PUNPEE コーチェラ・フェスティバル2018 現地リポート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

PUNPEEさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』の中でアメリカの音楽フェス、コーチェラ・ミュージック・フェスティバル2018を見に行った際の模様を話していました。

Coachellaさん(@coachella)がシェアした投稿


(PUNPEE)自分ですね、先週からコーチェラのミュージックフェスティバルというものに行ってまいりました。カリフォルニア州インディオで行われるですね、でっかい音楽のフェスで、99年ぐらいからやってるみたいですね。自分が意識したのはここ10年ぐらいとかだったんですけども、そんな前からやってるみたいです。

YouTubeで最近は毎年リアルタイムで配信してるんで、普通に家から見てたんすけど、今年はなんだろう……去年頑張ったからですね、ちょっと行ってみようということになりまして、行った感じです。それで私、PUNPEEは実はヒックス……死ぬほど田舎者でして、海外にいままで行ったことが全くなかったですね。で、まあ今回、さっきも言った通り去年頑張ったので、遊びに行こうかということで行ってまいりました。

で、バカンス気分で行ったんですかこれはもう、バカンスどころか若干修行的な部分もあって。最初にこんなの今更食らうのか!って感じで食らったんですけども、なんかUberの文化っすね。浸透してるのは知ってたんですけども、今回すごいお世話になりまして。それで移動して、ユウマ君という友達がアテンドしてくれたんですけど。あっちの、海外でコマーシャルのアテンドとかしてる人で、弟(5lack)のドコモの CMとかをですね、佐野さんっていう監督の人と仕掛けた人でもあります。

で、その人にRVっていうキャンピングカーっすね。それに乗ってRVパークっていうところ、コーチェラの会場の近くで停めて、そこから移動したっていう感じの道のりを行きました。で、1日目に会場に向かう前に、RVの前でお酒を飲みながらダラダラしていたらですね、リムジンバスみたいなのが目の前に停まって。中からいかつめの、ちょっとラテン系の編み込みの、タトゥーが超バリバリ入ったおばさんが来て。「会場まで送り迎えしてくれるから何か用があったら電話してよ」っつって、名刺を渡されて。結構いかつめの人でしたね。

結局3日間、そのおばあちゃんに送ってもらって。グロリアっていう名前のおばさんでしたね。で、なんかそれはもうUberとかでもなんでもなくて、何か特殊なコーチェラ側とのディールを結んでるのかなんか知らないですけど。送り迎えは結構いけないところまで行ってくれて、送り迎えしてくれました。で、なんか俺、どこ乗ろうかな?って迷っていたんですけど、「Hurry Up, Princess. We Must Go!(お嬢ちゃん、早く乗りな!)」みたいなことを言われて、すごい最初からその洗礼を受けた感じでした。

スポンサーリンク

会場に着いて食らったこと

会場に着いて食らったのは、ケツですね。女性のお尻がですね、結構もうみんな露出していて。水着みたいな感じで、その上にシースルーみたいなの結構みんな着ていて。もうT バックの人もいるし、ニプレスだけの女の人とかもいるし。でも、なんかそういう人たちばっかりだったから、最後の方は何とも思わないっていうか、特にあんまり何も思わなくなってですね。「喪服ぐらいのフォーマルな感じなのかな」なんて思ったりもして。まあ、それはないと思うんですけど、そんな感じのことも思いました。それも結構食らいました。

いろんな演者の方を見たんですが、自分がいちばん見たかったのは、中学の頃からですねもう大変なファンでありましたエミネムですね。それを見れたのがよかったです。日本に何年か前に来た時……千葉とかかな? スローターハウスとかが来た時に見れなくて。今回は見れてよかったなという感じです。ドクター・ドレーとか50セントも来て、名曲をいっぱいあったんですけども。


自分的にはファーストの、自分エミネム史上結構好きなが曲あるんですけど。それを、古いアルバムからやってくれたのが、自分結構好きな曲なんですけど、うれしかったです。エミネムで『Just Don’t Give A F***』。

Eminem『Just Don’t Give A F***』



コーチェラ旅行記の続きっすね。会場の夜の感じとかがですね、LEDとかできれいで。音もメインステージでものすごく大きいのに、すげー音が良かったです。いいイヤホンで聞いてるみたいな感じでした。なんかドローンみたいなのがすごいフォーメーションで50台ぐらいで飛んだり、花火みたいな感じでフォーメーション作ったりだとか、すごいきれいな感じでした。あとは、X JAPANの飛行機が「We Are X 11:00 PM ○○ステージ」っていう、X JAPANのコーチェラに出た宣伝用の飛行機が飛んでいて。「あっ、すげえ!」って。日本の親近感を覚えたりして。そんな感じでした。

で、さっき話したエミネムの前のステージがですね、ミーゴスが……いま、勢いがすごいですね。大人気のミーゴスが実はエミネムの前の時間で他のステージだったんですね。で、ミーゴスもやっぱりみたいということで。せっかくだから前の方に行こう!っていうことで、ぐんぐん進んでいって。最前の前から7列目ぐらいのところに行って。ミーゴスを見ようって待っていたんですけど、30分ぐらいたっても全然始まらないんですね。結構押しちゃっていて。

たぶん、メダリオンとかミーゴスのセットで空に掲げていて。設備っていうか、結構大胆な感じでやっていて。で、エミネムももう始まっちゃうのに30分ぐらい始まらないから。「ヤバい、もうエミネムの方にいかないとダメだ」ってなって。周りを見たら、やっぱり結構ヘッズがみんな若くて。高校生とか大学生のイケてるジョックスっていうか、スクールカーストのいちばん上にいそうな超イケイケの決めこんだ人たちが気づいたら自分の周りにびっしりといて。その中に結構小さいアジア人がちょぼん……っていう感じで混じっていて。でも、エミネムはしっかり見ないと、だから。もう会場のそのイケてるやつらの足を踏みながら、泣く泣く会場を後にして。

そしたら白人さんの結構イケイケのやつが「Greatest Show is Coming!」「お前、なんでそっち行っちゃうんだよ?」みたいな。「英語、わかんねえのかよ?」みたいな感じで言われて。「いや、わかるんだけどエミネム見たいから……さすがに、すんません!」みたいな感じでエミネムを見に行きました。なのでミーゴスは結局見れませんでした。で、そうですね。ここでもう1曲。見れなかったのでミーゴスの新しいアルバム『Culture II』から『Made Men』という曲を聞いてみましょう。お聞きください、どうぞ。

Migos『Made Men』



というわけでお聞きいただいたのはミーゴスで『Made Men』。見れなかったミーゴスで『Made Men』でした。他にはビヨンセとかも見ました。圧巻でした。

渡辺志保 コーチェラ2018 ビヨンセのパフォーマンスを語る
渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でコーチェラ・フェスティバル2018のビヨンセのパフォーマンスを振り返り。その圧巻のパフォーマンスについて解説していました...

なんかこう、ジェイ・Zの『Roc Boys』をブラス隊みたいなのでやったと思ったら、『Deja Vu』っていう曲で本人(ジェイ・Z)が出てきたりとか。あとは『Dirt Off Your Shoulder』とか。なんかどの表情もすごい素敵な、きれいな感じで。いいものを見れましたっていう感じがしました。

(中略)

超混雑する帰りのUber

あともうひとつ、コーチェラの帰りの話なのですが。とにかく10万人規模ぐらいの人が1日に来場するっていうわけなんで、帰りのUberがすごい混むんですね。1時間ぐらい並んで、ようやく並び終わったと思ってゲートを出たら、その先に2倍ぐらいの列がまた待っていて。そこから2時間ぐらいまた並ぶんですね。で、全部……朝の12時とかから夜の12時まで見て、そこからまた3時間並ぶっていうのが結構、ちょっとだけしんどくて。で、プランによってレーンが分かれているんですよ。みんなが違う列に並んでいるんですけど、やっと並び終わって、Uberが待っていると思って出てみたら何もない更地なんですね。

何もなくて砂漠みたいになっていて。「ええっ?」ってなって。で、結局隣のレーンのやつらとかもみんな一緒の砂漠に放り出されて。「Run! Run!」って後ろの方ですごいいかついおっさんが言っていて。「おおーっ!」っつって100人か200人ぐらい脱獄兵みたいにUberを求めて走り回りはじめて。最後に道路に野放しにされるんだけど、Uberももうほとんどいないんすよね。前の人が乗っていっちゃっているから。それでいなくて、もう疲れ切って諦めて絶望したヘッズみたいなのが路地で倒れているんです。疲れ切っちゃって。で、運良く最後に1個乗れて。2日目、3日目はちょっとした裏技を使ったら15分ぐらいで乗れたりしたんですけども。

なんか感じたのは結構あっちだとガンガン行かないと本当に置いてけぼりになっちゃうっていうか。たまに、日本にいて「日本はあれがダメだな」とか文句垂れることも自分、あったりするんすけど。やっぱり守られているなとか思っちゃったりとかして。日本の感じとか。だから、単純に自分から動いて変えようとしていなかった部分もあったのかなって、あっちに行ったりして結構刺激に……自分で動かないと結局何も変わらないっていうか。文句言っているだけじゃ……とか思って。いろいろと刺激になりました。やはり、歩いてみないとわからないものなんだなと、いろいろ思っていい経験ができました。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする