渡辺志保 コーチェラ2018 ビヨンセのパフォーマンスを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でコーチェラ・フェスティバル2018のビヨンセのパフォーマンスを振り返り。その圧巻のパフォーマンスについて解説していました。

Beyonceさん(@beyonce)がシェアした投稿


(渡辺志保)次、2曲目もお聞きいただきたいんですけど。それでコーチェラといえばビヨンセがすごかったんだけど、でもビヨンセについて語りだすともうこのまま60分間止まらない気がするから。ちょっと細かいあれこれはブログとかに時間があれば書きたいなと思っているんですけども。でも本当にね、小ネタに次ぐ小ネタがすごかったじゃないですか。もしご覧になっていない方のために言いますと、コーチェラフェスティバルの2日目。土曜日のトリをビヨンセが飾りました。

もともと去年のヘッドライナーがビヨンセだったんだけど、双子ちゃんを妊娠したために急遽キャンセルすることになって。しかもそのピンチヒッターがレディ・ガガっていうすごい座組だったんですけども。それで今年はビヨンセが帰ってきたという。かつ、コーチェラフェスティバルで黒人女性のアーティストがヘッドライナーを飾るのはこのビヨンセがはじめてだったということで。尺もすげー長かった。約2時間ぐらいありましたね。で、もうすごいのがデスティニーズ・チャイルドも再結成した。ジェイ・Zも1曲出てきた。かつ、妹のソランジュも出てきたっていうことで、本当にすごいファミリー感を感じるステージになっていましたし。

なんといってもブラックパワーとか、彼女の最新アルバム『Lemonade』でもすごくフィーチャーされていたけど、ニューオリンズの感じがすごくフィーチャーされていたなと思っていて。最初というかずーっとライブ本編はブラスバンドが基調になっていたんですけど、ブラスバンドとかああいうのってもともとニューオリンズが発祥の地という風に言われているんですね。

スポンサーリンク

ニューオリンズをフィーチャー

Beyonceさん(@beyonce)がシェアした投稿


で、もうひとつ大きいテーマで、アメリカの大学でいわれる「フラタニティとソロリティ」っていうのがあるんですけど。「友愛会」とかって日本語では訳されるのかな? 社交界みたいな感じなんだけど。私は、しかも黒人の大学のフラタニティとかソロリティっていうと結構日本の六大学の体育会みたいなのを想像するんですけど。そういうちょっと上下の結びつきもすごく強くて本人たちの結びつきもすごく強いっていう。で、ああいうマーチングバンドとか手拍子とかも入れるようなステッピングダンスをするのがフラタニティとソロリティっていうのであるんですけども。それをすごいテーマにしていて。

で、かつサウスのアンセムよね。パスター・トロイもそうだったし、あとノーリミット系だとか。あと、ジュヴィナイル『Back That Ass Up』なんかも出ていたし。



あと、すっごいすっごい感動したのがF.L.Y.の『Swag Surfin’』っていうもう本当にごきげんサウスチューンっていうかアトランタチューンがあるんですけど。



で、前に私、アトランタ在住のフォトジャーナリストの池尻安希さんと一緒にりりぽんの『ゴジレプ』に出演した時に、「絶対にアトランタでかかるクラブアンセム」っていうことでそのF.L.Y.の『Swag Surfin’』を紹介したんですよ。で、これをかけるとクラブの人が最初から最後まで全部踊るんですっていうのがその『Swag Surfin’』っていう曲だったんですけど、それを今回、ビヨンセが用いていまして。『Drunk in Love』っていう曲のね。あそこもサーフィンしているリリックがあるもんで、そこに『Swag Surfin’』をつなげていて。

『Swag Surfin’』使いの『Drunk in Love』



で、100人ものブラスバンドとダンサーを従えてのすごく崇高な『Swag Surfin’』をビヨンセがしてくれまして、非常に胸が高鳴る瞬間でした。本当に胸が高鳴る瞬間すぎてあふれちゃう! みたいな。で、昨日もやっぱりビヨンセとデスティニーズ・チャイルドを聞き返しちゃったし。今日も聞き返しちゃいましたね。『Say My Name』をこの2日間で5、6回は聞いたんじゃないかっていうぐらいに聞いてしまいましたけども。

Destiny’s Chiiiiiild. ?????? ?? #destinyschild #coachella

FACT Magazineさん(@factmag)がシェアした投稿 –


そんなコーチェラのビヨンセのステージでしたね。それこそね、いろんなネットで動画が見れるようになっていますので。まだご覧になっていない方はぜひ見てほしい。もう、すごい。脱力。泣いた。泣いた。泣きました。はい(笑)。で、いまからお届けする曲はこれまた、ビヨンセもコーチェラのステージで引用しておりましたジュヴィナイルの『Back That Ass Up』をそのまま使ったシティ・ガールズの新曲です。シティ・ガールズは前もフレッシュマン特集で紹介しましたけども、クオリティーコントロール。ミーゴスとかカーディ・Bとかがいるクオリティーコントロールの女性ラッパーの2人組なんですけども。

彼女たちもマイアミ出身ということで。マイアミの郵便番号のコードが「305」なんですよ。なんでよく305っていうのをマイアミとかフロリダのアーティストはよく使う数字なんですけど。この曲もそのマイアミの先輩であるトリーナをフィーチャリングして。なんと3時05分にリリースしたっていうすごいいい話がありますので、ぜひここで聞いてください。じゃあ、お届けしましょう。シティ・ガールズ feat. トリーナ『Run Them Bands Up』。

City Girls Feat. Trina『Run Them Bands Up』



(渡辺志保)はい。いま聞いていただいておりますのはシティ・ガールズ feat. トリーナで『Run Them Bands Up』でした。

(中略)

(DJ YANATAKE)志保さん、少ししゃべれますよ。ビヨンセの話、大丈夫ですか?

(渡辺志保)ビヨンセ……いや、マジでちょっとフタを開けたらもうこのまま60分泣きながらしゃべるっていう(笑)。

(DJ YANATAKE)「BAK」ってなんなんですか? とか、大丈夫ですか?

「B△K」とエンブレム


(渡辺志保)お胸にね、「BAK」って書いてあって。でも「A」と見せかけてあれは「△」。ギリシャ文字で「4」を表すんですよね。で、「4」はビヨンセとジェイ・Zにとってすごくすごく大事な数字で。たぶん「渡辺志保 ビヨンセ 4」とかでググッたら出てくると思うんで見てほしいんだけど。


(渡辺志保)彼女の今回の衣装は全部バルマン(BALMAIN)が作ってるんですよね。それで、最後に黒いメッシュの衣装があったと思うんですけど、そこも紋章というかエンブレムのデザインになっていて。そこには黒豹(ブラックパンサー)、エジプトの王妃(ネフェルティティ)のモチーフ、そしてブラックパンサーといえば拳。そしてビヨンセといえばビヨンセがずっと使ってきたモチーフの蜂。女王蜂。そのクイーンビーの4つが紋章のように並んでいて。それだけでも涙……みたいな。

Beyonceさん(@beyonce)がシェアした投稿


(DJ YANATAKE)フフフ(笑)。さすがディグってますね!

(渡辺志保)いやいや、あともうデスチャのリユニオンに全世界のアラサーが泣いた!っていう感じだったと思うんですけども。もう掘りまくるとキリがないし。

(DJ YANATAKE)すごいね。やっぱり記事にまとめた方がいいよ。

(渡辺志保)そうそう。いやいや。それで、「こんなに私、ビヨンセが好きだったんだ!」っていうのを再確認したし。もっと言うと、ブルーノ・マーズを見にさいたまスーパーアリーナにも行ったわけだけどさ。ぶっちゃけ言うとさ、たとえばLDHファンとかジャニーズファンの人たちはこういう祭りが定期的に、四半期に1回ぐらいはあるわけじゃないですか。デカいアイドルのファンの方とかは。だからもうすごいなって。みなさん、そういうおっかけの方とかすげーなと思いました。家でストリーミングで見ているだけでこんなゼーハーゼーハー疲れちゃうのに。これ、実際にさ、定期的にさいたまスーパーアリーナとか全国のドームとかを回っているそういうアイドル系のファンの方とか、すげー!って思ったし。ファンのパワーってすごいなって。改めて思った、そんな1週間でしたね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする