ!」っつって。で、取りに帰ったっていう。すごい人なんですよ。あ、そうか。ちょっとだけ変わっているんだね。俺、本当にしばらく中野に来ていないから。ねえ。

(三浦大知)一度、なんかスリランカカレーが流行ってるって。このあたりで。それで一度、なんかトラックメイカーの方に連れてきてもらった覚えがあります。すごいおいしかったです。

(星野源)へー! そうだなんだ。

(松重豊)スリランカ? 中野で?

(星野源)本当に中野っていろんな食がね、あるよね。たぶんここらへんも松重さん、来てるんじゃないですか?

(松重豊)中央線だからね。でも、よく来てたよ。

(三浦大知)中央線に対しての……(笑)。

(松重豊)俺、吉祥寺に住んでいて。それで日芸で稽古をしていたから、中野からバスで行ってたのよ。だからここで……(音声が途切れる)友達が落合に住んでいたから、よくこのへんで飲んでたことは飲んでたね。そっちの裏の角の方のさ、飲み屋がいっぱいあるところ。ブロードウェイとかが……。

(星野源)北口側の方ね。

(松重豊)そうそうそう。

(星野源)僕、そっちの方で働いていました。沖縄居酒屋で。

(松重豊)まだあそこ、ブロードウェイっていうよね。

(星野源)ブロードウェイの中もすごいですよね。フジヤエービックっていうのが昔、ありまして。中古CD屋さん。今はたぶん名前が違うと思うんですけども。そこでいろんなダブとかを……ちょうど今日、『おげんさん』で話したダブの日本のを。当時、1人暮らしでお金も全然なかったので。ダブとか、買ってましたね。

(松重豊)あのへん、アジアだよね。やっぱりね。

(星野源)そうですね。いろんな……ひしめいていますね。

(松重豊)ひしめいてるね。

(中略)

(三浦大知)(リスナーたちから届いたトラウマメールに対して)そうか。すごいですね。いろんな……やっぱり皆さんの思い出が詰まった街なんですね。

(松重豊)なんか悪い渦が巻いていて……。

(星野源)それ、何度も言いますね(笑)。

(松重豊)中央線スパイラルがね。早く……早く、新宿にたどり着かないかな?(笑)。

(三浦大知)アハハハハハハハハッ!

(星野源)たしかに。そういうのはまあ、あるはありますよね。僕も別になんの居心地悪さもないんだけど。やっぱりなんか、「ここから一旦出なきゃな。ちゃんと自分に厳しくあらねば」っていう理由で出ました。でも、出たのが江古田だったんですけど(笑)。

(松重豊)ああ、そうなの? 北に行っちゃったのね?

(星野源)そうなんです。それはね、「楽器可」だったんですよ。音大が近くにあったから、楽器可な物件が山ほどあって。そこに住んだおかげで、僕はマリンバをやれたので。マリンバを買って、練習できたのでね。それはでも、よかったですよ。だから。

(松重豊)江古田はいいですよ。

寺坂:新中野です。

(星野源)中野からなかなか進まないのはでもしょうがないね。

(松重豊)横を走っているのがこれ、丸ノ内線だろ? ねえ。

(星野源)いやー、今日はもうなんか、ラーメンでも食って帰るか!

(三浦大知)アハハハハハハハハッ!

(松重豊)なんか食べたくなるね。このへんを走っていると。

(三浦大知)お腹、空きましたね(笑)。

(松重豊)なんでもいいんだよね。

阿佐ヶ谷での目撃情報

(星野源)あたたかいもの、食べたいです。あ、メールです。「阿佐ヶ谷に住んでいる者です。先ほど、散歩しながら聞いていたら、それらしき車が脇を通っていき、窓から源さんが見えました。びっくりしすぎて眠れそうにないです。窓、閉めて!」。窓、閉めてるよ。たぶん、ガラスかな? 俺が「ああーっ!」とか言っている頃に(笑)。

(松重豊)一番悪い時間だよ、あれ。聞こえていたんだよ。

星野源・三浦大知・松重豊 高円寺と阿佐ヶ谷の思い出を語る
三浦大知さんと松重豊さんが2021年11月23日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』にゲスト出演。『おげんさんといっしょ』の生放送を終え、車でNHKから有楽町のニッポン放送に移動をしながら通りかかった高円寺、阿佐ヶ谷の思い出を星野源さんと話していました。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました