スポンサーリンク

星野源とtofubeats『FANTASY CLUB』と『HARD-OFF BEATS』を語る

星野源 tofubeatsの顔が好きだからラジオジングルをオファーした話 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

tofubeatsさんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』にゲスト出演。星野源さんとアルバム『FANTASY CLUB』や楽曲製作動画『HARD-OFF BEATS』などについて話していました。

(星野源)あ、そうそう。さっき歌詞とか歌の話になりましたけど。『BABY』という曲を聞いていただきましたけど。歌詞って今回ね、いままではフィーチャリングで。

(tofubeats)いろんな方をお呼びして。

(星野源)藤井隆さんだったりとか。で、今回は自分で歌っている曲も多いじゃないですか。で、特に1曲目とかもいきなり歌っているし。でも、インストもいっぱいあるし。今回のコンセプトみたいなものはあるんですか?

(tofubeats)なんか曲ができた時にパーソナルじゃないですけど、自分の思っていることとかを結構曲になっちゃったなみたいな。そうなった時に、人に歌わせるのってちょっと失礼じゃないですか。こんなことを言ったらみんな喜ぶかな?っていう曲は人が歌ってもいいし。自分もカラオケとか、みんなで歌ってほしいと思っているものはそうなんですけど。今回は自分で歌っているのがいちばんしっくりくる感じになっちゃって。歌、本当は嫌なんですけど。僕は自分で歌うのが。

(星野源)へー。

スポンサーリンク

今回から立ってレコーディングを始める

(tofubeats)今回のアルバムから、はじめて僕、立って歌をレコーディングしていまして……(笑)。

(星野源)(笑)。あ、素晴らしいっすね。

(tofubeats)これまではイスのキコキコした音が入りながらやっていたんで。

(星野源)あ、そういうの、本当に大事ですよね。「立つ」とか。結構デカいっすよね。

(tofubeats)はい。もうメジャー3年ではじめて立って歌を録りまして。今回。

(星野源)ちょっと違うんだけど、俺もSAKEROCKは最初はずっと座って演奏していたの。

(tofubeats)あ、そうなんですね。

(星野源)で、立つ日があったんだけど。やっぱりそれは個人的にはすごい度胸がいって。

(tofubeats)そうっすね。やっぱり男だったら立っていかないと……という話ですよね。

(星野源)うん。ああ、そうなんだ。僕はでもずーっと歌ってほしいと思っていて。トーフくんに。

(tofubeats)マジっすか?

(星野源)まあ今回ね、いろんな方がラップをされたりとかね。YOUNG JUJUさんがラップされていたり、いろいろありますけど。

(tofubeats)sugar meさんも。

(星野源)ねえ。いろんな人とやっていますけど。フルでっていうのも、いつかは俺も聞きたいんですよ。

(tofubeats)フル?

(星野源)フルでトーフくんが全部歌っているっていうアルバムを、いつかちょっとお願いします。発注です。

(tofubeats)じゃあもう本当に、星野さんから言われたら作るしかないですし、これがもしコケたとしても星野さんにどうにかしていただくという形で……。

(星野源)そうですね。何枚か、買います(笑)。

(tofubeats)はい。それか、それのカバーアルバムを出してもらうという。

(星野源)僕が?(笑)。いいっすね。わけのわからないカバーアルバムを。

(tofubeats)「出して」って言ったんで出したんで……っていう。そこの一点張りでもうどうにか、いかせてもらいたいなと。

(星野源)わかりました。原盤を買います。じゃあ。

(tofubeats)マジっすか!?

(星野源)わかんないけど(笑)。

(tofubeats)ヤバいなー。すごい話がデカくなっている(笑)。ワーナーの人、いまよろしくお願いします。

(星野源)絶対に嘘です。それは。いまのは嘘をついてしまいました。

(tofubeats)そうですね。はい。

(星野源)でもね、本当に聞きたいなと思っていたんで。そういう曲が多いんで、うれしくて。ぜひいろんな人に聞いてもらいたいんですけど。インストも、僕ね、あれが好きなんですよ。『THIS CITY』。

(tofubeats)ありがとうございます。あれ、神戸市のために作った曲でして。

(星野源)あ、やっぱりそうなんだ。

スポンサーリンク

『THIS CITY』

(tofubeats)そうなんですよ。20代がいま、神戸市人口が減っていまして。そういう地方の人ががんばれるように。まあ『HARD-OFF BEATS』っていう星野さんが紹介してくれたやつも、地方に意味なく人が行くことってあんまりないじゃないですか。やっぱりそういうのを増やして行きたいなと思っていろいろ作ったり、ハードオフに行ったりとかしているので。やっぱりそういうのを星野さんがキャッチしてくれて、本当にありがたい。そして、あの出ているメンバーたちも。本当に普通の人もいるんですよ。

星野源 tofubeats動画『HARD-OFF BEATS 2017』の魅力を語る
星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で最近ハマっているYouTube動画、tofubeatsさんの『HARD-OFF BEATS 2017』の魅力について話していました。

(星野源)うんうん。トーフくんのコミュニティーの人たちというか。近いというか。

(tofubeats)そうなんですよ。まあ、プロのミュージシャンもいるんですけど、本当にナレーションをしている徳利さんなんて人は、本当に普通に働いているのに、昔CMに出てしまって。会社を辞めたりとかしたこともある……。


https://miyearnzzlabo.com/archives/16518

(星野源)(笑)。そんな経歴が……あの、『HARD-OFF BEATS』っていうYouTubeでトーフくんが自分で撮影も編集もしてアップしているとっても面白い企画があるんですけど。

(tofubeats)それを突然ね、突如紹介していただいて。

(星野源)すいません。僕ね、前から見ていたんですよ。2011年ぐらいですね。あれね。

(tofubeats)あれね、本当に地方の若者が色めきだっています。本当に。

(星野源)本当ですか? それならいいですけど。あれ、本当に見てほしいんですよ。トラックを作る様が見れるっていうのは、それだけでうれしいし。

(tofubeats)まあ、僕とか星野さんとかみたいに、いろんな人に見ていただきたいって思う気持ちがあってプロでやっている人もいますけど、そうじゃなくて音楽を作るのは好きだけどね、人前に出るのは興味ないっていう人とかの力を僕がお借りしてやっている企画でもあるんで。まあ、そういう形でいろんな人にスポットライトが当たったら面白いなということで。それがもうね、星野さんの発言で大騒ぎですよ。

(星野源)いやいや、そんなことはないと思いますけど。ああいうこう、音楽が生まれるっていうか。ハードオフで買ったレコードだけで、1時間以内で曲を作るっていう。サンプリングして。

(tofubeats)そうですね。

(星野源)ドラムの音だけを録ったりとか、ループしたりとかっていう。あれは最高ですよ。本当に気持ちがいい。見ていて。で、僕、全然また話が違うんですけど。SAKEROCKで昔、自分でやっていた曲の作り方があって。リハでものすごーくジャムをずっとやって、1時間ぐらいやって録音するんです。で、それを家に持ち帰ってそこを自分でサンプリングして、そのフレーズを自分でコピーして、それを曲に入れるっていうのをやっていたんです。

(tofubeats)ああ、すごいですね。よかったところを編集して曲にしていくっていう?

(星野源)編集して曲にしていくっていうのをやっていた時期があって。なんかそういうサンプリング……己サンプリングみたいな。で、サンプリングして作るっていうのがすごい好きで。『慰安旅行』っていう曲も(ジェームズ・ブラウンの)『Funky Drummer』っていう曲のドラムをループさせて最初作ったんですよ。

スポンサーリンク

James Brown『Funky Drummer』

(tofubeats)あ、その上にあのフレーズが? なるほど!

(星野源)そうなんですよ。『Funky Drummer』プラス、ボサノバ風のコード進行とギターとチャイナ的な、アジアンなメロディーっていうのを最初作って。で、その『Funky Drummer』のリズムだとまんまなんで、違うリズムを作ろうっつって自分でドラムを叩いて。ドラムの大地くんに「これ、やって」って言って。

(tofubeats)あ、それであのちょっと……ボッサっぽい感じもありますもんね。リムショットの感じとか。たしかに。いま、かなりすごい秘密が明かされた感じがしましたけども。

(星野源)いやいや(笑)。SAKEROCKの話ができる人がいるっていうのがまたうれしいですね。

(tofubeats)いえいえ、また『Funky Drummer』の上でやっているって、これちょっとあんまりわかる人がいないかもしれないですけど、かなりBボーイっぽいエピソードですよね。ラッパーの人がみんな使うビートですからね。

(星野源)なんか基本中の基本っていうかね。クラシック中の。ビートのね。

(tofubeats)みんながその上でラップの練習などをすると言われているドラムですから。

(星野源)「ハハッ!」ってところでちょうどループさせるという(笑)。

(tofubeats)(笑)。いや、本当これ、みんな後で調べて聞いてほしいですね。このドラムブレイクの良さを。

(星野源)そのバージョンはないんだ。家のカセットテープで録っているっていう。それしかないんですけど。そうなんです。だから、なんかそのサンプリングをして曲を作るっていうのはすごく楽しくて。あ、一応話を戻りますけども。『THIS CITY』はそういう?

(tofubeats)そうなんですよ。

(星野源)本当に偉い……。

(tofubeats)「若者、がんばれよ!」っていう気持ちが……。

(星野源)まだ若者なのにね(笑)。

(tofubeats)まあだから一緒に。

(星野源)「俺たち、がんばろう」みたいな。

(tofubeats)「やっていこうや」って。「KOBE CITY!」いうて。拳を突き上げながら。

(星野源)でも、神戸の人だけじゃない人も……なんかその空気感が、いろんな場所にいる人たちの。個人的には結構深夜の港町を感じているんですけど。アルバム全体で、なんとなく通して。でも『THIS CITY』はちょっと明るい感じっていうか、朝っぽい感じもあるんですけど。だからなんか、日本の各地にいる人が響いてくるんじゃないかなという気がしますね。

(tofubeats)そうですね。本当に人口が右肩上がりになったらいいなという思いを込めて、どんどんキーが上がっていくっていう(笑)。

(星野源)ああ、そういうこと! 本当にどんどんキーが上がっていくんだよね。それがすごい気持ちいんですよ。

(tofubeats)本当もう、バカみたいにキーが上がっていっていて。これはもう、「人口増えろ! 人口増えろ!」っていう。

(星野源)天才!(笑)。

(tofubeats)最近神戸市はね、福岡に抜かれたんですよ。福岡市に人口が。

(星野源)(笑)

(tofubeats)本当、ヤバいんですよ。いま。

(星野源)でもそれ、本当に切実な問題ですよね。街としては。

(tofubeats)そうなんですよ。もうブランドが失墜の危機ですから。本当にがんばってもらわないと。

(星野源)でも、細野さんとも話しているんですけど。住みたい街は神戸みたいな話をして。喫茶店が好きとか。

(tofubeats)それこそ雑誌で細野さんがそれを言って。一時期神戸のミュージシャン界隈が色めき立ったんですよ。「細野さんが来るぞ!」みたいな。「どこ住むんだ? どこ住むんだ?」ってなったんですけど、結果ね、そんなことはなくて。

(星野源)そうですね。でも、いまでも「好きだ」って言ってますけども。

(tofubeats)本当に、細野さんも好きな神戸、ぜひみなさんも旅行などで。

(星野源)そうですね。僕も今週、(ツアーで)行きますから。よろしくお願いします。

(tofubeats)みなさん、本当にミルクフランスを。ついでに(笑)。

(星野源)めちゃめちゃ売れるのではないかと(笑)。お店の名前は言っちゃダメなの?

(tofubeats)あ、全然大丈夫ですよ。イスズベーカリーっていう。

(星野源)イスズベーカリーさん。

スポンサーリンク

イスズベーカリーのミルクフランス

(tofubeats)全く僕、つながりがないので。

(星野源)宣伝ではないと?(笑)。

(tofubeats)マジの客ですし、顔も覚えられていないでしょう。

(星野源)(笑)。じゃあでも買えなくなる……そんなこと、ないか?

(tofubeats)大丈夫です。僕、本当全く何も声とかかけられないんで。全然大丈夫です。神戸では。

(星野源)了解です。じゃあちょっと、本当にいい話が聞けて俺、うれしいですけども。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました