スポンサーリンク

星野源とWANIMA KENTA「ポップ」を語る

星野源 WANIMA『Chilly Chili Sauce』を語る J-WAVE
スポンサーリンク

星野源さんが2021年5月29日放送のJ-WAVE『WOW MUSIC』の中でWANIMA KENTAさんと「ポップ」について話していました。

(KENTA)まだまだ源さんにお伺いしたいことがあるんですけども。「ポップというのは簡単にしていくのではなく、胸ぐらをつかまれて、引っ張られるような感じ」という記事を読ませていただいて。すごく今の自分に刺さりました。っていうのも、バンドをやり始めた頃は「とにかくたくさんの人に届けたい」という思いで。自分の至らなさで知名度だけが上がって、自分の中身の成長が足りてないなってことがすごくあって。準備が全然できてなかったっていうのがあったので。やっぱり自分なりの哲学を持って、自分の軸がなかったことに気づいて。あとはその源さんが言われた「ポップというのは」っていう言葉がすごく僕は刺さったんですよ。

(星野源)うんうん。その「ポップ」っていう言葉と同時に、なんて言えばいいんだろうな? 自分は完全にエアジャム世代で。高1の時にハイスタが流行って。延々とコピーし続けるみたいな。あとイースタンユース、NUMBER GIRLが大好きで。高校を卒業したぐらいでNUMBER GIRLがバーッとデビューして。で、なんていうか、パンクだったり。あとオルタナティブっていうものがかっこいいなってすごく思っているんだけど、なんとなく自分には似合わないんじゃないかと思って、やれずにいたんですよ。

だから自分は音楽ジャンルとか、見た目、ファッションとかではなく、本当にコアのコアの中にそういう気持ちを込めたい。パンクだったり、自分はそういうのが世代としてもあるし、そういう気持ちがすごいあるから。なんかそれをもう、気持ちの中に込めようって思った時に、何が一番過激か? パンクか?って思うと、誰にも見られてないところで過激なことをやるんじゃなくて、誰からも見られる場所ですごく普通の顔して過激なことをやるのが一番過激なんだろうなと思うんですよね。

で、パンクって誰からも見えない場所でやったらパンクじゃなくて。ものすごく普通の音楽になっちゃうから。だから、それを自分がパンクであるためには、やっぱりいろんな人に聞いてもらわないといけないと思うし。たとえば、そういう先人というか、素敵な人たちがいて。タモリさんとかもそうだし。マツコさんとかもそうだし。もうオルタナティブ中のオルタナティブっていうか。なんだけど、日本のポップカルチャーだったりとか、エンターテインメントのど真ん中にいるじゃないですか。それがかっこいいっていうか。めちゃくちゃ変な人なのに……っていう。

オルタナティブなのにポップなタモリとマツコ・デラックス

星野源『Mステ』でのタモリとの変態トークを語る
星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で、『ミュージックステーション』出演時にタモリさんとした『くだらないの中に』の歌詞と変態に関するトークを振り返っていました。 日本変態協会#星野源 #タモリ pic.twit...
星野源 マツコ・デラックスとの初共演を語る
星野源さんが2021年3月2日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で『マツコ会議』でマツコ・デラックスさんと初共演した際の模様について話していました。星野源 マツコ・デラックスとの初共演を語る

(星野源)そういう風になるためには、やっぱり「ポップである」っていうことがすごく大事なんだなと思うし、僕がやりたいことでもあるんだけど。そこで大事なのは、そのポップっていうのは迎合していくっていうか、みんなに合わせて。「こういうのがいいんでしょう? 今、こういうのが好きなんでしょう?」みたいにやっていくんじゃなくて。俺の中の、あんまり今は理解されてないかもしれないが、確実にあるポップ。俺が好きな、とにかく好きだという気持ち。そこまで、いろんな人の首根っこを掴んで持っていくみたいな。「俺のポップを見ろ!」みたいな。それを続けていくと、そのポップっていうものが全体のポップに繋がるんじゃないかなと思うんだよね。

だから今、自分がやってる音楽っていうのは、ほとんどの人がポップスだと思ってくれているんだけど。『恋』っていう曲もそうだし。でも、それってそれまではポップスと認識されてなかったジャンルの音楽なので。でも、なんかそれを続けていくと、みんな勘違いしていくっていうか。すごくポピュラーなものだと勘違いしてくれるので。そうすると、さらに好きなことができるようになっていくっていう。なんかそういう面白さがすごいあるんだよね。

で、そのポップっていうものとオルタナティブっていうものって、別だと思うんだけど。でも、そう考えていくと、全く一緒なんだよね。言い方が違うだけで。俺はオルタナティブでありたい。そのためには、みんなの前に出ていった方が面白いと思うし。で、ポップっていうのはみんなの前でややるんだけど、全員と同じ感覚じゃない感覚を持ってないと俺のポップではないっていう。そういう感じがありますね。

(KENTA)今の源さんの話を聞いて全然まだ僕は入り口にも立ててないなって……。

(星野源)いや、そんなことないでしょう? WANIMA、変だよ?(笑)。あの、存在として。だって、みんなメンバーも全員面白いのと、すごく曲がまっすぐだけど、今の新しいEPを聞くと、どこにもない音楽になりつつあるじゃない? スリーピースバンドとしての作法だったりとか、楽器は変えてないのに。アレンジだったり、コード感だったりとかで全然違うところに行き始めているのが僕は聞いていてめちゃめちゃワクワクして。だから、そう。まずはEPを聞いてほしいなって。

(KENTA)ありがとうございます。今回のは三部作でやっていて。

(星野源)二作目になるんだよね?

(KENTA)そうですね。それで次があるんですけども。このCDっていうのはいつ振り返っても自分たちが後悔しないように作ろうっていうのでやっていって作っているので。そういう思いで作っている中で、そういう風に源さんからお言葉をいただいて。まだ全然足りないんですけど……。

(星野源)そんなことないよ。もう1曲、配信のシングルをリリースしたじゃない? 『旅立ちの前に』っていう。それをあれに入れてないっていうのもすごい考えているなって思うし。なんかそういうのも、続けるといいと思います。

(KENTA)しっかりと届く音楽を……地に足がついた音楽をやって、自分たちで。自分たちの力でもう1度、メインに上がれるようにやっていこうと思っています。そろそろ源さんとはお別れの時間になってきました。最後にお聞きしたいんですけども。今回、5週に渡り、いろんなアーティストの方にお話を聞きました。たとえばAK-69さんの回では「やめるところまでの青写真は見えていて。あとはやるだけ。実行に移すだけ」っていう話をしていただいて。

(KENTA)UVERworldのTAKUYA∞さんの回では「80歳までやりたい気持ちはあるけど、ファンの気持ちを考えるとかっこいい姿のままやめた方がいいのか。答えが出てない」ってことをおっしゃっていて。

(KENTA)自分が今後もバンドをやっていくにあたって、すごく本当に考えさせられる内容だったんですけども。もしお話できるようでしたら、源さんは今後どのように音楽を続けていかれますか? それを最後にお聞きしたかったです。

(星野源)なんかね、自分の人生はすごく面白いなと改めて思うんだけども。いろんなことがあって。いろんないいことも、つらいこともいろいろあったけど。今、こういう場所に立てているっていう予想は1回もしたことないんですよ。で、その都度その都度、パッと目の前に一瞬来たチャンスみたいなものをガッと掴んだだけっていうか。そういうの連続なんですよ。「あそこに行きたいから、それに目標を立てて頑張ろう」みたいなことをあんまりしたことがなくて。なんか目の前に来てバッと取ったから、それが目標になるみたいな。

「今、これができたっていうことは、じゃあ次はこうかな?」みたいな。そういう感じで進んでいったら全然、予想と違うところに行くっていうか。だからなんか、予想できないのが面白くて。自分の人生、次にどうなっていくのか。もちろん、なるべく楽しく面白い方向に変化していくっていうのは当たり前なんだけども。決めないっていうのがいいかな? なんか自分が今後、どうしていくのかっていうのは本当にちょっと先の、「こうしたら楽しいかな?」っていうのはあるんだけど。大目標は全然決めてなくて。だから音楽をやっているか、やってないかもわからないし。裏方になるかもしれないし。このまま歌うのも……でも、歌うのは好きだから、続けるかもしれないし。あと、役者もね、ずっとやっているから。「しばらく役者をやる」みたいな時もあるかもしれないし。

だからなんか自分で自分を制限を……実はでもずっとしてきたから。「俺はこれ、やっちゃいけないんじゃないか」みたいな。だから、そういうのをもうなくして。制限しないようにするっていう。なんかそれを続けたいなと。でも、今のままの自分じゃダメだなとか、未熟だなって思うことはいっぱいあるから。それは直したいとか、変わりたいとかって思っていると、自然と変わっていくというような感じかな? 変わり続けたいっていうのと、ゴールは決めたくないっていう感じかな。

「変わり続けたい。ゴールは決めたくない」(星野源)

(KENTA)僕はゴールテープの位置っていうのはなんとなく決めていて。今現在、この広げた風呂敷の畳み方をどうするか。

(星野源)そんなこと考えてるの!? すごいね。

(KENTA)たとえばですけど、5、60で自分が納得のいく形が取れたら、もうスパッとやめようかなって思っているんですけども。まだ、その納得のいく形もできてないし。幸い、メンバーには恵まれて。不仲だったりとか、音楽性の不一致とかはないんですよね。そこはもう、ありがたいんですけど。この瞬間瞬間に結果を残すとはまた違うんですけども。積み重ねてきたものが出るって思ってるので。僕は。まだ足りてないなら、もっともっとっていうのがあるので。源さんの話を聞いて「そうか!」っていう。

(星野源)僕は飽き性だからかな。なにが面白いかとか、今やりたいこととか、実はずっとやりたかったこととか、その都度変わっていくので。なんか、それが変わっていくのも面白いし。また5年後とかに「目標は」って言ったら「いや、実はあるんです」ってなるかもしれないから、それはわかんないけど。そうそうそう。

(KENTA)自分の心の位置だったり、自分がどの方向を向いているかっていうのは源さんの話を聞いて、しっかり自分の軸だったり哲学は持って。また5年後とか源さんにお話聞きたいですね。

(星野源)そうだね。どうなっているかね。

(KENTA)「どう思われていますか? 僕、あれからこのくらい成長しました」っていうのをお伝えしたいですね(笑)。「源さん、見てくれ!」って(笑)。

(星野源)うんうん。そうだね。また話しましょうよ。

(KENTA)ありがとうございます。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
J-WAVE
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました