スポンサーリンク

PUNPEE BIM『Buddy』「なんたるチア、サンタルチア」の意味を語る

PUNPEEとBIM アルバム『The Beam』を語る SOFA KING FRIDAY
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PUNPEEさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』の中でBIMさんとの共演曲『Buddy』の中のリリック、「なんたるチア、サンタルチア」についてトーク。そのネタ元などについて話していました。

(PUNPEE)お送りしたのは自分が勝手にコモンの『Be (intro)』のトラックの上にラップを乗せた『P』という曲でした。これ、リリックをいま聞いてみると、りんご音楽祭とか長野のことを言ってたり。原島宙芳っていう板橋兄弟の相方のことを歌ってたりするんで。なんかりんご音楽祭か長野のイベントをやった時用に作ったのが最初。いまはライブの最初だけで使わせていただいてるという感じになってます。

なんでかけたかって言うと、この前、9月10日に渋谷のWWWで行われた『OL Killer presents “WIFE” vol.14』というイベントに板橋兄弟で出させてもらったので、その板橋兄弟つながりということをかけさせていただきました。メッセージですね。東京都のハタチの方。「はじめてメールを送ります。この前の渋谷のWWWで板橋兄弟のDJを見ました。その時、PUNPEEさんが『Buddy』の中で『なんたるチア、サンタルチーア』と言っている言ってるんですが、それについて質問しました。その後、調べてみたら『ガキの使いあらへんで』のききとんかつソースの回で松本人志さんが言っていたので、そこから来たものかと思ってました。ぜひPUNPEEさんにも見てもらいたいです」というメッセージでした。

ぜんぜんこの前の『WIFE』と関係ない話になっちゃいますけども。そう。「なんたるチア、サンタルチア」って何?って結構言われたんですけども。BIMという後輩の人の曲で言っているんですけども。自分の記憶だと「なんたるチア、サンタルチア」ってたぶん「サンタルチア」っていう名詞があって。「なんてことだ、サンタルチア」っていうことで「なんたるチア、サンタルチア」っていうところから来た一昔っていうかかなり昔のギャグだと思うんですね。

で、なんで自分がそれを知ってるかって言うと……ちなみにあのBIMの曲のリリックは「君はモイスチャー、夜のTSUTAYA、なんかの映画、2人パジャマ、なんたるチア、サンタルチア、コブサラダ、直にスリップオン、フランクなオーシャン、バレてたAV、エンゼルパイ……」っていうよくわかんない歌詞なんですけど。まあ『Buddy』っていうのは「仲間」っていう意味なんですけども。仲間……友達ぐらい仲のいい彼女というか。彼女であり、友達みたいなニュアンスだと思うんですけども。

The Beam
Posted at 2018.9.15
BIM
SPACE SHOWER MUSIC

「君はモイスチャー、夜のTSUTAYA、なんかの映画、2人パジャマ、なんたるチア、サンタルチア、コブサラダ、直にスリップオン、フランクなオーシャン、バレてたAV、エンゼルパイ……」ってなんか、まあそういう2人で暮らしている人の周りにありそうな事柄を歌ってた感じです。で、その「なんたるチア、サンタルチア」ってたぶん自分の記憶だと『ピーター・パン』から来てるんですよ。『ピーター・パン』っていう1950年のディズニーのアニメで、フック船長がティンカーベルは悲しんでる時に励ますシーンがあるんですよね。

「ウェンディってムカつくよな。あいつがピーター・パンを取っていったから、2人で復讐しようぜ!」みたいなシーンの時に「なんたるチア、サンタルチーア!」みたいなことを言ってたのが多分、きっかけだと思うんですね。で、それが気になって。「たしか、言ってたよな」って思って『ピーター・パン』を最近、TSUTAYAで借りて見てみたら、全然違うんですよ。全くもってその日本語の変換の仕方がきれいな感じになっていて。「こんなにクリアだったっけ?」って。もちろんVHSとDVDの違いはあると思うんですけど。で、調べてみたらやっぱり時を経て結構ディズニーの日本語訳って変わってるみたいで。それはもちろん、何回も刷り直されてるし、DVD化にもなるし、VHSから。

で、50年代とかに最初に上映されたものだから、それは何回も変わるわっていう。当時、使われていた表現で現代では差別用語だとされていたことが使えなくなって、現代のDVDは変わったりだとか。だから『ピノキオ』とかもそうなんですけど、違うんですよね。歌とかが。あのバッタのジミニー・クリケット。彼の歌とかも「こまった時には……口笛吹いて、♪♪♪」みたいな。

あとはフック船長が海賊の、気楽に上の方で歌っているやつを撃ち落とすシーンがあるんですけど、そこの歌詞とかが全然違って。あと『ピーター・パン』のインディアンの酋長の娘が赤いから顔が……っていうところとかも全部変わっていて。で、調べたら自分が見ていたのはたぶん80年代のVHS版っぽくて。で、いまDVD化されたりしているものはいまの感じできれいに翻訳されているので。自分のその「なんたるチア、サンタルチア」の語源はピーター・パンということでした。

スポンサーリンク

フック船長「なんたるチア、サンタルチア」

なのでBIMの『Buddy』、自分が一緒にフックを歌っている曲。よかったらチェックしてみてください。いま、ツアーも回っているそうなので。よければ近郊の方は出向かれてみてはいかがでしょうか?

PUNPEEとBIM アルバム『The Beam』を語る
BIMさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』にゲスト出演。PUNPEEさんとアルバム『The Beam』などについて話していました。

そう。板橋兄弟で先日、WWWの『WIFE』っていうイベントに出てきて。久しぶりに……2回目ですね。昔、恵比寿のBATICAかなんかで岡村靖幸さんに会ったことがあって。その時、でも結構酔っ払ってたのかわからないですけど、その時の記憶はあんまりないっていうことで。

じゃあ、改めてよろしくお願いしますなんていってちょっと話して。自分はがまだ全然音楽とかしっかりやる前にうちの親父が岡村さんのCDを持っていたりとか。『どぉなっちゃってんだよ』とか『だいすき』とか、よくかかったりとかしていて。でも子供だった自分にはちょっとまだ難易度が高くて。プリンスとかももちろん、ディアンジェロとかも最初、すごい難易度が高かったんで。どんどんその存在感とかそういうのがわかっての邂逅といことで、光栄でした。ありがとうございました。原島宙芳もありがとうございました。

というわけで、板橋兄弟、原島宙芳といえばCHAGE and ASKAをかけるのですが。この前も例に漏れず原島さんはCHAGE and ASKAさんの……CHAGEさん and ASKAさんの『LOVE SONG』をかけていたのですが、本日はそれとは別に、たまーにその板橋兄弟でイベントでかける用の『はじまりはいつも雨』の自分の勝手にやったエクステンデッドミックスをお聞きください。どうぞ。

お送りしたのは『はじまりはいつも雨』、PUNPEEエクステンデッド・アンオフィシャル・ミックスでした。

メッセージ、東京都女性の方。「PUNPEEさん、こんばんは。毎週楽しくビールを飲みながら拝聴しております」。おっ、女性の方でビール飲まれる方って、いいですね。いいと思います。「……高校時代の青春の話、とても面白かったです」。この前、あの話をした後に……トイレの話ですけど。ジョン・レノンとポール・マッカートニーもそういうことをしてましたじゃないけど、そういう風に言っていて。勝手にビートルズになんか親近感を感じてしまってました。

PUNPEE 夏休みと夏の終わりを語る
PUNPEEさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』の中で夏の思い出についてトーク。夏休みの宿題や夏の終わり、学校が始まる憂鬱な雰囲気などについて話していました。

「……質問です。いつもラジオなどで様々なジャンルの音楽を紹介してくれますが、お忙しい時間の中でどこまでチェックされてるんですか? 毎週新譜が発表されますが、どんな感じで聞いてるのか知りたいです。暑い日が続きますので体調には気をつけてください」。なんすかね? でもだいたい人に教えてもらうものが多くて。自分とかは結構教えてもらう側っすね。なんか、そのヤバい人って表に出てこないですか。詳しい人とか。本当に面白くてヤバい人ってそこで自分のことだけやってたら楽しい人。それでもう満たされてしまう。でも、知ってる人からしたらもう常に尊敬するし、「あの人って凄いな」って言われる人が生きていて。

そういう人に運良く巡り会うケースが多くて。言ったらその板橋兄弟の原島宙芳なんかもですね、そういう人で。いろんな情報を知っていたりとか。板橋の小さすぎて見えないぐらいの酒屋でお酒飲んだりとかして。そういうところで友達とか作ったりする人なんで。いつもいろいろと勉強させてもらってます。METEORくんとかね。だからそんな感じっすね。自分は結構「あ、いいじゃん」って思ったのをアンテナを、自分から探しに行く時もあれば、結構そこをそんなに掘っているっていうよりは、割と知り合いに聞いたりとかして。でも、その知り合いも誰かに聞いてるわけだから、世の中はいろいろ巡っていくという。そんな感じでの天気にいろいろとチェックしております。この方にはステッカーとCD-Rをお送りします。ここでいったんコマーシャル!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました